過去ログページ

2008年04月30日

妹の恋人 ジョニー・デップ

映画「妹の恋人
Benny & Joon (1993)
監督:ジェレマイア・S・チェチック
主演:ジョニー・デップ、エイダン・クイン
メアリー・スチュアート・マスターソン、
ジュリアン・ムーア、C・C・H・パウンダー

精神を病んだ妹と彼女を見守る兄、そこへ突然現れた青年の交流を描いています。青年サムをジョニー・デップが演じています。帽子とステッキをついた、ちょっと風変わりの感じは、どこかで観た感じを受けました。観終わって、ほっと安心できる作品でしたよ。

ベニー(アイダン・クイン)とジューン(メアリー・スチュアート・マスターソン)は兄妹の2人暮らしです。自動車修理をして働くベニーは、精神を病んでいるジェーンのことが気がかりで、女性の誘いも断るほどでした。


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理想の恋人.com ダイアン・レイン

映画「理想の恋人.com
MUST LOVE DOGS (2005)
監督: ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ
出演:ダイアン・レイン、ジョン・キューザック
ダーモット・マルロニー、エリザベス・バーキンス
ストッカード・チャニング、クリストファー・プラマー

離婚で傷ついた女性の恋人探しを、おもしろおかしく描いています。8ヶ月前に離婚したばかりのサラをダイアン・レインが演じています。ダイアン・レイン主演の映画「トスカーナの休日」も同じような設定ですが、こちらはコメディタッチです。おせっかいな家族が、個性的でしたよ。

落ち込んでいるサラ(ダイアン・レイン)を慰めようと家族が集まってきます。姉キャロル(エリザベス・バーキンス)妹クリスティン(アリ・ヒリス)弟マイケル(グレン・ホートン)父親ビル(クリストファー・プラマー)たちです。「この人はどう?」といろんな人の写真を持ってきてくれます。みんなが帰ると1人きりになり、サラは寂しそうでした。


続きを読む
posted by kaze at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

トスカーナの休日 ダイアン・レイン

映画「トスカーナの休日
UNDER THE TUSCAN SUN (2003)
監督:オードリー・ウェルズ
出演:ダイアン・レイン、サンドラ・オー
リンゼイ・ダンカン、ラウル・ポヴァ

離婚した作家が気晴らしのために訪れた、イタリアでの出来事を描いています。イタリアの風景が現れると、そこに行ってみたい気になりました。作家のフランシスをダイアン・レインが演じています。

離婚の原因は夫にあるのに、フランシス(ダイアン・レイン)は、家を手放さなくてはならなくなります。ダンボール3つと花瓶だけを持って家を出ます。引越屋さんがあきれていました(笑)疲れているフランシスに、友人のパティ(サンドラ・オー)がイタリア・トスカーナ旅行を勧めてくれます。


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞳 見どころ満載スペシャル

連続テレビ小説 瞳 見どころ満載スペシャル

佃・月島の様子や、養育家庭制度について、そしてヒップホップダンスについて放送されていました。「瞳」の3本柱のようです。

ヒップホップのコーナーが面白かったです。榮倉奈々が撮影の合間に、ダンスのレッスンをしている様子が映っていました。大変そうでしたね。アルバイトで踊る猫のダンスがおかしかったです。

伝説のダンサー・KENで出演する、EXILEのMAKIDAI・眞木大輔が登場しました。ナレーションもしていましたよ。ドラマの中で、瞳がKENに初めて話しかけるシーンも出てきました。

今後のドラマのシーンも少し放送されました。ダンスのライバルが登場したり、勝太郎(西田敏行)が大怪我したりと、これから波乱が起きるようですね。今後の展開が楽しみです。
posted by kaze at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続テレビ小説 瞳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

パニック・ルーム ジョディ・フォスター


映画「パニック・ルーム
Panic Room (2002)
監督:デイヴィッド・フィンチャー
出演:ジョディ・フォスター、クリステン・スチュワート
パトリック・ボーショウ、フォレスト・ウィテカー
ドワイト・ヨーカム、ジャレッド・レト

豪華な屋敷に引越してきた、母娘を襲うサスペンス・スリラーです。映画の初めから終わりまで、屋敷内だけで物語が進んでいくので、恐怖感が増していきました。母親メグをジョディ・フォスターが演じています。体当たりのアクションを披露してくれていますよ

メグ(ジョディ・フォスター)は、夫と離婚して、娘のサラ(クリステン・スチュワート)と一緒に住む部屋を探します。マンハッタンにある大きな屋敷に住むことになりました。エレベーターがついていて、パニックルームという緊急避難用の部屋がついているところが売りです


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(3) | TrackBack(1) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

篤姫 第17回 予期せぬ縁組み


大河ドラマ 篤姫 第17回 予期せぬ縁組み

篤姫(宮崎あおい)の元に、西郷(小澤征悦)が準備した嫁入り道具が集まってきました。品々を見て幾島(松坂慶子)は「どれもこれも使えませんね」と冷たく言い放ちます。「当代随一のものをそろえなければ」と高いレベルを要求しました。西郷がかわいそうな感じです(笑)

徳川家定(堺雅人)はカステラを自ら作ったようです。今回は普通な感じでした(笑)島津斉彬(高橋英樹)と阿部正弘(草刈正雄)に食べさせていました。崩れてはいたけれど、美味しそうです。

肝付尚五郎(瑛太)がいよいよ江戸へ向かうことになりました。父、母、大久保正助(原田泰造)が見送ります。お近(ともさかりえ)が陰からそっと心配そうに見送ります。


続きを読む
posted by kaze at 21:29| Comment(2) | TrackBack(2) | 大河ドラマ 篤姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

オトコマエ! 第3回 はめられた 前編


土曜時代劇 オトコマエ! 第3回 はめられた 前編

藤堂逸馬(福士誠治)は、農民たちの盗まれたお金を取り返したことが縁で、知り合いになります。農民たちは、窮状をお上に訴えるため江戸へ来たのです。

南町奉行・鳥居耀蔵(片岡鶴太郎)の策略で、長尾半兵衛(池田成志)が牢屋から放たれます。南町奉行の役人・中西(一本気伸吾)が長尾半兵衛になりすまします。ニセの長尾は、仙人(藤村俊二)のところへ近づいて、大塩平八郎とのことを聞き出そうとしました。仙人は完全にボケてます(笑)でも茜の心を見抜いているようで、ボケたふりをしているのかも。


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福士誠治&斎藤工


土曜スタジオパークを観ました。土曜時代劇「オトコマエ!」に出演している、
福士誠治斎藤工がゲストです。素の様子もオトコマエでしたよ

木曜時代劇「風の果て」での共演が、ドラマの初顔会わせだそうです。それぞれの第一印象は?
(福士)(斎藤について、冗談で)首が長いなー(笑)ものすごくカッコイイと思った
(斎藤)(福士について)こんなオトコマエがいるのかと思った

2人は同じバイトをしていたそうです。実は4、5年前に、ある町ある部屋で、販売前の携帯の設定をひたすら変える仕事していたのでした。福士は、斎藤に言われるまで、バイトで一緒だったことを忘れていたそうです
続きを読む
posted by kaze at 14:59| テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞳 第4週 勇気を出して


連続テレビ小説 瞳 第4週 勇気を出して

瞳(榮倉奈々)が、将太(中村咲哉)の大切にしているタオルケットを失くしてしまいました。他の人にとってはただの布切れでも、将太にとっては一大事なんです。スヌーピーとチャーリーに出てくるライナスの毛布を、思い出しました(笑)瞳は必死に探しますが見つかりません。明(吉武怜朗)は、将太にあきらめろと言いますが、それは無理でしょう。


続きを読む
posted by kaze at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続テレビ小説 瞳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キミ犯人じゃないよね? 第3話 麗しきダイイングメッセージの彼女


キミ犯人じゃないよね? 第3話 麗しきダイイングメッセージの彼女

宇田川(要潤)が好きになった人が犯人、というのがパターンのようですね。今回は、高校教師・君津奈々(星野真里)に一目ぼれしました。先に犯人がわかって謎解きをする、いわゆる刑事コロンボ方式です。

さくら(貫地谷しほり)は、居酒屋で祭り風で登場してきたと思ったら、高校に潜入するために女子高生になりきってました(笑)メガネのせいか、あまり違和感がなかったです。女子高生たちに「チョコ食べる?」とか言いながら、自然に会話に入っていくのが笑えました。どんどん情報が入ってきて、テンポも良いです。


続きを読む
posted by kaze at 00:59| Comment(1) | TrackBack(1) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

暴行 ポール・ニューマン

映画「暴行」
The Outrage (1964)
監督:マーティン・リット
出演:ポール・ニューマン、ローレンス・ハーヴェイ
クレア・ブルーム、エドワード・G・ロビンソン
ウィリアム・シャトナー、ハワード・ダ・シルヴァ
アルバート・サルミ、ポール・フィックス

芥川龍之介原作、黒澤明監督、三船敏郎主演の映画「羅生門」のリメイク版です。話の筋は、「羅生門」と全く同じです。アメリカの西部開拓時代を舞台にしているので、どう変えてあるか確かめてみると、面白いですよ。


続きを読む
posted by kaze at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

バッテリー 第3回 やつらを許さない!


バッテリー 第3回 やつらを許さない!

原田巧(中山優馬)VS戸村監督(千原ジュニア)の勝負が始まりましたね。1球目、2球目とみごとにストライクを取りました。3球目は、外角の球をファールされます。そして4球目、つまらせながらも、外野へヒットされてしまいます。さすがは監督だけのことはありました(笑)巧のランニングは続きます。

家へ帰ってから巧は、クラスメートの矢島繭(宮崎香蓮)に電話していました。落ち込んでいる繭に「お前、自信を持てよ」と励ましていましたね。


続きを読む
posted by kaze at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

あなたに降る夢 ニコラス・ケイジ&ブリジット・フォンダ


映画「あなたに降る夢
It Could Happen to You (1994)
監督:アンドリュー・バーグマン
出演:ニコラス・ケイジ、ブリジット・フォンダ
ロージー・ペレズ、ウェンデル・ピアース
アイザック・ヘイズ、シーモア・カッセル

宝くじを当てた、心やさしい警官をめぐる騒動を描いています。警官のチャーリー・ラング(ニコラス・ケイジ)は、妻・ミュリエル(ロージー・ペレズ)と暮らしています。ミュリエルは生活に満足していない様子で、チャーリーに不平をもらします。ミュリエルの声を、久本雅美がやっていました。物語の語り部を、エンジェル(アイザック・ヘイズ)がつとめます

イボンヌ・ビアジ(ブリジット・フォンダ)は、別居中の夫エディ(スタンリー・トゥッチ)の借金ため、破産宣告されてしまいます。イボンヌは落ち込んだまま、喫茶店のウエイトレスの仕事へ向かいました


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

野村の「眼」 弱者の戦い 野村克也


野村克也「野村の「眼」―弱者の戦い」KKベストセラーズ

楽天の野村克也が、野球を通して人生について教えてくれている感じを受けました。具体的な選手たちの名前がバンバン出て来て、あの選手はそういう選手だったのか、と感心させられたり、意外な感じを受けたりしました。


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

用心棒 黒澤明×三船敏郎


映画「用心棒」 (1961)
監督:黒澤明
脚本:菊島隆三、黒澤明
撮影:宮川一夫
音楽:佐藤勝
出演:三船敏郎、東野英治郎、仲代達矢
河津清三郎、山茶花究、加東大介
山田五十鈴、司葉子

黒澤明監督の用心棒です。久しぶりに観たのですが、観る前に気合を入れました(笑)戦いのシーンも迫力がありますが、ストーリー展開もみごとだと改めて感動しましたよ。

オープニングからこれから始まるぞ、と言う感じでぞくぞくっとしました。テーマ音楽にのせて、背中を向けた三船敏郎が、肩をゆらしてゆっくりと歩いていきます。


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッドマックス サンダードーム メル・ギブソン×ティナ・ターナー

映画「マッドマックス サンダードーム
Mad Max Beyond Thunderdome (1985)
監督:ジョージ・ミラー、ジョージ・オギルヴィー
出演:メル・ギブソン、ティナ・ターナー
アンゲロ・ロッシト、ヘレン・バディ

マッドマックスシリーズ第3作目です。ティナ・ターナーが登場しています。独特な存在感を放っていて、映画に厚味を加えていますね

マッド・マックス(メル・ギブソン)がオーストラリア大陸を疾走する場面から始まります。飛行機に乗った父子が現れ、マックスは車ごと荷物を奪われてしまいます。飛行機に乗っていた父親は、第2作でジャイロ・キャプテンを演じたブルース・スペンスです。たぶん。マックスは、砂漠の中をとぼとぼと歩くハメにおちいります


続きを読む
posted by kaze at 11:59| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

篤姫 第16回 波乱の花見


大河ドラマ「篤姫」第16回「波乱の花見」

篤姫(宮崎あおい)対 烈公・徳川斉昭(江守徹)の戦いの場面がやってきました。前回は島津斉興とお由羅をみごとにやっつけましたが、今回はどうだったでしょう(笑)

島津斉彬(高橋英樹)が回復しました。「見かけは同じでも、同じ花ではない」「明日は来るものと思わず、今日という日をまっとうせねばならぬ」としみじみと語ります。命の大切さをかみしめているようです。

斉彬の回復を祝って、斉昭らを招き花見の席を行うことになりました。篤姫は、水戸家が作成した大日本史を読んでいて、ちょっと得意げです。


続きを読む
posted by kaze at 21:59| Comment(2) | TrackBack(2) | 大河ドラマ 篤姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それぞれのちりとてちん


加藤虎ノ介が、いきなり登場して驚きました(笑)歩きながら話し出して、番組のナビゲータをつとめていたんですね。「ちりとてちん」の四草のように、クールな感じがよかったです。草原役の桂吉弥が京都で講演会をしていて、後ろの席から加藤虎ノ介が眺めていました。

徒然亭一門が登場して、いろいろなエピソードを語ってくれましたよ。


続きを読む
posted by kaze at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キミ犯人じゃないよね? 第2話 華麗なる完全犯罪の彼女


キミ犯人じゃないよね? 第2話 華麗なる完全犯罪の彼女

貫地谷しほりと要潤の2人が、奇妙な関係で捜査をしています。1回目を観て、2回は観ないだろうと思ってましたが、観てしまいました(笑)貫地谷しほりが、いろんな扮装で登場するのが面白いですよ。要潤の頼りない刑事役もおかしいです。KA-KYIMのテーマ音楽「Super☆Looper」が不思議な感覚を与えてくれています。


続きを読む
posted by kaze at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

オトコマエ! 第2回 助けてえ


土曜時代劇 オトコマエ! 第2回 助けてえ

武田信三郎(斎藤工)が、柳の下にいる女(入山法子)に足があることを確かめて、声をかけます(笑)女は記憶を失っていて、綺麗なかんざしだけが手がかりです。武田信三郎は、藤堂逸馬(福士誠治)のところへ女を連れてきました。信三郎が母親に見つかると大変だからと言うと、藤堂逸馬は納得します。


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞳 第3週 オトナへの一歩

連続テレビ小説  第3週 オトナへの一歩

瞳(榮倉奈々)は、子どもたちとうまくいかなくなります。友梨亜(森迫永依)にいたずらされた瞳は、思わず手を上げてしまいました。友梨亜は親から虐待を受けたことを思い出し、泣き出します。友梨亜は難しい問題を抱えていたのです。電球が切れて、勝太郎(西田敏行)は瞳と友梨亜に、買ってきてくれと頼みます。仲直りするように、気をきかせてくれたのです。


続きを読む
posted by kaze at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続テレビ小説 瞳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

私の頭の中の消しゴム チョン・ウソン&ソン・イェジン


映画「私の頭の中の消しゴム
A Moment to Remember (2004)
監督:イ・ジェハン
出演:チョン・ウソン、ソン・イェジン
パク・サンギュ、ペク・チョンハク
キム・ヒリョン、ソン・ジヒョン

運命的な出会いをした2人のラブストーリーです。建設会社の社長令嬢のキム・スジンをソン・イェジンが演じています。純粋で素敵な笑顔が印象的です。工事現場で働くチェ・チョルスをチョン・ウソンが演じています。チョン・ウソンは、福山雅治に似ていますね。ワイルドだけどやさしい感じでしたよ。


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

ミニミニ大作戦 シャーリーズ・セロン


映画「ミニミニ大作戦
The Italian Job (2003)
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:マーク・ウォルバーグ、シャーリーズ・セロン
エドワード・ノートン、セス・グリーン
ジェイソン・ステイサム、モス・デフ
フランキー・ジー、ドナルド・サザーランド

金塊を奪うために集まったプロフェッショナルたちの活躍と、復讐劇を描いた作品です。邦題のミニミニ大作戦のミニミニとは何だろうと思ってました。車のMINIだったんですね。ネーミングが今ひとつです(笑)しかしMINIのカーチェイスは迫力がありました。


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

マッドマックス2 メル・ギブソン

映画「マッドマックス2
Mad Max2:The Road Warrior (1981)
監督:ジョージ・ミラー
出演:メル・ギブソン、ブルース・スペン
ヴァーノン・ウェルズ、ケル・ニルソン
マイク・プレストン、エミル・ミンティ

マッドマックスシリーズの第2作目です。前作の後で世界大戦が起こり、エネルギーが涸渇して、石油を取り合う戦いが始まります。マンガ「北斗の拳」の原点は、ここにあったのかと思わせる映像が満載です。荒れ果てたオーストラリアの大地で繰り広げられるドラマは、独特な世界観を持っています


続きを読む
posted by kaze at 19:59| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

北京ヴァイオリン チェン・カイコー


映画「北京ヴァイオリン
和你在一起/TOGETHER (2002)
監督:陳凱歌(チェン・カイコー)
出演:唐韻(タン・ユン)、劉佩奇(リウ・ペイチー)
王志文(ワン・チーウェン)陳紅(チェン・ホン)
程前(チェン・チエン) 章婧(チャン・チン)

田舎から北京へバイオリンのコンクールに出場するために出てきた父と子。その感動の物語です。ジーンとしましたよ。

13才の小春(唐韻)のバイオリンの腕は、田舎町では有名で、父親の劉成(劉佩奇)の自慢でした。妊婦のために、演奏を頼まれていましたね。そんな父子に、コンクールの出場の知らせが届きます。


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

本よみの虫干し 関川夏央


関川夏央「本よみの虫干し―日本の近代文学再読
岩波新書

題名が変わっているなと思い、手にしました。「本の虫干し」ではなく「本よみの虫干し」なんですね。

文学が嫌いだという著者が、日本の近代文学を再読します。いろいろな本の書評と、その時代背景が書かれています。


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本沈没 草なぎ剛&柴咲コウ


映画「日本沈没」(2006)
監督:樋口真嗣
原作:小松左京
出演:草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司
大地真央、石坂浩二、及川光博

地震大国の日本で、大規模地震により日本が沈没する恐怖を描いています。CGを駆使して、日本がじょじょに崩れていく様子が、実にリアルで迫力がありました。

潜水艇・わだつみ6500のパイロットの小野寺俊夫を草なぎ剛が演じます。草なぎ剛は、静かだけれども、日本のために命をかける情熱を持つ青年を、好演していました。ハイパーレスキュー隊の阿部玲子を柴咲コウが演じます。被災した少女を助け、仕事にのめり込みながらも、小野寺と惹かれあう女性を演じていました。


続きを読む
posted by kaze at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

篤姫 第15回 姫、出陣


大河ドラマ「篤姫」第15回「姫、出陣」

篤姫(宮崎あおい)の輿入れ道具一式の準備を、斉彬(高橋英樹)は庭方役となった西郷(小澤征悦)に任せました。思わぬ大役に無理だと言う西郷に、斉彬はワシの前で2度と無理という言葉を使うな、と言いました。

そこへ篤姫と虎寿丸が入ってきます。虎寿丸に肩に乗せてくれるよう頼まれて、西郷は応えていました。なごやかな様子でしたね。

孝明天皇の役で東儀秀樹が登場しました。出番は少なかったですが、結構似合っていましたよ。


続きを読む
posted by kaze at 21:29| Comment(1) | TrackBack(1) | 大河ドラマ 篤姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mr.& Mrs.スミス ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー


映画「Mr.& Mrs.スミス」
Mr. and Mrs. Smith (2005)
監督:ダグ・リーマン
キャスト:ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー
アダム・ブロディ、ケリー・ワシントン
ヴィンス・ヴォーン

お互いの正体を知らないまま結婚した夫婦が、実は2人とも暗殺者だったというラブ・アクションです。夫婦役をブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが演じています。この映画が縁で、2人は本当に結婚したんですね


続きを読む
posted by kaze at 12:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

オトコマエ! 第1回 許さねえ


土曜時代劇 オトコマエ! 第1回 許さねえ

木曜時代劇の枠が、土曜時代劇となって30分に短縮されました。でもテンポが良くなって、面白かったです。原作の井川香四郎「梟(ふくろう)与力吟味帳」シリーズの題名は「オトコマエ!」にしてしまって、誰かから「許さねえ」と苦情がなかったんでしょうか(笑)


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞳 第2週 二十歳の里親?

連続テレビ小説  第2週 二十歳の里親?

いきなり瞳(榮倉奈々)にアクシデントが襲います。ダンサーRAY(香子)が講師をするダンス学校の受験票がなくなってしまいます。代わりにサービス券をつけていました(笑)瞳はみごとに合格しましたね。受験票は、将太(中村咲哉)がぬか漬けにしてしまったのでした。


続きを読む
posted by kaze at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キミ犯人じゃ☆ないよね? 第1話


キミ犯人じゃ☆ないよね? 第1話 二重密室殺人の彼女

貫地谷しほりが、どんな役に変身しているのかと思って見てみました。朝ドラ「ちりとてちん」の喜代美から、推理力バツグンのフリーター森田さくらという役柄です。結果はあんまり変わっていませんでした(笑)どちらもコミカルな感じのドラマということで、同じだったからかもしれません。

森田さくら(貫地谷しほり)は、作家のユリ&ミキである夏目ユリ(久保田磨希)と市原ミキ(黒谷友香)のところで働くことになります。ところがユリが密室の中で殺されてしまいます。さくらはみごとに密室のトリックをあばき、真犯人を言い当てました。

刑事・宇田川教生を演じる要潤は、頼りないお坊ちゃんな感じを演じています。貫地谷しほりとのコンビが面白くなりそうですね。貫地谷しほりがいろんな服装で登場してくるのも面白いです。次回も観るかは少し微妙です(笑)
posted by kaze at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

羅生門 黒澤明×三船敏郎


映画「羅生門
監督:黒澤明
脚本:黒澤明、橋本忍
撮影:宮川一夫
出演:三船敏郎、森雅之、京マチ子
志村喬、千秋実、上田吉二郎
加東大介、本間文子

芥川龍之介「薮の中」「羅生門」から題材を借りた作品だそうです。ヴェネチア映画祭グランプリ、アカデミー賞の名誉賞を受賞しています。

オープニングは、羅生門に大雨が降っているシーンから始まります。屋根が半分崩れかけた羅生門に、半端でないほどの雨が洪水のようです。効果を高めるために、水に墨汁を混ぜたという話に驚きました。


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

バッテリー 第2回 俺を信じろ!


バッテリー 第2回 俺を信じろ!

原田巧(中山優馬)は野球部に入ることにしますが、母親・真紀子(斉藤由貴)ともめていましたね。

野球部に行ってみると、監督の戸村真から髪の毛を切ってくるように言われ、巧は反抗します。戸村監督を千原ジュニアが演じていました。怖い監督を演じていて、良い雰囲気を出していましたが、バラエティー番組のイメージがあっておかしくなりました(笑)

永倉豪(高田翔)は、巧とバッテリーを組んで、野球の試合に出るために、ばっさりと切りました。潔(いさぎよ)いですね。似合ってました。沢口文人(永嶋柊吾)東谷啓太(松川尚瑠輝)も坊主頭になりました。意地をはる巧に豪は、少しは人のことを考えろと言い、2人はケンカをしてしまいます。

おじいさん・井岡洋三(石橋蓮司)は巧を見守っている感じです。やはり石橋蓮司が、やさしいおじいさんというのが違和感があります(笑)戸村監督が井岡洋三の教え子だったことで、なんとかなるんでしょうか。

クラスメートの矢島繭(宮崎香蓮)と巧の関係も、少し近くなった感じでした。次回、巧VS戸村監督の勝負の行方が気がかりです。
posted by kaze at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

しびれ・体からのSOS


テレビ「ためしてガッテン 見過ごすと命とり!?しびれ・体からのSOS」を観ました。単なるしびれだと思っていたら、大変な病気の場合があるんですね。少し怖くなりました。でも番組を観て、病院で診てもらうことの大切さも理解できましたよ

番組の内容は番組HPや本「NHK ためしてガッテン〈12〉雑学読本」にも載っています

・しびれは警報ベルの役割をしていて、正座のしびれと病気のしびれがある
・病気のしびれは、命にかかわるもの、寝たきりになるもの、がある  
続きを読む
posted by kaze at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダージリン急行

映画「ダージリン急行
The Darjeeling Limited (2007)
監督:ウェス・アンダーソン
出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ
ジェイソン・シュワルツマン、ナタリー・ポートマン
ビル・マーレイ、カミラ・ラザフォード
イルファン・カーン、アンジェリカ・ヒューストン

短編「ホテル・シュヴァリエ」と本編「ダージリン急行」で構成されていました。父親の葬儀の後で疎遠になっていたホイットマン3兄弟が、共にインドを旅行することで、お互いの絆(きずな)を取り戻していくロードムビーです。かなり楽しめて、不思議な空気感を味わえる映画でしたね。

頭に包帯をしている長兄・フランシス(オーウェン・ウィルソン)、父の形見のサングラスをしている次兄・ピーター(エイドリアン・ブロディ)、立派なヒゲの弟・ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)の3兄弟は、それぞれ個性的なキャラクターでした。いるだけで笑ってしまいます。


続きを読む
posted by kaze at 11:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

ダブルチーム ジャン・クロード・ヴァン・ダム


映画「ダブルチーム
Double Team (1997)
監督:徐克(ツイ・ハーク)
出演:ジャン・クロード・ヴァン・ダム
デニス・ロッドマン、ミッキー・ローク
ポール・フリーマン、ナターシャ・リンディンガー

CIAの元工作員の活躍を、描いています。ジャン=クロード・ヴァン・ダムが演じるアクションが見ものです。敵役のミッキー・ロークが妖しい雰囲気を醸(かも)し出していました。デニス・ロッドマンは独特の存在感を見せてくれましたよ。

CIAの工作員・ジャック・クイン(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)が、装甲車に乗り込み、銃撃を受ける中を暴走していきます。重量のある装甲車で、列車の上を飛びこしました。オープニングから一気にアクションの世界に引きこまれます。


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

フライトプラン ジョディ・フォスター


映画「フライトプラン
FLIGHTPLAN (2005)
監督:ロベルト・シュヴェンケ
出演:ジョディ・フォスター、ショーン・ビーン
ピーター・サースガード、マーリーン・ローストン
エリカ・クリステンセン、ケイト・ビーハン

最新ジャンボ機の中で、行方不明になった娘を探す母親の奮闘ぶりを描いたサスペンス・アクションです。母親役をジョディ・フォスターが熱演しています

夫・デビッドを失ったカイル・プラット(ジョディ・フォスター)は、6才の娘・ジュリア(マーリーン・ローストン)と共に、飛行機でベルリンからニューヨークへ帰ることになります。デビッドが眠る棺(ひつぎ)に、なぜか暗証コードが付けられていました

飛行機はアルト航空E474型機という最新鋭ジャンボ機で、カイルも設計に関わっていたようです。幼いジュリアを連れているので、カイルは1番に乗り込みます。前の席に親子の4人家族が乗り込んできて、だんだん乗客が増えてきました。窓から外を見ると、棺が最後に飛行機に入っていくのが見えます。ジュリアが窓に息を吹きかけて、ハートマークを書きました


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

篤姫 第14回 父の願い


大河ドラマ「篤姫」第14回「父の願い」

篤姫(宮崎あおい)は英姫(余貴美子)に再び会うために「いざ出陣じゃ」と言って、幾島(松坂慶子)と2人で座り込みをしました。小の島(佐藤藍子)藤野(北原佐和子)が壁になっていましたが、英姫は根負けしたのか会ってくれましたね。

英姫は篤姫に冷たい感じです。立ち去ろうとする英姫を止めようと、篤姫は御簾(みす)を引き落としてしまいました。マスクごしで顔は見えませんでした。御簾を下げて、マスクをしていたのは、顔にあるシミのせいだったんですね。花粉症じゃなかった(笑)

家祥(堺雅人)は第13代将軍となり、名を家定と改めました。生母の本寿院(高畑淳子)が出てきましたね。高畑淳子が演じているので、面白そうな予感がします。堺雅人は大あくびをしたりして、バカ殿の演技を楽しんでいるようですね。

ペリーが来航しました。太助(コロッケ)のモノマネはイマイチです(笑)井伊直弼(中村梅雀)が初登場して、斉昭(江守徹)との闘いが始まりました。しかし日米和親条約が締結され、襖(ふすま)が少し開かれます。

江戸へ急遽出立することになった斉彬(高橋英樹)は、忠剛(長塚京三)を見舞いました。尚五郎(瑛太)たちから餞別をもらった西郷(小澤征悦)も共に江戸へ向かいます。

斉彬と英姫は、仲が悪い感じです。スバスバと物を言う英姫に、斉彬が押されぎみでした(笑)篤姫が、御台所について尋ねると、斉彬は「このワシを信じ、全てをワシに委ねればよいのだ」と答えます。さらに篤姫が今泉家の人たちのことを尋ねると、斉彬は渋い顔をしました。

斉彬は、忠剛(長塚京三)が亡くなったこと、遺言によって篤姫に黙っているよう言われていたことを、伝えます。忠剛は、修行中の身である篤姫の心を乱したなく、篤姫には自分の道を一途に歩いて欲しい、と願いました。於一は、どこへいこうと、何と名乗ろうと、ワシの子じゃ、と言いました。死ぬまで忠剛は、篤姫のことを思っていたんですね。篤姫は忠剛に別れを言うことも出来ずに、悲しい境遇です。
posted by kaze at 21:29| Comment(1) | TrackBack(1) | 大河ドラマ 篤姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

榮倉奈々


土曜スタジオパークで、「連続テレビ小説 瞳」のヒロイン・榮倉奈々がゲストでした。笑顔が素敵で、初々しい感じです。身長が170cmもあるそうで、スラッとしてるんですね。ドラマについて、いろいろ語ってくれましたよ。番組のMCの1人が、優木まおみから、倉科カナに変わってました

・(共演者について)素敵な先輩と仕事が出来て幸せ
・ダンスは撮影の3ヶ月前にレッスンを始めて、この後も2時間くらい練習がある
・プレイベートではダンスの経験はない

・瞳の役の気持ちになると楽しくなる。瞳は前向きで人との絆(きずな)を大切にしている。自分と瞳はわりと近くて、理解できるところが多い
・月島の印象は、長屋の間にタワーマンションが見えて不思議な町。撮影のときに町の人のやさしくしてもらった
・撮影現場は楽しい。里子の3人はおもしろく友だちに感じている。明は、しっかりしてきて大人になってきた。友梨亜は、おませさんで友だち。将太は、甘えん坊。撮影でみんなと騒いでいると、夜はぐったりする(笑)


続きを読む
posted by kaze at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続テレビ小説 瞳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瞳 第1週 月島へ

連続テレビ小説  第1週 月島へ

祖母・節子の葬儀のために、札幌から一本木瞳(榮倉奈々)と母・百子(飯島直子)が月島にやってきます。月島の歴史は古いかと思っていたんですが、明治時代に造られた人工の島なのですね。

瞳は、祖父・勝太郎(西田敏行)と17年ぶりの再会をします。でも百子と勝太郎は仲が悪くて、親子ゲンカを始めてしまいました。瞳は「シャラ〜プ」と叫んで、みごとにおさめました。一本木家には里子の明(吉武怜朗)友梨亜(森迫永依)将太(中村咲哉)がいます。節子(泉晶子)が死んでしまったことに、ショックを受けていました。

瞳、百子それに里子の3人で、もんじゃ焼きを食べにいったシーンはおかしかったです。「待ってよ!」「今よ!」「駄目よ!」「焦げがおいしいのよ!」と百子はもんじゃの食べ方にこだわりがあったようです(笑)もんじゃ焼き店「あにおとうと」の凸凹コンビ中根誠(小倉久寛)中根博(小林正寛)が、「もんじゃ」の由来を話してくれます。文字と関係があるんですね。

瞳の父親は、百子と離婚しているようです。父親の写真の上に、¥0のシールが貼ってあるのが笑えました。

児童相談センターの若山(近藤正臣)から、節子さんが亡くなったので、里親を続けることが難しいことを、勝太郎は聞かされます。勝太郎と瞳、百子がその話をしているところを、里子の3人が聞いてしまいます。

将太は、ショックから行方不明になりますが、瞳が見つけました。心配する勇次郎(前田吟)勇蔵(安田顕)ウメ(菅井きん)たち月島の人たちが温かいです。瞳は、幼い3人のことを思い、月島にとどまる決意をしたようです。20才の里親の誕生です。

瞳(榮倉奈々)は、勝太郎に有名なダンスの先生を紹介すると言われて、ローズママ(篠井英介)のところへ連れていかれます。瞳はだまされたと怒るかと思ったら違いました。ローズママが、美輪明宏に見えてしまいました(笑)来週も楽しみです。
posted by kaze at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

大逆転 ダン・エイクロイド×エディ・マーフィ


映画「大逆転
Trading Places (1983)
監督:ジョン・ランディス
出演:ダン・エイクロイド、エディ・マーフィ
ラルフ・ベラミー、ドン・アメチ
デンホルム・エリオット、ジェイミー・リー・カーティス

金持ちの兄弟のちょっとしたイタズラから、どん底の落ちた青年と頂点に登った青年の2人が、仕掛ける大逆転を描いています。前半は、みごとに兄弟のねらい通りになってしまいますが、後半は、ひょんなことから逆転劇がスタートします。ダン・エイクロイドとエディ・マーフィのコミカルな演技が面白いですよ。

兄・ランドルフ(ラルフ・ベラミー)と弟・モーティマー(ドン・アメチ)のデューク兄弟は、商品仲買会社・デューク&デューク社を所有している大金持ちです。ルイス・ウィンソープ(ダン・エイクロイド)は若いですが、デューク&デューク社の重役として働いています。

一方、ビリー・ヴァレンタイン(エディ・マーフィ)は足の不自由なベトナム帰りの兵士のふりをして、お金を恵んでもらって生活をしていました。どん底な役でも、ユーモアを振りまくエディ・マーフィ独特の台詞回しは健在です。


続きを読む
posted by kaze at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふしぎな図書館 村上春樹


村上春樹、佐々木マキ「ふしぎな図書館」講談社文庫

村上春樹の不思議な絵本に出会いました。

市立図書館に行くと、いつもと違う雰囲気で、地階の107にいる老人に、オスマントルコ帝国の税金のあつめ方の本を借りるところから、独特な世界に紛れ込んでしまいます。

老人に閲覧室に案内されて、抜け出せなくなってしまうのです。羊男と女の子にめぐりあって、奇妙な体験をします。

佐々木マキの挿絵が、かわいらしいですよ。
posted by kaze at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「瞳」のキャスト

連続テレビ小説「」のキャスト

1週間ちかくたって、だんだんと、「」の登場人物が、頭の中に入ってきました。一部書き出してみますね。

(一本木家)
一本木瞳(榮倉奈々)
一本木百子(飯島直子):瞳の母
一本木勝太郎(西田敏行):瞳の祖父
佐野明(吉武怜朗):里子、中学2年生
岡友梨亜(森迫永依):里子、小学5年生
斉藤将太(中村咲哉):里子、小学2年生
遠藤恵子(宇野実彩子):一本木家の元里子

(月島の人たち)
石田勇次郎(前田吟):勝太郎の親友
石田勇蔵(安田顕):勇次郎の息子
横山ウメ(菅井きん):長屋のおばあさん
中根誠(小倉久寛):もんじゃ焼き店「あにおとうと」の兄
中根博(小林正寛):もんじゃ焼き店「あにおとうと」の弟
ローズママ(篠井英介):酒場「ローズ」のママ
高木マリ(木の実ナナ):小料理屋「まつり」の女将
森本大介(おかやまはじめ):築地「森本食堂」の兄
森本正介(高田延彦):築地「森本食堂」の弟

(児童センターの人たち)
若山善行(近藤正臣)
高柳俊介(猪野学)
井上喜美子(悠木千帆)

(ダンス関係の人たち)
Ray(香子):カリスマ講師
田中萌(鈴木聖奈)
橋本純子(満島ひかり)
北川由香(田野アサミ)
KEN(EXILEのMAKIDAI・眞木大輔)

森迫永依は、大河ドラマ「功名が辻」での印象が残っていますね。前田吟、菅井きんはそこにいるだけで、人情味あふれる月島の雰囲気が出てきます。

小倉久寛、小林正寛の兄弟は、凸凹コンビで、絶妙なキャスティングだと思います。ドラマの展開が、楽しみになってきましたね。
posted by kaze at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 連続テレビ小説 瞳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

アテンションプリーズスペシャル


アテンションプリーズ スペシャル
〜オーストラリア・シドニー編〜

少しなつかしい感じがしました。1年ぶりなんですね。上戸彩が演じる美咲洋子のハイテンションぶりが、そのままだったので、キャラクターがすぐによみがえってきました(笑)

美咲洋子、若村弥生(相武紗季)、関山有紀(大塚ちひろ)の3人は、立派なCAに成長したようです。大塚ちひろが、綺麗になってました。三神たまき役の真矢みきが、クールで丁寧な言葉使いをする教官を演じています。やはりはまり役だと思いました。堤修介(小泉孝太郎)の軽い感じも変わってません(笑)

今回は、少し生意気な新人・上野奈々江(清水由紀)が登場してどうなるかと思いましたが、嵐はなかったようです。すぐにオーストラリアへ飛び立ちます。

オペラハウス、ハーバーブリッジの観光名所、コアラ、カンガルーなど、オーストラリアを背景にしたロケが、ぜいたくな感じでした。3人はケンカをしてしまいますが、ブルーマウンテンの3シスターズで仲直りします。

三神教官は、悩む美咲洋子に「目の前の大きな壁があっても、今できることを1つ1つやるしかないと考えました」「自分の壁は自分で越えるしかありませんね」とアドバイスします。

帰りの飛行機では、車輪が出ないというトラブルが発生して、胴体着陸か!と緊迫させました。しかし放送時間も残り少なくなり、結局、表示エラーでほっとさせました(笑)

やはりスペシャルでは、もの足りない感じです。レギュラーで「アテンションプリーズ」の続編を期待します。
posted by kaze at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッテリー 第1回 本気になれよ!


バッテリー 第1回 本気になれよ!

いつもは木曜時代劇を観ていたんですが、ドラマの時間に代わったんですね。あさのあつこ「バッテリー」が原作というので、観てみました。登場人物がさわやかでしたよ。

原田巧(中山優馬)青波(森本慎太郎)広(堀部圭亮)真紀子(斉藤由貴)の一家が、岡山県新田市のおじいさん・井岡洋三(石橋蓮司)の家へ引っ越してきました。石橋蓮司が、やさしいおじいさん役というのが違和感があります(笑)

巧が高いところから雪をかためて投げました。すごいスピードで飛んで行きましす。そして、永倉豪(高田翔)に当りました(笑)

巧はクールな感じですが、豪に言われたように、自分の投げた球を受けられるキャッチャーがいないことを、不満に思っているようです。何回か失敗した後、ついに豪は巧の球を受けました。巧は、運命の人を見つけたようです。ところが豪は、巧の進む新田東中ではなくて、他の中高一貫の進学校へ進んでしまうつもりでした。

河原で尺八の練習をしている矢島繭(宮崎香蓮)が気になる巧でしたが、強引に連れ去られます。豪が、友人の沢口文人(永嶋柊吾)東谷啓太(松川尚瑠輝)らを誘って、パーティを開いたのです。そこへ稲村満男役で駒田徳広が登場していました。ちょっとびっくりしました。でも、あんまり違和感なかったです(笑)携帯が鳴ったとはいえ、稲村はみごとに巧の球を打ち返します。それを青波がみごとにキャッチしました。

豪は、巧たちに送られて、電車で進学校へ旅立っていきます。ところがあっという間で戻ってきました。巧と豪は、お互いに運命的な出会いを感じたようです。バッテリーの誕生ですね。次回も観ます(笑)
posted by kaze at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

顔のシワ・たるみが、頭痛や肩こり、不眠の原因!


テレビ「ためしてガッテン 医学で解明!顔若返り」を見ました。今回の番組はちょっと衝撃的でしたね。まったく今まで聞いたことがない内容でした

目の上のマブタのたるみが、頭痛や肩こり、不眠の原因なんだそうです。ちょっと信じられません。形成外科でマブタの手術を受けた人が、症状が改善されたという話は驚きました。そんなに効果があるのか疑問ですね?

オープニングで、サッチャー錯視という現象の話が出ました。人の写真を上下逆さまして見たときに、目と口の部分を逆さまにしていても、その人だと認識できるそうです。これは本題とはあんまり関係なかったようです(笑)

・目の上のマブタを開け閉めするため「ミュラー筋」という筋肉がある
 マブタを開ける→ミュラー筋がちぢむ→自律神経がON→ 体が緊張
 マブタを閉める→ミュラー筋がゆるむ→自律神経がOFF→体がリラックス

・目の上のマブタが、たるんでいると「ミュラー筋」に負担をかけてしまい、自律神経が常にONの状態で、その結果、頭痛や肩こりになってしまう
・夜更かしをする人、涙もろい人、花粉症の人、化粧をする女性→目をこする
→「ミュラー筋」がうすくのびる→たるみを進める

・目線を下にしていると「ミュラー筋」が休む
・本を読むとき、パソコンを見るとき、眠るときなど目線を下にするとよい

・シワ・たるみは筋肉が縮むことで起る
・過度に鍛えたり、皮膚伸ばしは良くない。リラックスさせるのが良い

最後に、マッサージの方法も紹介していましたよ

「肩こり 解消法」
NHKきょうの健康 1日5分でOK! 「腰痛」「肩こり」健康体操 (AC MOOK NHKきょうの健康/DVDブック 1)
posted by kaze at 21:14| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人は「感情」から老化する


和田秀樹「人は「感情」から老化する
―前頭葉の若さを保つ習慣術」祥伝社新書

何かの拍子で、怒りが込み上げてきて、どうしようもなくなるときがありますね。その怒りなどの感情の切り替えが出来なくなっていくことが、「感情の老化」だと本の中で書かれています。老化が始まっているのか、とちょっとショックを受けました。

若さの秘訣は、新しいことに興味を持ち続けることが若さの秘訣、と書いてあります。具体的な例が書かれてあってためになりました。ブログを毎日更新するのも良いようです。

落ち込んでいるときに反省してはいけない、とうアドバイスはなるほどと思いました。決して年齢の高い人だけではなく、感情の老化が始まっている若い人にもお薦めの本ですよ。
posted by kaze at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社長 島耕作


新聞やWEBで「初芝・五洋ホールディングス初代社長に、初芝電産の島耕作専務を起用する」というニュースが載っていましたね。エイプリルフールの記事としては、かなり斬新な感じを受けました(笑)

弘兼憲史著「課長 島耕作」から「専務 島耕作」まで読んだことがあります。内容は結構忘れてますが(笑)島の上司で一匹狼の中沢喜一、島の同期でフィリピン勤務で一緒だった樫村健三、島の周りに出現する女性陣の中で異色の高市千鶴が、個人的に印象に残っているキャラクターです。他にも癖のあるキャラクターが、浮かんできます。

「相談役 島耕作」まで続けて欲しいですね。
posted by kaze at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症対策

鼻水も止まってきて、もうそろそろ花粉症の季節も終わりかなと思って、マスクをはずして外を歩いたのが失敗だったようです(笑)また鼻水が止まらなくなってきました。

マスクだけではダメで、鼻の上にガーゼを入れると効果があるとテレビで言っていたので、さらに工夫をしてみました。
・1cm四方くらいに切ったティッシュペーパーをまるめる
・それを2個作って、鼻の穴に入れる(笑)
・鼻の穴の前に、ティッシュペーパーをかぶせる
・その上からマスクをかぶせる
(注意)人前でマスクを取ると、鼻からティッシュが出ていることがあるので注意(笑)

さらにメガネをかけると、目のかゆみに効果があるみたいです。その場合は、ノーズクッションがついているマスクがいいです。メガネが曇らないし、鼻の横のすきまから花粉が入ってこない感じがします。花粉症は、あと1ヶ月くらいの辛抱でしょうか。
posted by kaze at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。