過去ログページ

2008年10月31日

ドラフト会議

プロ野球のドラフト会議がありました。やはりドラマを感じますよね

高校通算65本塁打の大田泰示選手は、巨人が交渉権を獲得しました。出来るだけ日本のプロ野球界に残り、大リーグに行かないで欲しいですね(笑)

一方、巨人入りを希望している長野久義選手は、ロッテが交渉権を獲得します。長野選手は、ドラフト会議で日本ハムに指名され、いったん社会人野球に入って、今回のドラフト会議にのぞんだそうです。ロッテに入団して何年かプレーして、FA宣言して巨人に行ってはと思いましたが、大変なのでしょうか?ところで楽天に、即戦力となる投手が入ってきたのか、気になります
posted by kaze at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリーズ ワールドチャンピオン

大リーグ・ワールドシリーズは、フィリーズがワールドチャンピオンとなりました。28年ぶりのことだそうです。サスペンデッドゲームが再開されて、フィリーズ4−3レイズで決着がつきました

レイズの岩村明憲選手は残念でしたが、試合で田口壮選手の姿が試合で見られなかったのも残念でした。しかしカージナルス時代から通算2度目の世界一というのも、運がありますね。フィリーズのマニエル監督は、日本にいたマニエル選手だと最近知りました(笑)
posted by kaze at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリーズ運動で若返り(2)脳をだます!ラクラク最新筋トレ術


テレビ「ためしてガッテン シリーズ運動で若返り(2)脳をだます!ラクラク最新筋トレ術」を観ました。10年間使っていたツエがいらなくなった人の話で、まず驚きです!加齢性筋萎縮症という、年を取るにつれて筋肉が減少する症状には、筋肉トレーニングが必要だそうです。今回紹介された方法なら簡単に出来そうでしたよ

まず、秘密のトレーニングを行った実験結果が示されました。足の筋肉を鍛える運動をし、太ももの筋肉の断面積の変化を測定したのです

(筋肉の変化の測定結果)
重い負荷→4.3%増
軽い負荷→0.7%増
軽い負荷+成長ホルモン→5.4%

軽い負荷であっても、成長ホルモンが出ていると、筋肉は増加していました。成長ホルモンが出るようにするには、なんとスロートレーニングを行えばいいそうです。スロートレーニングは、ゆっくりとした動きで筋トレをすることを指します。具体的には、スロースクワット、スロー腕立て伏せ、スロー腹筋などの運動です

スロートレーニングは、負荷が軽くて行いやすいトレーニング方法ですが、腰痛、ヒザ痛、高血圧などの方は、医師やトレーナーに相談して行う必要があるそうです


続きを読む
posted by kaze at 08:29| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

七瀬ふたたび 第4回 対決

七瀬ふたたび 第4回 対決 

今回は、火田七瀬(蓮佛美沙子)と西尾(今井朋彦)との対決がありました。七瀬のためヘンリー(郭智博)が能力の爆発させたシーンは、衝撃的でしたね。でも七瀬は西尾の言葉に、心を痛めます

高村刑事(市川亀治郎)が、マジックバー?で、舞台に上がらされていると、西尾と真弓瑠璃(柳原可南子)が店に入ってきました。ちょんまげ姿でない今井朋彦が、普通に見えてきました(笑)

ヘンリーはスプーンを浮かして、トリックじゃないと話します。七瀬は複雑な表情を浮かべました。増田店長(北村総一郎)は、超能力なんてはやらないと信用しません。七瀬が岩瀬恒介(塩谷瞬)に話すと、誰にも話すなとクギを刺されます。?に集まる人たちの特殊な能力が、だんだん開花していきます


続きを読む
posted by kaze at 21:59| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホーム・アローン3 アレックス・D・リンツ


映画「ホーム・アローン 3」
Home Alone 3(1997)
監督:ラジャ・ゴズネル
キャスト:アレックス・D・リンツ、オレック・クルパ
リヤ・キールステッド、スカーレット・ヨハンソン

「ホーム・アローン」シリーズの第3作目です。泥棒を相手に、少年が奮闘する様子をコメディタッチで描いています。少年・アレックスを演じるアレックス・D・リンツがかわいらしくて、みごとに泥棒を退治してくれました(笑)アレックスの姉さん役で、少し幼い感じのスカーレット・ヨハンソンが登場していますよ

オープニングは、マイクロチップの取引現場から始まり、ちょっとサスペンス調でクールです。4人組の泥棒というよりテロリストが、マイクロチップを手に入れました。空港のチェックをくぐり抜けるため、チップをラジコンカーの中へ隠します。チェックは無事に通り抜けましたが、前に並んだミセス・ヘス(マリアン・セルデス)と同じ袋に入っていたため、取り違えてしまいました

アレックス(アレックス・D・リンツ)は身体に異常を発見して「あ〜」と叫びます。水疱瘡(みずぼうそう)です。アレックス1人が家に残されてしまいました


続きを読む
posted by kaze at 08:28| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

チャーリーズ・エンジェル キャメロン・ディアス&ドリュー・バリモア&ルーシー・リュー


映画「チャーリーズ・エンジェル」
Charlie's Angels (2000)
監督:マックG
キャスト:キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア
ルーシー・リュー、ビル・マーレイ

テレビドラマ「チャーリーズ・エンジェル」シリーズの映画化作品です。キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの華麗なるアクションが見ものですね。チャーリーとの間を取り持つボスレー役でビル・マーレイが登場しているのが、味がありました

オープニングから一気に引きこまれていきます。飛行機から民族衣装の男が外へジャンプ。すると横から別の人物が、空から急降下してキャッチして船に飛び下ります。民族衣装の男はディラン・サンダース(ドリュー・バリモア)の変装で、急降下したのは、アレックス・マンディ(ルーシー・リュー)でした。船では、ナタリー・クック(キャメロン・ディアス)とちょっと変わったチャド(トム・グリーン)が出迎えます

チャーリー・タウンゼント(ジョン・フォーサイス)から、ナタリー、アレックス、ディランの元に、指令が届きます。誘拐されたエリック・ノックス(サム・ロックウェル)を取りもどせというのです。ビビアン・ウッド(ケリー・リンチ)は、ノックス社が開発した音声追跡装置が悪用されるのを心配しています


続きを読む
posted by kaze at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薩摩名物 かるかん 篤姫も食べたのかな?

鹿児島のお菓子「かるかん」を頂きました。おいしかったですよ。九面屋というお店のかるかんでした

口にすると、固すぎでもなく、柔らかすぎずもなく、絶妙な食感です。甘さも控えめでした。砂糖、山芋、米粉(かるかん粉)などをあわせて、蒸し上げたお菓子だそうです。篤姫も食べたんでしょうかね
posted by kaze at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3 ジョイ・ウォン&トニー・レオン


映画「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3」
A Chinese Ghost Story III 100 Years Later
倩女幽魂V 道、道、道 (1991)
監督:チン・シウトン
キャスト:ジョイ・ウォン、トニー・レオン
ジャッキー・チュン、ニナ・リー

「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」シリーズの第3作です。前作から100年後の世界を描いています。引き続いてジョイ・ウォンが登場しトニー・レオンがお坊さん役で新登場です。コメディタッチのホラー映画を楽しむことが出来ますよ

強風の中を若い僧・フォン(トニー・レオン)とその師匠・白雲(ラウ・シュン)が旅をしています。そこへ1人男が追いかけられてきます。お金を盗んだというのです。男は逆に相手を倒してしまいました。男はイン(ジャッキー・チュン)という名前です。蘭若寺のイン道士の名前を名乗っていました

町へ出たフォンと白雲は、黄金の仏像を運んでいるのを盗賊たちに見られてしまいます。フォンたちは黄金の仏像を、大国寺に届けようとしていたのです。盗賊たちが追いかけてきますが、フォンたちが蘭若寺へ入っていくのを見て引きかえします


続きを読む
posted by kaze at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

フィリーズVSレイズ サスペンデッドゲーム

大リーグ・ワールドシリーズは、6回表終了後、フィリーズ2−2レイズで、降雨サスペンデッドゲームとなりました。後日、6回裏から試合が再会されるそうです

レイズの岩村明憲選手は活躍していますが、王手のかかったフィリーズで、田口壮選手の活躍が見れないのは、残念です

ところで、バックネットの下に日本の予備校「東進ハイスクール」の広告が映ってた気がしたのですが、幻でしょうか(笑)
posted by kaze at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高橋尚子選手 現役引退

女子マラソンの高橋尚子選手が現役引退を発表しましたね。ちょっと残念です

印象に残っているのは、やはり2000年シドニーオリンピック女子マラソンで、日本人女子陸上競技選手初の金メダルの獲得です。サングラスを投げてスパートをかけ、強さを見せつけてくれました。国民栄誉賞も受賞しているんですよね。振り返ると、小出義雄監督と組んでいたころのQちゃんが、一番よかった気がします

その後のレースでは、アテネ五輪の選考レースとなった東京国際女子マラソンでの猛暑など、気候がQちゃんを苦しめた感じがありました。ケガにも泣かされたようです。また復活してくれるのではと、思ってましたが、残念ですよね。今後は解説者として、増田明美を脅かす存在になるんでしょうか。気になります(笑)
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2 レスリー・チャン&ジョイ・ウォン


映画「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2」
倩女幽魂II:人間道/A Chinese Ghost Story II (1990)
監督:チン・シウトン
キャスト:レスリー・チャン、ジョイ・ウォン
ミッシェル・リー、ジャッキー・チュン、ウー・マ

「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」の続編です。前作に引き続いて、レスリー・チャン、ジョイ・ウォンが登場していますが、前作と違いコメディタッチな感じも楽しめましたね

若い書生・ニン・チョイサン(レスリー・チャン)は町へやってきますが、荒れはてた様子です。ニンは盗賊と間違えられて、監獄へ入れられてしまいます。たくさんの書物を書いている老人・ロウと同じ牢屋になりました

牢屋へ入れられ月日がたったので、ニンに立派なヒゲが生えてきます。そしていよいよニンが処刑される日が近づきました。ロウは抜け穴を教えてくれ、本をプレゼントしてくれて、ニンを逃します。もっと早く教えてくれればいいのに(笑)


続きを読む
posted by kaze at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

格差病社会 加藤諦三


加藤諦三「格差病社会−日本人の心理構造」大和書房

著者の説明ばかりでなく文章のリズムに、説得力を感じてしまいます。独特なリズムなんです。どんどん読みすすみながらも、心の中に強烈に訴えかけられる印象ですね。ちょっと価値観が変わるかもしれません。世間では「勝ち組・負け組」とか「格差社会」と言われる中で、意識について目を覚まさせてくれる本です。気になったところを引用しますね

《 現実の格差の大きさと、格差意識の深刻さとは関係ない。日本に比べてアメリカのほうが現実の格差ははるかに大きいが、格差意識は少ない。日本のほうが現実の格差は小さいが、格差意識は大きい》

《 現実の競争の激しさと競争意識の激しさは関係ない。競争意識がすさまじいところでは競争はあまりないということがある。それが人間の心理的防衛である。現実の競争はアメリカのほうがすさまじいが、競争意識は日本のほうがすさまじい。だからアメリカにはない「勝ち組・負け組」の言葉が、いまの日本に氾濫している》(「はじめに」より)


続きを読む
posted by kaze at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WBC 原辰徳監督

揺れに揺れていたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督ですが、巨人軍の原辰徳監督になることが濃厚なようですね

王監督、星野監督が辞退し、一時は落合監督、野村監督という声もありましたが、決まりのようです。これで、イチロー選手もやる気を出してくれるかもしれませんね(笑)
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイニーズ・ゴースト・ストーリー レスリー・チャン&ジョイ・ウォン


映画「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」
倩女幽魂/A CHINESE GHOST STORY (1987)
監督:チン・シウトン
キャスト:レスリー・チャン、ジョイ・ウォン
ウー・マ、ラム・ウェイ、ラウ・シウミン

中国の古典をもとに、青年と謎めいた女性との恋の行方を描いています。幻想的な風景の中で、初々しい感じのレスリー・チャンと、長い髪をなびかせるジョイ・ウォンが実に美しいですよ。でも幽霊さんたちがかわいらしくて、動きもカクカクしています(笑)少し前のSFXの実力がわかってしまうんですよね。逆に狙いかもしれません

ニン・チョイサン(レスリー・チャン)は、集金をするために町へやってきた若い書生です。トラブルに巻き込まれるうちに、元簿を汚してしまい、集金が出来なくなりました。お金がなくなったニンは、タダで泊まれるというので、蘭若寺へ向います

ニンが蘭若寺へ着くと、2人が剣を交えて戦っていました。イン道士(ウー・マ)とハーハウ(ラム・ウェイ)です。2人の剣の間にニンが立ちふさがって、動けなくなる構図が面白いです。戦いは、決着がつきません。ハーハウが傷ついて、川辺で休んでいると、美女が挑発してきます。シウシン(ジョイ・ウォン)でした。ジョイ・ウォンは、本当に綺麗ですね。ハーハウがシウシンに夢中になっていると、何ものかに襲われて、一瞬でカラカラになりミイラのようになってしまいました


続きを読む
posted by kaze at 08:28| Comment(3) | TrackBack(1) | 映画(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

篤姫 第43回 嫁の決心


篤姫 第43回 嫁の決心

今回は、天璋院(宮崎あおい)が家茂(松田翔太)の死を悲しみながらも、新たな1歩を踏み出そうとします。和宮(堀北真希)の悲しみはさらに深いものですが、天璋院に心を動かされたようでした。帯刀(瑛太)に起った意外な出来事に、正直驚きましたね(笑)

何もやる気が起らない天璋院は、和宮のことを心配して、滝山(稲森いずみ)に様子を聞いていました。そこへ老中・松平康英が来て、次期将軍に慶喜(平岳大)をと言ってきました。家茂が田安家の亀之助を推していたと天璋院は反対します。元気を取りもどしたようです。ところが、長州との戦いが負け戦になると聞かされて、しぶしぶ慶喜が将軍となることを認めました

宗家を継いだ慶喜は、京の二条城でキセルをくゆらせています。怪しい感じです


続きを読む
posted by kaze at 21:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 大河ドラマ 篤姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #04 戦う理由

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #04 戦う理由

今回は、それぞれが戦う理由を考えているうちに、水中戦に突入しました。仮面の男が戦闘を開始します

オープニングは、幼いアレルヤと、マリーことソーマ・ピーリスとの出会いでした。アレルヤというのは、ソーマがつけてくれた言葉だったんですね

助け出されたマリナは、アザディスタンに戻ると言い出しました。世界から見捨てられたアザディスタンを救いたいのでしょう。ミレイナから恋人かと聞かれた刹那とマリナは、違うと速攻で否定してました(笑)


続きを読む
posted by kaze at 18:28| Comment(1) | TrackBack(1) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズンのキャラクター

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズンのキャラクター

Gyaoにて一部無料配信中です!機動戦士ガンダム00のセカンドシーズンが始まりましたね。キャラクターを一部あげてみて、少し頭の整理ができました

<ソレスタルビーイング>
(ガンダムマイスター)
 刹那・F・セイエイ(宮野真守)→ダブルオーガンダムのパイロット
 ロックオン・ストラスト(三木眞一郎)→ケルディムガンダムのパイロット
 アレルヤ・ハプティズム(吉野裕行)→アリオスガンダムのパイロット
 ティエリア・アーデ(神谷浩史)→セラヴィーガンダムのパイロット
(母艦プトレマイオス2の乗組員)
 スメラギ・李・ノリエガ(本名陽子)→戦術予報士
 ラッセ・アイオン(東池宏樹)→砲撃手兼操舵士
 フェルト・グレイス(高垣彩陽)→戦況オペレータ
 沙慈・クロスロード(入野自由)→宇宙技師
 イアン・ヴァスティ(梅津秀行)→総合整備士
 ミレイナ・ヴァスティ(戸松遥)→イアンの娘、戦況オペレータ
 リンダ・ヴァスティ(早水リサ)→イアンの妻  
 アニュー・リターナー (白石涼子)
  (その他)
 イオリア・シュヘンベルグ(大塚周夫)→ソレスタルビーイングの創設者
 王留美(ワン・リューミン)(真堂圭)→ソレスタルビーイングの幹部
 紅龍(高橋研二)→王留美の部下
 ネーナ・トリニティ(釘宮理恵)→パイロット


続きを読む
posted by kaze at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第26回全日本大学女子駅伝 立命館大学 優勝

第26回杜の都全日本大学女子駅伝は、立命館大学が優勝を飾りましたね。立命館大学は、第1区の岩川選手をつないだ第2区竹中選手が追い上げます。第3区小島選手→第4区沼田選手→第5区田中選手で区間新でつなぎ、アンカー松永選手が1位でゴールしました。3連覇で5回目の優勝はすごいですよね

2位が佛教大学、3位が名城大学、4位が東京農業大学、5位が玉川大学、6位京都産業大学でした。シード権争いも激しかったですね。先頭から10分遅れると繰上げスタートとなってしまうのは、ちょっとかわいそうな感じでした

区間記録は、第1区が関西大学の松山選手、第2区が日大の後藤選手が記録したようです。関西大学は初出場で、区間賞とは立派ですね

「第31回全日本大学女子駅伝 立命館大学 3連覇」
「第30回全日本大学女子駅伝 立命館大学 2連覇」
「第29回全日本大学女子駅伝 立命館大学 優勝」
「第28回全日本大学女子駅伝 佛教大学 2連覇」
「第27回全日本大学女子駅伝 佛教大学 初優勝」
posted by kaze at 15:10| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シリーズ運動で若返り(1)生死を分ける!健康体操ホントの効用


テレビ「ためしてガッテン シリーズ運動で若返り(1)生死を分ける!健康体操ホントの効用」を観ました。また今回も驚かされましたね。なんと(ラジオ)体操は、体力的な効果はほとんど望めないそうなんです。でも意外な効果が明らかになりましたよ

ラジオ体操愛好者の方たちのテストで、体力測定は平均的でしたが、変わった動きを連続して行う姿勢変換能力のテストでは、効果が表れていましたね

(ラジオ体操愛好者の体力測定)
平衡感覚、柔軟性、握力の3種目の体力測定は、同年代平均とほぼ同じ
→姿勢変換能力のテストで、平均を2割以上も上回る成績

(姿勢変換能力とは)
寝た状態から素早く立ち上がる、体を反転させてイスに素早く座る、というような姿勢をすばやく変える能力のこと


続きを読む
posted by kaze at 11:58| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お台場から生放送!秋の夜長もさだまさし

不定期でやっている不思議な番組ですね。また観てしまいました(笑)NHKの番組なのに、お台場のフジテレビの球体展望室から生放送です

さだまさし、井上知幸、住吉昇といういつものメンバーに加えて、フジテレビの中村仁美アナウンサー、NHKの小野文恵アナウンサーが参加していましたよ。正月の放送のとき、フジテレビのドラマ「眉山」の告知をしたことが縁で、実現したそうです。NHKと民法のコラボレーションは、初めてではないでしょうか。驚きました。それから「親父の一番長い日」のドラマ化が始動するみたいです

番組で、グレープのデビュー曲「雪の朝」、「北の国から」の演奏も披露してくれましたよ。チキンガーリックステーキも「北の国から」に参加です。ちょっとジーンときましたよ


続きを読む
posted by kaze at 01:58| テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

巨人 日本シリーズ進出

プロ野球・セリーグ・クライマックスシリーズの第2ステージ第4試合は、巨人6−2中日で、巨人が勝ち、日本シリーズ進出を決めましたね

8回裏、ラミレス選手が2ランホームランを打ちました。9回表はクルーン投手が抑えます。胴上げされた原監督は、涙目になっていました。これで、巨人VS西武の日本一対決に決定しましたね。何となく、ひと昔前の日本シリーズのカードを思い出します
posted by kaze at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陽炎の辻2 第8回 雷鳴


陽炎の辻2 第8回 雷鳴

今回は、磐音(山本耕史)と父・正睦(平泉成)が再会を果たしましたね。その前に、金兵衛を演じる小松政夫が「もちのろん、ヒヒヒヒ」と面白い演技全開です。山本耕史は普通でしたが、悠木千帆あたりが笑いをこらえてました(笑)

どてらの金兵衛が今日はびしっと決めています。金兵衛の亡くなった妻の命日というのは表向きで、おこん(中越典子)の見合いの日なのでした。磐音の表情がさえません

由蔵(近藤正臣)は「みあい!」と大声を出して驚いていましたね。由蔵は磐音に「おこんさんがお嫁に行っても良いとお考えですか?奈緒さまに義理立てするのはもうおよしなさいませ。自分の気持ちに正直に生きる、これもまた人の道にござります」とアドバイスしてくれます


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 陽炎の辻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大河ドラマ 太閤記 第42回 本能寺


NHKアーカイブスを観ました。緒形拳の特集で、1965年に制作された大河ドラマ「太閤記」の第42回本能寺の映像が流されましたよ。「太閤記」はこの42回の映像以外は、ほとんど残っていないとは驚きです。緒形拳と石坂浩二の対談の様子も少し流されていました

明智光秀(佐藤慶)が「敵は本能寺にあり」と叫んで、兵を進めていきます。鬨(とき)の声をあげず、静かに本能寺へ到着しました。毛利を攻めている羽柴秀吉(緒形拳)と石田三成(石坂浩二)は、リラックスムードで、肩をもんでいます(笑)

本能寺の織田信長(高橋幸治)は、スズメの声に起こされていて、早起きです。塩で歯磨きをして、のんびりしています。最近のドラマと違って、緊迫感がなくて、かえって面白かったです。森蘭丸(片岡孝夫)から明智謀反の知らせを聞いても、信長は笑って、初めは信用しません。しかし、矢を射掛けられて、やっと本当だと気がつきます


続きを読む
posted by kaze at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だんだん 第4週 出発の歌

だんだん 第4週 出発(たびだち)の歌

今週は、めぐみ(三倉茉奈)とのぞみ(三倉佳奈)が双子であること、忠(吉田栄作)と真喜子(石田ひかり)の過去がわかって、お互いの家族がぎくしゃくしていましたね。でも後半で一気に話が展開します

松江では、めぐみの弟・健太郎(木咲直人)が秘密を知って、人が変わったように嫌悪感をあらわにしていました。嘉子(鈴木砂羽)の父・邦治(石倉三郎)は嘉子がかわいそうだ、忠と初枝(三林京子)に怒りをぶつけます。たまらず、のぞみが頭を下げると、邦治は冷静さを取りもどしました。ちょっと観ていられない場面でした

京都では、めぐみは、花村久乃(藤村志保)たちからやさしくされています。かけつけた隆康(夏八木勲)がたくさんお土産を持ってきてくれましたね


続きを読む

2008年10月24日

巨人5−5中日 引き分け

プロ野球・セリーグ・クライマックスシリーズの第2ステージ第3試合は、巨人5−5中日で引き分けに終わりましたね。今日の試合はなかなか面白かったですが、またまた放送時間終了で、最後まで見られませんでした

3回裏に鶴岡選手→4回表に和田選手→6回裏に李選手→8回表にウッズ選手と、ホームランによる打撃戦で、見ごたえがありました

9回表になってクルーン投手が、中村選手にデッドボールを当てて、すぐ交代となってしまいます。意外な展開でしたよね。山口投手代わって、谷繁選手がヒットを打ち5対5の同点となります。その後、12回までいって引き分けに終わります。最後は観てないけど(笑)これで、あと1勝で巨人は日本シリーズへ進出になるそうです。ちょっと不思議です
posted by kaze at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェンシング 太田雄貴選手 号泣

北京オリンピック・フェンシングで、銀メダルを獲得した太田雄貴選手が、男泣きをしていました。森永製菓への入社を発表し、支えてくれた人たちのことを思ううちに涙を流したそうです。ちょっと感動しましたね。やはり大学を卒業してから、大変な苦労があったようです

フェンシングはマイナーなスポーツなようです。私も北京オリンピックで、初めてじっくり見ました。太田選手の活躍と、その明るいキャラクターで、一気に人気になりましたよね
posted by kaze at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

七瀬ふたたび 第3回 悪魔のまなざし


七瀬ふたたび 第3回 悪魔のまなざし

今回は、マジックバーで働く七瀬(蓮佛美沙子)の前に、謎の男・西尾(今井朋彦)がやってきます。ちょんまげ姿でない今井朋彦に、違和感を感じてしまいますよね(笑)西尾は、増田店長(北村総一郎)の心臓のペースメーカーを見破ります。透視能力の持主なんです。七瀬は、西尾に邪悪な面を感じとります

七瀬は、漁藤子(水野美紀)のところへ行きました。藤子は、火田精一郎(小日向文世)が残したノートを参考にして、子どもたちを集めて実験をやり直していたのです。七瀬は恒介(塩谷瞬)にも協力を依頼しますが、乗り気でありません

バーに藤子がやってきました。ノートに書かれた、能力を持っている6人のイニシャルを示して、恒介に残りの5人の子どものことを聞きます。少しだけ、心が動いたようでしたね


続きを読む
posted by kaze at 21:59| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨人 大勝

プロ野球・セリーグ・クライマックスシリーズの第2ステージ第2試合は、巨人11−2中日で、巨人が勝利しましたね

中日に先制されて、去年と同じに中日の三連勝の予感も感じました。しかし小笠原選手のホームランを皮切りに、巨人打線が爆発します。上原投手が好投をみせてくれました。今日は、最後まで観れてよかったです(笑)
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石井慧選手 ロンドン五輪目指さない!?

北京オリンピック・柔道男子100キロ超級で金メダルを獲得した石井慧選手は、やはりロンドン五輪を目指さないのでしょうかね

秋の園遊会の様子をニュースで観たのですが、天皇陛下から次の五輪について聞かれて、目指さないと答えていました。天皇陛下を前に嘘はつかないと思うので、やはり目指さないんでしょうか。でも、わかりません(笑)

隣りにいたソフトボールの上野由岐子選手と水泳の北島康介選手も、石井選手の発言に注目していました
posted by kaze at 19:59| Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレイン・ジャック オリエント急行 マーク・ローパー


映画「トレイン・ジャック オリエント急行」
DEATH, DECEIT AND DESTINY ABOARD THE ORIENT EXPRESS (2000)
監督:マーク・ローパー
キャスト:リチャード・グリエコ、ヨアンナ・ボウコバスカ
ジェイナ・カレイバノバ、ロミナ・モンデロ

オリエント急行の乗客たちとテロリストたちの戦いを描いています。知らない俳優さんたちがたくさん出て来て、混乱するかもしれません。はじめは緊迫感が無いんですが、中盤から少しづつ盛り上がっていきますよ

チーフ(リストロ・ショポフ)が、ホームに立つ乗務員たちをチェックしている場面から始まります。これからオリエント急行が出発していくという雰囲気が味わえます

やがて乗客がやってきました。実業家のトミー(ニッキー・ヘンソン)とイモジン(ジェイナ・カレイバノバ)、実業家のリード(バレー・フラットマン)とリタ(ジェニファー・ニッシュ)、そしてクララ(ロミナ・モンデロ)とノーラ(アンジェラ・ローレン・スミス)は歌手です。さらに実業家でヒゲをはやしたフレッド・ウォレス(ロウ・ヒッシュ)とポリー(ニーナ・ムスチャリク)、俳優のジャック(リチャード・グリエコ)がやって来ます。さらにナディア(ヨアンナ・ボウコバスカ)とおじのボリス(ゴッズ・オット)がやってきて、最後に石油王の息子・ニッキーが乗り込みました。彼らは謎の人物から商談のため、オリエント急行へ招待されたのです


続きを読む
posted by kaze at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

中日ドラゴンズ 先制

プロ野球・セリーグ・クライマックスシリーズの第2ステージ第1試合は、巨人3−4中日で、中日が先制しましたね

山本昌投手は、3点を失いながら6回まで、グライシンガー投手は、押し出し四球を与え5回途中まで、投げました。そのあと同点のまま、テレビ中継が終わり、がっくりです。試合は、9回表クルーン投手から中村選手がヒットを打ち、中日が1点勝ち越し、9回裏岩瀬投手が抑えたようです

試合途中で、ニュース速報が流れたんで、てっきり西武が勝ったというニュースだと思ったら違いました(笑)やはり3対3の一番面白い場面で、9時20分すぎに打ち切られるのは参りますよね。せめてCSくらいは、試合終了まで放送して欲しかったです。まさに世界仰天(笑)
posted by kaze at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西武ライオンズ 日本シリーズへ

プロ野球・パリーグ・クライマックスシリーズの第2ステージは、西武9−0日本ハムで、日本シリーズへの進出を決めましたね。まさか9−0とは!

涌井投手は完封でした。涌井投手の好投の前に、日本ハム打線は完全に沈黙してしまいます。3回にグリン投手がくずれてしまってから、一気に西武打線が爆発した感じです。日本ハムの投手交代の間に、渡辺監督が髪を直す余裕を見せていました(笑)日本ハムはいいところが無く、あまりに残念ですよね
posted by kaze at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディスクロージャー マイケル・ダグラス×デミ・ムーア


映画「ディスクロージャー」
Disclosure (1994)
監督:バリー・レヴィンソン
キャスト:マイケル・ダグラス、デミ・ムーア
ドナルド・サザーランド、キャロライン・グッドール

ハイテク企業におけるセクハラの問題を描いています。マイケル・ダグラスVSデミ・ムーアの戦いで、てっきりマイケル・ダグラスがセクハラをするんだと思っていたら、逆でした(笑)

月曜日、ディジコム社の製造責任者・トム・サンダース(マイケル・ダグラス)は、部長への昇進の辞令が出るのではと、ウキウキしています。妻のスーザン(キャロライン・グッドール)息子のマットと娘のイライザと車に乗り込みました。浮かれるサムにスーザンは「神のすぐそばまで行くと、神は木を揺するかも」と言います。途中でサムは別れて、船へ乗りこみました。通勤で船を使っているんですね

会社に行ったトムは、新部長が自分ではなく新しく来たメレディス・ジョンソン(デミ・ムーア)だと知らされます。社長のボブ・ガーヴィン(ドナルド・サザーランド)と幹部のフィル(ディラン・ベーカー)の考えでした。メレディスはトムの昔の恋人だったのです。同僚のステファニー(ローズマリー・フォシス)がトムに言葉をかけてくれました


続きを読む
posted by kaze at 08:59| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

西武 3勝2敗 日本シリーズに王手

プロ野球・パリーグ・クライマックスシリーズの第2ステージは、西武9−4日本ハムで、日本シリーズに王手をかけましたね

序盤で西武打線が爆発し、石井一投手が好投しました。それにしても、どこの地上波も放送していないのは、あまりに寂しいです。巨人−中日戦もなかったりして(笑)
posted by kaze at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハチミツとクローバー 櫻井翔&蒼井優&堺雅人


映画「ハチミツとクローバー」(2006)
監督:高田雅博
キャスト:櫻井翔、蒼井優、伊勢谷友介
加瀬亮、関めぐみ、堺雅人

美術大学を舞台にした、若者たちの物語です。登場人物たちが若々しくて、実にすがすがしい雰囲気を味わうことができましたよ。作品の世界にすーっと入って行けました

美術大学の教師・花本修司(堺雅人)の家に、学生たちが集まっています。山田あゆみ(関めぐみ)は、真山巧(加瀬亮)のことが好きなようですが、真山は気がない様子です。真山と竹本祐太(櫻井翔)が2階へ行くと、絵を描いている女の子がいました

女の子は花本はぐみ(蒼井優)で、花本修司の親戚でした。祐太は一瞬で、はぐみに心を奪われてしまったようです


続きを読む
posted by kaze at 08:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

デイブレイク ロイ・シャイダー×テッド・マッギンレー


映画「デイブレイク」
DAYBREAK (2000)
監督:ジーン・ペレリン
キャスト:ロイ・シャイダー、テッド・マッギンレー
マーク・キーリー、ケン・オランド、アダム・ワイリー

ロサンジェルスを襲った地震の恐怖を描いています。ロイ・シャイダーが出ているというので、最初は注目して観ていたのですが、天才少年ニュートンの活躍の方に目がいきましたよ

ディロン(テッド・マッギンレー)は、アイスホッケーの名選手でしたが、今は地下鉄の保線係として働いています。息子のジェイソンを事故で亡くした傷を負っていました。上司のスタン(ロイ・シャイダー)はディロンの仕事ぶりにあきれていますが、かつてアイスホッケーをやっていたときのガッツのため、期待をかけているようです。ディロンは定期点検へ地下へ降りていきました

少年のニュートン(アダム・ワイリー)は、天才児コンテストに出ないかと誘われますが、興味がないようで、家を出て行ってしまいます。サバンナ(ウルスラ・ブルックス)はカウンセリングの帰りに地下鉄へ向いました。グリフィン(マーク・キーリー)は保釈されて、恋人のスージ(ジェイミー・バーグマン)が出迎えます。保釈金を作るため車を売ってしまったので、しぶしぶ地下鉄へ乗ることになりました


続きを読む
posted by kaze at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中日勝って第2ステージ進出

プロ野球・セリーグ・クライマックスシリーズの第1ステージは、中日が2−0で阪神を下して、第2シリーズに進出しましたね

ウッズ選手に2ランを打たれ、藤川投手の悲鳴が聞こえた感じがしました。阪神は力を発揮できずに、終わってしまたったようです。岡田監督のユニフォーム姿は、しばらく見れなくなります。阪神が勝ち進むような気がしていたので、ちょっと寂しいですね

これでメイクレジェンドの巨人とオレ流の中日の戦いが始まります


posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

篤姫 第42回 息子の死


大河ドラマ 篤姫 第42回 息子の死

とうとう徳川家茂(松田翔太)との別れのときが来てしまいましたね。途中に面白い場面があったのですが、憂鬱(ゆううつ)な感じがして楽しめませんでした。天璋院(宮崎あおい)と和宮(堀北真希)の表情も最初から曇った感じです

伏見の薩摩邸に、坂本龍馬(玉木宏)とお龍(市川実日子)がいました。龍馬は包帯を巻いています。寺田屋で襲われましたが、命に別状はないようです。龍馬とお龍が薩摩へ行くと聞いて、お琴(原田夏希)がうらやましがります。帯刀(瑛太)から話があると言われますが、お琴はふりきりました。お琴は、1人になって寂しげな顔をしていましたね

滝山(稲森いずみ)が唐橋(高橋由美子)を連れてきました。新キャラクターが登場です。生家が漢方医と聞いて、天璋院は都合がよいと喜びます


続きを読む
posted by kaze at 21:59| Comment(2) | TrackBack(2) | 大河ドラマ 篤姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #03 アレルヤ奪還作戦


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #03 アレルヤ奪還作戦

今回は、アレルヤの奪回作戦でした。ファーストシーズンで離ればなれになっていたメンバーが序々に集結していきます。ロックオンがちょっと軽い感じなので、少し違和感を感じてます(笑)

リボンズは、イオリア・シュヘンベルグの計画を忠実に実行している、とか言ってました。なぞが深まります。アレルヤとマリナ・イスマイールを同じ場所に集めたのも計画なんでしょうかね

アレルヤのやつれた表情がかわいそうです。ソーマ・ピーリス中尉と会い、表情をゆるめマリーと呼びかけますが、ピーリスは記憶がないようです


続きを読む
posted by kaze at 18:29| Comment(1) | TrackBack(1) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ハム 2勝2敗

クライマックスシリーズの第2ステージは、西武4−7日本ハムで、2勝2敗となりましたね

両チームとも投手陣が継投していって、追加点も入り接戦に見えましたが、結果は3点差でした。3回のスレッジ選手の3ランが大きかったですね。9回裏2アウトから、西武の反撃を予感させましたが、及びませんでした
posted by kaze at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

陽炎の辻2 第7回 親子


陽炎の辻2 第7回 親子

今回は、磐音(山本耕史)が幸吉(田中碧海)のために一肌ぬぎました。そしてお佐紀(北川弘美)が吉右衛門(渡辺いっけい)と見合いするためやって来ましたね

幸吉(田中碧海)が鰻屋になりたいと鉄五郎(河西健司)のところへ来ました。まずは出前持ちとして働き始めます。おそめ(瓜生美咲)は今津屋で働き始めて、いきいきしていました。おこん(中越典子)がおそめへてきぱきと指示をしています。磐音は江戸へ来て5年になるんですね。早いのか遅いのか、微妙な感じです

お佐紀が、赤木儀左衛門(小林隆)小清水屋右七(田山涼成)とともにやってきました。由蔵(近藤正臣)がうれしそうに出迎えます。山本耕史と小林隆がそろうと「新選組!」を思い出してしまいました。記憶をクリアできません(笑)


続きを読む
posted by kaze at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 陽炎の辻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ハム ダルビッシュ有投手 完封

クライマックスシリーズの第2ステージは、西武0−5日本ハムで、西武の2勝1敗となりましたね

ダルビッシュ投手、西武打線を相手に3安打完封したのはすごいです。試合後のインタビューでは「負けるわけ無いと思ってマウンドに立ちました」と強気な感じで、プレッシャーについて聞かれても「追い込まれれば追いこまれるほど、楽しくないですか」と応じていました

posted by kaze at 18:29| Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だんだん 第3週 時の過ぎゆくままに


だんだん 第3週 時の過ぎゆくままに

今週は、めぐみ(三倉茉奈)とのぞみ(夢花)(三倉佳奈)が、それぞれ離ればなれになっていた親と再会しました。
2人が入れ替わる場面が面白かったですね。そして出生の秘密も語られます。これだけで1つのドラマになりそうな感じです

めぐみは戸籍謄本を調べ、母親の欄に一条真喜子(石田ひかり)の名前を見てショックを受けました。ヘルン先生(曾我廼家八十吉)がその様子を見ていて、秘密が知られたのではと大人たちが騒ぎ出します。嘉子(鈴木砂羽)は忠(吉田栄作)から双子のことを初めて聞かされ固まりました

めぐみから戸籍のことを聞いたのぞみは、祇園で温習会の舞台に上がりますが、動揺して扇子を落としてしまいます


続きを読む

2008年10月17日

幸福な食卓 北乃きい&勝地涼


映画「幸福な食卓」(2006)
監督:小松隆志
キャスト:北乃きい、勝地涼、羽場裕一
石田ゆり子、平岡祐太、さくら

バラバラとなった家族が、絆(きずな)を取りもどしていく物語です。郊外の町のどこにでもあるような風景の中で、淡々と日常が描かれています。その中のちょっとした会話が、観ているものの心を動かしますよ。涙を流してしまいました

中学生の中原佐和子(北乃きい)は、兄・直(平岡祐太)父・弘(羽場裕一)母・由里子(石田ゆり子)と暮らしていました。しかし3年前に父の弘が自殺未遂をしてから、家族は崩れ出します。父は「今日で父さんを辞めようと思う。教師も辞めるし、父さんも辞める」と言い出し、大学受験をめざします。母は家を出て1人でアパート暮らしを始めました。兄は大学進学の意欲をなくし、庭でニワトリを育て、ちょっと不思議な感じです

佐和子は、学校で席が隣になった大浦勉学(勝地涼)と仲良くなります。勝地涼は「亡国のイージス」「篤姫」の印象が残っていますね。勉学の家も、父親は仕事に夢中、母親は勉学の成績に夢中、弟はカブトムシに夢中でうまくいっていないというのです。佐和子と勉学は、西高合格をめざし、予備校に通いました。「切磋琢磨(せっさたくま)しよう」と勉学は佐和子を励まします


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラストサマー ジェニファー・ラヴ・ヒューイット


映画「ラストサマー」
I Know What You Did Last Summer (1997)
監督:ジム・ギレスピー
キャスト:ジェニファー・ラヴ・ヒューイット
サラ・ミシェル・ゲラー、フレディ・プリンゼ・Jr

高校卒業を迎えた、4人の若者たちを襲う恐怖を描いたホラー映画です。徐々に疑心暗鬼に陥っていく若者たちの表情が、興味深いですよ

海岸線の風景からカメラが岸壁の上へ寄ると、青年が立っていました。突然、花火が打ち上げられます。独立記念祭が行われるのでした

ヘレン(サラ・ミシェル・ゲラー)はクィーン・コンテストで優勝します。ヘレン、彼氏のバリ(ライアン・フィリップ)ジュリー(ジェニファー・ラヴ・ヒューイット)その彼氏のレイ(フレディ・プリンゼ・Jr.)の4人は海岸でドライブへ向います。思い出を作った後で、海岸沿いを運転していると、何かにぶつかってしまいました


続きを読む
posted by kaze at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

七瀬ふたたび 第2回 危険な力


七瀬ふたたび 第2回 危険な力

今回は、七瀬、岩瀬、朗が奇妙な糸で引き寄せられていきましたね。土砂崩れが起ることを予知して、田中七瀬(蓮佛美沙子)と岩瀬恒介(塩谷瞬)それに朗(宮坂健太)がホームへ降ります。やがて土砂崩れが起ったことを察知し、七瀬は頭をかかえました

岩淵が去った後で、次の列車で駅に着いた高村刑事(市川亀治郎)と江藤刑事(載寧龍二)は、七瀬と朗の姿を見ますが、救助へ向います。七瀬は朗を送っていって別れました

七瀬のところへ高村刑事が来て事情を聞きますが、七瀬は心の声を使って、みごとに切り抜けます。こういうところは便利で、うらやましいですよね(笑)しかし老人ホームへ行った七瀬は、みんなの心の声に耐えられなくなり、辞めてしまいます。前回までやさしかったおじいさんまでが、冷たい心の声だったのは、かわいそうすぎです


続きを読む
posted by kaze at 21:59| Comment(1) | TrackBack(1) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

サッカーW杯予選 ウズベキスタンと引き分け

サッカーW杯予選、日本−ウズベキスタン戦は引き分けに終わりましたね

前半27分ウズベキスタンに先制を許しますが、前半40分に中村俊輔選手→大久保選手→玉田選手とつないで、ゴールを決めました。その後もチャンスはあったように見えたんですが、結局同点で試合終了です。ちょっとじれったかったです。勝ち点4となったことで満足することにしました
posted by kaze at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男たちの挽歌2 ジョン・ウー×チョウ・ユンファ


映画「男たちの挽歌II
A Better Tomorrow II 英雄本色U (1987)
監督:ジョン・ウー
キャスト:チョウ・ユンファ、ティ・ロン
レスリー・チャン、エミリー・チュウ

「男たちの挽歌」の続編です。前作で倒れたマークの双子の弟・ケンとしてチョウ・ユンファが再登場しています。マークと違ってちょっと明るい感じが面白いですよ

牢に入っていたホー(ティ・ロン)のところへ、ウ警部がやってきました。紙幣偽造団を支配するルン(ディーン・セキ)のもとに潜入しろというのです。ディーン・セキはジャッキー・チェンの映画で面白いキャラクターで登場しますが、この映画では渋い役でしたね

ホーの弟・キット(レスリー・チョン)は刑事として立派に活躍しています。キットはダンスパーティに行きました。キットはビリーと名乗り、ルンとその娘・ペギー(レジーナ・ケント)に近づきます。ルンは悪事から引退して、今は造船所を営んでいたのです。しかし、ルンの部下・コーは何かをたくらんでいるようでした


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

男たちの挽歌 ジョン・ウー×チョウ・ユンファ


映画「男たちの挽歌
A Better Tomorrow 英雄本色(1986)
監督:ジョン・ウー
キャスト:チョウ・ユンファ、ティ・ロン
レスリー・チャン、エミリー・チュウ

ニセ札組織に属する男たちと、警察官の弟との戦いと絆(きずな)を描いています。ガンアクションが半端ではなく、火力の強さを感じさせてくれる作品です。組織のマークをチョウ・ユンファ、ホーをティ・ロンが演じています。そしてホーの弟で警察官のキット役で、レスリー・チャンが登場です

ホーは台湾での取引を最後に、足を洗おうとしていました。ホーの弟・キットが警察官になろうとしていたからです。キットはホーが組織の人間だとは知りません。キットは恋人のジャッキー(エミリー・チュウ)と病気の父を看病しています

ホーは若いシン(レイ・チーホン)とともに台北へ向いました。しかし途中で取引相手に裏切られ、警察に取り囲まれてしまいます。ホーはシンを逃して、警察へ投降しました。香港では、ホーの父親は組織の暗殺者に狙われて、帰らぬ人となってしまいます。マークは裏切った者たちに反撃を加えました。ガンファイトがすさまじいです。スローモーションを使った映像で迫力を増しています。マークの完勝と思ったら、足に反撃を受けてしまいます。キットは、ホーが組織の人間として逮捕されたことを知り、ショックを受けます


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体育の日

10月13日は体育の日でしたね

10月10日が体育の日になったのは、東京オリンピックの開会式のあった日であるのと、晴れる確率が高かった特異日であることが関係あるのは、何となく知っていました

でも、2000年(平成12年)からハッピーマンデー制度の適用で、10月の第2月曜日となります。何年か前に雨が降った気がしましたが、今年は晴れになりましたね。でも10月10日のままでもよかった気もします。いや10月10日が休みのまま、第2月曜日も休みが一番よかったのかもしれません(笑)
posted by kaze at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。