過去ログページ

2008年12月31日

2008年を振り返って

今年も、独断と偏見で2008年を振り返り、各賞を決めてみました(笑)今年製作されたものでなく、今年観た中から選んでます。作品賞は選びきれません。「篤姫」と「太王四神記」が同時期に放送していたときは、今年は充実しているなと実感できました。経済的にはボロボロだけど(笑)

作品賞(映画部門):「スティング」
 「ビッグ・フィッシュ」「Ray レイ」「北京ヴァイオリン」「北北西に進路を取れ」
 「プラトーン」「アマデウス」「Mr.ビーン カンヌで大迷惑!」
 「インディ・ジョーンズ」シリーズ「ホワイトライズ」(「アパートメント」のリメイク)
 黒澤明監督作品、伊丹十三監督作品「ALWAYS 続・三丁目の夕日」「西の魔女が死んだ」

作品賞(ドラマ部門):「篤姫」
 「太王四神記」「柳生一族の陰謀」(上川隆也主演)「ゴンゾウ 伝説の刑事」
 「踊る大捜査線」シリーズ

監督賞:黒澤明
 クリント・イーストウッド


続きを読む
posted by kaze at 12:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

年賀状


来年の干支の丑のデザインを印刷した年賀状を作成しました。なんとか年内に投函できましたよ

途中で、プリンターのインクカートリッジを交換しなければならなくなりました。いつもは純製品を使っていたんですが、エコリカのものを初めて使ってみることにします

売場に行ったら、純製品とほぼ同じくらいの売場を占領していました。リサイクル製品ということで売れているんでしょうかね。ちょっと心配でしたが、安いので購入してみます。プリンタの型番に合ったのを探すのに手間取りました(笑)
posted by kaze at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦士の資格 西島秀俊&紺野まひる

第20回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した作品で、高橋幹子の脚本だそうです。なんとなく観始めたら、かなりよかったですよ。わずか1時間のドラマに、驚きの展開あり、冷徹な主人公の心の変化ありで、思わず引き込まれました

高木修一(西島秀俊)は、本社の経営戦略部に勤めています。西島秀俊が、出世しか頭にない冷たいサラリーマンを好演していました。上司の藤堂部長(白井晃)のいいなりになって、同期の青山涼子(眞鍋かをり)を研修へ出し、出世競争から追い出してしまいます

ところが、同僚であり恋人の花野郁子(紺野まひる)が、ライバルだと気がつきました。ふだんはおっとりしているのに、システムの不具合をあっという間に直してしまうなど有能です。高木は、郁子が返事をしていないのに、結婚すると職場に言いふらし、幹部候補研修を受けさせなくしました。恐いですね


続きを読む
posted by kaze at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

ドラマスペシャル 暴れん坊将軍 松平健


ドラマスペシャル 暴れん坊将軍 松平健

松平健が演じる暴れん坊将軍が帰ってきましたね。やはり当り役で安心して見られます。でもレギュラー陣が一新して、ちょっと戸惑いました

江戸の土佐屋で火事が起り、め組の頭・辰五郎(堺正章)は火事場で加代(浅野ゆう子)と出会います。大岡忠相(大和田伸也)から話を聞き、徳川吉宗(松平健)は徳田新之助となって江戸市中へやってきます。新之助は加代と再会しました。新之助は、加代と高倉左馬之介(永島敏行)の間を取り持ったのです。しかし加代は左馬之介に離縁を申し渡され、息子・直太郎とともに江戸に来ていたのでした


続きを読む
posted by kaze at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お酢で大掃除

大そうじの時期がやってきました。ふだんやってないので、結構よごれてます(笑)

フロ場のタイルのそうじに、どうやらお酢が効果的という話を聞きました。お酢とお水を混ぜて、霧吹きでタイルに吹き付けます。その後で、ぞうきんでふき取ると、カビなどの汚れが落ちました。でもタイルのヒビの間の頑固な汚れまでは取れませんけどね。かなりきれいになりましたよ

さらにロウを塗っておくと、カビが発生しにくくなるそうです。めんどうなのでそこまでやってませんけど。夜にお風呂に入ったら、少しお酢の匂いが残ってました(笑)
重曹も効果的らしいですね
posted by kaze at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #13 メメントモリ攻略戦


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #13 メメントモリ攻略戦

今回は、メメントモリ攻略戦です。みごたえがあり、映像もきれいでしたね。メメントモリは、ソーラレイより機動性があるようです。でもどうやってトレミーがメメントモリの攻撃をかわしたのか、よくわかりません

カタロンの宇宙艦隊がメメントモリに近づいていきました。突然メメントモリの砲身の向きが変わり、第二艦隊は光に包まれ半数が消滅します。圧倒的です。さらにガデッサのGNメガライザーが火を吹きました。ヒリング・ケア大尉は「そっちとは射程がだんちなのよね」と得意気でした


続きを読む
posted by kaze at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

傷だらけの栄光 ポール・ニューマン

映画「傷だらけの栄光
SOMEBODY UP THERE LIKES ME (1956)
監督:ロバート・ワイズ
キャスト:ポール・ニューマン、ピア・アンジェリ
エベレット・スローン、アイリーン・ヘッカート

世界ミドル級チャンピオン・ロッキー・グラジアーノの半生を描いています。とことん悪さをする若いころのロッキーから、ラストの試合のシーンまでポール・ニューマンがみごとに演じていましたよ

「ポール・ニューマン自らを語る」を観ていたらポールが裏話を話していました。演技がマーロン・ブランドに似ていると言われたことがあったそうです。ポールはロッキー・グラジアーノとしばらく暮らして演技を真似ていました。実はマーロン・ブランドもロッキー・グラジアーノの仕草を真似し「欲望という名の電車」に生かしていたそうです


続きを読む
posted by kaze at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

全日本選手権 浅田真央選手3連覇

フィギュアスケートの全日本選手権女子は、浅田真央選手が優勝し3連覇を果たしましたね。すばらしい演技でした。おめでとうございます!2位が村主章枝選手、3位が安藤美姫選手です。練習のとき、村主章枝選手と安藤美姫選手が接触してましたけど、大丈夫だったんでしょうか。村主選手は完璧な演技でしたが、安藤選手は転倒してしまいます。足を痛めたのかも

4位は鈴木明子選手、5位は中野友加里選手、6位は武田奈也選手でした。ショートプログラムで1位だった中野友加里選手の演技はよかったのに、なぜだか5位です。やはり採点方法は謎で難しいです
posted by kaze at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だんだん 第13週 夢の中へ


テレビ小説 だんだん 第13週 夢の中へ

今週は、めぐみ(三倉茉奈)とのぞみ(三倉佳奈)が歌手への道を歩き始めましたね。でも先は厳しい感じです。ボイストレーナーの衣川役で森公美子が登場します。朝バナナダイエットが浮かんでしまいました(笑)

めぐみとのぞみは康太(久保山知洋)俊(東島悠起)と一緒にサリーミュージックへ行きます。石橋(山口翔悟)竹中部長(円広志)と面会しました。石橋はいろんな要求を突きつけてきます。決して人前で歌ってはいけない、今後シジミジルは名乗らず、謎のグループSJとして歌う、ラジオを通してのみ。第1弾は「恋のバカンス」です

2人は大阪で暮らし始めます。めぐみが帰ってくると、いきなりのぞみが大量のごちそうを買ってきていました。一流のアーティストをめざすから一流のものをと、ムチャな理屈!めぐみは現実を話し、生活費を貯めるためバイトをすると話します。祇園暮らしが長かったのぞみには、金銭感覚はありません(笑)

真喜子(石田ひかり)と久乃(藤村志保)が話しています。久乃は、受け取った生活費を返してくれていました。太っ腹です。喜美子を立ち直らせてくれたことに感謝もしていました。実は久乃はのぞみを応援しているみたいですね。花香(伊藤麻衣)があんまり人気がないと、真喜子にハッパをかけます


続きを読む

全日本選手権 織田信成選手初優勝

フィギュアスケートの全日本選手権男子は、織田信成選手が初優勝を果たしましたね。公式戦に復帰してすぐの優勝はみごとです。2位に小塚崇彦選手、3位は無良崇人でした

女子はショートプログラムで中野友加里選手が首位になりましたね。浅田真央選手はミスがありましたけど2位につけ、3位は安藤美姫選手が追っています。それにしても、素人目に見て採点方法は、よくわかりません(笑)あとから解説を聞いて、そうかなと思うしかないようです
posted by kaze at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

ダウンタウン アンソニー・エドワーズ&フォレスト・ウィッテカー


映画「ダウンタウン
DOWNTOWN (1990)
監督:リチャード・ベンジャミン
キャスト:アンソニー・エドワーズ、フォレスト・ウィッテカー
ペネロープ・アン・ミラー、ジョー・パントリアーノ

突然ダウンダウンの警察署に転属させられた警察官と、ダウンタウンの刑事とがタッグを組んで、窃盗団に戦いを挑みます

フィラデルフィア市警の警察官アレックス・カーニー(アンソニー・エドワーズ)は相棒のリック(リック・アイエロ)とパトロールに出かけます。方向指示器を出さないビートルのオープンカーを止めました。と思ったらキス!恋人のローリー(ペネロープ・アン・ミラー)でした(笑)

ローリーと別れた後で、速度違反のポルシェを見つけ追跡します。豪邸に入ったポルシェを追いかけていき、ジェローム・スイート(デヴィッド・クレノン)を取り締まりました。ところが署に帰るとアレックスはグラス警視(フランク・マッカーシー)から大目玉を食らいます。スイートは町の大物で父親は有能な警察官だったのです。アレックスはダウンタウンのダイアモンド街の警察署へ飛ばされます


続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

シリーズ激動の昭和〜あの戦争は何だったのか〜日米開戦と東条英機 ビートたけし

ドラマブロックだけ観ました。東条英機をビートたけしが演じます。ポスターの写真は結構似ていると思ったけど、ドラマではそれほどでもありません。ちょっとずんぐりしすぎかな?かつらの生え際に目がいきます(笑)後半に入ってやっと感情移入できましたよ。昭和天皇(野村萬斎)に東条が涙ながらに会議の報告をする場面はよかったです。開戦を否定する石井秋穂(阿部寛)と東条との確執のシーンもみごとでした

オープニングで、新聞記者の吉原(高橋克典)が、晩晴草堂にいる徳富蘇峰(西田敏行)を訪ねていきます。ヒゲもじゃの西田敏行にまず違和感(笑)さらにキム兄と高橋克実が軍服姿で登場して、なんだか調子が狂ってしまいます(笑)

近衛文麿(山口祐一郎)は、軍部を抑えきれないと総理辞任を木戸幸一(風間杜夫)に伝えました。東条はお叱りを受けると思い東条が昭和天皇のところへ行くと、総理に任命されます。戸惑いながらも、東条は火中の中に身を置いていきました。中盤で山本五十六役で市川団十郎が登場します。場面は短かったけど、ユーモアを持った山本の人柄を表現していましたね
posted by kaze at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング アン・ハサウェイ&ジュリー・アンドリュース


映画「プリティ・プリンセンス2 ロイヤル・ウエディング
The Princess Diaries 2:Royal Engagement (2004)
監督:ゲイリー・マーシャル
キャスト:アン・ハサウェイ、ジュリー・アンドリュース
ヘクター・エリゾンド、クリス・パイン

プリティ・プリンセス」の続編です。ジェノヴィア王国のプリンセスになって5年後から話は始まります。アン・ハサウェイとジュリー・アンドリュースが出てくると、ジェノヴィアの世界にすっと入りこめましたよ

ミア(アン・ハサウェイ)は大学を卒業します。母親のヘレン(キャロライン・グッドール)は再婚し、リリー(ヘザー・マタラッツォ)は大学院生で、マイケルはバンドとツアーに出ているそうです


続きを読む
posted by kaze at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

東京タワー50周年

1958年に完成した東京タワーが50周年を迎えるそうです。大昔に1回登った記憶が、かすかにあります。新ライトアップ「ダイヤモンドヴェール」も綺麗です。WEBで見ただけなんですけど(笑)

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で建設中の東京タワーが「ALWAYS 続・三丁目の夕日」では完成してました。それからマンガ「島耕作」では、東京タワーをローソクに見立てて、島耕作がライトアップを消してますよね。粋な演出でした
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第6回全日本大学女子選抜駅伝 立命館大学6連覇


立命館大学がみごとに6連覇を達成しましたね。沼田選手がテープを切ります。2位の佛教大の西原選手の追い上げはみごとでした。3秒差まで追い上げ、実におしかったです

つくばでスタートしたレースは、やはり寒そうでした。1区はあまり差はでませんでしたが、立命館大学は1区の竹中選手→2区の駒井選手とつないでいきます。3区では小島選手が健闘を見せてくれましたね

4区の田中選手→5区の岩川選手では、2位の選手と100m差をつけます。5区の2位争いは熾烈です。名城大の佐藤選手、佛教大の吉本選手の争いでした。残り1kmあたりで、吉本選手がスパートをかけましたね。6区に入ると佛教大の西原選手が、立命館大学の沼田選手の差を90mから一気に縮めていきます。実に見ごたえがありました!
posted by kaze at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プリティ・プリンセス アン・ハサウェイ&ジュリー・アンドリュース


映画「プリティ・プリンセス
THE PRINCESS DIARIES (2001)
監督:ゲイリー・マーシャル
キャスト:アン・ハサウェイ、ジュリー・アンドリュース
ヘクター・エリゾンド、ヘザー・マタラッツォ

普通の高校生が、ある国の王女であることがわかり、大騒ぎに!アン・ハサウェイとジュリー・アンドリュースの掛け合いで、とても楽しめるコメディですよ。ジュリー・アンドリュースと言えば、「サウンド・オブ・ミュージック」のイメージが個人的に浮かびました。笑顔は昔のままですね

ミア(アン・ハサウェイ)は15才のちょっと内気な女の子です。大きなメガネをかけて、髪の毛はゴワゴワで鳥の巣みたい(笑)クラスの討論会で、あこがれのジョシュ(エリック・ボン・デットン)とディベートをすることになりますが、みんなの前に立つと緊張してしまい、教室から逃げ出してしまいます

ミアは母親のヘレン(キャロライン・グッドール)から祖母のクラリス(ジュリー・アンドリュース)から会いたがっていると伝えられました。クラリスは父方の祖母で、ヘレンと父親が離婚した後で、父親は亡くなったのです


続きを読む
posted by kaze at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

まゆ最中

まゆ最中というお菓子をいただきました。自由が丘の蜂の家というお店の最中です

見た目が、本当にまゆ(繭)みたいです。まゆの色が微妙に違っていました。5種類あるんですね。小倉、胡麻、白つぶし、柚子、黒糖です。ひと口サイズで食べられてしまいますが、5種類の味を食べられるのがうれしいです
posted by kaze at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目撃 クリント・イーストウッド×ジーン・ハックマン


映画「目撃
Absolute Power (1997)
監督、主演:クリント・イーストウッド
キャスト:ジーン・ハックマン、エド・ハリス
アリソン・イーストウッド、スコット・グレン

殺人現場を目撃した泥棒と、絶対的な権力との闘いを描いています。クリント・イーストウッドが、盗みのプロでありながら、娘のことを心配するを男を渋く演じてました。ジーン・ハックマンの悪役ぶりがいいですね。イーストウッドVSハックマンの戦いが見ものです

衝撃的なシーンから始まりました。ルーサー・ホイットニー(クリント・イーストウッド)は、豪邸に忍び込みます。警報装置を解除し、2階の部屋へ入りました。チラッと鏡を見て、リモコンを操作します。鏡の後に隠し部屋があったのです。引き出しから、時計、装飾品、札束を取り込んでいきます。女の人と男の人の笑い声がして、2人が入ってきました。ルーサーは息を殺し見守ります。しばらくいちゃついていましたが、突然に男が暴力的に豹変しました


続きを読む
posted by kaze at 08:29| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #12 宇宙で待ってる


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #12 宇宙で待ってる

今回は、ダブルオーライザーの圧倒的な威力が明らかになります。それからリンダとおやっさんが無事でほっとしました

刹那のダブルオーに沙慈のオーライザーが合体し、ダブルオーライザーに変形します。トランザムを起動すると、赤白い色に変わり粒子がまわりを取り囲みました。そして異様な空間が!刹那と沙慈そしてルイスも裸です!そして戦闘空間にいるパイロットたちの声が聞こえてきました。沙慈とルイスはお互いがMSに乗っていることに気がつきます


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男子第59回全国高校駅伝


みごと佐久長聖が初優勝を飾りましたね。2時間2分18秒で日本高校最高記録更新です!

レースは、雨が降ってきて、選手たちがちょっとつらそうです。10Km地点でも横に広がってました。女子と同じで、接触や転倒もあったようです。7区kmから集団がばらけ、8kmから仙台育英の上野選手がスパートし、佐久長聖の千葉選手、大分東明の油布選手、大牟田の西選手が追いかけます

2区では、仙台育英の横山選手がスパートし、佐久長聖の松下選手、大分東明の小崎選手が続きました。3区仙台育英のクイラ選手がスパートし、独走体勢です。正面から見ると大した速さを感じませんが、横から見るとすごい速さでした。佐久長聖の村澤選手、大分東明の選手の湯地選手が追いかけていきます。4位に埼玉栄が上がってきました


続きを読む
posted by kaze at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子第20回全国高校駅伝


みごと豊川が初優勝を飾りましたね。興譲館のねばりもみごとでした。興譲館の選手はみんな首に2つバンソウコウをはってたけど、何だろ?

レースは、西京極運動公園陸上競技場をスタートした後ほとんどばらけずに、横に広がっていました。58チームの参加で、気がつかなかったけど転倒もあったようですね。3.5km過ぎたあたりからだんだん縦に広がっていきます。そして興譲館の小原選手が笑顔でたすきを、2区の堤選手に渡しました

3区では、興譲館のピッチ走行の赤松選手を豊川のストライド走法の加藤選手が追いかけました。4区に入ると、興譲館の戸田選手を豊川の下村選手がぐんぐんと追い上げていきます。5区のアンカーは、豊川のワイリム選手が興譲館の久保木選手を追い抜きトップに立ちます。ワイリム選手の独走になるかと思ったら、ラストの競技場まで見せ場を作ってくれていましたよ

5区では、3位に入った立命館宇治の夏原選手がみごとな走りを見せてくれました。区間新記録をワンジュグ選手が記録したそうですが、テレビで走りを見られずに残念です。HPのロードレースオンラインがわかりやすいですよ
posted by kaze at 12:14| Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

ミズノブレスサーモ


東急ハンズで、ミズノブレスサーモというウエアが売ってました。あったかウエアとして注目です

ミズノが開発した吸湿発熱繊維・ブレスサーモ原綿を使っているそうです。ブレスサーモ原綿のサンプルが置いてあって、実験できました。原綿に霧吹きで水を吹きかけてなじませると、ほんのり温かくなります。ちょっと驚きますよ

水の分子がブレスサーモの分子に吸収されて吸着熱が発生する
→ブレスサーモは多くの水分を吸収でき、多くの熱を発生させることができる
→衣服内が2度ほど高くなる。他の原綿に比べるとNo.1の発熱量
なんだそうです。また衣服内の湿度を抑えることができる。あたたかく、ドライな着心地で、汗冷えを防止できるようです

posted by kaze at 19:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だんだん 第12週 もう一度ふたりで歌いたい


連続テレビ小説 だんだん 第12週 もう一度ふたりで歌いたい

今週は、めぐみ(三倉茉奈)のぞみ(三倉佳奈)がついに歌手としての道をスタートすることになりましたね

めぐみは久乃(藤村志保)から、この家から出て行って欲しいと言われてしまいます。花雪(石田ひかり)のためにならず、信用を取り戻すために、いてもらったら困るというのです。めぐみは、花雪が祇園を出て行くかもしれないと話すと、久乃は引き下がりました

めぐみはのぞみに電話します。めぐみが、本当にやりたいことを見つけて真喜子に伝えたらとアドバイスすると、のぞみは「まだ見つからない。お母ちゃんのことをお願いします」と話しました。のぞみは七代目(阿南健治)のところで販売員をすることになります。なかなかいい感じでした。でも突然のぞみはバイトをやめさせてくれと言い始めます。何で?


続きを読む

キャスパー クリスティーナ・リッチ


映画「キャスパー
CASPER (1995)
監督:ブラッド・シルバーリング
キャスト:クリスティーナ・リッチ、ビル・プルマン
キャシー・モリアーティ、エリック・アイドル

かわいい幽霊と、母親を亡くした少女との交流を描いています。スティーブン・スピルバーグ製作で、ジョージ・ルーカスのILMのCGと実写が交じり合った映像を創り上げています。幼い感じを残したクリスティーナ・リッチと、CGのキャスパーのやり取りが面白いです

父の遺産を継いだキャリガン(キャシー・モリアーティ)は怒っていました。残された遺産が、メイン州フレンドシップにある呪われたホイップスタッフ屋敷だったからです。キャリガンが屋敷の権利書を暖炉に投げこむと、あわてて友人のディップス(エリック・アイドル)が拾います。すると権利書に、宝が隠されているという文字が浮かび上がりました


続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

湯たんぽ

東急ハンズをのぞいて見たら、湯たんぽコーナーが充実してました。去年はあんまり見なかった感じがしてましたが。環境にも優しく経済的ということで見直されているんでしょうかね。「くたねこ湯たんぽカバー」が、あったかグッツの中でベストワンのようです

そういえば、テレビ「プロフェッショナル 仕事の流儀 宮崎駿のすべて」では、スタッフの人が、宮崎駿監督に手作りのポニョの袋に入った湯たんぽをプレゼントした映像が流れてましたね

あと、どこかの番組で湯たんぽのフタをしたまま電磁調理器で過熱しないよう注意を呼びかけてました。ふたをしたまま、わざと過熱して破裂させた映像が流れてました。取り扱いには注意が必要ですね

posted by kaze at 20:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーフェクトワールド クリント・イーストウッド×ケビン・コスナー


映画「パーフェクト ワールド
A Perfect World (1993)
監督:クリント・イーストウッド
キャスト:ケヴィン・コスナー、T・J・ロウサー
クリント・イーストウッド、ローラ・ダーン

脱獄囚と少年との交流を描いています。ケビン・コスナーと、少年フィリップを演じるT・J・ロウサーのやりとりが絶妙でしたよ

ハロウィンで、変装した子どもたちが、フィリップ(T・J・ロウサー)の家にやってきました。フィリップの母親は、エホバの証人だからと、お菓子をあげようとしません。フィリップは訳がわからないようです

ハンツビル刑務所にいた、ブッチ・ヘインズ(ケビン・コスナー)と、同房のテリー(キース・サセバージャ)は、通気口のワクをはずして、脱獄を企てました。外へ出た2人は、車で来ていたラリーをおどして外へ出て、脱獄は成功します


続きを読む
posted by kaze at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

柳多留もなか

川柳寺門前 柳多留もなかをいただきました。台東区蔵前にある栄久堂のお菓子です

ゴマが少し入った2枚の皮の間に、あんがサンドイッチ状にはさまっています。サクッとかむと、甘さが広がりました。ほどよい甘さです。お菓子の包み紙には、一枚一枚由来を記されています。こだわりを感じさせましたね
posted by kaze at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビッグ・フィッシュ ティム・バートン&ユアン・マクレガー


映画「ビッグ・フィッシュ
Big Fish (2003)
監督:ティム・バートン
キャスト:ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー
ビリー・クラダップ、ジェシカ・ラング

不思議な話をする父親と、その家族との交流を描いています。観始めた最初は、まったく面白くなくて、途中で観るのをやめてしまおうかと思うほどでした。でも、最後には感動で涙が止まりません。やめなくて大正解!

父親のエドワード(アルバート・フィニー)は、面白い話で人々を笑わせていました。幼いころ、ウィル(ビリー・クラダップ)もエドワードの話に夢中でしたが、大人になってからはバカにするようになります。ウィルの結婚式でも、エドワードはお決まりの巨大な魚の話を始めてしまい、ウィルはうんざりです。結婚した後、エドワードとウィルは離れて暮らしていました。エドワードが病気になったので、妻のサンドラ(ジェシカ・ラング)が、ウィルとその妻・ジョセフィーヌ(マリオン・コティヤール)を呼び寄せます


続きを読む
posted by kaze at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

木守

木守(きまもり)というお菓子をいただきました。香川県高松市の三友堂というお店のお菓子です

三盆糖を使った麩焼き煎餅(ふやきせんべい)の間に、餡子(あんこ)がサンドイッチされてます。食べると、サクッと音がして煎餅がなじんだ後で、甘さが口に広がりました。口の中にしばらく残る甘さがうれしいです。中に入っている餡(あん)は、干し柿を使った餡なんですね

包み紙に葵のご紋が印刷されてます。なんだろ?と思って説明を読みました。簡単に言うと、千利休が7つ作らせた赤楽茶碗が1つだけ残り「木守」と名づけ、それが高松藩主松平家へ伝わったそうです。その赤楽茶碗の面影をイメージして作られたお菓子、ということです。なお「木守」とは、来年の豊作を願い、ただ一つ残された実のことなんですね。初めて知りました(笑)
posted by kaze at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mr.インクレディブル ブラッド・バード


映画「Mr.インクレディブル
The Incredibles (2004)
監督:ブラッド・バード
声の出演:クレイグ・T・ネルソン(三浦友和)
ホリー・ハンター(黒木瞳)
サミュエル・L.ジャクソン(斎藤志郎)
サラ・ヴァウエル(綾瀬はるか)

ピクサー・アニメーションによるフルCGアニメーションです。普通の人と同じ生活しか許されなくなったヒーローたちをおもしろおかしく描いています。キャラクターたちの表情が、実に人間の動きをリアルにとらえていました。思わず笑ってしまいましたよ。特に、ボブとヘレン夫婦の言い合いをしている表情がいいです。日本語吹き替え版で観たのですが、三浦友和&黒木瞳の息がぴったりですね

オープニングは、Mr. インクレディブル、イラスティガール、フロゾンのインタビューで始まりました。どこかの映画をマネした感じ(笑)Mr. インクレディブルはヒーローとして活躍し、強盗を倒したり、木に登って降りられなくなったおばあさんの飼い猫を助けたりしています


続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

トイ・ストーリー2 ジョン・ラセター&トム・ハンクス


映画「トイ・ストーリー2
TOY STORY 2 (1999)
監督:ジョン・ラセター
声の出演:トム・ハンクス(唐沢寿明)
ティム・アレン(所ジョージ)アニー・ポッツ(戸田恵子)
ジム・パーニー(永井一郎)ドン・リックルズ(名古屋章)

ピクサー・アニメーションによるフルCGアニメーション「トイ・ストーリー」の続編です。第1作のキャラクターに加えて、新しいキャラクターが登場してきます。CGの技術も進化していて、小さい玉がたくさん飛び出てくるシーンなどには驚かされましたよ

宇宙のシーンから始まります。「2001年宇宙の旅」を思い起こさせます。途中でも「ジュラシック・パーク」「スター・ウォーズ」のパロディーで笑わせてくれました。スペース・レンジャーのバズ・ライトイヤーが惑星にある基地へと侵入していきます。宿敵・ザーグが立ちはだかり、戦いが始まりました。バズがザーグに倒され、GAME OVER。恐竜のレックスがゲームをやっていたのです


続きを読む
posted by kaze at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

トイ・ストーリー ジョン・ラセター&トム・ハンクス


映画「トイ・ストーリー
TOY STORY (1995)
監督:ジョン・ラセター
声の出演:トム・ハンクス(唐沢寿明)
ティム・アレン(所ジョージ)アニー・ポッツ(戸田恵子)
ジム・パーニー(永井一郎)ドン・リックルズ(名古屋章)

ピクサー・アニメーションによる世界初のフルCGアニメーションです。少年アンディが持っているおもちゃのお話です。個性的で生き生きしたキャラクターがたくさん出て来て、楽しくなりました。ウッディの表情が豊かですよね。そういえば自分が持っていたおもちゃは、近所の年下の子にあげてしまったけど、どうなったんだろうと気になりました(笑)

カウボーイの保安官人形のウッディは、少年・アンディの1番のお気に入りです。アンディが赤ちゃんのモリーを連れて部屋を出て行くと、おもちゃたちが一斉に動き出しました。リーダーのウッディがみんなを集めてミーティングを始めます。「アンディの誕生パーティが今日になった」と伝えると、みんなざわつきました。引越しのため早まったのです


続きを読む
posted by kaze at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

篤姫 最終回 一本の道


大河ドラマ 篤姫 最終回 一本の道

いよいよ最終回ですね。宮崎あおいがみごとに篤姫を演じきりました。感動しましたよ。悲しい別れもありますが、驚きの再会もあり、最終回でもうれしくなりました。心に残る大河ドラマでしたね

天璋院(宮崎あおい)のところへ、唐橋(高橋由美子)がパルファムを持ってきます。香水ですね。本寿院(高畑淳子)歌橋(岩井友見)も興味深そうに見つめました。天璋院が取ろうとすると、本寿院が横取りします(笑)勝麟太郎(北大路欣也)がしゃけと酒を持ってきてくれると、本寿院は顔を崩して喜びました。大奥を出て苦しい生活のはずなのに、楽しい生活を送っていたのでしょうかね

勝から、駿府ではみんなが田畑を開いたり商売を始めたりして、懸命に生活していて、徳川宗家を継いだ家達(小林海人)が勉学に励んでいると聞いて、天璋院は安心します。庵に場所を変えて話を続けました。新政府の中心を薩摩が担うと聞いて、天璋院はちょっと複雑な様子です


続きを読む
posted by kaze at 22:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 大河ドラマ 篤姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #11 ダブルオーの声

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #11 ダブルオーの声

今回は、ダブルオーガンダムとオーライザーがドッキングし戦闘が始まるところまでいきましたね。おやっさんとバラック・ジニン大尉が…。

マリナが子どもたちと話しています。中にスイールの子もいました。前にはいなかったような気がしましたけど。メメントモリの威力に、アリー・アル・サーシェスは声を上げて喜び、リボンズたちはクールに見守ります。ネーナ・トリニティは興奮ぎみでした。グッドマン准将は大満足です。カタロンでもスイールが壊滅した状況をつかみ、スイール国王と会談していた支部長たちが巻き込まれた知らされます

ラグランジェ3の資源衛星群の基地では、ダブルオーとオーライザーはドッキングし、性能試験が行われていました。理論的限界点値を越えた性能に、イアン・ヴァスティ、刹那をはじめみんな驚きを隠せません。アレルヤはハレルヤを覚醒させましたが、もどったみたい。ソーマ・ピーリスことマリーも何かを感じます。メメントモリのせいなのか、性能試験のせいなのか?


続きを読む
posted by kaze at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全日本実業団女子駅伝2008 豊田自動織機 優勝

美濃路を走る第28回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会は、豊田自動織機がみごと優勝を果たしましたね。2年目で初優勝はすごいです。選手たち、平林監督、小出義雄監督がうれしそうでしたよ

レースは1区では、長良川競技場をスタートし金華橋を越えたあたりで集団がばらけます。ムヤンガ選手の後を、新谷仁美選手、那須川瑞穂選手、尾崎好美選手、山下郁代選手の4名が追っていきました。2区では、高吉理恵選手がダイナミックな走りでトップに出ます。青山瑠衣選手は2位に入りました

3区は、渋井陽子選手が独走体勢です。レース後に区間賞を知らされ喜んでいました。その後をケバソ選手、モンビ選手が続きます。福士加代子選手を、大きいストライドのフィレス選手が抜いていきました。福士加代子選手は苦しい表情で頑張っていましたが、ウデに書いたメッセージが気になります(笑)4区は、渋井陽子選手のタスキをついだ江藤佑香子選手が、宮崎翔子選手との差を守り抜きました


5区は、トップの大平美樹選手を、脇田茜選手、赤羽有紀子選手らが追いつめていきました。みごとな追い上げでしたね。アンカーの6区で、永田あや選手が大崎千聖選手を振り切ってゴールします。弘山晴美選手の姿がちらっと映りました

「全日本実業団女子駅伝2013 デンソー 初優勝」
「全日本実業団女子駅伝2012 ユニバーサルエンターテインメント 初優勝」
「全日本実業団女子駅伝2011 第一生命 優勝」
「全日本実業団女子駅伝2010 天満屋 初優勝」
「全日本実業団女子駅伝2009 三井住友海上 優勝」
posted by kaze at 15:10| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーサー ポール・ニューマン


映画「レーサー
Winning (1969)
監督:ジェームズ・ゴールドストーン
キャスト:ポール・ニューマン、ジョアン・ウッドワード
ロバート・ワグナー、リチャード・トーマス

1人のレーサーの戦いと恋を描いています。レーサーとして実績を持つポール・ニューマンが演じ、リアリティを感じました。また実生活での妻であるジョアン・ウッドワードと共演しています。2人が心を通じてあっているのがわかります

レースで優勝したフランク・キャプア(ポール・ニューマン)は、観衆たちから熱烈な声援を受けました。夜になってフランクは1人で、AVISレンタカー事務所に行きます。受付にいたエローラ(ジョアン・ウッドワード)に声をかけました


続きを読む
posted by kaze at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

浅田真央選手 GPファイナル 優勝 小塚崇彦選手 2位

フィギュアスケート・グランプリファイナルで、浅田真央選手が優勝しましたね。みごとな演技でした。おめでとうございます!2位キム・ヨナ選手、5位中野友加里選手、6位安藤美姫選手です

昨日のシュートプログラムでは、てっきり浅田真央選手が1位だと思っていました。謎の採点方法の結果のせいかと思います(笑)今日は、仮面舞踏会の曲にあわせて競技が始まりました。いきなりトリプルアクセル、そして2回目もとみごとに決めます。トリプルループ、ダブルループ×2も決めました。でも転倒したときは、ヒヤッとしましたね。しかし後は完璧な感じです。スタミナもすごいと思いました

キム・ヨナ選手は、韓国での開催ということで、相当なプレッシャーがあったんでしょうか。ルッツは1回ジャンプで終わり、トリプルサルコーで転倒してしまいます


続きを読む
posted by kaze at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だんだん 第11週 心の旅


連続テレビ小説 だんだん 第11週 心の旅

今週、のぞみ(三倉佳奈)が自分のやりたいことを見つけようとしていました。健太郎(木咲直人)は進路を決めたようで、ほっとしましたよ。久乃(藤村志保)VS初枝(三林京子)の闘いもありましたね(笑)

のぞみは忠(吉田栄作)のしじみ漁の船に乗って、赤いスイートピーを歌っていました。忠はのぞみに、自分の道をゆっくり探すようにアドバイスします。いきなりゆったりした雰囲気で驚きました。浴衣を着ためぐみ(三倉茉奈)を見て、真喜子(石田ひかり)は「いつ帰ってきたんや、のぞみ」とうれしそうに声をかけてきます。とまどうめぐみに勘違いしたと気がついて、真喜子は「あほやなうち。かんにんえ」と答えますが、元気がありません。その様子を見ためぐみは、春休みに松江へ帰らないと決めます

1ヶ月前の話に戻って納得できました(笑)忠と嘉子(鈴木砂羽)が話していると、のぞみが立っていたのです。忠はのぞみを抱きしめます。のぞみは忠が戦っている姿を見て、芸妓にはなれないと思ったと話しました。忠は「ここにおったらええ。のぞみ、お前はわしの子だ。ここもお前に町だが」と言ってくれたのです。のぞみはそば屋で働き始め、邦治(石倉三郎)正子(宮田圭子)がうれしそうに見守ります。めぐみは春休みに帰らないと嘉子から聞かされ、忠は「だらくそだが、わしは。すまん」とつぶやきました


続きを読む

デルス・ウザーラ 黒澤明


映画「デルス・ウザーラ
DERSU UZALA (1975)
監督:黒澤明
キャスト:ユーリー・サローミン、マキシム・ムンズク
シュメイクル・チョクモロフ、ウラジミール・クレメナ

シベリア奥地を調査する隊長と、偶然であった猟師との交流を描いています。デルス・ウザーラを演じるマキシム・ムンズク、アルセーニエフを演じるユーリー・サローミン、この2人が絶妙な演技を見せてくれます。モスクワ国際映画祭大賞、アカデミー外国語映画賞の受賞作品です

なんでこの作品が黒澤監督作品なのか、よくわからない感じがしました。異色の作品です。しかし「姿三四郎」のころから暖められていて、ソ連から声がかかって実現した映画だそうです。それだけ思い入れのある作品だったんですね。三船敏郎にデルス役という話もあったそうです。出なくて正解(笑)

(第1部)
1910年、1人の男がコルフォフスカヤへやってきます。友人の墓を探しにきたのです。しかし開拓のため木が切り倒され始め、どこにあるのかわかりません


続きを読む
posted by kaze at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

ためしてガッテン その鼻づまりが危険!蓄のう症予備軍1億人


テレビ「ためしてガッテン その鼻づまりが危険!蓄のう症予備軍1億人」を観ました。司会の立川志の輔も苦しんでいたそうですね。それにしても大きい”立川鼻の輔くん”には圧倒されました(笑)でもよく理解できましたよ

まず蓄膿症が、年間1000万人も発症しているとは驚かされました。自分も鼻水鼻づまりがよく起るので、注意が必要かもしれません

また蓄のう症の手術は、歯ぐきの上の皮をはがして骨を削ってというような恐いイメージがあったようですが、最新医療では驚くほど患者への負担が減っていると紹介がありました。ちょっと安心しましたよ。詳しくは、番組HPにのってます


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ティファニーで朝食を オードリー・ヘップバーン


映画「ティファニーで朝食を
Breakfast at Tiffany's (1961)
監督:ブレイク・エドワーズ
キャスト:オードリー・ヘップバーン、ジョージ・ペパード
パトリシア・ニール、バディー・エブセン

お金持ちと結婚して、玉の輿に乗ろうとしているホリーを、オードリー・ヘップバーンが演じています。ホリーは常にターゲットを探していて、ちょっと軽い感じの女性です。映画音楽「ムーン・リバー」が心に残りますね

ホリーはカギを忘れてしまい、同じアパートのユニオシ(ミッキー・ルーニー)に開けてもらいます。ユニヨシは浴衣を着て、メガネをかけて出っ歯で、部屋が日本風です。ちょっと浮いてます(笑)ユニヨシは何回もホリーに呼ばれ頭にきていました。ホリーが寝ていると、ブザーが鳴って電話を貸して欲しいと男がやってきます。上の階に越してきたポール(ジョージ・ペパード)でした


続きを読む
posted by kaze at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

七瀬ふたたび 最終回 祈り


七瀬ふたたび 最終回 祈り

いよいよ最終回ですね。どきどきしながら観ていたのですが、予想外のラストに立ち直れません。続編を作れないじゃない!でも「七瀬ふたたび」だから再び登場で、続編があるの?いや「朗伝」とかか、と混乱状態です(笑)

前回、七瀬(蓮佛美沙子)は恒介(塩谷瞬)と心の声で会話できるようになりました。でも恒介は七瀬に会えない予感がしているようです。森の木々を見上げる予知夢を見ます

七瀬、藤子(水野美紀)ヘンリー(郭智博)朗(宮坂健太)は藤子の祖母の家に隠れることにしました。パクス・シエンティアを世間に告発するため、ジャーナリストの大野(堀内正美)に会うことになります


続きを読む
posted by kaze at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マキシマム・リスク ジャン・クロード・ヴァン・ダム


映画「マキシマム・リスク
Maximum Risk (1996)
監督:リンゴ・ラム
キャスト:ジャン・クロード・ヴァン・ダム
ナターシャ・ヘンストリッジ、ジャン・ユーグ・アングラード

フランスの刑事アランが、謎の死を遂げた双子の弟を追い、謎の組織に戦いを挑みます。ジャン・クロード・ヴァン・ダムのアクションと、正体の見えない組織を探るサスペンスを楽しめました

南フランスの狭い街並みでの逃走劇が始まり、一気に緊迫した感じです。逃走した男は死んでしまいました。アラン刑事(ジャン・クロード・ヴァン・ダム)は、その男を見て驚きます。自分とそっくりだったのです。男はミハエル(ジャン・クロード・ヴァン・ダムの二役)という名で、ホテルの部屋には、ニース発ニューヨーク行きのチケットがあり「アレックス、ボヘミア」というメッセージが残されていました


続きを読む
posted by kaze at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

Mr.Children SONGS


「SONGS Mr.Children」を観ました。北京オリンピック・テーマソング「GIFT」は、聴いているだけで、いろんなシーンがよみがえってきます。曲作りについて桜井和寿が語ってくれましたよ

それから「少年」も歌ってくれました。ドラマ「バッテリー」の主題歌です。ドラマを観ていたので、ちょっと懐かしかったですね
posted by kaze at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲垣潤一 SONGS


「SONGS 稲垣潤一」を観ました、聴きました!よかったですよ。懐かしいナンバーが次々出てきました。「ドラマティック・レイン」「ロング・バージョン」「夏のクラクション」「バチェラー・ガール」「1ダースの言い訳」「クリスマスキャロルの頃には」です。稲垣潤一と秋元康が、昔のエピソードを話してくれましたね

最後の「悲しみがとまらない」では、稲垣潤一&小柳ゆきのデュエットを披露してくれました。2人ともお互いに目を合わせません。まっすぐ正面を向いてました(笑)クールです。途中で、ちらっと向いただけでした。不思議なハーモニーです。稲垣潤一の独特な歌声を楽しめた30分でしたよ
posted by kaze at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タワーリング・インフェルノ スティーブ・マックイーン×ポール・ニューマン


映画「タワーリング・インフェルノ
The Towering Inferno (1974)
監督:ジョン・ギラーミン
キャスト:ポール・ニューマン、スティーヴ・マックイーン
ウィリアム・ホールデン、フェイ・ダナウェイ
ジェニファー・ジョーンズ、フレッド・アステア

超高層ビルで起った火災の恐怖を描いています。アカデミー撮影賞、編集賞、歌曲賞の受賞作品です。豪華キャスト陣の中で、フレッド・アステアに注目してみました。タクシーでハーリー・クレイボーン(フレッド・アステア)がビルの前に止まります。細かいのがないと言いながら、ポケットをさぐり、運転手に1枚1枚コインを渡していきました。料金ぴったりを払い「チップは今度ね」とビルへ入っていきます。138階建のグラスタワーの落成式が行われるのです

建築家のダグ・ロバーツ(ポール・ニューマン)はヘリコプターでビルの屋上へ乗り付けました。ジェームズ・ダンカン社長(ウィリアム・ホールデン)と挨拶したあとで、恋人のスーザン(フェイ・ダナウェイ)と抱き合います。周りに誰もいない分電盤から煙が出て、やがて火が上がりました。モニター室で主設備室の温度上昇を確認しますが、火災報知機が鳴りません。ハリー(O・J・シンプソン)とウィル(ノーマン・バートン)が「保安プログラムが骨抜きだ」と嘆きます


続きを読む
posted by kaze at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

ワンダー・ボーイズ マイケル・ダグラス×トビー・マグワイア


映画「ワンダー・ボーイズ
WONDER BOYS (2000)
監督:カーティス・ハンソン
キャスト:マイケル・ダグラス、トビー・マグワイア
フランシス・マクドーマンド、ロバート・ダウニーJr.

ちょっと情けない感じの大学教授・グレディ・トリップをマイケル・ダグラスが、感情を表に表さない学生・ジェームズをトビー・マグワイアが演じています。2人の組合せが面白いですよ。でも後半にトビーが崩れていきます(笑)

グレディは数年前に「放火犯の娘」というベストセラーを出した後は、スランプにおちいっていました。ジェームズはグレディのゼミ生で、書いた小説について他のゼミ生から辛口の批評を受けます。グレイディの家の下宿人でもあるハンナ(ケイティ・ホームズ)だけは、ジェームズに好意的です

文芸祭の前夜祭がガスケル教授の家で行われます。編集者のテリー(ロバート・ダウニー・Jr.)が女装しているアントニアを連れてやってきました。グレイディはガスケルの妻・サラ(フランシス・マクドーマンド)から妊娠を告げられ固まります


続きを読む
posted by kaze at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

ミスティック・ピザ ジュリア・ロバーツ


映画「ミスティック・ピザ
Mystic Pizza (1988)
監督:ドナルド・ペトリー
キャスト:アナベス・ギッシュ、ジュリア・ロバーツ
リリ・テイラー、ヴィンセント・ドノフリオ
アダム・ストーク、ウィリアム・R・モーゼス

コネチカット州のピザ屋・ミスティックピザで働く個性的な3人娘の物語です。若いジュリア・ロバーツが田舎の女の子を演じていて楽しめますよ。幼いころのマット・デイモンも発見(笑)港や漁市場の風景が自然な感じです

ジョジョ(リリ・テイラー)とビル(ヴィンセント・ドノフリオ)の結婚式の場面から始まります。誓いの言葉のところで、ジョジョは失神して倒れてしまいました。ジョジョはビルと恋人同士としてはうまくいってましたが、10年後の結婚生活を考えて失神してしまったのです

レオナ(コンチャータ・フェレル)マニー(アーサー・ウォルシュ)夫婦が営むミスティックピザで、3人は働いていました。「A Slice of Heaven」のTシャツがユニフォームです。ジョジョは結婚に失敗して落ち込んでいます。デイジー(ジュリア・ロバーツ)は開放的な感じ、妹のキャット(アナベス・ギッシュ)はエール大で天文学を専攻することが決っている真面目タイプでした


続きを読む
posted by kaze at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

篤姫 第49回 明治前夜の再会


大河ドラマ 篤姫 第49回 明治前夜の再会

今回は、ついに天璋院(宮崎あおい)が江戸城を去ることになりました。そして帯刀との再会がありましたね。もう天璋院と帯刀との再会は無いものとばかり思っていたので、うれしくなりましたよ

天璋院のところへ奥女中たちが別れのあいさつをしに来ました。悲しい表情の天璋院は、滝山(稲森いずみ)から本寿院(高畑淳子)歌橋(岩井友見)の話を聞いて笑います。出来るだけ何でも持って行こうとしていたのです。表方でも勝麟太郎(北大路欣也)の指示で武装解除し江戸城を明け渡す準備が行われていました

静寛院(堀北真希)も清水家に移ると挨拶に来ます。徳川家が再び江戸城へ入れるよう朝廷に嘆願してくれると言ってくれました。静寛院は心から徳川家のことを思っているようです


続きを読む
posted by kaze at 22:14| Comment(1) | TrackBack(1) | 大河ドラマ 篤姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。