過去ログページ

2009年02月28日

浪花の華 緒方洪庵事件帳 第8回 蘭方医の戦い


浪花の華 緒方洪庵事件帳 第8回 蘭方医の戦い

緒方章(窪田正孝)が江戸へ行くことになり、左近(栗山千明)との別れが近づきます。2人の心が微妙に変化していましたね。加藤虎ノ介が出てきたと思ったら、悪役でびっくりです!

暗闇から若狭(池内博之)が登場です。危険な雰囲気でした。敵を倒し仲間とともに屋敷へ入り、箱の中から銃を見つけだしました。章は語学の先生をしていますが、中天游(蟹江敬三)から江戸へ行かないかと言われぼうっとしています。左近のことが頭から離れないのです

蘭方医の日高良斎(西園寺章雄)と弟子の佐伯京次郎(加藤虎ノ介)がやってきました。日高は、中天游と江戸で一緒に蘭学を学んだ仲でした。長崎から大坂へ来て開業しようというのです。章が自己紹介すると、日高は「あなたが思思斎塾一の秀才ですか」とほめてくれ、江戸は見聞を広めるにはもってこいの場所だとすすめてくれました


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 浪花の華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だんだん 第21週 負けないで


連続テレビ小説 だんだん 第21週 負けないで

今週は、物語が少し進んだ状態で始まりましたね。めぐみ(三倉茉奈)は介護福祉士として働きながら、看護師になるため勉強しています。のぞみ(三倉佳奈)は祇園に戻り、着物姿で落ち着いた感じでした。石橋(山口翔悟)は松江第一病院の研修医です

康太(久保山知洋)が、ちゃっかり”いち條”に収まっていましたね(笑)俊(東島悠起)と一緒に京都へ来て、ワイルドダックでバイトをし、SJのマネージャーになり、今度はいち條です。さらに、いち條マントで儲けて、隆康(夏八木勲)に笑顔が戻っています。このペースだと、康太はのぞみと結婚して、いち條の主人になるのは確実かも!?

めぐみは、老人ホーム・ひなげしの川口(笑福亭松之助)に気に入られたようです。でも同僚の野本は、めぐみが看護師の勉強をしているのを理解できません。健太郎(木咲直人)は、大学を卒業し研究所で働いています。髪形を変え、スーツを着込み雰囲気が変わっていましたね


続きを読む

2009年02月27日

ガラス色の恋人 吹石一恵&崎本大海&瀬川亮

第32回創作テレビドラマ大賞の受賞作、野条美由紀作です。琉球ガラスと臓器移植を通して、再生をテーマにストーリーが展開されます。ヒロインには暗い過去があるけれど、吹石一恵が演じていて、どんよりした感じがありません。沖縄の海の青と、ガラスの蒼のコントラストがきれいでしたよ

小日向美波(吹石一恵)は、いらなくなったガラスビンを集めています。集めた廃ビンで、琉球ガラスに再生させるためでした。琉球ガラスの工房は、高嶺章造(大地康雄)が営んでいます。そこへ、月野圭介(崎本大海)という大学生がやってきました。圭介は美波を見て、ガラスを割ってしまいます。でも高嶺は「ここからが始まりさ。ああやってガラスを溶かし、また新たなガラスを生み出す。再生こそが琉球ガラスの極意だからよ」と割れたガラスを炉の中に入れるところを見せてくれました


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吹石一恵

土曜スタジオパークを観ました。ドラマ「ガラス色の恋人」に主演の吹石一恵が登場です。笑顔でいろいろと話してくれましたよ。だいたい以下のような感じでした

・ドラマ「ラブジェネレーション」では、中3のときに高3の役を演じ、ドキドキしていた。コメディを観るのは好きだったが「ロッカーのハナコさん」で実際演じてみるとテンポと間合いが大変だった。映画「紀子の食卓」は、迷いながら手探りの状態だった
・女優として今は、やっと用意パンの音がもうすぐ聞こえるかなという時期。人生は長いので、まだまだこれからです

・ドラマ「ガラス色の恋人」では悲劇のヒロインというより、ただのヒロインです(笑)普通に生きていた女の子が、たまたまいろんな偶然が重なっただけ。美波という女の子を悲劇のヒロインと演じた覚えはない。私もこういうシチュエーションになる可能性もあるかもと思いながらやっていました
・美波という女性は、運命を受け入れて、前へ進もうとする生命力あふれる女の子
・沖縄の撮影は12月で、東京より寒くないですが、夜の海辺での撮影は寒かった。共演の崎本大海くんも震えていた(笑)
・新しいドラマにインする前の晩は、どきどきして眠れなかったりする。今回は準備期間がなかった。前の連続ドラマが押したが、話は前から頂いていたので心の準備はしていた


続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

つみきのいえ 加藤久仁生監督


テレビ「ニュースウオッチ9」で、アカデミー賞の短編アニメーション部門でオスカーを受賞した、加藤久仁生監督がインタビューに答えていました。だいたい以下のような感じでしたよ

・「つみきのいえ」は、1人のおじいさんを通して人生を象徴的に描いて、悲しい部分やはかない部分の上に、その人が大切にしているものに対し、どういった姿勢をとるのかということを、考えるきっかけになるような作品になればと制作しました
・1枚の別の企画の絵を、脚本家の平田研也さんに見せたのがきっかけで始まった。平田さんは、この下の家にはそれぞれの家族の思い入れや歴史があるという話し、1人のおじいさんを主人公にした大まかなストーリーを考えた

・最初は1枚絵の作品を創っていきたいと思っていたが、大学3年生のときにアニメーションの授業があり、そのとき自分の絵を動かしてみたいと思った
・鉛筆にこだわるのは、自分が一番慣れ親しんだ画材で、やわらかい線と微妙なラインで形が表現できる。強い壁と薄い壁と微妙な調子がつけられるので、鉛筆を大事にしている

・賞はありがたいものですが、賞をもらうために作品を創っている訳ではない。作品を創って、問題点やこうしたいという思いがあるので、次の作品を創っていきたい。違った題材のものを、全然違う感じで描きたいと思う。今までは1人の登場人物を客観的に描くことしかしてこなかったので、対話のあるものや、1人の主人公でも実感の伴った感情の動きとかを描きたいと思っています
posted by kaze at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

第32回東京五美術大学連合卒業・修了制作展

国立新美術館へ行って来ました。女子美術大学、東京造形大学、日本大学芸術学部、武蔵野美術大学、多摩美術大学の卒業、修了生たちの作品の展示がされています。3月1日まで

日本画、油絵、版画、彫刻とさまざまな分野の作品が並んでいました。刺激が強すぎでめまいを起してしまいました(笑)野外展示場にある彫刻も見逃しちゃいけません!

第60回東洋美術学校卒業制作展も開催されています。こちらはかわいらしい作品が並んでいましたよ
posted by kaze at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業制作展2009 東京芸術大学 東京都美術館

上野の東京芸術大学と東京都美術館へ行ってみました。卒業・修了作品展です。26日12時まで。個性的な作品ばかりでしたよ。刺激を受けすぎて、ちょっとグッタリしています(笑)歩き疲れもあります

東京藝術大学卒業・修了作品展は、まず作品数の多さに圧倒されました。特に印象的だったのは、大学美術館の工芸科の作品です。彫金、漆芸、陶芸などの作品がありました。絵画棟の8Fからの景色も1つの楽しみです(笑)何年か前に行ったときは、発表に力を入れていたようで、展示はからっぽでしたが、今年は力作を魅せてくれていました。彫刻棟にたどりつくころには足が棒になってます(笑)でも足を伸ばして、よかったと思いました!

東京都美術館では、武蔵野美術大学80周年記念 大学院修了展が開催されていて、油彩画、彫塑立体の展示がありました。また、専門学校美術展の作品は、カラフルなかわいらしい作品で、別な刺激を受けましたよ
posted by kaze at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

窪田正孝 & 栗山千明


土曜スタジオパークを観ました。「土曜時代劇 浪花の華 緒方洪庵事件帳」に出演している窪田正孝と栗山千明が登場です。窪田正孝が役の緒方章と同じで、ちょっとおどおどした感じが初々しかったですよ(笑)途中から緊張が解けて、いろいろと話してくれました。まだ二十歳なんですね。栗山千明は、ドラマのときと違って笑顔を見せてくれました。だいたい以下のような感じでしたよ

(窪田)撮影は短く感じました
(栗山)私は逆で長く感じました。立ち回りや所作があったので。京都はいい場所だったんですけど、家が恋しくなりました

(窪田)小心者なところは章と同じですけど、あんなに気持ちが豊かじゃないです
(栗山)現場では頼もしいぐらい堂々としています。
(窪田)リップサービスです(笑)(周りの反響は)おじいちゃんが喜んでくれました
(栗山)時代劇は映画でちょっとやったことはあったんですが、ここまでちゃんと所作とか立ち回りがあるのは初めてです。毎週1日は立ち回りがあったので、そのたびに胃が痛くなりながらやっていました


続きを読む
posted by kaze at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 浪花の華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

アカデミー賞 おくりびと & つみきのいえ W受賞


第81回米アカデミー賞の外国語映画部門で、滝田洋二郎監督の「おくりびと」、短編アニメーション部門で加藤久仁生監督の「つみきのいえ」が受賞しましたね。すごい!

滝田洋二郎監督はオスカーを受け取って「新たな出発です」とコメントしていました。本木雅弘、広末涼子、余貴美子もうれしそうでしたね。加藤久仁生監督は、ちょっと緊張ぎみにあいさつしていました

作品賞:スラムドッグ$ミリオネア
監督賞:ダニー・ボイル(スラムドッグ$ミリオネア)
主演男優賞:ショーン・ペン(ミルク)
主演女優賞:ケイト・ウィンスレット(愛を読むひと)
助演男優賞:ヒース・レジャー(ダークナイト)
助演女優賞:ペネロペ・クルス(それでも恋するバルセロナ)
長編アニメ映画賞:ウォーリー

ヒース・レジャーは、故人としてピーター・フィンチ以来2人目の受賞なんですね。ケイト・ウィンスレットは、ゴールデングローブ賞に続いての受賞で、オスカーを受け取る姿に貫禄さえ感じてしまいます(笑)また、観たい映画が増えました!
posted by kaze at 19:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

大河ドラマ 天地人 第8回 謙信の遺言


大河ドラマ 天地人 第8回 謙信の遺言

今回は、上杉軍が織田軍を破る手取川の戦いを楽しみにしていたんですが、バッサリと切られて、かなり落ち込んでいます(笑)スポットライトがあたり、兼続と初音の会話だけで終わってました。ショックです。ラストの樋口兼続(妻夫木聡)と上杉謙信(阿部寛)の場面はよかったですが、気分がちょっとだけしか持ち直しません(笑)

天正5年、柴田勝家(菅田俊)率いる織田軍を前にし、景勝(北村一輝)景虎(玉山鉄二)が進軍を進言しますが、謙信は「時を待て。大切なのは時じゃ。天が味方するとき」と兵を進めません。雲洞庵で謹慎している兼続のところへ、初音(長澤まさみ)がやってきて解説してくれました(笑)謙信は雨の日に織田軍に攻めかかったのです。長篠の戦いで武田が鉄砲隊に敗れたことを、謙信は知っていたんでしょうね


続きを読む
posted by kaze at 22:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #20 アニュー・リターン


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
 #20 アニュー・リターン

今回は、アニュー・リターナーとの悲しい別れになってしまいましたね。題名から予感はしてましたけど。一瞬ロックオンの愛が勝ったように見えたんですが、刹那の非情さが阻んだ感じです。展開が激しく見ごたえがありました。そして新型MA・レグナントが登場です

スメラギとガンダムマイスターの前に、リヴァイヴ・リバイバルが顔をさらします。でも、すべてが計画通りだったようです。スメラギがイノベーターの真意を問うと、リヴァイヴは「来るべき対話のためです」と答えます。そこへフェルトから連絡が入りました。アニュー・リターナーがラッセを撃ち、ミレイナを人質にとったというのです。リヴァイヴは、アニューと同タイプのイノベーターと明かし、脳量子波で思考をつなぐことが出来ると平然と出て行きました

アニューはミレイナに銃をつきつけているところへ、ソーマ・ピーリスに戻ってしまったマリーが登場します。マリーも脳量子波を使えるんですね


続きを読む
posted by kaze at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜国際女子駅伝 FINAL 日本優勝

日本ナショナルチームがみごと優勝しました。渋井陽子選手が右手を上げて、笑顔でゴールします。第1区から一度もトップを譲りませんでした。10度目の優勝だそうです。横浜はあたたかそうで、走っている選手たちが気持ち良さそうでしたね

第1区は、1kmすぎ日本の小林祐梨子選手がスパートします。2位と14秒離して区間賞を獲得しました。2位がロシア、3位がケニアと続きます。北京五輪マラソン金メダリストのルーマニアのリタ選手は、遅れて13位でした。第2区は、1位が加納由理選手です。関東・東京選抜の永田あや選手、九州の朝長菜津美選手が、ロシアのアビトワ選手、ケニアのムクンジ選手にせまっていきました。2位がロシア、3位が関東・東京、4位が九州です

第3区は、清水裕子選手が43秒差でトップを守ります。2位がケニアのチェプトニー選手、3位がロシアのコノワロワ選手、4位が関東・東京の飯野摩耶選手、5位が九州の日高侑紀選手でした


続きを読む
posted by kaze at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

浪花の華 緒方洪庵事件帳 第7回 左近を救え


浪花の華 緒方洪庵事件帳 第7回 左近を救え

今回は、左近(栗山千明)が誘拐されたと知り、緒方章(窪田正孝)が必死になっていましたね。おどおどした窪田正孝はいなくなって、男らしい演技をしています。でも戦いの場面やラストでは弱気なところも残っていていました(笑)

章は、弓月王(宮内敦士)から左近の許婚が若狭(池内博之)と言われたことが頭から離れません。木綿問屋の北野屋と手代・仙吉(浜口望海)が山道を歩いていると、何者かに襲われます。北野屋は倒されますが、左近が登場して仙吉を助けました。仙吉の傷口に、左近は布を巻き刀のひもで固定します。そこへ新たな敵が来て、ピストルを出され、さすがの左近の動きを止めましたね。撃たれたことがトラウマになってるんでしょうか


続きを読む
posted by kaze at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 浪花の華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だんだん 第20週 明日に架ける橋


連続テレビ小説 だんだん 第20週 明日に架ける橋

今週は、めぐみ(三倉茉奈)が新たな道へ進もうとし、のぞみ(三倉佳奈)は祇園へ帰って来ることになりました。よかったです。夢花となったのぞみに、久乃(藤村志保)が声をかけるシーンは感動しましたね

花むらへ嘉子(鈴木砂羽)がやってきて、真喜子(石田ひかり)に、忠(吉田栄作)と離婚しようと思っていると話しました。そこへめぐみと忠もやってきます。真喜子が気を利かせて、嘉子と忠だけにしてくれました

夜になって、澤田(平岳大)がやってきます。真喜子は、澤田と結婚宣言!驚きましたね。嘉子と忠の仲を壊さないように、真喜子にそんな気がないのに、宣言した感じです。嘉子と忠が松江に帰った後で、真喜子は澤田にしばらく結婚のことを伏せて欲しいと頼んでいました。話を聞いた久乃は複雑です


続きを読む

日本アカデミー賞 おくりびと 10部門獲得

第32回日本アカデミー賞の授賞式がありました。「おくりびと」が13部門中10部門を独占しました。すごいですね。でも、アメリカのアカデミー賞外国語映画賞部門にノミネートされている影響かも、とも思えました。まだ観ていないので、違うかもしれませんけどね
posted by kaze at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

欲望という名の電車 ヴィヴィアン・リー&マーロン・ブランド


映画「欲望という名の電車
A Streetcar Named Desire (1951)
監督:エリア・カザン
キャスト:ヴィヴィアン・リー、マーロン・ブランド
キム・ハンター、カール・マルデン

妹の家にやってきた姉が巻き起こす騒動を描いています。ヴィヴィアン・リーの表情が良いですね。上品は貴族のような表情から精神的にまいって落ち込む表情まで多彩で魅力的です。マーロン・ブランドの若々しさにはびっくりしました。「ゴッドファーザー」「地獄の黙示録」のイメージが強烈だったので。がっちりした身体つきと、爆発しそうな荒々しい雰囲気を持っています。でも眼光の鋭さは変わってませんでしたよ

ブランチ・デュボア(ヴィヴィアン・リー)は、ニューオリンズで「欲望(Desire)」行きの路面電車へ乗って、妹のステラ(キム・ハンター)の家へやってきます。路面電車の行き先表示に「Desire」と出ていました。ステラの家はみすぼらしくブランチは驚きます。ステラは留守でボーリング場にいるというので行くと、ステラがいて感激の再開を果たしました。ステラの夫・スタンリー(マーロン・ブランド)は仲間とケンカをしています


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

フィールド・オブ・ドリームス ケビン・コスナー


映画「フィールド・オブ・ドリームス
FIELD OF DREAMS (1989)
監督:フィル・アルデン・ロビンソン
原作:W・P・キンセラ
キャスト:ケビン・コスナー、バート・ランカスター
エイミー・マディガン、レイ・リオッタ

夢を求める男が出会った不思議な出来事を通して、家族の愛情を描いたファンタジーです。思わず涙してしまいました

レイ・キンセラ(ケヴィン・コスナー)は妻・アニー(エイミー・マディガン)と娘・カレン(ギャビー・ホフマン)の3人で、アイオワ州でとうもろこしを作って暮らしていました。レイがとうもろこし畑を歩いていると、"If you build it,he will come. (それを造れば彼がやってくる)”という謎の声が聞こえてきます

レイは野球場を造ることだとわかり、実行に移しました。レイは、夢があったのに何もせず意味もなく死んでいった父親の二の舞になりたくない、と思ったのです。アニーはレイに賛成しながらも、畑が減って収入が苦しいと話します。気がつくと誰かが野球場に立っていました。レイが近づいていくと、ジョー・ジャクソン(レイ・リオッタ)と名乗ります。ジョーはシューレス・ジョーと呼ばれ、八百長をしたとして球界を追放された選手でした。ジョーはバッテッングをして、うれしそうに帰っていきます


続きを読む
posted by kaze at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

卒業制作展2009 東京造形大学&ガラスのうつわ展

青山のスパイラルガーデンの卒業制作展を観て来ました。東京造形大学テキスタイルデザイン専攻卒業制作展「TEXTION」です。いろんな模様の染物や刺繍が目を楽しませてくれましたよ。花粉症の季節なので、カラフルなマスクをしていた学生さんがいました。さすが美大生。白いマスクは確かに味気ないです

スパイラルマーケットでは、さじ みさ ガラスのうつわ展が開催されていました。3月1日まで。春を感じさせる器ということで、モザイクガラスのプレート、ハシオキ、ランプシェードなどが展示されていました。しずくマグネットがかわいらしかったです
posted by kaze at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

関口知宏


土曜スタジオパークを観ました。テレビ「関口知宏のファーストジャパニーズ」に出演している関口知宏が登場です。「列島縦断 鉄道12,000km 最長片道切符の旅」「関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく」は記憶に新しいですよね。特徴のある語り口でいろいろと語ってくれて、うれしくなりました(笑)だいたい以下のような感じでしたよ

・鉄道が好きでない上に、出不精で、旅自体に興味がなかった人だったんです。変な出来事がきっかけでした。2003年のある日、近くの山に登ったときに、白昼夢を見てしまったんですよ。いろんな外国人がここに集まることになるという、国際交流のような内容。理念みたいなものもあった。いろんなことをしてもらう人同士が出会うというビジョンだったんです
・2004年の「列島縦断 鉄道12000qの旅」は、白昼夢のとおりになった。いろんな人に世話になっただけなんです。してあげている同士の交流は絶対ぶつかるが、お互いしてもらっていると思ったら調和する。白昼夢のくせに理屈がきちんとしていたし、旅でその通りになるのは不思議です(笑)


続きを読む
posted by kaze at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

アメリカングラフィティ ジョージ・ルーカス


映画「アメリカン・グラフィティ」
AMERICAN GRAFFITI (1973)
製作:フランシス・フォード・コッポラ
監督:ジョージ・ルーカス
キャスト:リチャード・ドレイファス、ロン・ハワード
チャールズ・マーティン・スミス、ハリソン・フォード

60年代のサンフランシスコを舞台に、旅立ち前の若者の風景を描いています。全編にオールディーズが流れていて、懐かしい雰囲気に浸れましたよ。リチャード・ドレイファス、ロン・ハワード、それにハリソン・フォードが若いですね

仲のいい4人がドライブインに集まります。奨学金をもらって東部の大学へ行くカート(リチャード・ドレイファス)、スティーヴ(ロン・ハワード)、メガネをかけたテリー(チャーリー・マーティン・スミス)、カーレースのチャンピオンのビッグ(ポール・ル・マット)です


続きを読む
posted by kaze at 20:14| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

大河ドラマ 天地人 第7回 母の願い


大河ドラマ 天地人 第7回 母の願い

今回は、樋口兼続(妻夫木聡)がお藤の死に直面し、新たな決意を固めましたね。でもお船が結婚してしまい、上杉景勝(北村一輝)ともども複雑な様子です

兼続が上杉謙信(阿部寛)になぜ人を殺めることが出来るか聞くと、謙信は「景勝、討ちすてい」と命じました。景勝が刀を上げることころで目が覚めます。夢だったんですね

天正5年、兼続は上田庄の雲洞庵で謹慎しています。北高全祝(加藤武)と食事をしていると樋口与七(小泉孝太郎)がやってきます。母のお藤(田中美佐子)がめまいを起こして倒れたので、見舞いに来てくれと言いますが、弱気になっている兼続は「今は会えない」と断ります


続きを読む
posted by kaze at 21:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #19 イノベイターの影


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #19 イノベイターの影

今回は、沙慈がルイスに近づいて、少し心を動かせたようですね。リヴァイヴの捕獲、アニューの反乱と物語が展開します。ラストでネーナが王留美&紅龍に攻撃を加えて、びっくり!リボンズ恐るべしです

マリナたちのアジトが襲われますが、クラウスが反撃しました。シーリンとマリナは子どもたちは地下の防空壕へ逃げます。シーリンから銃を渡されますが、マリナは「それを持ったら子供たちの瞳をまっすぐ見られなくなるから」と断りました

MS戦が開始されます。スメラギは、敵MSに対し戦術プランS43で迎撃準備させました。敵12機に対して増援を予想します。刹那はダブルオーライザーを先行させ、沙慈にルイスを探すよう指示を出しました。リバイバルが向ってきますが、ティエリアにまかせます。やがて増援が現れました。マリーは完全にソーマ・ピーリスになってアレルヤから離れ、アンドレイを追います。セルゲイ・スミルノフの仇討ちしか頭にありません。ロックオンはシールドビットをアサルトモードで展開させました。アニューの正体を怪しむ発言をしていましたね


続きを読む
posted by kaze at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛岡から生放送!凍てつく夜もさだまさし

不定期でやっている不思議な番組です。また観てしまいました(笑)さだまさし、井上知幸、住吉昇というおなじみのメンバーです。長崎弁が出てました。画伯の絵は味がありますね。バレンタインデーの話題から始まって、いろんな面白いハガキが紹介されていましたよ

2月15日生まれの人の紹介で井伏鱒二が取り上げられました。90才の井伏鱒二に、さだまさしがインタビューしたことがあるそうです。井伏鱒二自選全集で、山椒魚の末尾を削除したことについて聞くと、主人公がかわいそうだと書いたときから思っていて削除したと答えてくれた、と話していました。特ダネ!?

さだ散歩のコーナーでは、盛岡で写した写真が紹介されました。途中で、佐田玲子と男声合唱連合・極の人たちが登場します。極は南部牛追唄、たきび、肩たたき、北の国からのメドレーを歌ってくれました。さだまさしは、北京日本人学校の姉弟のリクエストに答え「縁切寺」「雨やどり」を披露してくれます。次回は4月にあるそうですが、いつかは決っていないそうです
posted by kaze at 01:59| テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

浪花の華 緒方洪庵事件帳 第6回 北前船始末(後編)


浪花の華 緒方洪庵事件帳 第6回 北前船始末(後編)

今回の事件は、緒方章(窪田正孝)が天然痘の予防に力を注ぐことになるキッカケとなりましたね。そして窪田正孝が怒りの演技を魅せてくれます。初めて観ました!左近(栗山千明)はピストルの銃弾を浴びて危機が訪れました

前回からの続きで、章がおゆき(畑未夢)といるところを男達に襲われ、おゆきはさらわれてしまいます。左近と若狭(池内博之)赤穂屋(芦屋小雁)が卯之助(苅谷俊介)に隠し荷が何かたずねているところへ、章がかけこみました。卯之助は孫娘のおゆきをさらったのは、境屋だろうと話します。そして隠し荷は痘瘡(とうそう)(天然痘)の薬だと打ち明けました


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 浪花の華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だんだん 第19週 愛しき日々


連続テレビ小説 だんだん 第19週 愛しき日々

今週は、久乃(藤村志保)が倒れて入院するという事態から始まりました。のぞみ(三倉佳奈)はサリーミュージックを辞めてしまいます。忠(吉田栄作)と嘉子(鈴木砂羽)との間もギクシャクし始めて、いろんなところで歯車が少しずつずれてきましたね

久乃は、神経性胃炎ということで心配です。めぐみ、隆康(夏八木勲)花鶴(京野ことみ)花香(伊藤麻衣)が見舞いに来ました。後から真喜子(石田ひかり)と忠がやってきます。久乃はみんなに話し始めました。置屋としては花香が最後の舞妓。花雪と花鶴が女の幸せを望むなら、お茶屋としての花むらもたたみ、その資金でいち條を建て直そうと提案したのです

隆康は、いち條のことを久乃が知っていたことにショックを受けていました。真喜子が、体が治ってから花むらのことを考え、それまで女将の代行をすると言います。久乃がうれし涙を流していましたね


続きを読む

2009年02月13日

十二国記


アニメ「十二国記」は「月の影 影の海」は観たことがあったんですが、「風の海 迷宮の岸」の話はあやふやで、「風の万里 黎明の空」「東の海神 西の滄海」は初めて観ました。慶国の王となった中嶋陽子、日本に戻った杉本優香、行方不明となっていた浅野君のその後の話がわかります

独特の世界感が展開されていて、楽しめます。専門用語に悪戦苦闘しながらも、すっかりはまってしまいました!
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

ワイルド・ワイルド・ウエスト ウィル・スミス


映画「ワイルド・ワイルド・ウエスト
Wild Wild West (1999)
監督:バリー・ソネンフェルド
キャスト:ウィル・スミス、ケビン・クライン
ケネス・ブラナー、サルマ・ハエック

陸軍大尉のウエスト&連邦保安官ゴードンと、合衆国乗っ取ろうとするラブレス博士との戦いを描いています。さまざまな発明品や、ちょっとしたおかしな場面が満載で、楽しめましたよ

ルイジアナ州1869年、いきなり空飛ぶノコギリ円盤が首輪をしたモートン教授を襲ってくる場面から始まりました。マグラス将軍(テッド・レビン)がモートンをしとめ得意げです

ウエストバージニア州で、陸軍大尉のジェームス・ウエスト(ウィル・スミス)が女の人とお風呂でいちゃついています。しかしウエストはしっかりとマグラス将軍の一味がやってくるのを見ていました(笑)一味を倒し、運ぼうとしていたニトロの馬車に飛び移ります


続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

グッドフェローズ ロバート・デ・ニーロ&レイ・リオッタ


映画「グッドフェローズ
GoodFellas (1990)
監督:マーティン・スコセッシ
キャスト:ロバート・デ・ニーロ、レイ・リオッタ
ジョー・ペシ、サミュエル・L・ジャクソン

実話に基づいた、グッドフェローズと呼ばれるマフィアの世界に踏み入れた男の物語です。ヘンリー、ジミー、トミーの3人を軸に話が進んで行きます。やはりロバート・デ・ニーロはいいですね

いきなりショッキングな場面から始まります。1970年のニューヨークで、ヘンリー、ジミー、トミーが車に乗っていると、変な音がします。車を止めてトランクを開けると、男がもがいていました。3人はとどめをさします

1955年ブルックリン、ギャングにあこがれていたヘンリー(クリストファー・セロン)は、ポーリー・セシロ(ポール・ソルビノ)の元で働き始めます。やがて盗みを得意とするジミー(ロバート・デ・ニーロ)と知り合いになり、トミーを紹介され一緒に仕事をするようになりました。しかし警察に捕まってしまいます。釈放されると、ジミーから一言もバラさなかったことをほめられ「大事な事を2つ学んだわけだ”仲間を売るな””決して口を割るな”」と言われました。みんなも喜び仲間と認めてくれます


続きを読む
posted by kaze at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

秋元康


土曜スタジオパークを観ました。教育テレビ「趣味悠々 ことばを紡ぐ旅 秋元康にっぽん作詞紀行」で講師を務める作詞家の秋元康が登場です。美空ひばりの「川の流れのように」の作詞家として知られています。作詞のコツについても語ってくれました。だいたい以下のような感じでしたよ

・いろいろなことを手がけているが、楽しそうなこと、好奇心にひかれていろいろなことをしてきた。ただあまり広げると、記憶に残る幕の内弁当はないように、おかずがいっぱいあると、記憶に残らない。だから作詞家だけの肩書きならば、あの作詞家というふうにわかりやすいじゃないですか
・(3500曲以上を作曲して自分の曲とわかるの?)全部の曲に思い入れがあるが、忘れてしまう。でも自分のフレーズがあり、読んでくるとだんだんわかってくる。でもポンと出されて、これは誰の曲ですかと言われると、わからない(笑)


続きを読む
posted by kaze at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

警官の血 第二夜 江口洋介&吉岡秀隆&伊藤英明


安城清二(江口洋介)民雄(吉岡秀隆)和也(伊藤英明)の親子三代にわたる警察官のミステリーの第2夜です。よかったですよ!2代目の民雄の時代で、吉岡秀隆がやさしい笑顔から憎しみの表情まで魅せてくれました。迫力がありましたね。3代目の和也の時代では、佐藤浩市が登場し雰囲気が一気に変わります。ラスト近くの伊藤英明VS椎名桔平の対決の場面は、緊迫していて引きこまれました

駐在所勤務になった民雄が、現場に向うところから始まります。妻の和子(麻生祐未)へ暴力を振るっていた三宅(北見敏之)を、傷害の現行犯で逮捕しました。しかし三宅は執行猶予で帰ってきて暴力を始めます。同じアパートの畳職人・恩田(奥田瑛二)が見かねて、三宅を殺してしまいました。民雄は、凶器の畳針を犯行日前の遺失物とし、証拠隠滅に協力します。罪なことですが民雄のやさしさが出ましたね。署長の久賀(宅麻伸)は事件のお蔵入りを容認しました

永田(高橋克典)の写真館で、民雄&順子(貫地谷しほり)は息子と一緒に写真を撮ります。固い表情の民雄に順子が「お父さん、いいんですよ。幸せになっても」と声をかけると、民雄は笑顔になりました。やがて民雄は永田からフィルムを見せられます。天王寺の五重塔の火事の映像です。清二や多津(木村佳乃)小さい頃の民雄に加えて、早瀬勇三(椎名桔平)が映っていたのです。民雄は固まります


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大河ドラマ 天地人 第6回 いざ、初陣


大河ドラマ 天地人 第6族 いざ、初陣

今回は、初陣を迎える樋口兼続(妻夫木聡)でしたが、失敗をしてしまいましたね。兼続は武人というより文官向きなんでしょうか。それともやさしい兼続がこれから変貌していくんでしょうか。楽しみです

天正4年、織田軍と戦うため越中へ向う上杉軍の中に、兼続がいました。毘と龍の旗をかかげ進軍していきます。兼続は17才。泉沢久秀(東幹久)安部政吉(葛山信吾)登坂藤右衛門(パパイヤ鈴木)桜井晴吉(松尾諭)深沢弥七郎(松本実)らの上田衆とともに戦います。クモやヘビに驚いたり、みんなまだ弱々しい感じでした(笑)

兼続は敵兵を追いつめていきます。結構、強い!?なぜか暗闇にスポットライトが当たり、敵兵が倒れました。敵兵はくしを落とし「母のくれたのじゃ。見逃してくれ」と頼んできます。一瞬ひるむと、味方が敵兵を斬り込んできます。兼続が「待て!」と言うと味方が動きを止め、そのすきに敵兵は味方に斬りつけ逃げて行ってしまいました


続きを読む
posted by kaze at 00:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #18 交錯する想い


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
 #18 交錯する想い

今回は、ブレークピラー事件と呼ばれるクーデターから4ヶ月経ちました。宇宙でのMS戦の準備段階までのお話です。ロックオンとアニュー・リターナーはいつの間にか恋人になってましたね(笑)マリーがソーマ・ピーリスに完全に逆戻りしてたのにはビックリ!

アフリカタワーは倒壊をまぬがれ送電が開始され、オバマ大統領!?が式典で演説をしています。アロウズが軍を完全に掌握しました。マネキンは失踪してしまったようです。ソレスタルビーイングは、メメントモリ二号機に攻撃を加えました。刹那がトランザムライザーで完全破壊します。ちょっとあっけないです

マリナ、シーリン、クラウスは子どもたちと一緒に田舎で身を隠していました。ラジオからマリナと子どもたちの歌が聞こえてきます。なんで?マリーはソーマ・ピーリスに戻ってしまい冷たい感じです。セルゲイ・スミルノフの死、それも息子のアンドレイが殺したことが、マリーに大きな影響を与えました。頭をかかえるアレルヤを「しばらくそっとしておけ。自分の考えだけを押し付けるなよ。大切に思っているなら理解してやれ。戦いたいという彼女の気持ちを」とロックオンがなぐさめます


続きを読む
posted by kaze at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警官の血 第一夜 江口洋介&吉岡秀隆&伊藤英明


安城清二(江口洋介)民雄(吉岡秀隆)和也(伊藤英明)の親子三代の警察官のミステリーです。見ごたえがありましたよ

安城清二(江口洋介)は多津(木村佳乃)と結婚し、子供が生まれることになり、警官になることにします。警察では、同期の早瀬勇三(椎名桔平)香取(益岡徹)窪田(甲本雅裕)と仲良くなりました。早瀬だけは公安に入り、毛色が違う感じです。レイテ島の戦いの生残りと聞いた幹部たちが、驚きの声を上げていましたね

清二はパトロールの途中で、ミドリ(若葉竜也)が仲間とトラブルになっているところへ出くわします。警官が来たので散っていきますが、清二はミドリを追いかけようとしました。原田圭介(泉谷しげる)が止めます。椎名桔平&若葉竜也の紫色のシーンが妖しかったです。やがてミドリは変わり果てた姿で発見されました


続きを読む
posted by kaze at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

浪花の華 緒方洪庵事件帳 第5回 北前船始末(前編)


浪花の華 緒方洪庵事件帳 第5回 北前船始末(前編)

今回は、緒方章(窪田正孝)がオドオドした部分を残しながらも、少しずつ成長したようです。左近(栗山千明)は章に近寄ったと思ったら、離れて冷たい面を見せたりしています

章は語学の先生をし、勉強熱心で、中天游(蟹江敬三)はうれしそうです。お使いで薬を届けに行くと、おしんが近所の子の具合が悪いとやってきました。おしんが強引に章の手を引いていきます(笑)

はなこという子が発熱と発疹があり、章は「痘瘡(とうそう)(天然痘)では」と口走ってしまいました。長屋の住人がパニックを起こします。でも天游の診断は水痘(すいとう)(水ぼうそう)でした。章は天游から住人たちを心配させ大騒ぎさせたことを叱られてしまいます


続きを読む
posted by kaze at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 浪花の華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だんだん 第18週 勇気があれば


連続テレビ小説 だんだん 第18週 勇気があれば

今週は、石橋(山口翔悟)が久しぶりに姿を現わしました。ちょっと元気がない感じです。でも倒れた人を助けるとき、目つきがガラッと変わりましたね。そして新たな道を進む決意を固めます。泣いている演技まで見せて、いろんな表情を山口翔悟が魅せてくれましたよ

老人ホーム・ひなげしで、めぐみ(三倉茉奈)がいのちの歌が歌っていると、石橋が登場しました。「元気そうでよかった」とニコッと笑いますが、覇気がない感じです。2人でそば屋へ行くと、後藤(伊武雅刀)がやってきました。「帰ってきたらどうや」と声をかけてきますが、石橋はそそくさと去っていきます。石橋は田島家へ行って、頭を下げました。SJ解散を「あの場面でいのちの歌をシジミジルバージョンで歌わせたことは、サリーミュージックの石橋としては、最大の敗北だった。でも石橋友也個人としては、人生最大の勝利だった」と振り返ります

のぞみ(三倉佳奈)は、祇園で久しぶりに真喜子(石田ひかり)に会っていました。心配して澤田(平岳大)とのことを聞いてきます。忠(吉田栄作)のことを引き合いに出し「お父ちゃん以外のことを考えたらいかん」とちょっとでしゃばりすぎ(笑)


続きを読む

2009年02月06日

ためしてガッテン 緊急生放送!インフルエンザ最新対策


テレビ「ためしてガッテン 緊急生放送!インフルエンザ最新対策」を観ました。今年のインフルエンザは早いペースで流行っているそうで、予定を変更して生放送が行われました。同じA型インフルエンザに2度かかった人もいるそうです。対策として、薬やマスクばかりでなく、歯みがきの効果について説明され、ためになりましたよ。詳しくは番組HPに出ています

(1.インフルエンザ見極めの落とし穴)
・突然の高熱が特徴のインフルエンザですが、38度を超える高熱でないのにインフルエンザの場合があるそうです。成人では2割、高齢者では5割近くにものぼる調査結果が紹介されます
・知らないうちに感染が拡大し合併症を引き起こすことがあり高齢者は肺炎に注意
・風邪のような症状の場合は、高熱が出ていなくても病院で検査を受けることすすめていましたよ
・流行しているインフルエンザウイルスは、Aソ連型(患者全体の6割)A香港型(3割)B型(1割)です。Aソ連型はそんなに重くないが、小さい子供に多い。A香港型は一番重く、肺炎になりやすい
・予防注射は3種類のウイルスのワクチンが混合されている。成人は1回、小学生以下は2回打てばよい


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

L change the WorLd 松山ケンイチ


映画「L change the WorLd」(2008)
監督:中田秀夫
キャスト:松山ケンイチ、工藤夕貴、福田麻由子
南原清隆、藤村俊二、鶴見辰吾、高嶋政伸

松山ケンイチが演じる”L”というキャラクターが、実に個性的ですね。「寅さん」シリーズのように演じたかった、と本人がテレビで話してました。何とか”L”をまた演じて欲しいです

物語は少し時間が戻っていました。FBIのレイ・イワマツ(細川茂樹)が見送り、南空ナオミ(瀬戸朝香)がクラブの中へ入っていきます。銃声がしたと持ったら、ナオミが出てきてウインク。任務完了です。L(松山ケンイチ)は「97%の確率でキラは日本にいます」とワタリ(藤村俊二)に話します

120日後タイのバンナム村では、人々が苦しんでいました。皮膚に異常をきたした後、倒れていきます。バイオテロ事件です。2台のジープに乗った黄色い防護服の人たちがやってきて調査を開始しました。F(波岡一喜)は「この村は終わりだ。逃げるぞ」とボーイ(福田響志)を連れてトラックに飛び乗ります。ジープの男たちが去った後で、爆発が起り村は壊滅させられました。Fはボーイに、電話番号とF1225というキーワードを教え、ネックレスを渡し、途中でボーイを下ろします。その後、Fはヘリに銃撃されて倒れました


続きを読む
posted by kaze at 20:14| 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

天国と地獄 黒澤明×三船敏郎


映画「天国と地獄」(1963)
監督:黒澤明
キャスト:三船敏郎、仲代達矢、香川京子
三橋達也、石山健二郎、加藤武、山崎努

資産家の家に起った身代金誘拐事件を描いています。白黒映像の中で、煙突から桃色の煙が出てくる映像や、列車からの撮影で民家の二階部分が邪魔なので取り払わせたエピソードが有名ですね。こだまの場面は緊迫感がありました

権藤金吾(三船敏郎)は、ナショナルシューズの重役です。ナショナルシューズの重役・馬場(伊藤雄之助)神谷(田崎潤)石丸(中村伸郎)が権藤邸にやってきました。権藤は、利益のため安物の靴を作ることに反対し、3人を追い出してしまいます。妻・伶子(香川京子)が心配そうに見つめました

権藤は5千万円の小切手を用意し、ナショナルシューズの株を買い占め、会社の主導権を取ろうとしていたのです。権藤は部下の河西(三橋達也)に小切手を持たせて、出張へ行かせようとします。そこへ突然、電話がかかり息子の純(江木俊夫)を誘拐したので、3千万円払えという要求がきました。純の声を聞いて安心しますが、運転手の青木(佐田豊)の息子・進一(島津雅彦)の姿が見えません。犯人は間違えたのです


続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業制作展2009 武蔵野美術大学& norio 展

青山のスパイラルガーデンの卒業制作展を観て来ました。武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科クラフト専攻卒業制作展です。2月4日までです。金工・木工・ガラス・陶磁などの展示がされています。どれも個性的ですが、木工の作品が特に印象に残りましたよ

スパイラルマーケットでは、はんこ作家 norio 展が開催されていました。ひとつひとつ手作業で仕上げたオリジナルのはんこの展示と、実際の制作&販売されています。2月14日まで。かわいらしいデザインと色合いがきれいです
posted by kaze at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

美しい人


映画「美しい人
NINE LIVES (2005)
監督・脚本:ロドリゴ・ガルシア
キャスト:ロビン・ライト・ペン、ホリー・ハンター
シシー・スペイセク、グレン・クローズ、ダコタ・ファニング

女性を主人公にした9つのエピソードを、オムニバス形式で描いています。ワンシーン・ワンカットの映像で、いろいろな女性の心の動きが表現されていましたよ

<サンドラ>
刑務所に捕らわれているサンドラ(エルピディア・カリーロ)は、床掃除をしています。囚人のニコールが話しかけたのを見て、刑務官が「情報を出せば力を貸す」と言ってきました。サンドラは差し障りのない話をします。面会の時間がやってきました。娘が来てくれガラスの向うに姿が見えるのに、電話が故障していて声が聞こえません。それまで冷静だったサンドラが騒ぎ出します

<ダイアナ>
スーパーマーケットで、ダイアナ(ロビン・ライト・ペン)が買い物をしていました。ダイアナは結婚してもうすぐ子どもが生まれるのです。向こう側からダミアン(ジェイソン・アイザックス)がやってきます。元彼です。ちょっと話をして別れますが、ダミアンが戻ってきました。「いつも君のことを思っていた。あのころは楽しかったね」とせまってきます。ダイアナは「私たちは何なの。5分一緒にいただけで幻想に思える」とダミアンを嫌がり離れました。でもしばらくして思いなおし、ダミアンを探すが見当たりません


続きを読む
posted by kaze at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

香港国際警察/NEW POLICE STORY ジャッキー・チェン


映画「香港国際警察/NEW POLICE STORY
新警察故事 (2004)
監督:ベニー・チャン
キャスト:ジャッキー・チェン、ニコラス・ツェー
チャーリー・ヤン、シャーリーン・チョイ

部下を失った失意の警部と、ゲーム感覚で犯行を企てる犯人たちとの戦いを描いています。ジャッキー・チェンのアクションは、やはり見ごたえがありますね

いきなり人質事件の場面から始まりました。一気に映画の世界へ引きこまれます。犯人はテレビ出演を要求し、カメラマンが近づいていきました。突然、カメラマンが犯人に襲いかかります。カメラマンはチャン警部(ジャッキー・チェン)でした。チャンは犯人をつかまえ、持っていた手榴弾を奪いマンホールへ投げこみ、爆発が起ります

派手な格好をした5人組がビルの屋上にいます。男が入った袋を落下させ、途中の階の窓ガラスを割りました。5人組が一気にロープを駆け降り、ビルの中へ入ります。アジア銀行です。5人組は現金を奪った後で、行員に警察を呼ばせました。警察がかけるけると、5人組は自動小銃で容赦なく警察官を倒していきます


続きを読む
posted by kaze at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

大河ドラマ 天地人 第5回 信長は鬼か


大河ドラマ 天地人 第5回 信長は鬼か

今回は、樋口兼続(妻夫木聡)は織田信長(吉川晃司)と対面しましたね。そして危ないところを、石田佐吉(小栗旬)に助け出されます。兼続は信長から影響を受けて、謙信が言う義とは違う考えもあると思ったようです

天正2年、兼続は初音(長澤まさみ)と共に三国湊を経由して岐阜城へ向いました。初音から、信長は気難しいので注意するようアドバイスを受けます。岐阜城について、兼続は使者の一番後ろについて、頭を下げました。とても会えそうにありません。しかし鈴を鳴らした初音が、兼続を手引きします

だいぶ待たされて廊下に出ると羽柴秀吉(笹野高史)が姿を現わします。秀吉は兼続に気安く声をかけてくれました。兼続を連れて、南蛮ポルトガルの品々を見せてくれます。初音はオルガンを弾いてくれました。突然に神妙な顔になった秀吉は「我が殿のご機嫌が悪くなれば命などいくつあっても足りません。それからあの女子(おなご)にもお気をつけ召されよ」と注意します


続きを読む
posted by kaze at 22:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #17 散りゆく光の中で


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
 #17 散りゆく光の中で

今回は、軌道エレベータ崩壊、そしてスミルノフ親子の悲劇と続きました。荒熊ことセルゲイ・スミルノフは惜しいキャラクターでしたね。悲しくなります。ダブルオーライザーの威力はすさまじいものでしたが、物語の展開でかすんでしまった感じです

14年前、セルゲイ・スミルノフとハング・ハーキュリーは戦場にいました。ハーキュリーは止めますが、セルゲイは命令に従い最終防衛ラインへ全軍後退を命じます。第4小隊にいるセルゲイの妻・ホリーを見捨て、軌道エレベータを造る技術者と家族を守るためでした。この戦いでホリーは死に、息子のアンドレイ・スミルノフはセルゲイを恨みを抱きます

メメントモリ2号機の存在を知り、トレミーのクルーは驚いていました。カティ・マネキンも作戦に怒りますが、ビリー・カタギリは「それでもやるでしょうね。司令は恒久和平実現のためすべての罪を背負う覚悟でいます」と意外と冷静です。ハーキュリーは市民の地上への搬送を急がせ、全員に脱出準備にかからせ「考えが甘かった。私が市民を人質にしたときから、連邦は事実を知った彼らすら反連邦勢力とみなしたんだ」と反省しました。リボンズ・アルマークは、自分の力に自信を持ち始めたリジェネ・レジェッタにイラッときているようです(笑)


続きを読む
posted by kaze at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第58回別府大分毎日マラソン アンナニ優勝 小林誠治2位

2009別府大分毎日マラソンで、モロッコのアディル・アンナニ選手が2時間10分15秒で優勝しました。2位が小林誠治選手は2時間10分37秒、3位に初マラソンの秋葉啓太選手が入ります

大分市営陸上競技場をスタートしました。暖かそうな感じです。ベルリンで開催される世界陸上の代表選考会を兼ねているんですね。黄色いゼッケンのペースメーカーがついています。20kmすぎで、約20人の集団です。ペースメーカーがスピードを上げようとしますが、ついていきません

折り返し地点を過ぎた26kmすぎて集団が3つに別れました。追い風になります。途中で、岡田徹選手が屈伸をはじめ、太田祟選手は歩き始めてしまいます


続きを読む
posted by kaze at 14:29| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。