過去ログページ

2009年10月31日

ウェルかめ 第5週 海ガメになりたい!?


連続テレビ小説 ウェルかめ 第5週 海ガメになりたい!?

黒島は本当にきれいなところですね。 藤木勇人が登場し、連続ドラマ「ちゅらさん」を思い出してしまいました。おばぁ(吉田妙子)の言葉で、平良とみさんの姿がよみがえります!

浜本波美(倉科カナ)は亀園由香(松尾れい子)を取材するため、沖縄県黒島へ向かいました。山田勝乃新(大東俊介)も一緒です。歩いてやっと「ウミガメ・ラボ黒島」へ到着します。だじゃれ好きの研究員の船田豊(山本亨)に、新婚旅行と間違われてしまいました(笑)松葉杖をついた松本虎夫(平手嶺佑)という青年もいます。勝乃新は亀に興味深々です。航(大原光太郎)がスカーレットと名づけたウミガメもいました  
続きを読む

2009年10月30日

不毛地帯 第3話 妻と娘の涙


壹岐正(唐沢寿明)は、2次防にラッキードF104を受注させるため、危ない橋をわたり始めました。いつもクールな壹岐が、家族の前では感情をあらわにしていましたね。遠藤憲一も良いけど、つかみ所のない小出を演じる松重豊が、恐いくらい良いです!

ラッキードF104墜落のニュースが新聞に載ってしまいました。鮫島辰三(遠藤憲一)はF104の欠陥データだけでなく墜落現場の写真まで手に入れ、毎朝新聞の田原秀雄(阿部サダヲ)に流し、記事を書かせようとします。壹岐は田原に会って探りを入れますが、どうしようもない感じ。田原は「明日の朝刊を楽しみにしていて下さい」と笑顔で去っていきました

壹岐は経済企画庁長官・久松清蔵(伊東四朗)のところへ行き、記事のもみ消しを頼みます。久松は「君にも泥水を飲んでもらわなければならないよ」と不気味です。壹岐は第一線を越えた感じです。毎朝の記事は握りつぶされます


続きを読む
posted by kaze at 23:45| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

皇室の名宝 日本美の華

久しぶりに、上野の東京国立博物館へ行ってみました。「皇室の名宝 日本美の華 1期 永徳、若冲から大観、松園まで」です。行ってみて大正解でした!やはり実物を見ると、素人ながら、感じるものがありますね。それにしても人が多くてビックリ!みんな元気ですね(笑)

上野駅前でチケットを買おうと思っていたら割引ほとんどなしだったので、博物館で購入して中へ入ります。でも皇室の名宝の展示がある平成館は”20分待ち”の表示があり、”秋の庭園開放”で本館の北側にある庭園を見ました。紅葉はまだだったけど良い雰囲気でしたよ

東洋館は耐震工事のため閉鎖されてます。静かな空間が好きなので再会して欲しいです。まず本館へ寄ってみました。ボランティアの人による30分間のハイライトツアーをやっていたので、参加してみました。こんなのあったんですね。愛染明王坐像、一休和尚像、扇面散屏風、など6点を解説してくれます。表慶館はさらっとながめ、法隆寺宝物館は今回はスルーしました  
続きを読む
posted by kaze at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

ニュースの天才


映画「ニュースの天才
Shattered Glass (2003)
製作:トム・クルーズ、監督:ビリー・レイ
原案:バズ・ビッシンジャー
出演:ヘイデン・クリステンセン、ピーター・サースガード
クロエ・セヴィニー、スティーブ・ザーン

ピュリッツァー賞を受賞したバズ・ビッシンジャーの実話を基にした作品です。熱意あふれる若手新聞記者の姿が、ガラガラと崩れ落ちる姿がなんともいえません

スティーブン・グラス(ヘイデン・クリステンセン)は新聞記者として成功し、母校で生徒たちに講演を始めます。先生もスティーブンを教え子に持ってうれしそう。職場のスティーブンは、誰にでも愛想よく人気者でした

共和党の全国大会を取材したスティーブンは、活動員たちの裏側を取材し、記事を書きます。しかし共和党員から苦情が来ました。マイケル・ケリー編集長(ハンク・アザリア)は記事の裏づけについて問い詰めます。スティーブンは、活動員の不正は確かだが、ミニバーがあると捏造したと白状しました。ケリー編集長はスティーブンを許した後で、大会があったホテルに確認を取ります  
続きを読む
posted by kaze at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

不毛地帯 第2話 黒い頭脳戦


壹岐正(唐沢寿明)は、本格的に防衛庁の次期主力戦闘機の仕事を始めることになりました。クールな唐沢寿明に、癖のある松重豊、遠藤憲一が加わり、ドラマに男臭さを感じますね

航空機部へ移った壹岐に、部下がつくことになりました。小出宏(松重豊)です。防衛庁から引き抜いた男でした。声をかけると、小走りにやってきて腰が低いです(笑)ニカッと笑い、いつもの松重豊と雰囲気が違います。家に帰って食事をしますが、誠(高橋平)との関係はギクシャクしていました。微妙な年頃ですからね。直子(多部未華子)が素直なのが救いです

料亭で、東京商事の鮫島辰三(遠藤憲一)と偶然に出くわします。里井達也(岸部一徳)が壹岐を紹介すると、鮫島は「お互いフェアプレーでいきましょう」と挨拶しました。タヌキですね(笑)大門社長(原田芳雄)も交えて話し合い、政治家・大川一郎(佐々木敏)に働きかけることにしました。里井が大きな紫の風呂敷包みを大川に渡していましたね


続きを読む
posted by kaze at 21:45| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天地人 第43回 実頼追放


大河ドラマ 天地人 第43回 実頼追放

直江兼続(妻夫木聡)と大国実頼(小泉孝太郎)との争いが一気に吹き出てきました。あれほど仲が良かったのに、兼続も実頼も一歩も譲らず、上杉家の存続にまで発展してしまいます。樋口惣右衛門あたりがいたら何とかなったかもしれません

上杉景勝(北村一輝)は菊姫(比嘉愛未)を亡くし公家から側室をもらい、あっという間に玉丸という嫡男をもうけました。しかしその側室も亡くなってしまいます。お船(常盤貴子)が玉丸を育てることになりました

兼続はお松(逢沢りな)に政重との婚礼の日が近いことを言い聞かせます。竹松(加藤清史郎)は政重を「まことの兄上と頼りつもりでございます」とすっかり元気になりましたね。お梅(並木瑠璃)もそろい、一家が集まり幸せそうです  
続きを読む
posted by kaze at 00:30| Comment(3) | TrackBack(1) | 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

第27回全日本大学女子駅伝 佛教大学 初優勝

第27回 杜の都 全日本大学女子駅伝は、佛教大学が2時間03分32秒の驚異的な大会新記録で優勝しました。おめでとうございます!4連覇を狙った立命館大学は2位ながらも、2時間05分13秒の大会新記録です。大学女子駅伝もスピード時代に突入しましたね

1区は、1位の佛教大学の石橋麻衣選手と2位の立命館大学の田中華絵選手の差は2秒差でした。2区では、1位の佛教大学のキャプテン森唯我選手が区間新記録を獲得します。31秒差で2位の立命館大学の沼田未知選手が続き、3位には松山大学が入りました

3区はエース対決です。1位の佛教大学の西原加純選手に、立命館大学の小島一恵選手が10秒差まで迫ります。小島一恵選手は区間新記録を更新です。自らの区間記録を16秒上回る29分19秒の記録でした。速いですね


4区→5区は、佛教大学は竹地選手→森知奈美選手、立命館大学は本多奈都子選手→岩川真知子選手と襷(たすき)をつなぎます。森選手と岩川選手はともに区間新記録です!6位以内のシード争いで順位が激しく入れ替わりました。第5中継所では先頭から10分遅れとなり、6チームが繰り上げスタートとなります。後半はアップダウンが激しいコースでしたね

アンカーの6区は、佛教大学の吉本ひかり選手が、区間新記録でテープを切りました。佛教大学は、3人も区間新記録を出したのはすごいです!2位は、立命館大の竹中理沙選手でした

3位は名城大学の井原美帆選手、4位は城西国際大学の西田かすみ選手と続きます。5位の城西大学の山田美紀選手は、後半にスパートをかけ一気にシード権内に入ってきましたね。6位の京都産業大学までがシード権で、東京農業大学は残念ながら7位となります。スピード感のある駅伝でした!

「第31回全日本大学女子駅伝 立命館大学 3連覇」
「第30回全日本大学女子駅伝 立命館大学 2連覇」
「第29回全日本大学女子駅伝 立命館大学 優勝」
「第28回全日本大学女子駅伝 佛教大学 2連覇」
「第26回全日本大学女子駅伝 立命館大学 優勝」
posted by kaze at 15:15| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オトコマエ!2 第8回 落とし穴 前編


今回は、浜田弥次郎(中村勘太郎)が登場します。藤堂逸馬(福士誠治)武田信三郎(斎藤工)の幼なじみです。中村勘太郎の声が中村勘三郎にそっくりで、ビックリしてしまいました!さらに信三郎の父親が切腹になった訳がわかりましたね

信三郎は、街で弥次郎に声をかけます。弥次郎は給金をもらった後で、信三郎を彼女の長屋へ連れて行きました。ひょうたんの貯金箱にお金を入れてましたね。謝る弥次郎に、信三郎は昔どおりでいいと話します。2人は良い関係みたいです。彼女のよしの(宝生舞)が帰ると、弥次郎は干物を焼いてと頼みました

逸馬が稽古をしているところへ、信三郎が弥次郎を連れてきます。しかし逸馬は弥次郎を思い出せません。逸馬が「どちら様で?」と聞くと、弥次郎は去っていってしまいます。信三郎から落とし穴と言われ思い出しました。10何年もたってたら分からないかも(笑)  
続きを読む
posted by kaze at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

日本ハム 日本シリーズ進出 野村克也監督 ラストゲーム


パリーグ・クライマックスシリーズ第2ステージ第4戦は、楽天4−9日本ハムで、日本ハムが日本シリーズへの進出を決めました。おめでとうございます!

試合後に日本ハムの選手たちも楽天の選手たちの中へ入って、野村克也監督を胴上げしました。稲葉選手が中心になっていたみたい。感動して涙が出てきましたよ。野村監督、お疲れ様でした!

試合は、日本ハムが森本選手の2ランホームランなどで、4点を先制します。4回表に、セギノール選手や宮出選手のタイムリーヒットで3点を取り返しました。ホームに帰ってきたセギノール選手が、キャッチャーのすきをついて、ホームをペタっとしている姿がおかしかった(笑)

8回裏2アウト2、3塁のピンチで、岩隈久志投手が出て来ましたね。しかしスレッジ選手に3ランホームランを浴びます。さすがスレッジ選手ですね。やはり日本ハムは強いです。岩隈投手もノムさんも苦笑いでした。9回表は得点できず、楽天は破れます。日本ハムには日本一になって欲しいですね
posted by kaze at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェルかめ 第4週 初めて会うた謎の人


連続テレビ小説 ウェルかめ 第4週 初めて会うた謎の人

浜本波美(倉科カナ)は亀園由香(松尾れい子)というちょっと変わった取材対象を見つけましたね。ところが亀園が沖縄へ行ってしまったから大変です!

波美が一平(武田航平)と海に出ると、海ガメと遭遇しました。大きいですね。ウミガメ館の伊崎館長(温水洋一)によると、弱っていて肺炎の可能性があるみたい。メガネをかけた女の人が登場し手伝います。学芸員の亀園由香でした

亀園が東京にいたと聞いて話を向けますが「つまらないところ」とそっけないです。でも海ガメの元気な様子を見て「あ〜よかった」と笑顔を見せました。波美の書いた一平の記事は、チャレンジャー10に載らず、写真コーナーにちょっとだけ掲載されることになります  
続きを読む

2009年10月23日

楽天 マー君完投

パリーグ・クライマックスシリーズ第2ステージ第3戦は、マー君・田中将大投手が完投しましたね。マー君は気合が入っていました!

2回表に高橋選手にホームランを打たれ日本ハムが先制しますが、4回表に渡辺直人選手がホームランで反撃します。さらに中島選手のヒットで1点追加しました

リンデン選手の打ったゴロで、2塁へ進んだ中島選手がアウトになります。これは絶対にセーフ!野村克也監督がゆっくりと抗議に行きますが、くつがえりません。草野選手のタイムリーヒットで1追加!楽天3−1日本ハムとなります

8回裏に森本選手の犠牲フライで1点を取られますが、高橋選手を抑え、マー君、ほえる!9回裏はみごと3人で押さえます。ほっとして笑顔になったマー君は「あぶね〜、あぶね〜」と言ってましたね(笑)田中将大投手はみごとなピッチングでしたよ!

セリーグは、巨人5ー4中日で終了だそうです。テレビ中継が9時30分で終わってビックリです。クライマックスシリーズだから最後まで流せば良いのにね
posted by kaze at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

ブラタモリ 第4回 銀座


今回は、銀座です。タモリがいきなり「興味ないんです」(笑)都市史家の岡本哲志さんが案内してくれました。銀座通り=東海道なんですね。初めて知りました。高低差の話題になって、タモリが興味を示し、坂に”前島坂”と名づけてます。銀座のあたりのわずかな高低差は画面からはあんまりわからなかったけど、日比谷公園へ向かって低くなっているのは、わかりましたよ

碁盤の目のような街路の構造は、江戸の都市計画の名残なんですね。さらに歩道がある道は江戸の当初からある道で、歩道がない道は江戸の少し後に出来たと説明がありました。ブラタモ写真館は、街角のキューピットです!

久保田祐佳アナウンサーが、朝日稲荷神社を案内してくれました。ビルの屋上にあるお稲荷様で、大地とパイプでつながっています。地上のお参りの声がマイクで屋上のお稲荷様に聞こえていたのには、ビックリしました! 


続きを読む
posted by kaze at 23:45| テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

楽天 サヨナラ満塁ホームランに敗れる!

パリーグ・クライマックスシリーズ第2ステージ第1戦は、スレッジにやられましたね。9回裏、福盛投手が1アウト満塁から、スレッジ選手にサヨナラ満塁ホームランを浴びてしまいます。ショック!

先発の永井投手は、中盤まで好投していました。7回表の楽天の攻撃で、日本ハムの武田勝投手を交代させます。山崎武司選手の2塁打などで、楽天6−1日本ハムとリードを広げ、勝負あったと思ってました

ところが永井投手が交代してから、中継ぎ陣がピリッとしません。藤原投手→小山投手→有銘投手→川岸投手→福盛投手と、野村克也監督がめまぐるしく投手交代してきました。みんな調子が悪かったみたいです

楽天6−4日本ハムと2点差に追い込まれたところで、9回表、鉄平選手が2ランホームランで、今度こそ試合は決まったと思いました!4点差ですから。ところが、スレッジ選手にサヨナラ満塁ホームランで楽天8−9×日本ハム。立ち直れません
posted by kaze at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランダム・ハーツ ハリソン・フォード


映画「ランダム・ハーツ」
Random Hearts (1999)
監督:シドニー・ポラック
キャスト:ハリソン・フォード
クリスティン・スコット・トーマス
ケイト・マラ、ボニー・ハント

飛行機事故でパートナーを失った男女の交流を描いています。ちょっと大人の雰囲気を味わえる映画でしたよ

ダッチ・ヴァンデンブロック(ハリソン・フォード)は警察の内部調査官です。留守電に妻のペイトン(スザンナ・トンプソン)からメッセージが入っていました。仕事でトラブルが起こり、マイアミへ突然に出張することになったというのです

ケイ・チャンドラー(クリスティン・スコット・トーマス)は下院議員で、ニューヨークへ出張へ行くという夫のカレン(ピーター・コヨーテ)を送り出します。娘のジェシー(ケイト・マラ)の誕生日までに戻ると約束してくれました


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

佐々木蔵之介


土曜スタジオパークを観ました。土曜ドラマ「チャレンジド」に出演している佐々木蔵之介が登場です。楽しい番組となりましたよ

・(演劇を始めたのは)たまたまですね。大学のオリエンテーションで友だちから新入生歓迎公演やっているよと言われ舞台を観て、先輩に「入るか?」と聞かれ「入ります」ということです。自分の家業を継がなければいけかなったので、人前で話せるように始めてんです。(就職してからの続けたのは)芝居というのは音響や照明とか立て看板を作ったり、みんなでやることなので辞められなかったんです(笑)
大学在学中に参加した劇団「惑星ピスタチオ」の舞台「破壊ランチ」や連続テレビ小説「オードリー」の映像が流れていました

・(「オードリー」での殺陣のシーンで血をなめたのは)台本に書いてなかったです。やれやれというからやったんですが、過剰ですね(笑)朝ドラに出演になり、近所の人には、俳優という仕事をやっているんですねと知れ渡りました。親にも家業を継ぐのをあきらめてもらった
・役作りは、自分自身にこだわりを持っているものは無いので、向かっていくだけです。1つ芯を決めて演じるというのはありますけど。例えば「大河ドラマ 風林火山」だったら家族や土地を大事にするというのを決めて、あとは自由に楽しんでやっていました  
続きを読む
posted by kaze at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天地人 第42回 将軍誕生


大河ドラマ 天地人 第42回 将軍誕生

菊姫(比嘉愛未)との別れ、竹松(加藤清史郎)の病など悲しい出来事が続きましたね。志駄義秀(信太昌之)が登場するたび悲しい知らせが届きます。仲が良かった直江兼続(妻夫木聡)大国実頼(小泉孝太郎)兄弟ですが、亀裂が入ってきたのは意外な展開です

上杉景勝(北村一輝)のところへ仙桃院(高島礼子)がやってきました。菊姫が景勝に側室を持つように手紙を寄こしたというのです。養子を持つと言う景勝に、仙桃院は御館の乱の悲劇を忘れるなとお話します

松川の堤の礎石が足りないと甘糟景継(パパイヤ鈴木)らが嘆いていると、兼続は城の石垣用の石を使うと提案しました。堤を築き田畑を開墾するのを優先させるというのです。そこへ志駄義秀が「若様が…」とやってきます。屋敷へ帰ると、竹松が熱に苦しんでいました。本当に苦しそう!「母上」とつぶやく竹松を見て、お松(逢沢りな)お梅(並木瑠璃)はお船を呼び寄せるよう頼みます  
続きを読む
posted by kaze at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

不毛地帯 第1話


山崎豊子の小説「不毛地帯」のドラマ化作品です。第1回から重厚な感じで始まります。シベリアでの抑留生活の映像は、ドラマなのに観ているだけで悲惨さが伝わってきましたね

大本営の参謀だった壹岐正(唐沢寿明)は、11年間のシベリア抑留生活を終え、日本へ帰還しました。栄養失調の体を回復をさせながら、自分のことを後回しにし、かつての部下たちの就職の世話に走り回ります。部下からボーナスが出たとお金を送ってくれたシーンは、なんだかうれしくなりましたね

親友で防衛庁へ勤める川又伊佐雄(柳葉敏郎)が防衛庁へ誘って来ますが、断ります。妻の佳子(和久井映見)が働きに出ていました。息子の誠(高橋平)を銭湯に誘いますが、冷たいです。娘の直子(多部未華子)は「もう戦争に関わる仕事をしないで」と言って来ました。誠は、立派な軍人だった父がシベリアから帰ってきて変わっていたことにショックを受けている、と直子が説明します


続きを読む
posted by kaze at 19:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

織田信成 逆転優勝

フィギュアスケートGPシリーズ・フランス杯男子で、織田信成選手が優勝を果たしましたね。おめでとうございます!

ショートプログラム2位からフリーで逆転。GP通算4勝目です!フリーの163・33点は、国際大会自己ベストなんですね。本当にすごいです!

蝶ネクタイにスーツで、チャプリンの音楽に乗った演技です。突然に止まってニコッと笑い、おどけたコミカルな動きを魅せてくれました。途中でコーチに手を振ってたみたいです。ジャンプやスピンを舞うようで、本当にみごとでしたね
posted by kaze at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶴見虹子 世界体操銀メダル

鶴見虹子選手が、体操の世界選手権・女子個人総合の銅メダルに続いて、女子段違い平行棒で銀メダルを獲得しました。小さい体から繰り出される、切れのある演技がかっこいいですね!

日本女子の銀メダルは43年ぶり、個人種目1大会メダル2個は1966年大会の池田敬子選手以来43年ぶり2人目の記録だそうです。快挙なんですね!

男子の内村航平選手や沖口誠選手などの若い選手から目が離せません!
posted by kaze at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オトコマエ!2 第7回 夫婦日和


今回、藤堂逸馬(福士誠治)は、店を乗っ取ろうとする悪者に立ち向かうことになります。意外な悪者にちょっとビックリしました

武田信三郎(斎藤工)の静江(黒川芽以)とのノロケ話を聞きながら歩いていると、3のつく日のほどこしが行われています。仏の清兵衛こと油問屋の和泉屋清兵衛(大滝寛)と妻の千津(今村惠子)が、貧しい人たちに炊き出しをしていたのです。ほほに傷がある男が怪しげに見守ります

清兵衛と千津が街を歩いていると、突然に清兵衛が苦しみ始めました。ほほに傷のある男が気付け薬を渡してくれますが、清兵衛は死んでしまいます  
続きを読む
posted by kaze at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

楽天 第2ステージ進出!マー君 完投!

プロ野球・クライマックスシリーズ第1ステージ第2戦、楽天は4−1でソフトバンクを破り、第2ステージへ進出です。連勝で一気に決めましたね!

先発のマー君・田中将大投手は、ちょっと表情が堅くて緊張していた感じです。前半は、観ている方がひやひやしてました(笑)でも後半から調子を上げます

4回裏、中村真人選手が、タイムリーヒットで先制!
5回裏、山崎武司選手が3ランホームランを放ちました。山崎選手と野村克也監督が抱き合って喜びます!マー君にも笑顔がこぼれてましたね
8回表に1点を失いますが、マー君はヒットを打たれながらも、要所要所を抑えるピッチングでした。9回までみごとに投げ切たマー君は、ウィニングボールを野村監督に渡します

試合後のセレモニーで、野村克也監督からあいさつがあり、正式に今シーズンで解雇されるとの話がありました。残念ですね。日本シリーズまで進出し、フロントを見返して欲しいです
posted by kaze at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェルかめ 第3週 心にハ・ヘ・ホ?


今週は、浜本波美(倉科カナ)が編集者の仕事を始めますがトラブルが発生です(笑)まだまだ新人ですね。山田勝乃新(大東俊介)をゾメキトキメキ出版で見つけてビックリ。バイトでした。勝乃新が昼飯を食べに行ったので、豪華なお弁当を食べる友近(正名僕蔵)に一言かけ、波美もついていきます。勝乃新は徳島の大学生でした。そこへ副編集長の勅使河原重之(益岡徹)から電話がかかってきます

波美が編集の仕事をやったことがないとわかると、みんなあきれ顔。吉野鷺知(室井滋)も出て行ってしまいました。ちゃんと調べてから採用してよ(笑)みんな打ち合わせに出て、波美は電話番を頼まれます。行き先表の”あるで”を見て、波美は戻らないと勘違いしました。実は波美の歓迎会が行われる予定でしたが、誰も教えてくれなかったのです。ちゃんと教えてよ(笑)  
続きを読む

倉科カナ


土曜スタジオパークを観ました。連続テレビ小説「ウェルかめ」に出演している倉科カナが登場です。去年、土スタにレギュラー出演していて、最後のときは「次にここに来るときは、ゲストの席で出演したいと思います」と話していたんですね。あっという間にヒロインとはすごいです!

・(ミスマガジン2006 グランプリに選ばれ)うれしかったんですけど、ファンの人に受け入れてもらえるか心配もありました。イベントで「カナちゃん!おめでとう!」と言ってくれ「認めてくれているんだ」と安心感がありました
・(あの時点でヒロインは決まってた?)決まってないですよ(笑)ヒロインになり、願いはかなうんだ、と思いました
・ヒロインに選ばれ、うれしかったです。まだ審査と聞いてNHKに行ったので「倉科カナさんに決まりました」と言われ、訳がわからない感じでした。ヒロインには、すごくなりたかったですね。朝ドラは家族も好きで、おじいちゃんとおばあちゃんも朝ドラのヒロインになったと言ったら、すごく喜んでくれました。朝ドラは、ヒロインがどんどん成長していく姿を描いているところが素敵です  
続きを読む

2009年10月16日

楽天 クライマックスシリーズ第1戦 大勝!

プロ野球・クライマックスシリーズ第1ステージ第1戦、楽天は11−4でソフトバンクに大勝しましたね。ちょっとほっとしました。これで第2ステージへ王手です!

1回裏、高須選手が先頭打者ホームラン、セギノール選手が2ランで、いきなり3点を先取
3回裏、鉄平選手のタイムリーヒット、セギノール選手の犠牲フライで5点目、中島選手が2ランを放ち7−0とします
しかし4回表に、4点を取られ、7−4と3点差につめよられました

6回裏、打線が爆発します。中島選手が悪送球の間に3塁へ。草野選手が2ベースヒットで8点。渡辺選手がヒットで10点目
7回裏、山崎武司選手がソロホームランで、11点目!先発全員安打となります!

野村克也監督は笑いが止まりません。岩隈久志投手が9回を抑え、完投で決めました!明日のマー君・田中将大投手で一気に決めて欲しいですね
posted by kaze at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内村航平 世界体操金メダル

世界体操男子個人総合決勝で、内村航平選手が金メダルを獲得しましたね。おめでとうございます!

北京オリンピックで銀メダルを獲得し、頼もしい選手が登場したと思っていたら、やってくれましたね。20歳の内村航平選手は、五輪、世界選手権を通じて日本勢史上最年少となる個人総合王者だそうです

あどけない顔をしているのに、演技はダイナミック!すごい選手ですね!
posted by kaze at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラタモリ 第3回 二子玉川


今回は、二子玉川です。高島族ショッピングセンターの中を、帽子をかぶったタモリと久保田祐佳アナが入っていきました。タモリは興味がないみたい(笑)

開発責任者だった松沢邦光さんと合流。オープンして2年目の昭和46年に競争馬を販売していたり、今は事務所となっているところの下に、ボーリング場があったりと、ビックリです。タモリは昔、ボーリング場で働いていたそうですよ。タモカメでボールが戻ってくるレーンを映してました

ブラタモ写真館では、族根がついているBSアンテナの写真です。八木アンテナは、魚の骨のようになっている、短い方が東京タワーを向いている、とタモリが説明してくれました


続きを読む
posted by kaze at 00:30| テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

おしえてイチロー選手!大記録はなぜ生まれたか


テレビ「おしえてイチロー選手!大記録はなぜ生まれたか」を観ました。イチロー選手が、子供たちの質問にいろいろと答えてくれましたよ。子供向きということで、答えを選びながら話すイチロー選手が新鮮!だいたい以下のような感じでした

(どうしたらそんなにヒットが打てますか?)そういう素朴な気持ちを持ってれば打てるようになります。子供はまっすぐに投げ込んできますよね(笑)こういう気持ちを大人が持っていると、けっこうやっかいな選手になっているんじゃないですかね。子供がいろんなことを経験し考え方も変わってくるし、いろんなねじれが生まれてくるんですけど、その気持ちを持っていて欲しいんですよね

(小さなことを大切にするのは?)シーズンの僕らの生活の中で、何ひとつ欠けていてはいけないですよね。何かおろそかにすれば、結果に帰ってくるというのは、僕らの世界ですから。精神的なアプローチも含めて、長いシーズン6ヶ月の間162試合やっていくには、結局そこを大事に出来ない人は、成績にばらつきが出るでしょうね。安定して高いレベルで成績を維持しようと思ったら、結局はそこの意識だと思うんですよ。いかに細かいことを大事に出来るか、で決まってくると言ってもいいんじゃないですかね


続きを読む
posted by kaze at 20:45| Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

未知との遭遇 スティーヴン・スピルバーグ


映画「未知との遭遇
Close Encounters of the Third Kind (1977)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
キャスト:リチャード・ドレイファス、フランソワ・トリュフォ
メリンダ・ディロン、ケイリー・グフィ

人類と宇宙人とのコンタクトを描いています。後半に出てくるUFOの映像がきれいでしたよ

メキシコ・ソノラ砂漠で、調査団のラコーム先生(フランソワーズ・トリュフォ)や地図屋のローリン(ボブ・バラバン)は、1945年に行方不明となった空軍の飛行機を発見します。インディアナポリスの航空管制センターでは、UFOとすれ違ったという報告を受けました

インディアナ州マンシーで、男の子のバリー(ケイリー・グフィ)が寝ていると、風が吹き、おもちゃやレコードが勝手に動き出します。バリーは驚いた表情を見せた後で、笑いました。バリーがかわいい!母親のジリアン(メリンダ・ディロン)が、外を笑いながら走っていくバリーを見つけ、追いかけます  
続きを読む
posted by kaze at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

新・三銃士 第1話 旅立ちの朝


だいぶ昔に人形劇「三国志」を観ていたので、なつかしくなって観てみました。アレキサンドル・デュマの原作を、三谷幸喜が脚色したそうです。井上文太がキャラクターデザインを担当した人形たちが、本当に個性的!スペシャル番組では、爆笑問題の2人が登場してたけど、ナレーションで田中だけが関わっているそうです。太田の方が詳しそうなのに!?

オープニングは不気味な雰囲気でした。1625年のパリ。暗闇の中で、馬上のロシュフォールが男を剣で倒します。男が「国王陛下!万歳!」と息絶えると、ロシュフォールは「枢機卿!万歳!」と返します

ガスコーニュ地方では、青年・ダルタニアン(池松壮亮)が父親のベルトラン(西田敏行)に剣のけいこをつけてもらっています。そこへロシュフォールがやってきました。長身で細くて不気味ですね。ロシュフォールがベルトランに話があるというので、ダルタニアンを置いて家の方へ行きました。夕方になってダルタニアンが家に戻ると、ベルトランが倒れ苦しそうです。ロシュフォールにやられたと話します   
続きを読む
posted by kaze at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天地人 第41回 上杉の生きる道


大河ドラマ 天地人 第41回 上杉の生きる道

米沢へ移ることになった直江兼続(妻夫木聡)は、浮かない顔です。妻夫木聡は眉間にシワを寄せた表情が多くなりました。今回は出番が少なかった桜井晴吉(松尾諭)が兼続を助けます。もっと活躍して欲しい!そして樋口惣右衛門(高嶋政伸)が去っていくことになりました。ちょっと悲しいですね

上杉家の家臣6千人は1/4の石高で暮らすことになりました。米沢へ着いて、泉沢久秀(東幹久)が「ここが米沢か」と言うと、大国実頼(小泉孝太郎)は「なかなか良いところ」と応じます。桜井晴吉、山岸尚家(松本実)は不安そうですが、甘糟景継(パパイヤ鈴木)は「住めば都」と楽観的です

惣右衛門が兼続を迎えました。樋口惣右衛門が屋敷の障子を開けると、布に包まれた大きな壺と毘沙門天が。上杉謙信の亡骸(なきがら)も運ばれてきたのです。そういえば黒澤明監督の「影武者」でも武田信玄の亡骸が大きな壺に入ってましたね。京に、上杉景勝(北村一輝)菊姫(比嘉愛未)お船(常盤貴子)がいました。菊姫がなんだかさびしそうです  
続きを読む
posted by kaze at 01:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

オトコマエ!2 第6回 佐和の恩返し


今回、藤堂逸馬(福士誠治)は談合に立ち向かうことになりましたね。佐和(井上和香)から2年前の人殺しを調べ直して欲しいと依頼を受けたのが始まりです。殺されたのは普請請負屋小松屋清八で、その娘・加代(柊瑠美)は佐和の妹のような存在でした。会合へ行った小松屋は、その帰りに何者かに斬り殺されたのです

坪井(小倉一郎)に相談すると、南町へ話を通してくれますが、つまらぬ悶着(もんちゃく)は起こすなと忠告されました。利権が絡んで、有象無象(うぞうむぞう)が集まるというのです。今も昔も変わらないですね(笑)

小松屋に可愛がられた橋本屋尚右衛門(林泰文)が羽振りが良いというので、逸馬は会いに行きました。橋本屋は小松屋に恩を感じていてると言いますが、殺しについては話そうとしません。林泰文の演技がよかったですね。逸馬も言ってましたが、善人なのか悪者なのか、終盤までまったくわかりませんでした  
続きを読む
posted by kaze at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェルかめ キャスト


連続テレビ小説 ウェルかめ」の主なキャストを書き出してみますね

<浜本家>
浜本波美(倉科カナ)
浜本哲也(石黒賢):波美の父親
浜本加代(羽田美智子):波美の母親
浜本航(大原光太郎):波美の弟
浜本泰三(芦屋小雁):波美の祖父

<美波町の人々>
笹原綾(田中こなつ)
鈴木一平(武田航平)
中川果歩(岩佐真悠子)
鈴木三平(嶋大輔):一平の父親
笹原フミ(未知やすえ):綾の母親
伊崎館長(温水洋一):ウミガメ館の館長
亀園由香(松尾れい子):ウミガメ館の学芸員

<ゾメキトキメキ出版>
山田勝乃新(大東俊介)
吉野鷺知(室井滋):編集長
勅使河原重之(益岡徹):副編集長
須堂啓(坂井真紀)
友近聡(正名僕蔵)
ロベルト(レオナルド・ベヌッチ)

<その他>
近藤摂子(星野知子):波美のあこがれの人

ウェルかめ 第2週 波にもまれて、どこへやら?


連続テレビ小説 ウェルかめ 第2週 波にもまれて、どこへやら?

2週目に入って、ウェルかめのキャストたちが、なじんできた感じです。桂三枝はナレーションだけじゃもったいない!「つばさ」のラジオの男(イッセー尾形)みたいに、画面にも登場して欲しいです

浜本波美(倉科カナ)はいきなり首を言い渡され、波乱の展開ですね。あこがれの近藤摂子(星野知子)の雑誌の仕事をしていたら、いきなり休刊になってしまったのでした。摂子は「あなたにも人生をかけてやる仕事がある。開かれない扉は自分でこじ開けなさい。道がある限りその扉は開かれます」とアドバイスしてくれます。どこか世話してくれればいいのに(笑)

波美のことは、加代(羽田美智子)→哲也(石黒賢)泰三(芦屋小雁)→笹原綾、鈴木一平→美波町のみんなに伝わりました(笑)  
続きを読む

2009年10月09日

楽天 クライマックスシリーズ 地元開催決定!


プロ野球・パリーグで、東北楽天ゴールデンイーグルスが2位が決定しましたね。おめでとうございます!

楽天はオリックスを4−3で下し2位となり、クライマックスシリーズ(CS)第1ステージは、本拠地仙台で行われることになりました!16日からの開催が楽しみです。野村克也監督が今期で契約が切れるけど、是非とも続投して欲しいですね。ここまで楽天を導いてきたんですから!

セリーグでは、ヤクルトがCS初進出決めました。日本シリーズ、楽天VSヤクルトも面白そうだけど、一番観たいのは、楽天VS巨人ですね。まだ先の話ですけど(笑)
posted by kaze at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラタモリ 第2回 上野


今回は、タモリが久保田祐佳アナと上野を回っていました。もともと上野公園や不忍池は、寛永寺の敷地だったんですね。古地図で確認してました。天海祐希は御徒町生まれで、天海和尚から名前をつけた、とタモリが言ってたけど、本当なの!?

途中で、寛永寺執事長の浦井正明さんが合流し、非公開の徳川家のお墓を案内してくれました。徳川5代将軍・綱吉が眠っている宝塔(重要文化財)が映し出されます。こんな場所があるなんて知らなかったです

上野公園の中には、寛永寺の山門の礎石が残ってました。清水観音堂は、京の清水寺を模して天海和尚が造ったそうです。天海は、不忍池=琵琶湖、弁天島=竹生島、上野山=比叡山として、江戸のテーマパークを作ろうとしていたんだって。初めて知りました!CGの映像は面白かったですよ


続きを読む
posted by kaze at 00:15| テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

ハート・オブ・ウーマン メル・ギブソン


映画「ハート・オブ・ウーマン
WHAT WOMEN WANT (2000)
監督: ナンシー・マイヤーズ
キャスト:メル・ギブソン、ヘレン・ハント
マリサ・トメイ、ローレン・ホリー

突然に女性の心の声が聞こえるようになった男と、転職してきた女性上司の恋を描いたラブコメディです。ニック・マーシャル(メル・ギブソン)は広告代理店で働いています。新しくダーシー(ヘレン・ハント)が上司としてやってきました。会議で、女性化粧品の広告アイデアを出すよう宿題を出されます

家に帰ったニックは、女の心で考えると、マスカラやマニュキアをつけたり、ストッキングをはいたりしていました。そこへ娘のアレックス(アシュレイ・ジョンソン)が彼氏のキャメロンと帰ってきて、あきれて出て行きます(笑)ニックはドライヤーをかけようとして、足をすべらせバスタブへ落ちて感電!  
続きを読む
posted by kaze at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

台風18号接近中 台風!集中豪雨災害で死なない新技術

台風18号が上陸しましたね。家は関東地方にあるんですけど、まだそれほど強い雨は降ってません

少し前の「ためしてガッテン」で、「地震!台風!集中豪雨災害で死なない新技術」という番組をやってました。(今日のタオルは観なかったけど)

心理的な面から災害を見直していて、ちょっと変わった視点からの番組でしたよ。注意報が出ると、避難勧告が出ていないのに、自分から先に避難してしまうんですって!

「ためしてガッテン 地震!台風!集中豪雨災害で死なない新技術」を観たときのブログ
posted by kaze at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ハム リーグ優勝

プロ野球・パリーグは日本ハムが優勝を飾りましたね。おめでとうございます!最後は、金子誠選手が犠牲フライでサヨナラを決めました。日本ハムは、インフルエンザの不運からよく立ち直ったと思います

正直言うと、ひそかに楽天の逆転リーグ優勝を願っていたので、残念(笑)先に楽天がロッテに敗れた時点で、日本ハムの優勝が決まります。プロ野球最年長セーブ記録を更新したロッテの小宮山投手が、引退してしまうのも残念です。お疲れ様でした!

まだクライマックスシリーズ(CS)に望みがあるので楽しみです。本当にCSを導入してくれて、ありがとうですね。鉄平選手の左ふくらはぎのケガが心配ですけど
posted by kaze at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

デビル ハリソン・フォード×ブラッド・ピット


映画「デビル」
The Devil's Own (1997)
監督:アラン・J・パクラ
キャスト:ハリソン・フォード、ブラッド・ピット
ナターシャ・マケルホーン、マーガレット・コリン

IRAの戦士と平凡な警官との、交流と対決を描いています。研ぎ澄まされた戦士を演じるブラッド・ピット、銃は威嚇射撃しかしたことがない警官を演じるハリソン・フォードの競演がいいですね。ハリソン・フォードはちょっと弱々しい姿を見せますが、最後は正義感に燃え、いつもの姿に変身です!

漁師をしていた父親と船に乗り、8才のフランキーは幸せでした。家族と一緒に夕食を取ろうとしていると、覆面の男が入ってきて、銃を父親に発射します。成長したフランキー(ブラッド・ピット)はIRAに身を投じました


続きを読む
posted by kaze at 20:45| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

ブラタモリ 第1回 早稲田


タモリが、久保田祐佳アナと一緒に、東京のあちこちを回る番組です。前に表参道を、歩いていた番組をやってましたよね、確か。レギュラー化したみたい

今回は、早稲田です。学生街から早稲田大学へ行って、学生たちに囲まれてました。大隈重信が人間は125歳まで生きられると言ったことから、大隈講堂の高さは125尺だと、タモリが説明してました。なるほど。大隈庭園で、造園家の涌井雅之と合流します

神田川へ行くと、桜が満開でした。かなり前に撮ったみたいです(笑)南こうせつの曲「神田川」の舞台は、早稲田あたりの神田川なんですね。初めて知りました  
続きを読む
posted by kaze at 20:45| テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

天地人 第40回 上杉転落


大河ドラマ 天地人 第40回 上杉転落

関ヶ原の戦いで西軍が敗れても、上杉家は残ったことは知っていましたが、取りつぶされても仕方ない状況だったんですね。直江兼続(妻夫木聡)の意外な策が効果を発揮します。病となった小早川秀秋を演じた上地雄輔の演技力にビックリです。初めて登場したときの軽い感じから、今回の衰えた感じまで、いろんな表情を魅せてくれ、俳優として十分やっていけますよね

兼続は、石田三成(小栗旬)の「なにとぞ生きて我らの正義を後世に伝えよ」という言葉を胸に、思いを新たにします。慶長6年夏、京の本多屋敷で、兼続は本多正信(松山政路)と面会しました。遠山康光(螢雪次朗)がいてビクッとします(笑)遠山はしぶといですね。でも気になるキャラの1人です。兼続は正信に「わが直江家を差し出します」と切り出し話します。後ろの障子が青く波のように揺れ、不思議な空間です  
続きを読む
posted by kaze at 22:45| Comment(3) | TrackBack(1) | 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天 クライマックスシリーズ進出


プロ野球・パリーグで、東北楽天ゴールデンイーグルスがクライマックスシリーズ(CS)進出を決めましたね。おめでとうございます!

CS進出マジック2だった楽天は、楽天14−5西武で、西武を下し、3位以上が確定しました。球団創設5年目にして、初のCS進出です。野村克也監督は、就任4年目でチームをAクラスに導いたんですね。すごいです!

草野選手や鉄平選手などの活躍が目立ちますが、ここぞというときのベテラン・山崎武司選手の一発には頭が下がります!球団創設からのメンバーで、本にはけっこう面白いことが書かれていました。野村克也監督の本と合わせて読むと楽しめますよ(笑)
posted by kaze at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杉山愛選手 準優勝で引退

杉山愛選手は引退してしまうんですね。お疲れ様でした!

東レ・パンパシフィック・オープンで、ダブルス決勝で、スロバキアのダニエラ・ハンチュコバ選手と組みました。しかしアリサ・クレイバノワ、フランチェスカ・スキアボーネ組に敗れてしまいます

最初は持ち味を出した感じでしたが、後半は押し切られたようです。現役最後の試合で有終の美で飾れませんでしたけど、杉山選手は笑顔をみせて満足そうでしたね
posted by kaze at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

オトコマエ!2 第5回 里山の決戦 後編


前回の続きです。藤堂逸馬(福士誠治)が栄市(大朏岳優)みつ(奥山志紀)兄妹と一緒に北山村を出ようとするところへ、朱雀が襲ってきます。逸馬は居合いで対抗しますが、やられそうな雰囲気!でも栄市とみつが石を投げ、朱雀は「興ざめだ」と去っていってくれました。危なかった!逸馬は、栄市とみつをいね(松金よね子)に託します。大朏岳優は、ごはんをおいしそうに食べますね

中島(佐戸井けん太)は、番頭の五兵衛から山師の岩井(上島竜兵)を紹介されます。鳥居耀蔵(片岡鶴太郎)の前で、岩井は「まさしく金でございます」と断言しました。でも鳥居は念のため別の者に調べさせるよう中島に命じます。岩井が五兵衛から謝礼を受け取っている現場を、武田信三郎(斎藤工)が目撃しました  
続きを読む
posted by kaze at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウェルかめ 第1週 憧れは海をこえ


連続テレビ小説 ウェルかめ 第1週 憧れは海をこえ

オープニングは、きれいな町並みから始まりましたね。徳島県美波町が舞台で、雰囲気があります。海が近くにあってうらやましい!後半から倉科カナが登場です

小学校6年生の浜本波美(小酒井円葉)は学級新聞を作っています。転校生の中川果歩(金子舞優名)を、友達の笹原綾(藤川博歌)と一緒に、学級新聞を作ろうと誘いますが、ファッションセンスを磨けと、雑誌を渡されてしまいました。サーファーの父親・哲也(石黒賢)が戻ってきて、サーフィン大会の取材に行くことにします  
続きを読む

派遣のオスカル 最終回 オスカル、失恋?


ついに最終回になってしまいましたね。三沢勝子(田中麗奈)は八城(朝海ひかる)と一緒にMIZUKIを飛び出し、どうなるのかと思ったら、意外な展開が待っていました。会社買収の話なのにギスギスしていないのは、社長Jr(チュートリアル徳井)のキャラクターのせいかな(笑)今回で終わるのはもったいない!続きが見たくなりました!

勝子は黒い騎士となり俵あん(鈴木杏)と逃げています。買収の情報ファイルを盗み出したのです。勝子は我に返ります。妄想の世界に入り込んでいたみたい(笑)勝子はもうAntiga 社で働いていたのです

開発2課で井手奈々子(金子さやか)たちが勝子のうわさをしています。Antiga 社がMIZUKI製品に使われている保湿成分を作っている会社を買収したので、役員たちは打つ手がありません


続きを読む
posted by kaze at 02:00| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。