過去ログページ

2010年04月30日

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 第4話 心筋梗塞


患者の目黒(嶋田久作)が急変!疲れがピークに達し、自分のミスだと退職願を出す長谷川崇(戸次重幸)を、速水晃一(西島秀俊)がみごとに止めました。うますぎです。白鳥圭輔(仲村トオル)は目黒の急変に疑問を抱きましたね

妻の光子(広田レオナ)に「退院したら一緒に…」と話していた目黒が倒れてしまいます。顔色が悪くソファーに横になる長谷川を、田口公平(伊藤淳史)が心配そうにしていました。和泉遥(加藤あい)は「やっと食べられる」とたくさんの量のパンを買い込んできます。そこへ急変の知らせが入りました

心筋梗塞です。心停止し電気ショックを与えますがダメです。速水が心臓マッサージを開始します。カテーテル室の準備をさせようとしますが、空いていません。速水はポータブルの透視装置でやると言い出します。目黒は「みつこ、はこだて、みつこ」と口走りました。白鳥はメディカル・アソートの佐々木英二(堀部圭亮)を疑惑をぶつけますが、佐々木はただ営業に来たとだけと言います

 
続きを読む
posted by kaze at 19:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島千里 11秒21 日本新記録


織田幹雄記念国際大会で、福島千里選手が日本記録を更新しましたね。おめでとうございます!11秒21で、自身が持つ記録を0秒03更新です。福島選手の走りは、風のようで、レース後の笑顔がほんわかしていて印象的ですよね。高橋萌木子選手は2位で、11秒35でした。福島選手にかくれていたけど、後半にグッと加速してましたね

「福島千里 22秒89 日本新記録」
posted by kaze at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

警視庁失踪人捜査課 CASE2 消えた息子が堕ちた白い罠


専門学校に通う南田春樹(日和祐貴)の失踪を追います。結果は予想外の展開でした。後から考えると、最近よくある話ですけど、すっかりだまされました。それにラストまで見逃せませんでしたね(笑)

若者グループ同士の乱闘騒ぎの後で、春樹が大金を下ろし、行方不明になります。両親の義信(小木茂光)美奈子(野村真美)がテレビを使って、春樹を探して欲しいと頼みました。高城賢吾(沢村一樹)明神愛美(森カンナ)が両親に事情を聞きくと、ガラの悪い連中と付き合っていたことは知っていたと話します。春樹はデザイナー志望で部屋はきれいにかたずいてました

法月(小日向文世)醍醐(北村有起哉)は、春樹が所属していたグループのリーダーのケン(福山一樹)に話を聞きます。中学の同級生で、久しぶりに春樹が声をかけてきたのでした。近くのカラオケボックスでバイトをしていたのです。ケンは”みやび”という女が気に行っていると話しました  
続きを読む
posted by kaze at 00:00| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

新参者 第2話 料亭の小僧


ドラマは、三井峯子(原田美枝子)殺害事件を、新参者の加賀恭一郎刑事(阿部寛)が追っていくようです。1話完結じゃなかった。今回は、料亭・まつ矢の主人・枝川泰治(寺島進)その妻で女将の頼子(夏川結衣)料亭の小僧の佐々木修平(石黒英雄)に疑いがかかります。阿部寛&夏川結衣はいろんなドラマで共演してますよね。「結婚できない男」が面白かったです

料亭に行った加賀と松宮脩平(溝端淳平)はわさびについて話題にしました。加賀はわさびがツンとこないので、頼子に話を聞き、青山亜美(黒木メイサ)が書いた記事に文句をつけます。それから現場に残された人形焼と、修平が買った人形焼が同じものだと切り出しました。餡入り・餡なしの特注品で割合が7:3です

現場に残された人形焼の容器に3つの指紋がありました。人形焼き屋の店員、被害者の三井峯子、残り1つが特定できません。修平にコーヒーを差し入れると、無糖コーヒーを取りました。これで修平は甘いのが好みでないことがわかり、指紋も採取できます。人形焼について聞くと、自分で全部食べてしまい、容器は捨てたと話しました  
続きを読む
posted by kaze at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

龍馬伝 第17回 怪物、容堂


大河ドラマ 龍馬伝 第17回 怪物、容堂

坂本龍馬(福山雅治)は山内容堂(近藤正臣)と初めて顔をあわせます。やはり怖かった!後半に武市半平太(大森南朋)について語る部分が追加され、ぞくぞくっとしてしまいました。そして千葉佐那(貫地谷しほり)との別れの場面。佐那がかわいそうでしたよね

勝麟太郎(武田鉄矢)に連れられ、咸臨丸に乗った龍馬はハイテンション!勝がジョン万次郎(トータス松本)に、龍馬を海軍操練所の頭にすると紹介し、さらにテンションが上がります(笑)万次郎は、アメリカの大統領は選挙で選ばれる、やがて世界一になるだろうと話しました。日本へ戻ってきた訳を聞くと、万次郎は「アメリカがどんなにワンダフルでも、日本人じゃき。日本だってこれくらいできる。日本人だって負けはせん」と答えます。勝は「俺たちは本気で日本の海軍を造んなきゃなんねえ。みんなで力を合わせなきゃとてもこの国は守れねえ」と続けました

勝の弟子となった龍馬は、勝と一緒に田原藩、佐賀藩、鳥取藩を回って、海軍に人を出してくれるよう頼みました。地球儀も持ってましたね(笑)  
続きを読む
posted by kaze at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ 龍馬伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

2010ロンドンマラソン ショブホワ優勝 赤羽有紀子6位

ロンドンマラソン女子は、ロシアのリリア・ショブホワ選手が優勝しましたね。2位はロシアのインガ・アビトワ選手、3位はエチオピアのアセレフェチ・メルギア選手となりました

赤羽有紀子選手は6位で2時間24分55の自己ベスト更新です!やりましたね。小崎まり選手は9位、尾崎好美選手は13位でした

アイスランドの火山噴火の影響で、選手たちの到着が大幅に遅れ、心配されました。日本からの尾崎好美選手、小崎まり選手、赤羽有紀子選手は先頭集団に入っていました。しかし20kmで、尾崎好美選手が遅れます。32kmで小崎まり選手が、33kmで赤羽有紀子選手が遅れてしまいました


ラストは、エチオピアのメルギア選手とロシアのショブホワ選手の一騎打ち。2人は同じような体型でしたね。40kmで、遅れていたロシアのアビトワ選手が先頭に上がってきます

ショブホワ選手がスパートすると、アビトワ選手がついてきました。メルギア選手が遅れます。最後はロシアのリリア・ショブホワ選手が競り勝ちました!

レース後に、赤羽有紀子選手がインタビューで笑顔を魅せてくれましたね
posted by kaze at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェイス 国税査察官 第2回 イミテーション・ゴールド

国税査察官・春馬草輔(江口洋介)と税務コンサルタントの村雲修次(ARATA)の戦いは、スリリングで見ごたえがありますね。ジェット機墜落で一気にもっていかれました。ラストでお互いの存在を意識し始めましたね

春馬草輔の妻・雪恵(木村多江)が乗ったジェット機が墜落。テレビを観ていた春馬と娘の鈴子(水野絵梨奈)はショックを受けます

一方、村雲修次はニヤリ。脱税を依頼されたライトキャスト社の社長・檜山基一(斎藤工)に、40億円のジェット機の購入を勧め、東アジア航空にリースさせていたのです。墜落したことで違約金が入るのでした  
続きを読む
posted by kaze at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェイス 国税査察官 第1話 カリブの手品師

国税査察官・春馬草輔(江口洋介)と天才脱税コンサルタント・村雲修次(ARATA)の戦いを描いています。面白くスリリングなドラマですね

映画「マルサの女」で有名になったので、使われなくなった隠語があるそうです。「逆L字」「たまり」「B勘」などが出てきました。「特殊関係人(=愛人)」は昔のままみたいです(笑)初めに、豪邸のプールから春馬が隠し資産を見つけて、査察官の仕事ぶりを紹介してくれました

ライトキャスト社の社長・檜山基一(斎藤工)から脱税の相談を受けた村雲は、ジェット機の購入を提案します。40億のジェット機を購入し、東アジア航空へリースすることで減価償却させようというのでした。檜山の本当の狙いは、父親の檜山正道(中村嘉葎雄)の資産6千億円にかかる相続税3千万円の脱税です  
続きを読む
posted by kaze at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

ゲゲゲの女房 第4週 さよなら故郷(ふるさと)


連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第4週 さよなら故郷

いよいよ結婚式を迎えました。まったく飾らない村井茂(向井理)と心配そうな飯田布美枝(松下奈緒)が対照的です。そして調布へ。すごいボロ屋でしたね(笑)

式場へついた茂があくびをしているところを、宇野輝子(有森也実)が見てあきれます。茂は穴のあいた靴下を、弟の光男(永岡佑)と代えてもらうことにしました。茂は神社の人の話に興味津々。布美枝とミヤコ(古手川祐子)にあいさつに来た輝子は、結婚が5日後でびっくりしたと言いながら「きれいだよ。おめでとう」と喜んでくれました

控え室を出た布美枝と茂の目があって式場へ向かいます。花嫁衣裳の布美枝を見て、茂は驚いたんでしょうか?あんまり表情を変えません。三々九度の杯をかわしますが、茂は祝詞が気になるみたい。写真撮影でカメラマンから近づくように言われ、布美枝の扇子が茂の義手に当たりました

披露宴で茂はもりもり食べてます。布美枝と谷岡(小林隆)はビックリ。茂が食べたらとすすめるるので、布美枝が「胸がいっぱいで」と答えると、茂は「帯をゆるめたら」と全然わかっていません。突然に、茂が大きなオナラ!布美枝だけでなく、会場のみんながあきれます  
続きを読む

2010年04月22日

警視庁失踪人捜査課 CASE1 3秒で消えた男


ひさしぶりにぞくぞくっときましたね。オープニングから超魔術師になりきった白井晃のちょっとオーバーな演技にひきつけられます。主人公の沢村一樹のクールな演技を、渋い遠藤憲一と明るい小日向文世が脇を固めてました。森カンナは公募で選ばれたんですね

エドガー大友(白井晃)のショーからはじまります。サイキックパワーで、人を消し、違う場所へ瞬間移動させるのです。今岡教授(近藤芳正)は、大友のトリックを暴こうと敵対心をむきだしにしてます。大槻教授みたい(笑)

大きな玉を飛ばし、それが割れたところにいる人を消すことに。玉は今岡教授の上で割れました。大友は動揺し、助手の田代(国分佐智子)の顔を見ますが、今岡は「何か問題でも」と余裕の表情です。透明のボックスに入り、大友が「サイキックパワー」と叫ぶと、炎につつまれました。炎が消えると、今岡はいなくなってます。大友が「あそこだ!」と指をさした先に、赤い椅子が現れました。しかし今岡は現れません。大友だけでなくスタッフも訳が分からない様子です  
続きを読む
posted by kaze at 20:44| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 第3話 人格変貌


今回は病気の原因は、わかってみればなんだというものだったけど、最後までわかりませんでしたね。速水晃一(西島秀俊)はクールに原因を探ってましたが、白鳥圭輔(仲村トオル)がみごとに意外なものから原因をつかみます

若者と争いになり、塚田康史(渡辺哲)はナイフで腹を刺され運ばれてきました。警察から事情を聞かれ、妻の基子(根本りつ子)は、塚田は酒も飲まず気の弱いおとなしい人だと説明します。塚田は命に別状なく、アルコールも検出されません

田口公平(伊藤淳史)に塚田は何度も謝ります。事件について記憶がなく、気がついたら病院にいたと話しました。しばらくして塚田が水を飲んだ後で暴れだします。違う人みたい。栗山弥生(浅見れいな)に呼ばれ和泉遥(加藤あい)がかけつけますが、塚田にたたきつけられてしまいました。やがて塚田は倒れて気を失います


続きを読む
posted by kaze at 11:44| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

新参者 第1話 煎餅屋の娘


ドラマ「新参者」が始まりましたね。阿部寛が日本橋署に赴任してきた新参者の刑事・加賀恭一郎を演じます。青山亜美(黒木メイサ)は加賀の大学時代の後輩、松宮脩平(溝端淳平)は加賀とパートナーを組む刑事ですが、いとこなんですね。阿部寛と香川照之が出てきて「坂の上の雲」を思い出してしまいます(笑)

加賀がたいやき屋の列に並んでいると、すぐ近くで交通事故が発生しました。居眠り運転をしたおばあさん(内海桂子)が車で衝突したのです。命に別状なく、代わりに猫が死にました。加賀は刑事(阿南健治)とともに、息子の誠一(津田寛治)と妻の貴子(麻生祐未)に事情を聞きます。おばあさんは猫のエサを食べる変なくせがあり、エサの缶詰の裏に穴を発見し、貴子が睡眠薬をエサにまぜたと、加賀は見抜きます。まずは加賀のできるところを見せましたね

人形焼を買おうと加賀が手を伸ばすと、田倉慎一(香川照之)に取られてしまいます(笑)加賀は煎餅屋・あまからに立ち寄りました。娘の上川菜穂(杏)はパリへ美容師の海外研修へ出かける予定。おばあさんの聡子(市原悦子)は菜穂と同じくちゃきちゃきした感じですが、父親の文孝(小林隆)はちょっと暗い感じです


続きを読む
posted by kaze at 11:45| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

龍馬伝 第16回 勝麟太郎


坂本龍馬(福山雅治)はついに勝麟太郎(武田鉄矢)と面会しましたね。近藤長次郎(大泉洋)がちゃっかり書生におさまっていたのは驚きました(笑)第一印象はよくなかったものの、武市半平太(大森南朋)との会話で、龍馬を見直した勝は再び会ってくれ、2人は打ち溶けあいます。そして咸臨丸に乗り込み大感激!ジョン万次郎(トータス松本)が初登場です

まず龍馬は4年ぶりに千葉道場を訪ねました。着物に着替え、鏡を見る千葉佐那(貫地谷しほり)を、重太郎(渡辺いっけい)が「お前に会いに来たんだよ」と呼びにきます。しかし龍馬は千葉定吉(里見浩太朗)に、勝麟太郎のことを聞きました。佐那をさえぎり、重太郎が「佐那に会いに来たんじゃないのか」とたずねると、龍馬は話題を変え、越前藩剣術指南役の重太郎に、藩邸に連れて行ってくれるようたのみます。あまりに佐那がかわいそうですね

佐那は龍馬のため、坂本家の家紋入りの着物を準備してくれます。龍馬がお礼を言うと、佐那はちょっと笑顔を見せました。龍馬は政事総裁職の松平春嶽(夏八木勲)と対面します。春嶽から「そちは何者だ?」と聞かれ、龍馬は「坂本龍馬ですき。昨日まで橋の下で野宿しとった男が、今日は紋付袴で天下の松平春嶽様の前におるがです。このような面白い人生を送りいうもんは、他にはおらんですろう」と答えました。春獄が笑うと、定吉がやってきます。一緒に頭を下げてくれ、春嶽は勝への推薦状を書いてくれました  
続きを読む
posted by kaze at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ 龍馬伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

まっつぐ 鎌倉河岸捕物控 第1回 カタキ討ち


佐伯泰英原作の時代劇が始まりましたね。江戸一番と言われた十手持ちの親分・宗五郎(松平健)、政次(橘慶太)亮吉(中尾明慶)彦四郎(小柳友)の3人の若者と、しほ(柳生みゆ)のお話です

オープニングで、竹中直人が日本橋の日本銀行前に登場。江戸時代に金座があったと説明していると、政次、亮吉、彦四郎が走りこんできて、江戸の街へ移り、物語が始まりました

豊島屋清蔵(竹中直人)は、鎌倉河岸に酒問屋の主人で、みそ田楽と酒が評判の店を開いています。看板娘のしほ目当てに、政次、亮吉、彦四郎がやってきました。突然に暴れだしたすりの男を、政次と亮吉がつかまえようとしますが手に負えません。そこへ宗五郎が登場し、みごとに取り押さえました  
続きを読む
posted by kaze at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

ゲゲゲの女房 第3週 たった五日で花嫁に


連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第3週 たった五日で花嫁に

いよいよ飯田布美枝(松下奈緒)と村井茂(向井理)が結婚することになりましたね。茂の両親の修平(風間杜夫)絹代(竹下景子)が意外に個性的なので面白かったです。特に竹下景子の様子がいつもと違い低い声(笑)

昭和35年、修平と絹代が、茂の住む東京都調布市へやってきました。茂は原稿料が入るまで苦しい生活です。クッキーを水につけてふやかしてましたね。修平と絹代が持ってきた境港のいもをおいしそうに食べます。茂が見合いどころじゃないと断ると、修平は「1人口は食えないが、2人口は食える」と言い、絹代は「今回はうんと言うまで動かん」と強気です。茂は仕方なく見合いすることにします

昭和21年に戦争から帰ってきたときのことを、茂は思い出しました。ホームで出迎えた絹代は「ようもどった」と茂の失くなった左腕をさすったのです。家に帰ると兄の雄一(大倉孝二)弟の光男(永岡佑)が迎えます。明るい家族ですが、茂の腕のことを手紙で知った後、絹代が三角巾をして腕を使わなかったのです。茂は「見合いだけでもしてみるか」と義手を出しました  
続きを読む

臨場2 第2話 封印・後編


第1話 封印・前編」からのつづきです。倉石義男(内野聖陽)は谷本正博(螢雪次朗)の自殺の謎を追います。倉石がねこぞぎ拾うようになった理由がわかりましたね。鑑識時代の谷本から教わったことだったのです。それにしても娘の絵梨華(金澤美穂)のことを思いながら死んでいった谷本が切ないですね

谷本の警笛が、沢木(反田孝幸)という男の死体のそばから発見されます。後頭部を強打され、すねに傷がありました。離れたところに血痕があります。倉石は1週間前に殺されたと判断。谷本が自殺した日と重なります

沢木はスーパーの警備員をしていて、そのスーパーで絵梨華が万引きをしていたことがわかりました。絵梨華を返した後、谷本と同じ交番の奥寺宣彦(鈴木浩介)が事情を聞きに来たのです。沢木が16才のとき恐喝事件を起こし、少年院に送られたこともわかります  
続きを読む
posted by kaze at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 第2話


今回もダイエットをしている女の人の話でしたが、前回と原因がまったく違いましたね。もっとも想像も出来ないような内容でしたけど(笑)田口公平(伊藤淳史)が患者に語りかける言葉がいいですね。白鳥圭輔(仲村トオル)は不正を見つけようとしますが、速水晃一(西島秀俊)は認めようとしません

ミスコンのレッスン中に、1人が過呼吸で苦しみだし、周りの人も過呼吸で倒れ始めました。救急車で運ばれた患者たちを診て、田口はパニックが伝染して集団過呼吸となったと、和泉遥(加藤あい)に話します。血液検査は異常なく、呼吸性アルカローシスと診断されました。他の患者は回復したのに、青木恵理(藤井美菜)だけがおかしいです。手をきちんと握れず、携帯のバイブにも気がつきません。歩くと倒れてしまい、速水は検査入院を指示します

ミーティングで、ストレス、ウイルス感染、髄膜炎、脳炎の可能性があがりますが、しぼりきれません。子どもが誕生日だという佐藤伸一(木下隆行)に速水は帰っていいと言いますが、やけどの救急患者の受け入れが決まります。長谷川崇(戸次重幸)は「帰りそこねましたね」と佐藤に声をかけました(笑)


続きを読む
posted by kaze at 00:59| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

わが家の歴史 第3夜


わが家の歴史 第二夜」からの続きです。昭和29年、八女義男(松本潤)は一之瀬ゆかり(長澤まさみ)と一緒に青函連絡船の洞爺丸に乗り込みました。嵐で遭難し、義男とつるちゃん(大泉洋)は助かりますが、生存者リストにゆかりと家族の名前はありません。義男は糸川英夫(高嶋政伸)のペンシルロケットの発射実験に参加しました

宗男(佐藤隆太)は古川ロッパ(伊東四朗)の付き人をクビになります。阿野三成(山本耕史)を励ましていた遠藤周作(八嶋智人)が芥川賞受賞。波子(堀北真希)は取材先のデモ隊の中に、大浦竜伍(玉山鉄二)を見つけます。鬼塚大造(佐藤浩市)と政子(柴咲コウ)は実が生まれてうれしそうです

ガードマンをしていたつるちゃんは、美空ひばり(相武紗季)と仲良くなりました。つるちゃんは、美空ひばりと一緒に、房子(榮倉奈々)との交際を認めてもらおうとしますが、政子に断られ、南極観測隊として観測船・宗谷に乗り込みました。つるちゃんの旅は続きます(笑)時次郎(西田敏行)と古賀(高田純次)が営業していた深夜喫茶は取り締まりを受け、営業停止となりました。宗男とマリア(鈴木砂羽)は妖しい街で、ゆかりの姿を見かけます。義男が探しますが見つかりません  
続きを読む
posted by kaze at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

わが家の歴史 第2夜


わが家の歴史 第一夜」からの続きです。昭和24年、八女一家は東京へ引越してきました。柳(阿南健治)が待っていてくれたのが心強いです。波子(堀北真希)は出版社に勤め、宗男(佐藤隆太)は運送会社に就職することになります。ジョニー(寺島進)というアメリカかぶれの男が近づいてきましたね(笑)

政子(柴咲コウ)は、一之瀬ゆかり(長澤まさみ)から義男(松本潤)が怪しい組織に入っていることを知らされます。宮崎正志(岡田将生)が立ち上げた太陽グループという投資会社でした。「法に触れなければ何をしてもいいんですよ。僕の一番のミスは若くして成功したこと」と言っていた宮崎はやがて自殺してしまいます。時次郎(西田敏行)は鬼塚大造(佐藤浩市)から喫茶店を任されました。「八女」から「エイト・ウーマン」と名づけます

波子は原稿を取りに行って、阿野三成(山本耕史)と出会いました。「プロの作家と素人の違いを教えてあげよう。2作目があるかどうかだ。人は誰しも1本は小説は書ける」と話します。かつらが大きすぎ!毒舌の山本耕史が新鮮です(笑)つるちゃん(大泉洋)は自転車タクシーをしていて、房子(榮倉奈々)をデートに誘います。宗男は、ジョニーから現金輸送車を襲おうと持ちかけられましたが、大造が借金を返してくれ、間に入って手を引かせてくれました  
続きを読む
posted by kaze at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

龍馬伝 第15回 ふたりの京


坂本龍馬(福山雅治)と平井加尾(広末涼子)が京で再会しましたね。でもこれが本当の別れだったんでしょうか。岡田以蔵(佐藤健)も龍馬と再会し、けんかはいけないと諭され、心を揺り動かされたようです。でも武市半平太(大森南朋)からやさしくされ、また人斬り以蔵に戻ってしまうんでしょうか

乙女(寺島しのぶ)に、会いたい人が2人いると龍馬は手紙を書きました。「1人は生きる道を教えてくれる誰か、そしてもう一人は…」 文久2(1862)年、土佐藩主の山内豊範(染谷将太)が京に到着します。半平太が実現させたのです。攘夷派公家の三条実美(池内万作)に、帝の力で幕府を正してもらうため、将軍を朝廷に召しだし、帝の前で攘夷を約束させたらと提案しました

先斗町で飲んでいると、舞妓が本間という男の力で土佐の上洛を実行されたと言い出しました。越後浪人の本間精一郎がうわさを言いふらしているとわかり、半平太は「万が一、帝の耳に達したらどうする。見過ごすことはできんの」と以蔵に聞こえるように言います  
続きを読む
posted by kaze at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ 龍馬伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

古代史ドラマスペシャル 大仏開眼 後編 その2


大仏開眼 後編 その1」からの続きです。吉備真備(吉岡秀隆)は大仏建立現場へたどりつき、その大きさに圧倒されました。橘諸兄(草刈正雄)がやってきて、朝議のことを話します。藤原仲麻呂(高橋克典)が真備を、筑前守として九州に送り、その後で遣唐使の副使として唐に行って欲しいと強くおしたというのです。仲麻呂の力が強く誰も反対できません

阿部内親王(石原さとみ)は真備を唐へやるのを涙を流し反対しますが、光明皇后(浅野温子)は仲麻呂だけが下した命令ではないと言います。床についていた聖武天皇(國村隼)も仲麻呂を信じようと思うと話しました

真備が家に帰ると、由利(内山理名)が阿部内親王がお忍びで来ていると知らせてくれます。阿部内親王は最初に明るく話しかけました。本当はさみしいのに、わざと明るく振舞う様子が切ないですね。阿部内親王は「大君ではのうて臣下の家に生まれたかった。そうすれば真備の話を一生聞いて暮らせる。いつもそばで」と悲しげに言い「もう大君にならぬ。絶対にならぬ」と出て行こうとしました。真備は「大君におなりなさい。必ずおなりなさい。そうでなければ今までご一緒した意味がなくなる。私は自分が学んだことをすべて皇子に話したつもりです。ご自分に正直な大君でいらっしゃればよい」と話します

真備は「私は遠くへまいっても皇子の近くにいます。いずくにいても、おそばに侍しております。どうかご安心ください」と続けました。阿部内親王の「一生そばにいるか」という問いに、真備がうなずくと、阿部内親王は「ならば大君になる」と答えます。阿部内親王が手を差し出すと、真備が両手でそっと握り返しました。きれいなシーンでしたね


続きを読む
posted by kaze at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古代史ドラマスペシャル 大仏開眼 後編 その1


大仏開眼 前編 その2」からの続きです。吉備真備(吉岡秀隆)は大仏建立に反対でしたが、行基(笈田ヨシ)の言葉で動き始めます。意外な展開でした。藤原仲麻呂(高橋克典)によって左遷される真備と阿部内親王(石原さとみ)との別れのシーンが印象的でしたね

平城京から山背国の恭仁京に遷都します。しかし都の建設は遅れ、疫病と天変地異に苦しめられました。聖武天皇(國村隼)が相談すると、藤原宮子(江波杏子)は「盧舎那仏を造れば救われる。大きな盧舎那仏が天からの恵を授けてくださる」と答えます。光明皇后(浅野温子)は大仏建立を伝えますが、橘諸兄(草刈正雄)は渋い顔です。藤原家の血を引かない安積親王(中村凛太郎)を次の天皇にかつぎあげようとしていたのでした

下道真備(のちの吉備真備)は泉橋院に通っています。用水路造りをしている行基に会うためです。真備は都作りに力を借りたいと頼みますが、行基は「人は己のためには働く。人は理屈だけでは動かない」と断ります。真備は、仏門に入るため修行をしている優婆塞(うばそく)を僧侶にするよう朝廷を説得すると話しました。でも750名と聞いて、ビックリ!


続きを読む
posted by kaze at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

ゲゲゲの女房 第2週 ご縁の糸


連続テレビ小説 ゲゲゲの女房 第2週 ご縁の糸

飯田布美枝(松下奈緒)と村井茂(向井理)の見合いへ一気に話が進んで行きました。今はそうでもないけど、背が高いことはすごいコンプレックスだったようですね。仲人さんとのシーンがおかしかった(笑)おばあさんの登志(野際陽子)は亡くなってしまうけど、ナレーションで布美枝を見守ります

終戦をむかえ、昭和21年春、村井茂が戦地から帰って来ました。昭和28年、飯田家は酒屋を営んでいます。21才になった布美枝は安来の洋裁学校に通っていました。友達の野村チヨ子(平岩紙)、松代、節子と見合いの話で盛り上がっています。裁縫がうまい布美枝は先生(磯野貴理)から助手にならないかと誘われていましたね

和菓子屋やすぎやの息子との縁談話がもちあがります。チヨ子の誘いで偵察することに。積極的ですね。チヨ子は客になりすまし、息子と会話します。布美枝は木の陰からそっと見つめていました。チヨ子の落とし物を息子が持ってきて、布美枝は顔を隠します(笑)  
続きを読む

わが家の歴史 第1夜


フジテレビ開局50周年特別企画のトリを飾る、三谷幸喜書き下ろしのスペシャルドラマということで観てみました。正直、途中まで面白くなかったんですが、八女政子(柴咲コウ)と鬼塚大造(佐藤浩市)のダンスシーンからぐぐっとドラマに入り込めましたよ!ときどき、その時代の有名人が出てくるのが面白いですね。似てないけど(笑)

八女時次郎(西田敏行)の会社が倒産し、八女家7人は貧乏生活に転落します。太平洋戦争がはじまり、政子の恋人の大浦竜伍(玉山鉄二)が戦死したという知らせが届きました。博多の街は焼け、終戦を迎えます。村田英雄(中尾明慶)やムツゴロウさんの少年時代の姿がありました

時次郎(西田敏行)の友人の古賀(高田純次)が持ってきた設計図で、髪の毛から醤油を作る機械を造りますが大失敗。怪しすぎです(笑)一家で海の家へ移り住むことになりますが、幼なじみのつるちゃん(大泉洋)と再会し、6畳の部屋へ7人で住むことになりました。海の家の方が広かった(笑)  
続きを読む
posted by kaze at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

臨場2 第1話 封印・前編


倉石義男(内野聖陽)が帰ってきましたね。小坂留美(松下由樹)一ノ瀬和之(渡辺大)立原真澄(高嶋政伸)のおなじみのメンバーもいます。最初の10分間くらい筒井道隆が出てこないなと思ってました。「ゴンゾウ 伝説の刑事」と混乱していたみたい(笑)

団地の住民から大騒ぎしている若者がいると通報があり、交番勤務の谷本警部補(螢雪次朗)が若手を連れて出動します。しかし若者たちと争いになりました。カラオケをしていた娘の絵梨華(金澤美穂)は谷本からの電話に出ません。螢雪次朗は大河ドラマ「天地人」で癖のある武士を演じてましたよね

谷本からの緊急警報が鳴り響きました。公園の中で、谷本はこめかみを銃で撃ち抜かれ発見されます。留美と一ノ瀬が現場に到着。立原が「倉石はまだ来ないのか!」といらだっていると、倉石が朝取り産直のきゅうりとトマトをポリ袋に入れて登場(笑)一気にキャラがよみがえってきましたよ!しかし死体を見て「谷本さんだ」と顔色をを変えます  
続きを読む
posted by kaze at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

山崎直子さん 野口聡一さん 宇宙で対面!

スペースシャトル・ディスカバリーが、国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングし、山崎直子さんと野口聡一さんが宇宙で対面しました。日本人2人が宇宙で同時に滞在するのは初めてなんですね

山崎さんはロードマスター(物資移送責任者)と呼ばれる役割を務め、6トン以上の物資の搬入を行うそうです。忙しいだろうけど、日本人2人で何かパフォーマンスをやってくれないかと期待してます!
posted by kaze at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 第1話


シーズン1を観ていなかったのですが、楽しめました。患者の杉山沙希(田畑智子)の失神の原因をさぐりながら、ジェネラル・ルージュこと速水晃一(西島秀俊)ら救急センターの活動が描かれていきます。部内のあつれきもあるみたい。心療内科の田口公平(伊藤淳史)が心理面から杉山をサポートしていくのがいいですね。厚労省の白鳥圭輔(仲村トオル)が何とも言えない味をだしてます

東城大学医学部付属病院救命救急センターに、空港で意識障害を起こした杉山沙希(田畑智子)の受け入れ要請連絡が入ります。佐藤伸一(木下隆行)は満床だと断ろうとしますが、センター部長の速水は「うけろ!」と命じました。長谷川崇(戸次重幸)は「どうかしてますよ、あの人は」とあきれます

特別愁訴外来の田口は、回復したおばあさんと話していました。足のすねにあざがあるのに気がつきますが、おばあさんはひざが痛いと言うのです。看護師の藤原真琴(名取裕子)がよく患者さんの話を聞いていたとほめると、田口は愚痴外来だと自虐的でした


続きを読む
posted by kaze at 12:44| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

山崎直子さん ディスカバリーで宇宙へ

スペースシャトル・ディスカバリーが、ケネディ宇宙センターから打ち上げられ、宇宙飛行士の山崎直子さんが宇宙へ飛び立ちました。無事に予定通りの軌道に入り、ほっとしましたね

シャトルは年内に退役の予定で、山崎さんが日本人最後の搭乗となるそうです。国際宇宙ステーション(ISS)には野口聡一さんが長期滞在中で、初めて日本人2人が宇宙で出会うことになるんですね

管制官だった夫の大地さんが、専業主夫として山崎さんを支えているそうで、家族の絆も感じます

飛行は順調だそうですが、Kuアンテナが使えなくなり、音声でしか通信できないのは心配ですね。午後2時すぎから機体の点検作業に当たるそうです
posted by kaze at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

龍馬伝 第14回 お尋ね者龍馬


第2部がはじまりましたね。明治15(1882)年、郵便汽船三菱社長の岩崎弥太郎(香川照之)が土陽新聞の坂崎紫瀾(浜田学)から取材を受ける場面です。第1回もこの場面から始まったのでした。弥太郎は坂本龍馬(福山雅治)が嫌いなので他のことを話そうとします(笑)今回は、武市半平太(大森南朋)が岡田以蔵(佐藤健)の心をつかみ、人斬り以蔵に仕立てる場面が出てきて、なんともいえなくなりましたね

文久2(1862)年、半平太は柴田備後(北見敏之)とともに、藩主の山内豊範(染谷将太)に上洛をせまっていました。攘夷決行を帝にお願いに行くというのです。京では久坂玄瑞(やべきょうすけ)桂小五郎(谷原章介)らが攘夷実行計画を固め、江戸城では勝麟太郎(武田鉄矢)が海軍設立の必要性を説いていました

後藤象二郎(青木崇高)は、吉田東洋(田中泯)暗殺の犯人を龍馬とにらみ、弥太郎と井上佐市郎(金山一彦)に龍馬を捕らえるよう命じます。話を聞いた喜勢(マイコ)は「後藤様はもう終わった人やろ。もう土佐は反東洋派の天下になったがですよ」と反対します。しっかりしてると美和(倍賞美津子)は感心。弥次郎(蟹江敬三)は「あの男ならやるかも」と酔っ払ってます(笑)  
続きを読む
posted by kaze at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 大河ドラマ 龍馬伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

古代史ドラマスペシャル 大仏開眼 前編 その2


大仏開眼 前編 その1」からの続きです。天平9(737)年、下道真備(のちの吉備真備)(吉岡秀隆)が市場を歩いていると、病人を見つけます。天然痘です。お忍びで来ていた阿部内親王(のちの孝謙天皇)(石原さとみ)が声をかけてきますが、真備はあわてて屋敷へ連れて行きました。藤原房前、藤原宇合、藤原武智麻呂が天然痘に倒れ、藤原氏の力が衰えます。橘諸兄(草刈正雄)は大納言となり、古い貴族が息をふきかえしました

聖武天皇(國村隼)に母親の藤原宮子(江波杏子)は「盧舎那仏をつくるのじゃ。さすれば国はやすまる」と話しかけます

玄ボウ(市川亀治)は仲麻呂の屋敷で酒と女におぼれていました。真備が訪ねると、玄ボウは藤原仲麻呂(高橋克典)について大僧正になり、盧舎那仏を必ず造ると話します。真備は大仏を作るのに、どれだけ人手と費用がかかると思うと反対し、2人は言い合いになりました。最後は真備は玄ぼうを平手打ち!藤原仲麻呂(高橋克典)がそばに来ていましたが、真備は話さずに去って行きました


続きを読む
posted by kaze at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古代史ドラマスペシャル 大仏開眼 前編 その1


吉備真備を演じた吉岡秀隆が、純粋さと険しさの両面を魅せてくれましたね。玄ボウ役の市川亀治郎は、権力志向で怪しげな僧を演じます。藤原仲麻呂役の高橋克典は、真備を味方にしようと、いろいろと手を尽くしました。最後は武力で立ち上がろうとしますが、真備の気迫に圧倒されます。前編のクライマックスはみごとでしたね

東シナ海の遣唐使船が嵐に巻き込まれています。船が沈むと弱気な下道真備(のちの吉備真備)(吉岡秀隆)と、仏の力がついていると超強気な玄ボウ(市川亀治郎)この2人の対比がおもしろいですね。船は日本へたどり着き、真備は17年ぶりに、妹の由利(内山理名)母(宮下順子)と再会を果たします。感動の場面で一気に引き込まれてしまいましたね

真備は子どもたちに方響(ほうきょう)という楽器について説明していると、藤原仲麻呂(高橋克典)がやってきます。葛城王(のちの橘諸兄)(草刈正雄)が話を聞きたがっているというのです。朱雀門近くの館で説明すると、あっという間に平城京東院へ連れて行かれました

光明皇后(浅野温子)阿部内親王(のちの孝謙天皇)(石原さとみ)と面会します。無邪気な阿部内親王の手に、真備は「君子は豊かにしておごらず」と書いてピシャリとたたきました。あっという間に阿部内親王の心をつかんでしまいましたね。阿部内親王は真備を、藤原宮子(江波杏子)のところへ連れて行きます。目に見えぬハエを追っている宮子の心を治せないかというのです


続きを読む
posted by kaze at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

ゲゲゲの女房 第1週 ふるさとは安来 第2〜6回


昭和10年代の風景が、なんだか懐かしい感じがします。生まれてませんけどね(笑)飯田布美枝(菊池和澄)は、おばさんの宇野輝子(有森也実)の家からの帰り道、林の中で「いや!何かおる!」と逃げ出し、転んでしまいました。木の上で絵を書いていた少年が「べとべとさんにつけられておる」と声をかけてきます。少年は布美枝の手を取って、しばらく歩くと「べとべとさん、先へおこし」と呪文を言いました。べとべとさんは行ってしまったみたい

お腹をすかせた布美枝に、少年はさつまいもをくれました。「ひだるがみ」に取りつかれるというのです。布美枝が倉の天井からどすどすと音がしたと話すと、少年は「あずきはかり」だと教えてくれます

輝子が家にやってきて、やっと布美枝が家にいないことに気がつきました(笑)源兵衛(大杉漣)が駐在所に連絡しようと外へ出ると、家の裏に布美枝がいます。布美枝は風邪をひいた輝子に「キャラメルを持って行ってあげたら元気になると思って」と話します。なんだか切なくなりましたね。登志(野際陽子)の話を聞いて、目に見えない不思議な世界に想像をふくらませます  
続きを読む

2010年04月02日

3人展

秋葉原にある「アートマルシェ神田」というギャラリーで「3人展」という展示を見て来ました。ちいさなギャラリーに、陶、布、ガラスのかわいらしい作品が集まってましたよ!

3人は、同じ美術大学の卒業生だそうです。卒業してからもイベントを行えるのがうらやましいですね

ガラスの作品の中では、特につぶつぶがついていたのが気になりました。ガラスと箱が同じ模様の作品もよかったです!

布の作品は、明るい感じが印象的でした。陶はいろんな形、色彩の作品があって、鮮やかでしたよ。ひっくり返すと、裏にも彩色されているのもよかったです
posted by kaze at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

45日間 奈良時代一周

瀬川亮、泉政行が交代でリポーターをつとめ、奈良の今と昔を旅している番組です。おもしろいですよ。BS2でしか放送していないのは、もったいないです

2010年4月の完成をめざして復原工事が行われている大極殿は迫力がありましたね。内部の壁に描かれれている途中の朱雀、青龍、白虎、玄武、十二支の画はきれいです

出土した木簡から当時の役人のひとたちの様子もうかがえます。今と同じ、あるいはそれ以上の格差社会で、不平不満があったみたいです(笑)長屋王の屋敷はかなり大きかったんですね。木簡からセレブな生活を知ることができました。全国各地から良い物を取り寄せて食べていたみたい(笑)長屋王は悲劇の人としか知らなかったので、意外な面を知ることができました  
続きを読む
posted by kaze at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。