過去ログページ

2011年05月30日

江 姫たちの戦国 第20回 茶々の恋


大河ドラマ 江 姫たちの戦国 第20回 茶々の恋

近江大溝城の京極高次(斎藤工)に嫁いだ初(水川あさみ)から手紙が来ます。高次から優しい言葉をかけられ、この国一の幸せ者だという内容です。江(上野樹里)がため息をつき、ヨシ(宮地雅子)もまた届いているとあきれてました。江は「のろけている場合か」と初からの手紙でいっぱいの文箱のふたを思いっきりしめます(笑)

江と茶々(宮沢りえ)が食事をしていました。サキ(伊佐山ひろ子)が「そう言いますれば、関白殿下がお作りになっている…」としゃべりだすと、茶々は箸を落とします。茶々が箸を代えると、サキは聚楽第がまもなく出来上がると話しますが、茶々はぼうっとしていましたね

京極龍子(鈴木砂羽)に、茶々が豊臣秀吉(岸谷五朗)のほほをたたいたことを話すと「それは悋気(りんき)というものですよ。やきもち。お茶々様がその側室にやきもちを焼かれたに違いありません。よほどの思いがなければ、そのような馬鹿なことはしないでしょ」と説明します。しかし江は「違います。だって相手は猿なのですよ。仇なのですよ」と言いますが、龍子は「だからこそよ。だからこそお茶々様はご自分の思いを認める訳にいかないのよ。誰にも言えずお悩みじゃないのかしらね」と話すと、江は「何でもかんでも男と女の話にしないで下さい」と不機嫌に去って行きました

千利休(石坂浩二)も「それは龍子様の言わはる通りかもしれまへんな。女子が思いにかられて、手上げたり泣いたりする時いうんは、そういうものと違いますかな」と同調します。江が茶々に気持ちを問いただしてないと知ると、利休は「やっぱりお江様もそう感じておいでなんでしょうかな。茶々様が殿下を憎からず思うておいでやと」と続けました。江は「私、利休様が好きです。利休様のお茶も好きです。でも今のお言葉は許せません」と去って行きましたね


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 大河ドラマ 江 姫たちの戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

急性すい炎 慢性すい炎


テレビ「ためしてガッテン 内臓が突然、溶ける!」を観ました。すい炎の話です。この20年で患者が4倍に増えたそうです。CT画像で見ると、正常な人はすい臓の輪郭がはっきり写ってましたが、急性すい炎の人のすい臓は輪郭がわからなくなっていました。アルコールが好きな人は、注意が必要です!番組内容は番組HPにものっていますよ

(おもな内容)
・すい臓の働きは、インスリン分泌と、分解酵素のすい液の十二指腸への分泌がある
・すい液の働きは、胃で消化された食べ物を、アミノ酸レベルに分解する
・急性すい炎は、消化酵素・トリプシンの異常で起こる
・急性すい炎の原因の1位は、アルコール
・慢性すい炎は、細胞の線維化により、消化ができなくなり、体が栄養失調になったり、インスリンを出す仕事が十分にできなくなり糖尿病を併発したりする
・慢性すい炎の原因の1位は、アルコール
・すい臓の検査・超音波内視鏡の紹介
・家庭でできるすい炎チェックの紹介

(Aさん(男性)のケース)
・ある日突然に気分が悪くなり、おう吐を繰り返した後で、激しい腹痛に襲われた。病院へ運ばれるが一般病棟から集中治療室へ移される
→臓器の機能が衰え、人工透析が必要に。肺に水がたまり、人工呼吸器もつながれる
→このときAさんのすい臓は溶け始めていた
→20日後、奇跡的に命を取りとめる。膵臓が通常の半分になっていた

(すい臓の料理)
・フランス料理「パンクレアス・ド・ドフのバルサミコス添え」が出てきます。すい臓(パンクレアス)は、本場フランスでも貴重な部位で、1頭から取れる量が少量なので、よほどのことがないと取り置いてもらえない
・焼き鳥屋さんでは「シビル」と呼ばれる。英語の「sweet bread(スイートブレッド))から来たもの。bread は古語でお肉をローストするという意味

(すい臓の働き)
(1)インスリンを分泌する
(2)分解酵素が含まれるすい液を十二指腸へ分泌


続きを読む
posted by kaze at 12:15| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

おひさま 第8週 それぞれの朝 第46回〜第48回


連続テレビ小説 おひさま 第8週 それぞれの朝 第46回〜第48回

(第43回〜第45回)須藤家に真知子(マイコ)だけでなく剛三(平泉成)もやってきます。剛三が「今までの投資が全部パーだ」と嘆くと、真知子は「私は大歓迎よ。だから私は平気」と笑いました

良一(寺脇康文)が酒をつぐと、剛三は「まずい、安い酒だな」と渋い顔です。陽子(井上真央)がごはんを渡すと、剛三はぱくぱく食べ始めました。良一が剛三を見て、真知子が「お父様」と聞くと、剛三は「うんまいよ」と言います。しかし真知子が「おいしいです」と注意すると、剛三は「おいしいです」と言い直し、しっかりお代わりまでしてましたね(笑)

帰るとき、良一が「相馬さん、いや帝王。あなたはたった1つのしくじりぐらいで、駄目になるような繊細な人物ではないはずだ。あなたみたいな人は、しょぼくれると見ていられない。頼むから以前のように人に嫌われるくらい嫌みで偉そうにしててくれ、その方が似合う」と話すと、剛三は「ほめてんのか、けなしてんのかどっちだ」と聞いてきました。良一が「最大級のほめ言葉ですよ」と答えると、剛三は「ふん」と上着を整え、ちょっとうれしそうです

金属を集め武器や弾薬にする金属供出のため、陽子の自転車ともさよならでしたね

職員室で、陽子がため息をついていると、夏子先生(伊藤歩)が「大丈夫、陽子先生。しっかりって、お尻たたく」とたずねてきます。陽子が「大丈夫です」と答えると、夏子は「あら、残念」とガッカリです

ある日、ヒロシが弁当が無くなった、誰かが食べたと騒ぎ出します。陽子は「誰がやったのか、先生は聞きません。その人のことも先生は嫌いになったりしません。大好きです。みんな、つらいね。先生が一番悲しいのは、その人が今ドキドキしていることです。学校は楽しい所であってほしい。先生はそう思います。だからねヒロシ君。その人の代わりに先生が謝ります。ごめんなさい。だから許して」とヒロシを抱きしましたね

すると圭介が立ち上がって「先生、僕がやりました。すいませんでした。ヒロシ君ごめんなさい」と謝ります。陽子が家に帰ってくると、ケイコが待っていて「先生ごめんよ。おら」と泣き出しました。陽子は「もういい。えらいよ、ケイコちゃん」と抱きしめます

圭介はケイコがヒロシの弁当を食べたのを目撃してしまったのです。10年ほどして、圭介とケイコは結婚式を挙げたのですね


続きを読む
posted by kaze at 09:30| 連続テレビ小説 おひさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

遺留捜査 第7話 すべて他人のもの


糸村聡(上川隆也)は、被害者がにぎりしめていたボタンを遺留品としてこだわり、真相を突き止めました。所轄の高村刑事(菅原大吉)が「気に入らねえなあ」と何回かつぶやいてましたね

辻本勝利の保険証を持っていた男が殺されます。昭和41年生まれの45才ですが、糸村はやけに老けてると感じました。横山恵一(波岡一喜)から糸村は若く見えると言われると、大石鉄夫(浅見小四郎)が「刑事やってると、気苦労で老けて見えるもんだけどね」と嫌みです(笑)

織田みゆき(貫地谷しほり)が辻本の内縁の妻・大友優樹菜に確認してもらいますが、辻本(芹沢礼多)とは別人だと話します。しかし靴下と下着以外は辻本のものです。ボタンは本水牛の角から作った高級品ですが、これも辻本のものではありません

死体に残された凶器の破片を、村木繁(甲本雅裕)へ持っていき、凶器の特定を依頼しました。糸村が「コスプレの趣味って楽しいですか」と聞くと、村木は「う〜んとね。おい!」と乗り突っ込みです(笑)辻本が他人の服を着る理由を知りたかったのですね


続きを読む
posted by kaze at 00:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

名前をなくした女神 第7話 どん底からの脱出始まる


遠足で行った遊園地で、健太(藤本哉汰)はちひろ(尾野真千子)に手を引かれて行きました。侑子(杏)利華子(りょう)、結城先生(萩原聖人)京香先生(米澤史織)が探し、アナウンスも流れます

ちひろが「お母さんのこと好き」と聞き、健太が「好き」と答えると、ちひろは「どんなところが」とたずねました。健太が「やさしいところ。いつも笑って、楽しいところ」と言うので、ちひろは爽(長島暉実)から「何で僕はお母さんの子供なんだよ」と言われたのを思い出しましたね

健太が逃げ出そうとし、ちひろが強引に連れて行こうとすると、健太は「お母さん!助けて」と叫びます。侑子は健太の水筒を見つけ、草むらに健太とちひろを見つけました。健太を利華子に預け、侑子が「健太に何したいの。どうしてこういうことするの」と聞くと、ちひろは「あなたはいいわよ。子供に好かれて。爽がかわいそうなのは、あなたのせいよ。何で爽までつらい目にあうのよ!何でいつも私ばっかり」とヒステリックです

侑子が「私にぶつけてくれればいいじゃない」と怒ると、ちひろは「私の何がいけないの。私が何をしたのよ」と開き直りました。侑子は「なぜ健太なのよ。関係ない子供を巻き込むなんて、卑怯よ」と平手打ち!結城の「健太君!」と呼ぶ声に、ちひろは去って行きましたね


続きを読む
posted by kaze at 18:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おひさま 第8週 それぞれの朝 第43回〜第45回


連続テレビ小説 おひさま 第8週 それぞれの朝 第43回〜第45回

昭和18(1943)年、4年生だった陽子(井上真央)の生徒たちは6年生になります。レコードにかけた爆撃機の音を聞き、その飛行機を当てる訓練をしてました。最初の音はヒロシがロッキード重爆機と当てます。次の音は、ケイコがはずしたけど、圭介が「憎きカーチスP40戦闘機です。ですが日本軍の敵ではありません」と答えました。優等生ですね

職員室へ戻ると、中村先生(ピエール瀧)が「甘いね。あれは遊びでもお勉強でもない。命がかかってる。たたき込む!たたき込む!たたき込む」と注意してきます。福田先生(ダンカン)も「師範学校出の先生はこれだから嫌だね」と嫌みです

珍しく梅原校長(綾田俊樹)が来たと思ったら「県から女性の婚姻を奨励するようにお達しがありまして」と見合い写真を持ってきました。陽子は「勤労奉仕の準備がありますので」と去って行きます。宿直室で、高橋夏子先生(伊藤歩)は「順番としたら私からよね」と陽子をからかい「夏の太陽なんだから、寒さに縮こまってる旅人のコートだって脱がすことができるのよ」と励ましてくれましたね

須藤家で、良一(寺脇康文)がラジオで戦況を確認していました。そこへタケオ(柄本時生)ハル(角替和枝)次郎(村松利史)がやって来ます。手には茶碗や鍋を持ってました。タケオに軍から呼び出しが来たので、一緒に食事をしたいというのです

食卓にみんながつくと、次郎が止めるのも聞かず、ハルは死ぬんじゃないとかと心配します。良一は「家の中でぐらい、正直な気持ち言ったっていいじゃないですか」と言うと、ハルは泣き出しましたね


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 連続テレビ小説 おひさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

幸せになろうよ 第6話 好きって言っちゃった…動きはじめた恋


高倉純平(香取慎吾)は柳沢春菜(黒木メイサ)に「アドバイザーとして言ってるんじゃありません。好きだから。あなたのことが好きだからです」と告白です!

次の朝、目覚めた純平は、ベットに誰かが寝ているのに気がつきます。上野隆雄(綾部祐二)でした(笑)飲んでバロンベロンになった純平を、上野が家まで送ってくれたのです。美津枝(原田美枝子)がみゆき(国仲涼子)から電話があったと言いますが、純平の心は動揺しません

B-ring へ出社すると、池袋支店のエースアドバイザーが会員の女性と熱愛発覚で首になったと桜木まりか(仲里依紗)が教えてくれました。河原新造(橋本さとし)は、矢代英彦(藤木直人)だけでなく春菜も退会したので、春菜の退会を取り消してもらえと怒ります。春菜のデータベースには「182件のお見合い申込みがあります」の表示です

矢代は聖子(奥田恵梨華)に「退院祝いしよう」と電話し、聖子の兄・遠藤に今月中に事務所を閉め、来月から遠藤の事務所に移ると話します。まりかは春菜に電話し、退会を取り消してもらいました。さらに春菜が今日来るというので、純平は驚きます


続きを読む
posted by kaze at 00:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

江 姫たちの戦国 第19回 初の縁談


大河ドラマ 江 姫たちの戦国 第19回 初の縁談

(上野樹里)は初(水川あさみ)に、豊臣秀吉(岸谷五朗)が茶々(宮沢りえ)を側室に迎えようとしていると話します。その後、江は「約束を破りおって」と走り出し、秀吉の所へ行きました

北政所がいて「お茶々様のことか?お前様が側室にしたいと言うておられるとか」と話し出し、秀吉は驚きます。江は「ご存じならば話が早うございます。約束が違うではありませんか」と言うと、北政所は秀吉の書いた念書と、市(鈴木保奈美)が残した手紙を出して、秀吉を責めましたね(笑)

初は、京極龍子(鈴木砂羽)から京極高次(斎藤工)のことを聞かされます。大名となり縁談が来ているが、高次は初のことを憎からず思っているというのです。しかし初は信長の姪なので使い道があると言われてしまいます

部屋へ戻った初は、襖を閉めて侍女を締め出し、茶々に泣きつきました。高次へ嫁ぎたいので、秀吉に頼んでというのです。数日後、茶々が秀吉のことを気にすると、サキ(伊佐山ひろ子)が京へ行っていると答えました


続きを読む
posted by kaze at 00:15| 大河ドラマ 江 姫たちの戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

AGE 終末糖化産物 アンチエイジング


テレビ「ためしてガッテン アンチエイジングだ!肌ホネ血管一挙に若く保つ方法」を観ました。「AGE AdvancedGlycationEnd-products(終末糖化産物)」という老化物質が登場です。先に野菜を食べるだけで、血糖値が上がらないという話は、ビックリしました。番組内容は番組HPにものっていますよ

(おもな内容)
・AGE AdvancedGlycationEnd-products(終末糖化産物)の説明
・老化の方程式:たんぱく質×糖×時間=AGE
・食事で摂った糖が、血液中に糖が多い状態になり、血液中の外にしみ出すのが糖化
・コラーゲンがある骨、内臓、血管、お肌は、糖化が起こりやすい
・糖化防止のワザは「先に野菜を食べる」こと。食物繊維が先にお腹に入ると、腸での糖の吸収が遅れるので、血糖値がたいして上がらない

(AGE AdvancedGlycationEnd-products(終末糖化産物)とは)
・AGEは老化の犯人、元となる物質
・20世紀初めフランスのルイ・カミーユ・マイヤール博士が「おいしさの方程式」のメイラード反応(アミノカルボニル反応)を発見した
 たんぱく質×熱=茶色で美味
→これが「老化の方程式」でもあった!
 たんぱく質×糖×時間=AGE
人間の老化は、たんぱく質だけでなく、タンパク質に糖が加わり、ここに時間が作用して起こる

(AGEによる体の老化)
<肌の老化>
・顔の皮膚の断面の写真を見ると、10代はきれいだが、30代は皮膚の奥に茶色のAGEが見える
→AGEが皮膚の弾力性やシワやたるみの原因となる
<骨の老化>
・老化してない骨は白いが、老化した骨は茶色くなっている
→骨にAGEがたまると、もろくなって、枯れ枝のようにポキッと容易に折れる
→関節の軟骨にもまたり、腰痛やひざ痛など、全身の関節や骨の痛みを生む原因になる
<目の老化>
・患者さんの水晶体が黄色や褐色になっている
<AGEリーダー>
・AGEがどれくらいたまっているかという、AGE年齢を測る装置
→Sさん:+7才、Tさん:+18才、Yさん:+25才、Oアナ:−16才


続きを読む
posted by kaze at 13:45| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

おひさま 第7週 教室の太陽 第40回〜第42回


連続テレビ小説 おひさま 第7週 教室の太陽 第40回〜第42回

(第37回〜第39回) 陽子(井上真央)は、中村先生(ピエール瀧)に竹刀でたたかれ、気を失ってしまいました。海軍体操を上手くできないミチオ(鏑木海智)をかばったのです

宿直室で気づくと、生徒たちが泣いています。みんな陽子が死んでしまったと思ったのです。陽子は「大丈夫よ。たんこぶ触りたい人?」と聞くと、みんな手を上げました。幹太やタケオが触り、驚きます。高橋夏子先生(伊藤歩)もいたので、陽子が「何で先生まで並んでるんですか」とたずねると、夏子は「だって触りたいもの」と駄々をこね、みんなも笑いましたね

職員室で中村が「すいませんでした。あなたをなぐるつもりじゃなかった」と謝ると、陽子は「私が悪いんですから」と答えます。すると中村は「そうなんですよ」と笑顔になって、なぜか逆に説教され、陽子が謝るはめになってしまいました

夏子に手招きされ、教室へ行くと、圭介(平岡拓真)が中心になって、ミチオに海軍体操を教えています。真後ろの圭介の掛け声で、ミチオは上手くできました。陽子は思わず拍手しましたね

家庭訪問が始まります。最初の幹太の家で、蜂の子を出され、陽子が「蜂の子大好きなんです」と食べると、次の家で蜂の子のおにぎり、その次の家で蜂の子ごはんが出てきます。タケオ(柄本時生)も蜂の子ごはんを鍋に入れ、持ってきました(笑)

教室でハナが泣いています。「うち貧乏だから、先生の好きな蜂の子がねえもん」と言うので、陽子は「大丈夫よ。もう泣かないの」となぐさめます。ハナの家で母親が小さな壺に入った砂糖をくれました。陽子が「甘くておいしい」と食べると、ハナは笑顔になりましたね


続きを読む
posted by kaze at 09:15| 連続テレビ小説 おひさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

遺留捜査 第6話 神棚の木片


糸村聡(上川隆也)は、被害者のかけていた手ぬぐいを探し、神棚の木片を遺留品としてこだわり、真相を突き止めましたね

居酒屋店主・市村俊哉(近藤公園)の刺殺体が店で発見されます。俊哉には弟・市村瞬(伊藤祐輝)がいて、次のドラフト確実と言われている野球選手でした。糸村は被害者の写真に巻かれていた手ぬぐいが無いことを気にします。犯人が着ていたと思われる血の付着したウインドブレーカーと、神棚に供えてあった木の枝を鑑定に回しました。糸村が顔を近づけると、曽根武雄(佐野史郎)は認めてくれます(笑)

写真の解析を村木繁(甲本雅裕)に頼みました。村木から「この前、画像処理のソフト差し上げましたよね。ご自分でお願いします」と言われ、糸村は「パソコンの調子が悪い」と言い訳です

織田みゆき(貫地谷しほり)は、市村俊哉の弟・市村瞬を野球場に訪ねます。遺体の確認をお願いすると、瞬は練習があると断りました。両親は7年前に亡くなり、年が離れていて、俊哉とは交流がないと冷たいです。みゆきは客席にいる水沢成美(北川弘美)に気がつきます


続きを読む
posted by kaze at 20:45| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せになろうよ 第5話 一緒に過ごす夜


高倉純平(香取慎吾)と柳沢春菜(黒木メイサ)が、矢代英彦(藤木直人)の家の前へ着くと、矢代が聖子(奥田恵梨華)と出てきました。熱が出た身重の聖子を病院へ連れて行く所です。矢代は春菜に気づきますが、聖子とタクシーで行ってしまいましたね

春菜は「どうかしてるよね。自分を捨てた男の言うこと信じて、ふらふら会いに来ちゃうなんて」と笑い出します。純平は「今度は僕に付き合ってくれませんか」とTOTOTAレンタカーを借り、海へ向かいます。でも海は真っ暗です(笑)

吉野家へ行って、牛丼並を頼みます。初めて食べたという春菜は「おいしい」と喜びます。上野隆雄(綾部祐二)から電話があったので、純平は外へ出ました。小松原進(大倉孝二)と飲んでるからと誘ってきますが、純平は断ります。春菜を誘ったのは仕事じゃないと純平は思ってましたね

聖子の担当看護婦は、美津枝(原田美枝子)です。矢代は聖子の無事を確認すると、春菜に電話しようとしますが「明日だな」とやめました


続きを読む
posted by kaze at 00:15| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

名前をなくした女神 第6話 遊園地の謎が今!最大の危機が来る


進藤真央(倉科カナ)は本当にみごとな話術ですね(笑)真央の言葉に、安野ちひろ(尾野真千子)が暴走を始めました!

真央によって、秋山侑子(杏)が言いふらしたことにされてしまいます。安野ちひろ(尾野真千子)が爽(長島暉実)の手を引いて行くのを、侑子が追いかけていきました。侑子が「私、何も言ってない」と言いますが、ちひろは「裏切られることには慣れてるから。信じてたのに。一度悪いうわさが立つと終わりなの」と去って行きます

東郷チャイルドスクールで父親セミナーが開かれます。東郷百合子(夏木マリ)は「小学校のお受験は母親1人が頑張っても無理です」と言い、拓水(つるの剛士)功治(平山浩行)圭(KEIJI(EXILE))英孝(高橋一生)に質問していきました。そして「もう1つ大切なことですが、お父さんには子供に対する過度な母親の教育から子供を守る役割があります。母親はつい子供を自分の分身として見てしまう。私ができたのだから、この子にできないはずはないと、思い込んでしまうのです」と続けます。功治の顔が真剣でしたね

セミナー後、百合子から爽がスクールと幼稚園を休んでいると聞かされ、英孝はビックリします。その会話を聞いていた拓水は侑子に報告し、健太(藤本哉汰)に運動靴をプレゼントです。侑子はちひろの家に電話しますが、ちひろは電話コードをはずしました。爽がピクッとなってましたね(笑)


続きを読む
posted by kaze at 12:15| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

おひさま 第7週 教室の太陽 第37回〜第39回


連続テレビ小説 おひさま 第7週 教室の太陽 第37回〜第39回

昭和16(1941)年4月、須藤陽子(井上真央)は有明山国民学校の教師になりましたね。高橋夏子先生(伊藤歩)と再会です。夏子が「待ってたわ。何だかうれしい。教え子と同僚になるなんて」と笑うと、陽子も「夏子先生みたいな先生になりたくて頑張ってきたんです」と笑顔になります

校庭の奉安殿に一礼し、職員室で梅原校長(綾田俊樹)にあいさつしました。夏子先生は陽子の教育係です。代用教員の中村先生(ピエール瀧)と福田先生(ダンカン)は将棋をさしてます

意見を聞かれた陽子が「一国民としてお国を愛する気持ちは誰にも負けないと思っておりますし、教師の責任は重くなってきたのだと自覚しております」と答えると、中村は感心しました。しかし「私の仕事は生きる喜びや学ぶ喜び、笑顔を与えてやることだと思って参りました」と続けると、福田が「それは危険思想ではないかね」と顔をしかめます。中村は「我々の仕事はこれをつくることだ」と歩兵の駒を持ちましたね

廊下で夏子は陽子の尻をたたいて「そんな顔しない。あなたは職員室で楽しく過ごすためにここに来たの?今待ってるのよ、あなたの生徒達が教室で、あなたのことを。行ってらっしゃい、あなたの生徒達のいる教室に」と励ましてくれます

陽子は教壇に立ちますが、思わず涙ぐんでしまいました。すると幹太が「これあげるから元気出しな」とやってきます。カエルでビックリ!陽子は気を取り直し、黒板に名前を書いて「須藤陽子です。陽子先生って呼んで下さい」と言い、生徒たちが「陽子先生!」と答えてくれましたね


続きを読む

2011年05月17日

HSP 熱ショックたんぱく質 体温アップで超健康


テレビ「ためしてガッテン 大検証!体温アップで超健康の真実」を観ました。「熱ショックたんぱく質 Heat Shock Protein(HSP)」という物質が登場です。1ビンが12万円もする血管の若返りの物質が、自分の体の中から作られるなんて、驚きました。番組内容は番組HPにものっていますよ

(おもな内容)
・熱ショックたんぱく質 Heat Shock Protein(HSP)の説明。ストレス傷ついた細胞を治してくれる物質で、体温を1〜2℃上げると増える
・変温動物である人の温度上昇の特徴。しばらくは温度がなかなか上がらないが、人間の体温調整の限界を越えると、急激に上昇する
・体温をむやみに上げすぎると「のぼせで、ふらつく」「血栓ができやすくなる」「熱中症」の危険があるので注意が必要!
・和温療法の紹介
・家庭でできる体温を1℃上げるお風呂やジョギングについて

(熱ショックたんぱく質 Heat Shock Protein(HSP)とは)
・HSPは細胞を強化する物質
・HSPは私たちのすべての細胞に含まれている
→体温の1〜2℃の上昇で増える

(熱ショックたんぱく質(HSP)の効果)
・トマトの老化防止効果
熟れる前のトマトを38℃にし、室温に戻すと、青い状態を数日間保っている。温度を上げないトマトはあっという間に真っ赤になってしまう
※ まだ実験段階なので、家でやるときは、試しに1つやってみて下さいとのことでした
・卵白がゆでても固まらない
卵の白身を取り出し、HSPを投入し、熱湯に入れても、固まらない。何も入れない方は、1分後に白くなり、3分後にゆで卵状態になる
・レタスの老化防止効果
レタスを50℃のお湯に一度入れると、シャキシャキのまま。何もしない方は、2日常温保存で、ふちが赤茶けてくる

(HSPを使った新たなガンの治療法(開発中))
・HSPが免疫機能に重要な役割を果たしていることがわかった
・T細胞は、白血球の一部で、異物をやっつける免疫機能の主役。この中にHSPがいる
→35℃の保管庫に保存されていたT細胞をがん細胞に投入すると、12時間で14%のガン細胞をやっつけた
→39℃にして、T細胞をがん細胞に投入すると、HSPが2倍に増え、44%(3倍)のガン細胞をやっつけた
※ ただし、ガンに関する情報は、試験管レベルの段階で、実際に人間の体で同じことが起こるとはいえないそうです

(HSPの効果と働き)
・HSPの効果は、高い温度だから発揮されるのではなく、温度の変化で出る。正常の状態で、体温を上げましょうということ
・細胞は水分を除くと、ほとんどたんぱく質でできている。たんぱく質にちょいちょい傷がつく
→HSPの働きで、その傷を修復して、細胞を良い状態にしてくれる
・細胞が傷つくのは、圧力、精神的ストレス、放射線、活性酸素、紫外線、低酸素、熱、PH(やけど)など。私たちの体はしょっちゅう傷ついては治してもらっている


続きを読む
posted by kaze at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

江 姫たちの戦国 第18回 恋しくて


大河ドラマ 江 姫たちの戦国 第18回 恋しくて

天正15(1587)年正月、江(上野樹里)初(水川あさみ)は広間に呼ばれていました。でも茶々(宮沢りえ)の姿はありません。石田三成(萩原聖人)は秀吉(岸谷五朗)が太政大臣になり、豊臣姓を賜ったと説明します。さらに長い家系図が出され、大政所(奈良岡朋子)の父は萩野中納言と続けました。秀長(袴田吉彦)はあきれ、秀勝(AKIRA)が大笑いすると、北政所(大竹しのぶ)京極龍子(鈴木砂羽)も笑いだします

九州攻めに秀家(斉藤悠)秀康(前田健)は加わるのに、秀次(北村有起哉)は留守居役と言われ不服そうです。江が「不満に決まっているではないですか」と口を挟むと、秀勝は「ややこしいのです。男というのは」と話しましたね

廊下で江と初が話していると、秀勝が「猿芝居につきあわされ、疲れましたな」と声をかけてきました。江が「言いたいことを、ずばずば口にされるのですね」と聞くと、秀勝は「お江殿のまねをしただけです」と答えます

江と初は龍子の所へ行きました。龍子が弱い弟の話をすると、ヨシ(宮地雅子)が京極高次(斎藤工)のことを解説します。本能寺の変で、明智光秀に味方し敗れると、龍子を人質に出し、仕官の道を手に入れたのです。初はせんべいを持ちながら「弱いというより、だめな男」と馬鹿にします


続きを読む
posted by kaze at 22:30| 大河ドラマ 江 姫たちの戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

おひさま 第6週 旅立ちの季節 第34回〜第36回


連続テレビ小説 おひさま 第6週 旅立ちの季節 第34回〜第36回

(第31回〜第33回) 育子(満島ひかり)が安曇野を出て東京へ旅出つ日、陽子(井上真央)はぼんやりしていました。真知子(マイコ)の部屋に、春代(中村久美)がやってきます。剛三(平泉成)が中西武伸(萬雅之)との婚約披露パーティをしたいと言っていると伝えました

村上堂では、育子がカヨ(渡辺えり)貞夫(斉木しげる)にお金を渡します。一郎と友子に、お年玉をあげられないので、あずかって欲しいというのです。カヨと貞夫は戸惑いながら受け取ると、育子に餞別をくれました。温かいシーンでしたね

良一(寺脇康文)が帰ってきても、陽子はぼんやりしてます。あわてて夕食の支度をしようとすると、良一は「そんなにあわてなくて大丈夫」と言ってくれました。そして工場を剛三が買収したこと、安曇野の帝王と呼ばれると自分で言ったこと、真知子が婚約することを話します。陽子は驚いてましたね

「ごめんくださいませ」と玄関から声がするので、陽子が出ると、真知子です。良一と真知子は初対面なんですね。陽子の部屋で、鏡に映ったパーマ姿の自分を見て、真知子は笑います。そして「私も今日を独立記念日にすることにしたの。私ね、結婚しない。親の決めた結婚はしない、そう決めたの。これは決意表明よ」と話しました

やがて玄関をたたく音とともに「真知子」と叫ぶ声が聞えます。陽子は真知子を連れ、勝手口から逃げようとしますが、剛三の部下がいたので、便所へ逃げ込みました


続きを読む
posted by kaze at 09:15| 連続テレビ小説 おひさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

遺留捜査 第5話 書きかけのカード


糸村聡(上川隆也)は、死体のポケットに入っていた「友へ」と書かれたカードを遺留品としてこだわり、真相を突き止めましたね

中沢宗平(石田太郎)という男の遺体が発見されます。腹に刺さったナイフを握りしめて死んでいたので、自殺と他殺両面で捜査が開始されました。中沢の息子・公平(近江谷太朗)によると、公平の妻・理恵(中原果南)は中沢の折り合いが悪く、中沢の孫・茜(水沢奈子)と家を出たのです。さらに中沢は敵が多く、自殺ではないと話します

横山恵一(波岡一喜)が村木繁(甲本雅裕)に鑑定依頼しに行きますが、糸村がいません。糸村は、中沢の携帯に残った顔写真の背景を調べてもらってたのです。中沢は笑ってましたね

織田みゆき(貫地谷しほり)は、中沢に同窓会通知を届けた土屋友也(仲野文梧)を訪ねます。しかし土屋は自殺していました。土屋の妻によると、土屋は工場の資金繰りがうまくいってなかったのです。友也は中沢の所へ借金を頼みに行って断られたのに、うれしそうに帰ってきたというのでした。土屋が「友」と呼ばれていたこともわかります


続きを読む
posted by kaze at 21:45| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名前をなくした女神 第5話 お受験ママたちの赤い涙


今回の進藤真央(倉科カナ)はみごとでしたね。カードの使い過ぎで落ち込んでいた真央が、ラストで復活し、秋山侑子(杏)に一撃を加えてました(笑)

安野ちひろ(尾野真千子)がパート先の古賀に送ってもらおうと車に乗り込んだ所へ、英孝(高橋一生)が「うちのがお世話になってます」と登場です。侑子がアパートで、健太(藤本哉汰)爽(長島暉実)と待っていると、ちひろとともに英孝も迎えに来ました。英孝は「ご主人に秘密にしていることはありますか」と侑子にたずねながら、ちひろを責めましたね

本宮レイナ(木村佳乃)が彩香(小林星蘭)にフランスパンを出すと、功治(平山浩行)の母・奈津恵(山本道子)が「夕食にパン?功治は和食が好きなの。女房がごはんで夫の胃袋をつかまなきゃ」と嫌味です。さらに奈津恵が「子供は元気でのびのび育つのが一番」と続け、侑子の言葉と同じで、レイナをいらつかせます

家に帰って、英孝から妊娠を隠していたと言われ、ちひろは驚きました。英孝が侑子から聞いたと言うので、ちひろは不信感を抱きましたね。翌朝、侑子が健太を幼稚園へ送って行くと、レイナと真央だけでなく、ちひろからも無視されてしまいます


続きを読む
posted by kaze at 00:15| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

おひさま 第6週 旅立ちの季節 第31回〜第33回


連続テレビ小説 おひさま 第6週 旅立ちの季節 第31回〜第33回

いよいよ須藤陽子(井上真央)が松本の試験会場へ向かいます。ガチガチになっていて、春樹(田中圭)に声をかけられ、やっと気がつきましたね(笑)春樹が「こう考えなさい。みんな友達だ。陽子と同じ教師になろうという夢を持ってる友達だ。だから一緒に頑張ろうって」とアドバイスすると、陽子は笑顔になります

村上堂にいた育子(満島ひかり)真知子(マイコ)の様子が変です。カヨ(渡辺えり)貞夫(斉木しげる)に、陽子に話すまで絶対言わないでと何か打ち明けます

試験を終えた陽子が帰ってきて、3人で村上堂へ入りました。陽子が口答試験で試験官を笑わせたと話した後で、育子と真知子は顔を合わせます。そして育子は東京女子大に落ちたと打ち明けました。陽子にがんばって欲しくて、内緒にしていたんですね

飯田先生(近藤芳正)の英語の授業中に、高山先生(竹内晶子)が「合格の知らせが来ました」と教えてくれます。生徒も先生も大喜びです。陽子が万歳すると、育子と真知子も万歳し、みんなも万歳しましたね


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 連続テレビ小説 おひさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

幸せになろうよ 第4話 私、結婚するから

柳沢春菜(黒木メイサ)と矢代英彦(藤木直人)が抱き合ってるのを見て、高倉純平(香取慎吾)は帰ります。その後、春菜は「ごめん」と矢代から去って行きましたね

大河内麗子という女性が B-ring に登録に来たので、純平が対応します。緊張気味の麗子に、純平は「大河内さんが幸せな結婚ができるよう、精一杯がんばります」と励ましました

オフィスへ戻ると、河原新造(橋本さとし)が桜木まりか(仲里依紗)に「ばかやろう!ちゃんと捕まえとけって言ったろう」と怒鳴ってます。矢代が退会したいと言っているのです。河原に引き止めろと言われた純平が、矢代に会いに行きました

純平が退会理由をたずねると、矢代が気まぐれで入ったと言います。純平は「よくそんなこと言えますね。昨日見かけたんです。あなたと柳沢さんが一緒にいるとこ。あなただったんですね。柳沢さんを捨てた元恋人。僕はあなたみたいな人、最低だと思います」といらだちました。でも、矢代からショックだったか聞かれ、純平は図星だったようです。矢代は春菜の方から結婚相談所へ入ったことを知らせてきたと言い、おもしろくなりそうだからと退会するのを延期します


続きを読む
posted by kaze at 00:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

江 姫たちの戦国 第17回 家康の花嫁


大河ドラマ 江 姫たちの戦国 第17回 家康の花嫁

天正13(1585)年7月、羽柴秀吉(岸谷五朗)は関白宣下を受け、名実ともに天下人になります。花を生けながら、江(上野樹里)茶々(宮沢りえ)初(水川あさみ)は秀吉について話していました。江は、茶々の心が秀吉になびかないか心配します

秀吉は家族を集め、なか(奈良岡朋子)は大政所、おね(大竹しのぶ)は北政所となったと説明しました。妹・旭(広岡由里子)はうれしそうでしたが、姉・とも(阿知波悟美)は安心して尾張に帰れると冷めてましたね

石田三成(萩原聖人)がふすまを開けると、江がいたので「盗み聞きはいけません」と注意します。秀吉は江に「殿下と呼ぶように」と命じました。江は足を出し、茶々に会いに行こうとする秀吉を転ばせます(笑)

8月に秀吉は長宗我部家を降伏させ、10月には宮中で茶会を催しました。茶室で江が千宗易(石坂浩二)から「利休居士」となったと説明を受けていると、秀吉が入ってきます。組立式の黄金の茶室を持ち込んで、再び宮中で茶会を開くというのです。利休が点てた茶を、江から奪った秀吉は自分で茶を点てると言い出します。秀吉の茶を飲んだ利休は「おみそれいたしました」と関心しましたね


続きを読む
posted by kaze at 00:15| 大河ドラマ 江 姫たちの戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

どんど晴れ スペシャル


連続テレビ小説 どんど晴れ」が帰ってきました。前後編それぞれの放送前に、比嘉愛未と宮本信子が、東日本大震災の被災者の方へのメッセージがありましたね。一時は放送が危ぶまれたようですが、放送されて、本当にうれしいです

加賀美夏美(比嘉愛未)は加賀美屋の若女将として、落ち着いた雰囲気です。女将の環(宮本信子)は、すっかり夏美を信用し、任せている感じでした。大女将だったカツノ(草笛光子)はナレーションで登場します

柾樹(内田朝陽)は社長、伸一(東幹久)は副社長として、加賀美屋を支えてました。裏方を支える、環の夫・久則(鈴木正幸)信一の妻・恵美子(雛形あきこ)健太(鈴木宗太郎)勇太(小室優太)も元気です

仲居頭の小野時江(あき竹城)を筆頭に、武井康子(那須佐代子)石原清美(中村優子)本田則子(佐藤礼貴)橋本恵(藤井麻衣子)それから番頭の中本務(高橋元太郎)板長の篠田誠(草見潤平)ビリー・ジョナサン(ダニエル・カール)たちも現れ、うれしくなりましたね

加賀美浩司(蟹江一平)は独立し小料理屋を経営、原田彩華(白石美帆)との結婚も間近のようです。岸本聡(渡辺邦斗)と佳奈(川村ゆきえ)は結婚したんですね。聡は南部鉄器の名人・平治の弟子です。朝ドラでは長門裕之でしたが、スペシャルでは山野史人が演じてました


続きを読む
posted by kaze at 00:15| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

おひさま 第5週 失恋 第28回〜第30回


連続テレビ小説 おひさま 第5週 失恋 第28回〜第30回

(第25回〜第27回) 川原功一(金子ノブアキ)がやってきますが、野中タエ(中村ゆり)という女性も一緒です。川原は卒業を待たず、タエと満州に渡ると説明し「僕は彼女を愛しています。祝福して下さい。お願いします」とタエとともに頭を下げました

陽子(井上真央)は涙をぬぐって「応援します。祝福します。ごめんなさい。ちょっと感激しちゃって」と自分の気持ちをおさえます。本当に切ないですね

良一(寺脇康文)が戸惑いながら「祝福するよ川原君。応援しようじゃないか」と話すと、春樹(田中圭)茂樹(永山絢斗)もおめでとうを言います

陽子が食事の支度をしようと台所へ行くと、タエも「お手伝いさせて下さい」とやってきました。純粋なタエを、陽子はかわいい人と思ったようです

「タエさんが作って下さった野沢菜とニシンの油炒め」と陽子が料理を出すと、川原が「うまい」と言い、タエが「よかった」と喜びます。陽子は「ごちそうさまです」とまで言いましたね

良一、春樹、茂樹が集まります。茂樹は「春兄さん!何で気付かなかったんだよ、彼女のこと。見てられないよ」と怒ると、春樹は謝りました。部屋割りをどうするかと相談していると、陽子が呼びに来ます

陽子の部屋に、タエが寝ることになりました。陽子は好きな本を持って行ってと話します。タエは川原から「君は僕にとって必要な人なんだ」と言われ、うれしかったと明かしました。そこへ川原の吹くハーモニカの「月の砂漠」が流れてきましたね


続きを読む
posted by kaze at 09:30| 連続テレビ小説 おひさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

OZONE クラフトマーケット2011

クラフトマーケットに行って来ました。新宿パークタワー内にある、リビングセンターOZONEで開催されています。5/8(日)まで。入場無料。新宿西口エルタワー前からシャトルバスが出てます

手作りのモノがたくさん集まっていて、うれしくなりました。期間が3期に別れていて、のべ200組のクリエーターが参加するそうです。いろいろと気になるモノがありましたよ

1期では、スタンプに繊細な絵柄を彫っていた方と、皮を組み合わせた不思議なオブジェの方には、思わず話を聞いてしまいました!2期では、果物みたいな不思議なオブジェがあると思ったら、せっけんだった作品が印象的でしたね

ガラス作品は、いくつか作り方があるそうで、いろんな表情を魅せてくれるので、好きです。作り手の方によって、まったく個性が違ってましたよ!

7階には、連動展示「贈る愛のカタチ展」があり、クリエーターの1品が一気に見ることができます

パークタワーホールの前に人が集まっていると思ったら「イメージフェステイバル2011」の開場待ちの人でした。それから「新築リフォームフェア2011」も開催されてますよ
posted by kaze at 00:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

遺留捜査 第4話 紅い石


糸村聡(上川隆也)は現場に残されていた紅い石を遺留品としてこだわり、真相を突き止めましたね

田岡耕治(佐野和真)という男の遺体が河原で発見されます。後頭部を打ちつけていて、争った跡もありました。宮下晴彦(螢雪次朗)は相変わらず糸村が嫌いなようです(笑)糸村は紅い石をリストに加えてと、鑑識の富樫に頼みます。曽根武雄(佐野史郎)は現場に落ちていた女性の似顔絵の紙を出してきました

父・田岡孝雄(小野武彦)が耕治の遺体確認に来ますが手を焼いていたようです。耕治が勤めていた職場でも、耕治はケンカ早かったと評判が良くありません

石の鑑定を、村木繁(甲本雅裕)に頼むと無理だと言いますが、合コンした鉱物学の女性講師に頼んでとお願いします。女性講師は村木のメアドと引き換えに、鑑定を引き受けてくれました。横山恵一(波岡一喜)が「個人情報保護法違反ですよ」と注意しますが、糸村が「大丈夫だよ。村木さんなんだよ」と笑うと、横山も納得です(笑)


続きを読む
posted by kaze at 12:15| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おひさま 第5週 失恋 第25回〜第27回


連続テレビ小説 おひさま 第5週 失恋 第25回〜第27回

須藤陽子(井上真央)は田中ユキに、すっと教科書を書き写して送っていたのですね。そのユキから神戸へ行くことになったので、小学校で会いたいと手紙を受け取ります。陽子はユキ(橋本真実)と再会しました

ユキは陽子のおかげで、計算もでき文章も書けるようになって、社長から社員として働かないかと言われたのです。話を聞いた陽子は「私、学校の先生になる。女学校卒業したら師範学校に行く。そして先生になる」と宣言します

時間が許す限り語り合って校庭に出ると、タケオ(柄本時生)がいました。タケオが野菜を渡すと、ユキは「今も陽子ちゃんのこと好きなんでしょ」とささやき、タケオを驚かせます(笑)

現代の陽子(若尾文子)と房子(斉藤由貴)が話している所へ、陽子の教え子(伊東ゆかり)が登場です。房子はユキだと勘違いしてましたね

陽子が先生になることを、良一(寺脇康文)は許してくれます。でも2年間の寮生活でもまったく問題ないと良一が言うと、陽子はちょっと不満顔になりました


続きを読む
posted by kaze at 00:15| 連続テレビ小説 おひさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

名前をなくした女神 第4話 泥棒猫に天罰を


前回のラストは衝撃的でしたね。母親の進藤真央(倉科カナ)のため、羅羅(谷花音)は健太(藤本哉汰)に「リベンジ」したのです。チャイルドスクールで相原先生(水橋研二)が「仲間はずれはどれでしょう」と質問すると、健太は「仲間外れは、僕です」と涙を流したのでした

秋山侑子(杏)拓水(つるの剛士)が聞いても、健太は何も話そうとしません。真央は、東野から羅羅がオーディションに落ちたと聞かされます。東野は真央に、ちゃっかり6万5千円の請求書を渡し、ニヤリと笑ってました

結城先生(萩原聖人)に事情を話すと、わかってくれます。海斗(内田淳貴)が「ごめんね。仲直りしよう」と手を出すと、健太が笑顔になりました。ほっとしましたよね(笑)羅羅が強く握るように健太に言っていたのを、海斗が聞いたと沢田利華子(りょう)が教えてくれました

公園で、侑子が「どうして本当のことを言ってくれなかったの」と聞くと、健太は「僕がいじわるされたって言ったら、お父さんとお母さんが悲しむから」と答えます。侑子が涙を流すと、健太がその涙をぬぐってくれましたね


続きを読む
posted by kaze at 12:15| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せになろうよ 第3話 君とやり直したい…元彼の正体は


高倉純平(香取慎吾)桜木まりか(仲里依紗)が結婚相談所「B-ring」のロビーへ降りていくと、小松原進(大倉孝二)がやってきます。柳沢春菜(黒木メイサ)が結婚を前提についあいたいと言ってることを、純平に確認すると、小松原は倒れてしまいました(笑)

まりかは、春菜の結婚を成立させて、さっさと退会してほしいと板倉に本音を打ち明けます。純平は春菜に電話しました。小松原に連絡先を教えたので電話があると言い、小松原の希望でデートに自分もつきそうと伝えたのです。純平の奥歯がまた痛くなってましたね

春菜がアパートへ帰ると、優次(玉森裕太)は出かけてしまいます。匠悟(小林薫)は昔に買った画集を探してました。そこへ電話がかかってきますが、すぐ切れます。上野隆雄(綾部祐二)に励まされ、小松原が電話をかけたけど、おじけづいたのです(笑)春菜がリダイヤルし、今度の日曜にデートすることになりました

家に帰ると、みゆき(国仲涼子)から結婚式のお礼の手紙が来ていて、純平はちょっとショックを受けたようです。美津枝(原田美枝子)が画集が欲しいと言うと、純平は美術館へ行ったらとアドバイスします


続きを読む
posted by kaze at 15:45| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

江 姫たちの戦国 第16回 関白秀吉


大河ドラマ 江 姫たちの戦国 第16回 関白秀吉

(上野樹里)のいろいろなアドバイスを聞いて、羽柴秀吉(岸谷五朗)が関白への道を進んでいった感じでしたね(笑)

朝の大坂城内を、初(水川あさみ)ウメ(和泉ちぬ)が歩いていると、秀吉が「おっかあ!」と廊下を走る姿を目撃します。なか(奈良岡朋子)が「日吉!」とやってきて、秀吉と手を取り合って喜びました。姉・とも(阿知波悟美)妹・旭(広岡由里子)その夫の副田甚兵衛(住田隆)も一緒です

初は嫌がってましたが、江(上野樹里)茶々(宮沢りえ)と3人であいさつに行きました。おね(大竹しのぶ)から「話があるのでは」とうながされ、秀吉は「わしは将軍になろうと思う」と両手を広げ宣言します。なかが無理だと言うと、石田三成(萩原聖人)がフォローに回りましたね

話を聞いた京極龍子(鈴木砂羽)は「男が突拍子ないことを言い出すとしたら、狙いはただ1つ女子を落とすことにございます」と茶々を見ます。初は、秀吉が茶々に流し目を送っていたことを覚えてました


続きを読む
posted by kaze at 00:15| 大河ドラマ 江 姫たちの戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

安藤美姫 金メダル 浅田真央 6位 世界選手権2011


フィギュアスケート世界選手権で、安藤美姫選手が金メダルを獲得しました。07年大会に続き2回目の優勝です。おめでとうございます!

安藤美姫選手はSPは2位でしたが、フリーでは130.21点を出し、合計195.79点で、SP1位のキム・ヨナ選手を逆転しました

浅田真央選手は6位、村上佳菜子選手は8位です。男子は、小塚崇彦選手が銀メダル、高橋大輔選手はアクシデントがありながらも5位、織田信成選手は6位でした。日本人選手の底地からを感じさせる大会でしたね

安藤美姫 出産してソチ五輪へ
posted by kaze at 00:15| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。