過去ログページ

2013年01月31日

ビブリア古書堂の事件手帖 第3話 ヴィノグラードフ・クジミン 論理学入門


ラストで、坂口昌志(中村獅童)の秘密を知った妻・しのぶ(佐藤江梨子)の態度に、ジーンとした気持ちになれました。そして最後の最後、甘味処で篠川栞子(剛力彩芽)が五浦大輔(AKIRA)に話した推理が、しのぶの温かさを強調しましたね

ニット帽にサングラスをした男・坂口がビブリア古書堂へ「ヴィノグラードフ・クジミン 論理学入門」を売りに来ます。買取表に乱れた字を書いて、明日の4時に来ると言い、去って行きました

栞子は青木文庫の初版本だと珍しがってましたが、最後のページに「私本閲読許可証」が貼ってあるのを見つけました。刑務所の受刑者が私物として刑務所に持ち込んだことを示すものです。いつの間にか藤波(鈴木浩介)が来ていて、坂口は脱走犯だと不安をあおりましたね

やがて、しのぶが本を売るのをやめたいとやって来て、大輔は本を渡してしまいます。預かった本を渡したのはまずいと言われ、大輔は志田(高橋克実)と一緒に、しのぶが働いているクラブへ取り返しに行きました。しのぶは本を返してくれ、坂口との出会いを語ってから、3ヶ月前から様子がおかしく、BOOKS PALACEにすべての本を売ってしまったと説明します


続きを読む
posted by kaze at 12:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

純と愛 第18週 えがおのゆくえ 第98回〜第100回

晴海(森下愛子)が若年性アルツハイマー型認知症を診断されてしまいました。純(夏菜)に笑顔を向けているときの晴海はやさしいのですが、怒り出す晴海は手がつけられません。見ていて、つらくなりますね

病院で笑っていた晴海は、マンションで剛(渡部秀)が迎えるとお小遣いをあげ、純が注意すると、晴海は「何で余計なことばかり言うの?私のこと構わないでちょうだい」と不機嫌になります

晴海が寝ている間に、世話をどうするか話し合いました。純やマリヤ(高橋メアリージュン)は仕事があり、愛(風間俊介)は人の顔を完全に見られません。剛は俺が面倒を見ると元気でしたが、正(速水もこみち)はショックを受けてました。善行(武田鉄矢)は電話しますが留守電です

サト(余貴美子)から24時間コンシェルジュに頼みがあるという客が来たと連絡があり、里やへ戻りました。酒を飲んでいた客(朝加真由美)は「笑わせて、私を。ここに来て、いつもあなたが楽しげに仕事してるの見てたら、自分がもう何年も笑ってないことに気づいたの。というか、どうやったら笑えるのか思い出せなくて。あなたの辞書に無理って言葉はないんでしょう」と無理難題です。純は「わかりました」と変顔をし、マイケル・ジャクソンのマネをしますが、客は笑いません

正から「お父さんが大変だ」と電話があります。重満エンタープライズの警備室、社員(小松利昌)によると善行がいきなり乗り込んできて、暴れ出したというのです。純は謝り、善行を連れて帰りました。晴海はマリヤと一緒に料理していて機嫌がよさそうでした。晴海がだし巻き卵に塩を入れ、マリヤが注意すると、晴海は味見して濃いことに気づいたようです。純が口を挟むと、怒り出し、剛が帰ってくると、またお小遣いをあげようとしますが財布がありません。晴海は純が財布を盗んだと言い、しまいに泣きだします。純が財布を見つけて差し出すと、晴海は「純がいじめる」と剛に抱きつきましたね


続きを読む
posted by kaze at 12:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

卒業制作展2013 東京芸術大学

上野の東京芸術大学の卒業・修了作品展へ行きました。1月31日(木)までです。学内展示だけでなく、リニューアルオープンした東京都美術館でも展示が行われていました

先端芸術表現科が、今年度から上野で展示されています。「次は上野で会いましょう」をキーワードに、かなり目立ってましたね。深緑の目録が素敵です。「午後はラウンジで会いましょう」というトークイベントも開催されています

「先端芸術表現科のHP」
「午後はラウンジで会いましょうのブログ」


大学美術館では、日本画、油画、彫刻、工芸などの作品が並んでいます。学生たちの作品は荒削りだけど、迫ってくるものがありますね。木彫りの動物の作品は今にも動き出しそう。山水画から着想を得たという陶器の作品がすてきでした

絵画棟には、5階から8階には日本画、油画なども展示され、1階には、石膏や工芸そして先端芸術表現科の作品があります。彫刻棟は、まさに彫刻という作品なんだけど、中には映像を使った作品もあって、ちょっと趣が違いましたね

総合工房棟では、デザインと建築さらに先端芸術表現科の展示です。廊下の途中に突然に現れた赤い部屋、その先の部屋にあった暗室の中の作品はドキッとさせられました

「エルグレコ展」なども開催されている東京都美術館。日本画、油画、彫刻、工芸、デザイン、建築の展示があります。工芸の漆の作品が特に気になりました。先端芸術表現科は展示の途中にショップがあって、面白いですね。東京学芸大学教育学部の卒業制作展も開催されていましたよ

「東京藝術大学卒業・修了作品展の開催について」
posted by kaze at 12:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

八重の桜 第4回 妖霊星

山本覚馬(西島秀俊)のところへ、うら(長谷川京子)が嫁に来ました。山本八重(綾瀬はるか)は表向きのことに関心ないと言ううらに、ちょっと距離を感じたようですね

覚馬は禁足・無期限の外出禁止となります。西郷頼母(西田敏行)は松平容保(綾野剛)に、覚馬が兵制改革を献策したのは正しい行いなので、禁足を解いてと直訴しました。中央政界では将軍の後継をめぐって、紀州派の井伊直弼(榎木孝明)と一橋派の一橋慶喜(小泉孝太郎)が争いが勃発です

安政5(1858)年2月、林権助(風間杜夫)が山本家へ来たので、八重は障子越しに聞き耳を立てます。権助は覚馬と佐久(風吹ジュン)権八(松重豊)に、覚馬の禁足が解かれ、西洋砲術指南役、蘭学所教授に復職するだけでなく、軍事取調役と大砲頭取に抜擢されると伝えました。やってきた川崎尚之助(長谷川博己)も廊下で聞いてると、さらに権助は縁談を持ってきたと話します。八重が「縁談!」とビックリし、廊下にいることがバレてしまいました(笑)権助は八重がゲベール銃で的を撃ち抜くのを見て、感心します

覚馬は鶴ヶ城番頭詰所を訪ね、頼母にお礼をしてると、古川春英(小市慢太郎)があいさつに来ました。蘭学所教授方となったのです。さらに頼母は、尚之助の教授方就任も決まったと言い「もはや古き良きものを守るだけでは立ち行かねえ。変えるべきは変えていかねえと」と話しましたね


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

第32回大阪国際女子マラソン ガメラ優勝 福士加代子2位

タチアナ・ガメラシュミルコ(ウクライナ)が、笑顔で両手を広げフィニッシュテープを切り、優勝しました。タイムは2時間23分58秒です。終盤まで独走していた福士加代子選手は2位となりました。2時間24分21秒の自己ベスト更新、3位の渡邊裕子選手も2時間25分56秒で自己ベスト更新です。おめでとうございます。レース後、放送ブースに登場した福士選手は笑顔でレースを振り返ってくれました。後半の切り替えが出来ればと課題を挙げながらも、マラソンに手応えを感じたようです。次のマラソンが楽しみですね

今大会はモスクワ世界選手権の代表選考レースで、2時間23分59秒以内で日本人最高位になれば自動的に代表が決定です。野口みずき(シスメックス)中村友梨香(天満屋)扇まどか(十八銀行)は残念ながら欠場となりました。ペースメーカーは野尻あずさ(富山陸協)アツェデ・ハブタム、ムルセボカ・セイフ(エチオピア)の3人です

長居陸上競技場をスタート。サングラスの選手が多いですね。1km3分36秒のスローペース。2kmすぎ、ペースメーカーの3人が顔を見合わせ相談してるようでした。先頭集団は、3人のペースメーカーに、福士加代子(ワコール)渋井陽子(三井住友海上)渡邊裕子(エディオン)ママさんランナー・小崎まり(ノーリツ)タチアナ・ガメラシュミルコ(ウクライナ)の5人がいます

5km17分08秒。福士は最初のドリンクが取れません。しかし渋井が自分のドリンクを渡し、福士が笑顔で受け取りましたね。樋口紀子(ワコール)は第2集団にいます


続きを読む
posted by kaze at 15:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

純と愛 第17週 えいえんのあい? 第95回〜第97回

(第92回〜第94回)からの続きです。多恵子(若村麻由美)の心が揺れているのが見えましたね。蘭(映美くらら)の士郎(岡田篤哉)への気持ちを聞いて、士郎にねむり姫を読み聞かせることで、幼い愛と純との幸せな日々がよみがえったようです

純(夏菜)と多恵子が倒れてしまい、2人で並んで寝ていました。蘭を助けてくれたお礼を言うと、多恵子は問題を先送りにしただけと話し、帰ろうとしますが、2人で倒れてしまいます。愛(風間俊介)がおかゆを作ってきました。謙次(堀内正美)の方が離婚したがっていると聞いたと言ってから、人の本性が見えにくくなっているが、多恵子のははっきり見えると報告します

食堂、サト(余貴美子)と一緒にテレビを見ていた謙次が泣いてました(笑)純と愛が降りてきて、多恵子がもう1日安静にした方がいいと伝えると、謙次は出ていこうとします。誠(岡本玲)が「逃げんといてよ、これは家族の問題なんや」と止めました

誠は多恵子に、謙次が帰ると伝えてから、蘭と士郎が感謝しに来ます。蘭は前髪をあげ「もうこの傷隠すのやめます。この子のために、もっと強くならなきゃいけない」と言うのを見て、多恵子は小さい頃の愛たちを思い出しました。幼い愛の弟・純が寝ていて、反対側に愛が眠れないでいるので「ねむり姫」を読んで寝かしつけたのです。「2人とも置いてかないで」と叫びながら、多恵子は目を覚ましました。目に涙があふれてます

多恵子が荷物を持って出て行こうとすると、ねむり姫の本を持った士郎が階段に座ってました。眠れないの?と聞くと、士郎がうなずくので、布団に士郎を寝かせ、ねむり姫を読んできかせます。士郎は多恵子の手をにぎったまま寝てしまいましたね

おかゆを持ってきた純が「そうやって愛君にも読んであげたんですよね。私にできることがあったら言って下さい」と言うと、多恵子は「じゃあ、あの頃に戻してくれる?私たち家族を」と答えます。純が「それは無理です。それができるのはお母さんだけです。あの頃に戻れなくても、あの頃のような幸せな家族は作れるんじゃないですか。愛はちゃんと伝えないと何も始まらないよとおじいが言っていた気がします」と話すと、多恵子は「もう1つ布団敷いてくれる?もう一晩寝てくから。それから明日うちの人に迎えに来るよう伝えて」と頼みました。2人は穏やかな口調でしたね

食堂、純と愛、誠と謙次が待ってると、多恵子が降りてきます。謙次が「多恵子!頼む、別れてくれないか。もうお前の愛に応える自信がない」と土下座です。「もう楽にしてくれないか?お前と一緒にいると、耳鳴りがひどくてたまらないんだ」と謙次が頼むので、多恵子は「わかりました。離婚届にサインしておきます」と答えます。純が「ちゃんと自分の気持ち伝えて下さい」とお願いすると、多恵子は「2人とも早く気付いたら?あなたたちの愛も永遠に続かない」と去って行きましたね


続きを読む
posted by kaze at 09:40| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

ビブリア古書堂の事件手帖 第2話 小山清 落穂拾ひ・聖アンデルセン


志田肇(高橋克実)の思い、小菅奈緒(水野絵梨奈)の思いが、「小山清 落穂拾ひ」を通してつながって、ジーンときましたね。本についているヒモの栞・スピンは、現在は新潮文庫にしかついてないというトリビアも出てきました

せどり屋・志田が本を盗まれたとビブリア古書堂に駆け込んできて「小山清 落穂拾ひ」を盗まれたと篠川栞子(剛力彩芽)五浦大輔(AKIRA)に説明します

志田は妙本寺に用があり、着いたとたんにトイレへ行きたくなって、本を自転車に置いてかけ出しました。音がして振り返ると少女と自転車が倒れてたので、志田は直しておいてと声をかけます。戻ってくると「落穂拾ひ」だけがなくなっていたのです。せどり仲間・笠井菊哉(田中圭)が本を集めてくれていたというので、大輔は話を聞きに行きます

笠井は少女から、ハサミを貸してと言われ、返してもらった時に水滴がついていたというのです。そして少女はバス停の方へ走っていったが、バスに乗らず見送っていたことがわかります。話を聞いた栞子は、少女はバスに乗るのでなく、男の子に会いに行ったことなど、鋭く謎解きをしていきましたね


続きを読む
posted by kaze at 12:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

ビブリア古書堂の事件手帖 第1話 夏目漱石 それから


明るいキャラクターという印象があった剛力彩芽が、物静かな主人公・篠川栞子を演じていて、なかなか良い雰囲気です。AKIRAが演じる五浦大輔は、ひょんなことから篠川栞子と出会って、本の謎というか栞子に引き込まれていってました。本を数ページ読んだだけで体調を崩してしまう特異体質というキャラは新しいですね

五浦大輔(AKIRA、EXILE)の祖母・五浦絹子(赤座美代子)が亡くなってしまいました。母親・五浦恵理(松坂慶子)から絹子の本を売ってくるよう言われ出かけた大輔でしたが、道に迷ってビブリア古書堂へたどりつきます。そこで店主・篠川栞子(剛力彩芽)に鑑定を依頼しました

蔵書は、夏目漱石全集全三十四巻で「第八巻 それから」に「夏目漱石 田中嘉雄様へ」とサインがありましたが、栞子はそれは夏目漱石のサインでないと見抜きます。絹子が書いたもので、さらに大輔の出生の秘密までがわかってきましたね

他の登場人物として、栞子の弟・篠川文也(ジェシー、ジャニーズJr)、写真だけの栞子の母親・篠川知恵子(安田成美)。大輔が通う甘味処の店主・藤波明生(鈴木浩介)横田奈津美(北川弘美)佐々木亜弥(トリンドル玲奈)橋本さやか(内藤理沙)。せどり屋・志田肇(高橋克実)が登場してました


続きを読む
posted by kaze at 00:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

純と愛 第17週 えいえんのあい? 第92回〜第94回


連続テレビ小説 純と愛 第17週 えいえんのあい? 第92回〜第94回

純(夏菜)が24時間コンシェルジュを始め、里やにお客様さんが増えてきます。不思議ですね(笑)記念に撮影したいという客に、純は喜びますが、掃除をしていた蘭(映美くらら)は嫌がります。アパート、動画を観た愛(風間俊介)が早く寝ようと言うと、純は「嫌だ。今日は積極的なのね、愛君」と勘違いです

正(速水もこみち)マリヤ(高橋メアリージュン)は離婚して2日後に婚姻届を出し、善行(武田鉄矢)のマンションで同居をはじめました。晴海(森下愛子)は正の就職について、善行に相談します。いったんその話題が終わったのに、晴海が同じことを繰り返し、みんなを驚かせましたね

雷に大雨でサト(余貴美子)が不吉だと言ってると、満田(金児憲史)という男が宿泊したいとやって来ました。純が部屋へ案内すると、満田は「24時間コンシェルジュやってる人じゃないですか?ネットで見ましたよ」と言ってから「あの時、チラッと映っていた女の人は」と聞いてきます

蘭と士郎(岡田篤哉)が帰ってきたので、お客さんが会いたがっていたと伝えると、満田が降りてきて「あゆみ、元気だったか?亭主に久しぶりに会ったのにそんな怖い顔すんな」と声をかけました。蘭が「近づかないで」と逃げると、満田は「一緒に帰ろう!もうバカなまねしないから」と謝ります。蘭が「あんたと暮らす気はない」と恐れると、満田は士郎を抱え2階の部屋へ閉じこもってしまいました。蘭は満田と理髪店をやっていたのですが、士郎が生まれてから暴力を振るうようになり、逃げ出したのです


続きを読む
posted by kaze at 22:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

八重の桜 第3回 蹴散らして前へ


大河ドラマ 八重の桜 第3回 蹴散らして前へ

川崎尚之助(長谷川博己)が山本覚馬(西島秀俊)を頼って会津に来て、山本八重(綾瀬はるか)と出会います。運命的な出会いというか自然な出会いでしたね。雨宿りのシーンも会津弁なので色っぽさがまったくありません(笑)

安政4(1857)年春、日新館西洋砲術指南所、覚馬がゲベール銃の説明を1人でするのを、山川与七郎(玉山鉄二)たちが不思議そうに眺めます

八重は高木時尾(貫地谷しほり)の祖母・澄江(宮下順子)から裁縫を習ってましたが、時間が来るとすぐに外へ出ました。途中で山川二葉(市川実日子)にぶつかります。満開の桜の木の上で八重が砲術の本を読んでましたが、本を落としてしまいました。それを拾ったのが尚之助です。2人は微笑み合いましたね

山本家、尚之助を覚馬や権八(松重豊)が迎えます。尚之助は覚馬から蘭学所を開くので教授になって欲しいという文をもらい会津へ来たのですが、まだ開設の許しも得てませんでした。八重は佐久(風吹ジュン)から裁縫をしっかりしないと砲術を辞めさせると言われてしまいます


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

第18回全国都道府県対抗男子駅伝 兵庫 2連覇

兵庫のアンカー・北村聡が、フィニッシュテープを切り、兵庫が2連覇5回目の優勝を果たしました。おめでとうございます。タイムは2時間19分51秒です。わずか5秒差の2位が東京でした。アンカーの上野裕一郎が見事な追い上げを見せましたね

第1区は、高校生の7.0kmです。47チームが平和記念公園前をスタート。1km2分53秒、舘脇勇助(青森)が転倒しますがすぐに立ち上がります。中谷圭佑(兵庫)打越雄允(東京)が飛ばし、宮島街道に入ると集団が縦長になりました。3km、集団が2つに割れてきます。中間点は9分54秒。中谷が飛ばし、2位集団は5人です。1位は中谷圭佑(兵庫)2年連続の1区区間賞でした。2位 石川颯真(栃木)3位 西山雄介(三重)4位 石橋安孝(福井)5位 花澤賢人(千葉)6位 打越雄允(東京)となります

第2区は、中学生の3.0kmです。1位は区間新記録の池田親(兵庫)でした。大きな体の池田がラスト1kmでみごとにスパートしましたね。2位 羽生拓矢(千葉)3位 廻谷賢(栃木)4位 飯島康介(愛知)5位 斉藤寛明(東京)新迫志希(広島)が10人抜きで区間新記録です


続きを読む
posted by kaze at 15:09| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業制作展2013 武蔵野美術大学(1)

武蔵野美術大学の鷹の台キャンパスへ、卒業・修了制作展を見に行って来ました。去年は雪が降っていて断念したので、今年が初訪問です。広いキャンパスに力作がひしめいていて刺激を受けましたよ
「平成24年度 卒業・修了制作展」
「卒業制作修了展HP」


デザイン情報学科では、映像、グラフィック、プロダクト、インスタレーションなどの作品が展示されています。エディトリアルの「今日もローカル線に乗って」「まるごとだるま」が気になりましたね
「デザイン情報学科卒業研究・制作展HP」

芸術文化学科では、対談イベントやレクチャーが関連イベントとして行われたようです。参加できなかったけど、下記リンクのブログからUstreamで視聴できますよ
「芸術文化学科卒業研究制作展ブログ」
「芸術文化学科卒業研究制作展HP」

**
空間演出デザイン学科では、オブジェに動きを加えた作品が多かったです。暗闇の中に動く「salvage」「ripple」、童話をモチーフにしたような「椅子取りゲーム」、壁に埋め込まれた鏡の奥にある不思議な世界「自己認識」、布を使った「ひびのこと」「記憶ー157ー」などが印象的でしたね
「空間演出デザイン学科HP」

工芸工業デザイン学科は青山スパイラルで学外展が行われてます。2月3日(日)まで
「工芸工業デザイン学科の学外展」

記事、もう少し、足すかもしれません。気が向いたら(笑)
posted by kaze at 00:08| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

福原愛 全日本選手権 優勝

卓球全日本選手権の女子シングルス決勝は、福原愛選手(ANA)と石川佳純選手(全農)との対戦となり、ロンドンオリンピック女子団体で銀メダルを取った同士の対戦となりました。結果は福原選手が4−2で石川選手を破り、2年連続の2回目の優勝です。福原選手は右ひじの手術後、初めての国際大会で、サーという掛け声が響いてましたね

「石川佳純 福原愛 平野早矢香 銀メダル」
posted by kaze at 20:42| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川内優輝 エジプト国際マラソン優勝

エジプト国際マラソンで、川内優輝選手(埼玉県庁)が2時間12分24秒の大会新記録で優勝したそうです。おめでとうございます

川内選手は、出国する際にパスポートを自宅に忘れて、予定していたエジプト航空機に搭乗できず、カタール航空に便を変更したそうです。航空券代は主催者払いだったものの、チケットを取り直したため、往復チケットを自腹で購入したというので、どうなるかと心配してました。しかし、みごとに切り替え、走りきったようです。ロンドンオリンピックには出場できなかった川内選手でしたが、ちばアクアラインマラソン、防府読売マラソンなどと続けて優勝していて、調子が良いですね

「第66回福岡国際マラソン ジョセフ・ギタウ優勝 堀端宏行2位」
posted by kaze at 20:24| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

純と愛 第16週 あいがつたわる 第89回〜第91回

(第86回〜第88回)からの続きです。勇気を抱いたマリヤ(高橋メアリージュン)が道路へ出ると、トラックが走ってきます。そこへ善行(武田鉄矢)が現れ、マリヤを引き戻しました。「101回目のプロポーズ」と連想させます(笑)純(夏菜)がマンションへかけつけると、勇気を抱いた晴海(森下愛子)が、マリヤのケガは大したことなかったが、興奮して鎮静剤を射たれたと説明します。純がどうしていたのか聞くと、善行は得意先があったと言ってトイレへ逃げ込みました

目を覚ましたマリヤが「ほっといてよ他人なんだから。もう離婚届出したの私は」と怒鳴ると、純は「何があっても勇気は私のかわいい姪だよ。マリヤさんのこと、たった1人のお姉ちゃんのように思ってる。お姉ちゃんが勇気を生んでくれた時、家族みんなが集まって、みんなが笑顔になって、全部お姉ちゃんのおかげなんだよ。お姉ちゃん、独りぼっちなんかじゃないんだから」と話します。泣き出すマリヤを純は「女があきらめたら世界は終わっちゃうんだよ」と抱きしめましたね

サト(余貴美子)に頼んで、マリヤと勇気を置いてもらうことにします。マリヤがテキパキ掃除をはじめ、みんなあっけにとられてました。正(速水もこみち)がやって来て心配し、愛子(川満彩杏)と別れたと言うと、マリヤは「私たち離婚したの。あなたが誰と別れようが関係ない」と2階へ行ってしまいます。正が離婚したと伝えると、愛子から別れを告げられたのです。サトはリベンジしたかっただけだと話しました

アパートで、純と正と愛(風間俊介)はどうやったらマリヤに許してもらえるかと考えます。1月17日が震災の日だと思い出し、正が手を合わせると、純と愛も合せました。そして純は震災の時、正が純と剛を地震が収まるまで守ってくれたことを思い出し「お兄ちゃんは自分が思っているより本当は優しいんだよ。愛情もいっぱいあるんだよ」と褒めます。しかし正はマリヤにプロポーズしたことも、愛を伝えたこともなかったのでした

翌日、正はスーツ姿で花束を持ってます。正は純にひどいことを言ったと謝って、里やへ入り「話があるんだ、マリヤさん」と切り出しましたね


続きを読む
posted by kaze at 09:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

錦織圭 80年ぶり4大大会2年連続16強

全豪オープンテニス男子シングルス、錦織圭選手(日清食品)は、エフゲニー・ドンスコイ(ロシア)を7−6、6−2、6−3のストレートで破って、2年連続で4回戦に進出を決めました

日本男子の4大大会2年連続16強入りは、1933年の全仏、ウィンブルドンの佐藤次郎選手以来80年ぶりで、全豪では初の快挙だそうです。このまま勝ち進んで欲しいですね

しかしながら4回戦、錦織圭選手は世界ランク5位のダビド・フェレール(スペイン)に、2−6、1−6、4−6のストレートで敗れてしまい、ベスト8進出はなりませんでした。残念でしたね

「クルム伊達公子 大会最年長勝利」
「錦織圭 日本人初ツアー2勝目」
posted by kaze at 18:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クルム伊達公子 ペアでも3回戦進出

全豪オープンテニス、42才のクルム伊達公子選手(エステティックTBC)は、アランチャ・パーラ・サントーニャ(スペイン)と組んで、7−5、3−6、6−3のフルセットで勝って3回戦進出を決めました

相手のA・フラヴァコバとL・フラデカ(チェコ共和国)組は第2シードで、ロンドンオリンピックの銀メダリストだそうです。伊達公子選手はシングルスに続いての3回戦進出で調子が良いようですね

3回戦、伊達・サントーニャ組は、アメリカと中国のペアにセットカウント1−2で敗れました。伊達選手はペアとシングルスの両方で3回戦まで進出し、本当にタフです。健闘を讃えたいですね

「クルム伊達公子 3回戦進出」
「クルム伊達公子 大会最年長勝利」
posted by kaze at 12:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

クルム伊達公子 3回戦進出

全豪オープンテニス、42才のクルム伊達公子選手(エステティックTBC)は、女子シングルス2回戦でピアー(イスラエル)を6−2、7−5で破りました。大会最年長記録をさらに更新です。1995年以来18年ぶりとなる3回戦進出を決めました

暑いコートの下でのプレーなのに、伊達選手はタフですね。このまま勝ち進んで欲しいです。また森田あゆみ選手もベック(ドイツ)をストレートで破って、3回戦進出を決めました

しかし3回戦で、森田あゆみ選手はセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)に、クルム伊達公子選手はヨバノフスキ(セルビア)に負けてしまいます。残念でしたね

「クルム伊達公子 大会最年長勝利」
posted by kaze at 22:18| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒田夏子さん 芥川賞受賞

第148回芥川賞・直木賞の選考会が開かれ、芥川賞に黒田夏子の「abさんご」、直木賞に朝井リョウの「何者」、安部龍太郎の「等伯」が選ばれたましたね

黒田さんは75才で、1974年の森敦さんの61才を上回って、芥川賞史上で最年長となります。インタビューで「生きているうちに見つけてくださいまして本当にありがとうございました。長年隠れているような作品とかを、見つけるきっかけになるならそれが私の役割なのかと思います」と答えてました。また、朝井さんは戦後では最年少で、平成生まれの初の直木賞作家だそうで、対照的です。一体どんな作品なのか気になりますね
posted by kaze at 12:30| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

純と愛 第16週 あいがつたわる 第86回〜第88回

連続テレビ小説 純と愛 第16週 あいがつたわる 第86回〜第88回

正(速水もこみち)が浮気し、マリヤ(高橋メアリージュン)が赤ちゃんと一緒に大阪へやって来ました。里やへ泊まることになって、また波乱が始まりましたね

純(夏菜)は24時間コンシェルジュになると話しますが、サト(余貴美子)をはじめ里やのみんなは目をそらします。アパートで愛(風間俊介)にマッサージしてもらいラブラブです。そこへ隣に越してきた山田(中西美帆)という女性があいさつにきて、愛が笑顔になるので、純は不機嫌なりました。再び呼び鈴が鳴ったので出ると、勇気を抱いたマリヤがいて「私、正と離婚します」と泣きだしましたね

マリヤと勇気を里やへ連れて行き、サトにしばらく泊めて欲しいと頼みます。正に浮気の証拠をつきつけたら逆切れされ追い出されたのです。浮気相手が見合い相手だった比嘉愛子(川満彩杏)だとサトに説明します

大阪にマリヤが来てるので迎えに来てと電話すると、正は「自分を好きになってくれた相手には、精一杯のラブで応えるのが俺のポリシーなんだ。マリヤに言っておけ。そっちサイドが別れたいなら好きにしろって」と切られてしまいました。純は晴海(森下愛子)に電話するよう頼んでましたが、後から確認するとすっかり忘れてます

マリヤが帰ろうとすると、愛が正を連れて来ました。愛はこのまま別れたら養育費とか慰謝料とか請求されて大変だぞと脅したのです。怒ったマリヤは勇気を正に預け出て行ってしまい、正はマリヤを追いかけて行きました。羽純(朝倉あき)は「逃亡」とひと言!


続きを読む
posted by kaze at 23:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

クルム伊達公子 大会最年長勝利

全豪オープンテニス、42才のクルム伊達公子選手(エステティックTBC)が勝利し、大会最年長記録を更新しました。おめでとうございます。伊達選手は女子シングルスで、世界ランキング12位のペトロワ(ロシア)を6−2、6−0で破ります。それまでの記録はバージニア・ウェード(イギリス)の40才だったそうです。また女子ダブルスでは、アランチャ・パラサントンハ(スペイン)と組んで、勝ち進んでますね

男子シングルス、錦織圭選手(日清食品)は、カルロス・ベルロク(アルゼンチン)を7−6、6−4、6−1で破って、3年連続で3回戦進出を決めています

「クルム伊達公子 ペアでも3回戦進出」
posted by kaze at 23:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

八重の桜 第2回 やむにやまれぬ心


連続テレビ小説 八重の桜 第2回 やむにやまれぬ心

幼い八重の鈴木梨央から、ちょっと成長した八重の綾瀬はるかへと途中でバトンタッチしてましたね。八重は権八(松重豊)に止められながらも、鉄砲を習いたいというやむにやまれぬ心を抑えることができません

八重(鈴木梨央)が木の棒を銃に見立て、的に狙ってシミュレーションしてると、権八に見つかってしまい「ならぬことはならぬ」と砲術書を書き写した紙と棒きれの鉄砲を取り上げられてしまいます

時尾と一緒におとなしく手習いしてると思ったら、八重は紙に鉄砲の絵を書いていて、師匠に見つかってしまいました。帰り道、八重は与七郎から蓋という漢字の読み方を教わってましたね

嘉永7(1854)年3月、幕府は日米和親条約を締結。下田と函館の開港が決まります。横浜村応接所、迎えに出た佐久間象山(奥田瑛二)にペリー提督が頭を下げ、そのことが話題となりました。佐久間塾、山本覚馬(西島秀俊)川崎尚之助(長谷川博己)が黒船について話してると、豚が紛れ込み大騒ぎとなります。豚の絵を描くのに夢中になった少年が、カンヌキをかけ忘れたのでした。走り回る豚を止めたのが西郷吉之助(吉川晃司)で、少年は新島七五三太(しめた)(小林海人)のちの新島襄です。西郷は地下の射撃場に呼ばれ、象山と話します

吉田寅次郎のちの吉田松陰(小栗旬)の「断固として事を行う時、人はみな狂気だ」という言葉に刺激を受けた覚馬は、黒船に乗り込みたいと打ち明けました。尚之助も乗り気になりますが、覚馬はその前に脱藩すると話します


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

第31回全国都道府県対抗女子駅伝 神奈川 優勝

神奈川のアンカーの吉川美香が、笑顔で両手を広げゴールテープを切り、26年ぶり2回目の優勝を果たしました。タイムは2時間14分55秒の大会新記録更新です。おめでとうございます。2位 小林祐梨子(兵庫)3位 徳田夕佳(大阪)4位 新谷仁美(千葉)5位 萩原歩美(静岡)となりました

第1区は、6.0kmです。西京極陸上競技場を47チームがスタートします。加藤岬(宮崎)が転倒してしまいましたがすぐ立ち上がりましたね。高校生の上原美幸(鹿児島)がレースを引っ張ります。1km3分7秒、上原が先頭で青山瑠衣(神奈川)鈴木亜由子(愛知)小原怜(岡山)井原未帆(愛媛)が続きます。第2集団は木崎良子(大阪)田中智美(千葉)が引っ張ってました。3km9分21秒、トップは上原、鈴木、小原の3人となります。4.5km、上原がペースを上げ、小原がついていきいますが、鈴木が遅れました

ラストの登りでも上原はまったくペースは落ちません。完全に独走になった上原美幸(鹿児島)がみごとな走りで1位です。高校生の上原は19分ちょうどの区間賞でしたね。2位 小原怜(岡山)3位 横沢永奈(群馬)4位 鈴木亜由子(愛知)5位 木崎良子(大阪)となります

第2区は、4.0kmです。高校生の中原海鈴(鹿児島)がトップでしたが、1kmすぎに翁田あかり(岡山)が抜いて1位になりました。1位 翁田あかり(岡山)21秒差の2位が秋山桃子(神奈川)3位 岩出玲亜(愛知)4位 石橋麻衣(三重)5位 横江里沙(兵庫)6位は青木奈波(京都)です。18位で襷を受け、12人抜きでしたね

第3区は、中学生区間の3kmです。青木奈菜(岡山)が独走でしたが、高松望ムセンビ(大阪)が猛追してきました。1位 青木奈菜(岡山)2位 高松望ムセンビ(大阪)。高松は8位で襷を受け6人抜きの2位。9分10秒の区間新記録です。お父さんが並走してましたね。3位 安藤富貴子(兵庫)4位 佐藤成葉(神奈川)5位 伊藤早紀(愛知)でした


続きを読む
posted by kaze at 15:02| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

純と愛 第15週 あかずのま 第83回〜第85回

連続テレビ小説 純と愛 第15週 あかずのま 第83回〜第85回

(第80回〜第82回)からの続きです。里やの表、純(夏菜)と話していた愛(風間俊介)が「純さん」と叫びます。2階で世捨人(佐藤二朗)が首を吊ろうとしている影が見えたのです

純と愛は部屋へ入り、男を助けました。純が「どうしてこんなことするんですか。世捨人さん」と聞くと、世捨人は天野巌と名乗り「生きる希望がないからや」と答えます。純は愛を前に出し、天野の本性を見てもらいました。小さい頃のことから就職したことまで。さらに刑務所へ入って、娘から2度と会うことないと言われたことまで話しだします。天野とサト(余貴美子)がビックリすると、愛は天野が書いた遺書を出しました。ちゃっかりしてますね

純が「私、応援しますから。あきらめないで、がんばればきっといいことありますよ」と励ますと、天野は「お前みたいな嘘くさい人間は、見てるだけで不愉快や。出て行け」とみんな追い出されてしまいます

食堂へ行くと、士郎(岡田篤哉)を抱いた蘭(映美くらら)が「またこの子に何かあったら大変」と純をにらんで2階へ行きました。蘭は住み込みで働いているのです。純が出て行こうとすると、愛は「天野さんをどうするんですか?逃げないでください。なんで簡単にあきらめるんですか?助けたい人がいるのに」と聞きます

純が「あの人を救うのは無理」と答えると、愛は「待田純の辞書に、無理って言葉はありません。駄目だ助けられないじゃなくて、助けてあげようって思ってくれないんですか?いつだって無理と言わない人が歴史を変えてきたんです。マザー・テレサは言ってます、愛の反対は憎しみではなく無関心だって」と必死です。何でムキになってるのか不思議がると、愛は「純さんに出会ってなかったら、僕も天野さんと同じように生きる希望を持つことができなかったからです。純さんと出会わなかったら、僕も天野さんみたいになってたかもしれないからです」と話しました。サトが退職願を破って、純は里やへ残ることになりましたね

愛と一緒に純は2階へ行き「私、やっぱりあきらめないことにしました。私は天野さんにそこから出て来てもらって、生きる希望を持って欲しいんです」と話します。すると天野が顔を出し「わかった。ほな教えてくれ、生きる希望ちゅうやつを。それが湧いて来たら出てきたるわ」とドアを閉めました。愛は「わかりました。教えてあげます。生きる希望ってやつを」と宣言しましたね


続きを読む
posted by kaze at 09:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

高血圧 ためしてガッテン

「高血圧で脳卒中 正常血圧の落とし穴」 (2013.01.09 放送)
「高血圧の薬 利尿薬」 (2011.02.16 放送)
「コレステロール調節術」 (2011.01.19 放送)
「大動脈瘤破裂」 (2010.12.15 放送)
posted by kaze at 01:30| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

高血圧で脳卒中 正常血圧の落とし穴


テレビ「ためしてガッテン 見逃し高血圧で脳卒中 血圧に潜む落とし穴」を観ました。血圧の測り方についてまったく間違ったやり方をしてましたね。素人の見落とし確率100%というからビックリ。十二支の血圧を測ってました(笑)生き物で一番血圧が高いのがキリンの250mmHg、カエルは4mmHgだそうです。番組HPに番組内容がくわしくのっていますよ

(おもな内容)
・自宅での血圧測定は、右腕を測った後、左腕を測る。片腕を測定後1〜2分間リラックスし、反対の腕を測定する
・両腕の血圧に10%以上の開きがあるとき、末梢動脈疾患という病気を疑わないといけない
・危険なタイプは、65才以上の方または喫煙者、糖尿病の方
・動脈硬化がすすみ、血管の詰まりが出来ると、詰まった先で血圧が低くなってしまう
→疑いのある人は、血管外科、循環器内科などでチェックをしてもらう

(なぜ血圧が高いと悪いのか?)
・高血圧は、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症、心肥大、慢性腎臓病など命取りになる病気の引き金になるから危険
・正常血圧の基準は、130/85mmHg未満

(Nさん(男性、73才)のケース)
・4、5年前から1日2回血圧を測定していて、数値は健康そのものだった。血圧手帳を見てもほとんど正常値
→3年前、突然めまいを感じ、救急車で病院へ
→脳の画像を見ると、血管が詰まり細くなっていた。脳梗塞!
胸のMRI画像を見ると、心臓の上の血管がつまっていた
下半身のCT画像を見ると、動脈硬化が進行し、血管が石灰化していた
→体中の血管がボロボロになり、さらに深刻な病気を引き起こしかねない状態になっていた


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

純と愛 第15週 あかずのま 第80回〜第82回


連続テレビ小説 純と愛 第15週 あかずのま 第80回〜第82回

里やへ舞台を移しましたが、純(夏菜)は孤立状態。新しいキャラクターが登場しましたが、女将・上原サト(余貴美子)以外は暗い感じでした。新展開に期待してるのですが、まだまだですね

愛(風間俊介)から「純さんがやる気になって、魔法の国を作る気になってくれたのがうれしいです」と笑顔で送り出され、純は大正区の里やへ行きました。「おはようございます」と元気よくあいさつしたけど、まったく反応が返ってきません

サトに声をかけると、適当に仕事見つけてと言われてしまいます。純が2階へ掃除に行こうとすると、サトが何と呼ぼうと聞いてきました。天草蘭(映美くらら)はセクシー、宮里羽純(朝倉あき)はチュルチュル、藍田忍(田中要次)はセニョール、サトはボスというニックネームがあるのです。純は社長になってしまいましたね

2階を掃除してると、1つの部屋から叫び声が聞こえます。サトに相談すると、開かずの間で2ヶ月も出てこないというのですが、客の自由を優先させているからとどうする気もありません。改革案を見せても、サトはテレビに夢中なので、純は他の従業員に「歩み寄る者に安らぎを、去り行く者には幸せを」のプレートについて語り始めます

蘭は「いい加減にして!ここはあんたが思っているような場所じゃないの!皆で頑張れば夢が叶うみたいなこと言われるのが一番迷惑なの!辞めた方がいいんじゃない」と怒り、5才の息子・士郎(岡田篤哉)と2階へ行ってしまいます。羽純も「笑止」と去り、忍は女将の言うことに従うだけと答えました。再びサトに話すと、大したホテルじゃないと笑います。降りてきた士郎は「バカ」と書いた紙を渡してきましたね


続きを読む
posted by kaze at 21:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

エスビー食品陸上部 DeNA受け入れ

3月末で廃部となるエスビー食品陸上部が、ディー・エヌ・エー(DeNA)に受け入れられることが決まったそうですね。DeNAは、TBSホールディングスから横浜ベイスターズを買収して、プロ野球に参入していました

箱根駅伝の解説などで活躍している瀬古利彦監督(今はスポーツ推進局長)をはじめとしたスタッフや上野裕一郎選手などの計12人全員が移籍するそうです。ぜひ再び黄金期を作って欲しいですね

「第89回東京箱根間往復大学駅伝競走 日本体育大学 総合優勝」
posted by kaze at 09:01| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

八重の桜 第1回 ならぬことはならぬ


大河ドラマ 八重の桜 第1回 ならぬことはならぬ

意外にもアメリカ南北戦争の場面から始まりましたね。シーン代わって、慶応4(1868)年、会津鶴ヶ城、山本八重(綾瀬はるか)は会津藩士たちとともに官軍と戦っていました。「お城は渡さぬ。ならぬことはならぬのです」とスペンサー銃を構える姿、凛々しいですね。南北戦争で使われた兵器は日本へ渡ります。新島襄(オダギリジョー)はボストンにたどりついてました

嘉永4(1851)年、会津戦争から17年さかのぼります。5才の八重(鈴木梨央)は木の上から大名行列が来るのを見つけるとあわてて山本家へ帰りました。母・佐久(風吹ジュン)に報告し、弟・三郎と三人で街へ出て頭を下げます。会津藩九代藩主・松平容保(綾野剛)の行列の中に、八重は兄・山本覚馬(西島秀俊)の姿を見つけましたね

山本家、覚馬は父・山本権八(松重豊)の前でゲベール銃を試し撃ちし、みごと命中させます。その様子を見ていた八重は自分も鉄砲を撃ってみたいと頼みますが、権八は「ならぬことは、ならぬ」と許してくれません

松平容保は、家老・山川兵衛(山本圭)西郷頼母(西田敏行)らとともに藩校・日新館を視察しました。藩士たちが文武を学ぶ様子を見て、容保は会津藩八代藩主・松平容敬(中村梅之助)から土津公御家訓について教えられたことを思い出します。子どもたちは什の掟を唱えていました


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

鬼平犯科帳スペシャル 泥鰌の和助始末

中村吉右衛門が長谷川平蔵を演じる鬼平犯科帳スペシャルです。テンポよく見応えありましたね。平蔵が、30年前に本所の銕(てつ)と呼ばれた時代に縁があった盗賊の泥鰌の和助(石橋蓮司)が登場です

うなぎ屋・喜多川、和助は、不破の惣七(寺島進)鎌太郎(吉見一豊)たちと怪しげな相談をしていました。和助はおもちゃ屋、惣七はうなぎ屋を営んでましたが、裏では盗みを働こうとしていたのです。和助の連絡係・徳次郎(福士誠治)は、惣七の女・おみね(酒井美紀)に惚れて、男と女の仲になってしまいましたね

おみねが街を歩いていたおまさ(梶芽衣子)に声をかけたことで、平蔵にも惣七の動きが伝わります。おみねはおまさが盗みを働いていたときの知り合いだったのです。大滝の五郎蔵(綿引勝彦)小房の粂八(蟹江敬三)伊三次(三浦浩一)おまさを五鉄に集め、平蔵は動きを探らせました

平蔵は尾行するうち、和助に気付かれてしまいます。しかし平蔵は本所の銕と呼ばれたと話すと、和助も覚えていて、すっかり打ち解けました。火付盗賊改方であることは内緒です。30年前、平蔵が盗みの道へ進もうとしたとき、和助が止めてくれたのでした。大工だった和助は盗みに入る店に細工をし、何年もたってからその細工の場所から盗みへ入るという巧妙な手口を使っていたのです


続きを読む
posted by kaze at 00:45| 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

純と愛 第14週 しんねんのちかい 第78回〜第79回


連続テレビ小説 純と愛 第14週 しんねんのちかい 第78回〜第79回

純(夏菜)愛(風間俊介)はアパートでおせち料理を食べて、年賀状を見ます。正からはマリヤと赤ちゃんの写真つきのはがきで、剛は「今年は給婚」と書いてあります(笑)晴海からは「お正月、会いにおいで」とありました。純は良い年にするためにもお互いの家へ行こうと提案しましたね

待田家、謙次(堀内正美)はよく来てくれたと歓迎してくれ、誠(岡本玲)も帰ってきていました。豪華なおせちは有名店に注文したものです。純が「新しいホテルを見つけて、そこを魔法の国にしたいと思います」と新年の抱負を語ってると、多恵子(若村麻由美)は「そんなくだらないことを言うために来たの」と登場します。今年から純と仲良くしてと愛が頼むと、多恵子は「私の前で2度とその名前を呼ばないで。私にとって純は、あなたの死んだ弟の名前なの」と激怒です

狩野家、晴海(森下愛子)は笑顔で迎えてくれますが、善行(武田鉄矢)はまともに純と愛を見ようとしません。純が「いろいろあったけど年も改まったし、過去を見ないで未来を見て行くことにしたから、愛君と」と言うと、善行は無視しビールを晴海に頼みます。宮古の料理に宮古の酒に善行が文句を言い出すと、純は「そんなこと言う権利ある訳」と怒り、2人はまた言い合いが始めました。台所、愛が「この間のことなんですけれど、お母さんの言うとおりにできません」と話すと、晴海は「私、何か言ったかな?」と純と別れることを考えてと言ったことを忘れた様子です

次の日、大正区へ行きました。商店街を歩いて「おじい、ここ沖縄みたい!懐かしい」と純は大喜びします。やがてホテル・里やを見つけ、女将・上原サト(余貴美子)にお礼を言いました。沖縄そばを注文すると、サトはドラマが終わるまで待ってとマイペースです。本性を見た愛は、サトは女神みたいと笑顔になりました。沖縄そばを食べながら、純が「ここら辺りにホテルありませんか」と聞くと、サトは「あるわよ、ここだけど」とホテル旅館組合の看板を見せます。純は「私をここで働かせて下さい、お願いします」と頭を下げましたね


続きを読む
posted by kaze at 09:45| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

2013新春生放送!年の初めはさだまさし

仙台からの生放送でした。キャスター・さだまさし、構成作家・井上知幸、音響効果・住吉昇のいつものメンバーに、小針画伯の御来光の絵はきれいでしたね。歌は「案山子」「虹」「空になる」「あなたへ」を披露してくれました。バンドメンバーの名前も手書きです(笑)

コンサートの後の放送ということで、いつも以上にテンション高く、楽しかったです。さらに、ハガキを読まれる人が、たくさん会場にいて、さらに盛り上がります!

チャリティーの輪が、日田、那智勝浦、東北へと広がっていっているのですね。東北の人はもっと怒った方がいい、冗談じゃないと伝えた方がいいと強く話していたのが、印象的でしたね

ゴルフキャスター・戸張捷、小野文惠アナウンサーの番組紹介もありましたが、新婚の小野アナが突っ込まれてました(笑)次回は1月27日(日)(26日深夜)で宮崎から、また3月31日(日)(30日深夜)には朝まで音楽会が放送されるそうですよ

今夜も生でさだまさし いたいた まさしが おーいたいた
posted by kaze at 00:22| テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

第89回東京箱根間往復大学駅伝競走 日本体育大学 総合優勝


日本体育大学がみごと総合優勝を遂げましたね。アンカーの谷永雄一が両手でガッツポーズを作ってゴールテープを切り、30年ぶり10回目の総合優勝です。タイムは11時間13分26秒です。去年襷をつなげなかった雪辱を果たしましたね。別府健至監督、谷永雄一、3年生キャプテン・服部翔大が胴上げされました。おめでとうございます

第6区は、箱根・芦ノ湖〜小田原の20.8kmです。鈴木悠介(日本体育大学)が8時00分にスタートします。2分35秒後に相原将仁(早稲田大学)が、その4秒後に市川孝徳(東洋大学)がスタートです。その後、時間差で次々大学が走りだし、8時10分に國學院大学以下の7校が繰り上げ一斉スタートします。城西大学と中央大学は往路で途中棄権したため、オープン参加です。ゲストに井上翔太(駒澤大学OB)八木勇樹(早稲田大学OB)が加わってましたね

1km2分55秒。市川(東洋大)が相原(早稲田)を抜いて2位に上がりました。山登りで鈴木(日体大)と市川(東洋大)の差が縮まりますが、山下りで逆に差が広がります。鈴木の山下りは軽快で、放送車に追いついそうな勢いです。4位を走る廣瀬大貴(明治大)は区間記録更新の速さで快走しています。繰り上げスタートの代田修平(中央大)上野智幸(國學院)が猛追してました

小田原中継所、1位 鈴木悠介(日体大)2分22秒差の2位が市川孝徳(東洋大)3位 廣瀬大貴(明治大)4位 相原将仁(早稲田)5位 品田潤之(法政大)6位の千葉健太(駒澤大)は区間賞です。7位 千葉一慶(帝京大)8位 信時一輝(順天堂大)9位 藤川拓也(青山学院大)10位 大沼恭教(関東学連選抜)11番目に代田修平(中央大)が入って意地を見せましたね。11位 岡本雄大(中央学院大)となります


続きを読む
posted by kaze at 14:15| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

第89回東京箱根間往復大学駅伝競走 日本体育大学 往路優勝


日本体育大学が26年ぶり10回目の往路優勝を果たします。タイムは5時間40分15秒です。5区のアンカー・日本体育大学の服部翔大が両手を上げてゴールテープを切りました。日体大は予選会から勝ち抜いての往路優勝です。おめでとうございます。2位は2分36秒差で早稲田大学の山本修平、3位は東洋大学の定方俊樹となりました。東洋大は5年連続復路優勝はなりませんでしたね

第1区は、大手町〜鶴見の21.4kmです。午前8時、大手町から20チームがスタートします。ゲストは瀬古利彦、碓井哲雄、柏原竜二(東洋大学OB)鎧坂哲哉(明治大学OB)です。1km3分8秒のゆったりしたペースです。3km、木村翔太(東京農業大学)が出ますが、やがて集団に飲み込まれます。5km15分25秒。7km、田口雅也(東洋大学)がスパートします。集団が縦長になり、遅れる選手も出てきましたね。10km29分56秒。京急蒲田第一踏切がなくなって、残った箱根登山鉄道の小涌谷の踏切だけになったそうです。17km、田口(東洋大)がペースを上げ、西池和人(法政大学)文元慧(明治大学)中原大(城西大学)がついてきます。18km、中原が遅れ、田口、西池、文元の3人の争いです

鶴見中継所、1位 田口雅也(東洋大)14秒差の2位 文元慧(明治大)3位 西池和人(法政大)4位 油布郁人(駒澤大)5位 市田宏(大東文化大)6位 中原大(城西大)7位 勝亦祐太(日体大)8位 潰滝大記(中央学院)9位 大須田優二(中央大)10位 大池達也(順天堂大学)となります。インタビューで、東洋大OBの柏原竜二がどうしてキョロキョロしてたのか聞くと、田口は法政大との距離を確認していたと答えてましたね


続きを読む
posted by kaze at 14:09| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

第57回全日本実業団駅伝 ニューイヤー駅伝2013 コニカミノルタ 優勝

コニカミノルタのアンカー・松宮隆行選手が笑顔でゴールし、コニカミノルタが5年ぶり7回目の優勝を飾りました。タイムは4時間51分32秒です。おめでとうございます

第1区は12.3kmです。9時10分、37チームが群馬県庁をスタートします。宮脇千博(トヨタ自動車)がスパートし、大西智也(旭化成)がついていきました。1km2分53秒。3位集団は北村聡(日清食品グループ)が先頭です。5km14分10秒。宮脇と大西と3位集団の差は25秒と差が広がっていきます。7km、サングラスの宮脇がスパートし、大西を引き離し10mの差がつきました。2人とも苦しそうな表情です。3位集団は村刺厚介(YKK)が引っ張りますが、北村が遅れて行きました

10km28分23秒。1位は完全に独走となった宮脇千博(トヨタ自動車)が34分48秒。28秒差の2位が大西智也(旭化成)、3位 村刺厚介(YKK)4位 棟方雄己(カネボウ)5位 松岡紘司(マツダ)。村上康則(富士通)が30位、北村聡(日清食品)が31位と遅れましたね

第2区は8.3km、外国人選手が唯一走れるインターナショナル区間です。襷を受けたジョン・ツォー(トヨタ自動車)が独走状態をキープします。しかし猛追してきたパトリック・ムトゥンガ(トヨタ紡織)が徐々にツォーに迫りました。1位はツォー(トヨタ自動車)でしたが、2位のムトゥンガ(トヨタ紡織)が2秒差で区間賞となります。3位 ジョナサン・ディク(日立物流グループ)4位 エドワード・ワウエル(NTN)5位 アレム・デスタ(安川電機)でした


続きを読む
posted by kaze at 14:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。