過去ログページ

2013年03月31日

極北ラプソディ 瑛太


海堂尊原作「極北ラプソディ」のドラマ化作品です。今中良夫(瑛太)は北海道にある極北市民病院の外科医で、たった一人残った医師として、すべての科を診察しています。今中の恋人・並木梢(加藤あい)は、極北市民病院の近くのカンナ美容院で働く美容師です

加藤あいはドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」で、和泉遥を演じていたので、医者でないのが不思議な感じです。その「チーム・バチスタ2」に登場した速水晃一が「極北ラプソディ」にも登場していました。演じるのは西島秀俊でなく山口祐一郎です。速水は、極北市の隣りの雪見市にある雪見救命救急センター副センター長を勤めていて、花房美和も一緒でしたね

極北市民病院に、世良雅志(小林薫)が新院長として赴任してきます。再建請負人・世良は、赤字削減のため、入院病棟の閉鎖、緊急患者受け入れ拒否の方針を打ち出しました。世良の方針に反発し、多くの看護師や職員が辞めていきます。梢の祖父・並木彰吾は入院してましたが、世良は今中に退院をうながす役目を押し付けました。高橋昌也さん、実に良い味を出してますね。さらに、世良は梢の実父だったからビックリです

訪問診療をしながら、今中は医療を見つめ直していました。そんなある日、治療費を払っていない患者・田所豊作(徳井優)が腹痛を訴えて病院に来ます。しかし、別の救急患者の対応で、今中だけでなく、世良も手術に向かいました。田所は病院で診察を受けずに、帰る途中で死んでしまいます。世良の診療拒否が原因だと、マスコミから大バッシングです


続きを読む
posted by kaze at 00:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

純と愛 第26週 いきる 第149回〜第151回


連続テレビ小説 純と愛 第26週 いきる 第149回〜第151回

(第146回〜第148回)からの続きです。いよいよエンディングです。どんなラストを迎えるのかと思ってましたが、予想外の大どんでん返しが待ってました。決意表明したラストの純、凛々しい表情でしたね

純(夏菜)は愛(風間俊介)に声をかけてとみんなに頼みます。まず水野(城田優)が「起きないんだったら、俺が純ちゃんもらっちゃうぞ」と言いました。純が驚くと、水野は「冗談だよ。実は田辺君と婚約したんだ」と笑い、千香(黒木華)が「2人には絶対、式に出て欲しいの」と純に結婚式の招待状を渡します

忍(田中要次)は「自分も女将さんと結婚することができました」と結婚報告です。サト(余貴美子)が「ドラマチックじゃないだろう?こいつがしつこくてさ」と話し、忍が泣きだすと、サトは忍を平手打ち!

大先(舘ひろし)が「この流れで俺たちも結婚しちゃう?」と振ると、富士子(吉田羊)は「遠慮させて頂きます」と却下します。大先はホテル評論家になったと「本当に行っていいホテル、だめなホテル」という本を出し「君たちのホテルのことを書きたいから、元気になって社長を助けてやってよ」と励ましました。富士子は「カイザーオオサキの社長になったわ」と驚かせ「ウソよ。そんな甘い訳ないでしょ。でも、どんなことがあっても絶対あきらめないわ。ここに来て、そういう未来をつくってみせると決めた。待ってるわよ」と純の肩を抱きましたね

金城(石倉三郎)は、いつホテルはオープンするのかと動画を送ってきます。久世(朝加真由美)も登場しました。水野がホームページに書いてあったサービスを受けたいと言い出します。サトは蘭(映美くらら)のメイク、久世は正(速水もこみち)のゴットハンドマッサージ、忍はマリヤ(高橋メアリージュン)の豚まんを食べました

富士子はオープン前に直すところのメモをくれてから、羽純(朝倉あき)に「若者たち」をリクエストします。歌い出した羽純が、途中で止まったと思ったら「君のあの人は。今はもういない」という歌詞があったのです。水野と千香は「君はサモトラケのニケなんじゃないのか?辛いのは分かるけど、愛のためにも頑張ったら?」とサモトラケのニケの小さな像をプレゼントしてくれます

サトからいろいろ聞いたという大先は「ひらがなの「と」の言葉でたくさんの人を結びつけたり、サトやを再建したこととか、みんな待田純という人間が存在したからあったことさ。ここにいる全員が、そんな待田純のおかげで今がある。みんな待田純にホテルをやり続けて欲しいって思ってんだ」と言い、サト「みんなのために早くここを魔法の国にしたら?そしたらアンタたちモデルにしてドラマ書くから」と話しました

純が「ありがとうございます。でも、今の待田純をつくったのは待田愛なんです。彼への愛と感謝を込めてこのホテルを作ったんです。だから、愛君が目覚めてくれないと、ここは魔法の国にはならないんです。ちゃんと私の手を握って、私の目を見て話しかけてくれないと。ごめんなさい」と2階へ行ってしまいます。正が呼び止めようとすると、富士子が「信じて待ちましょう。彼女ならきっと大丈夫です」と腕をギュッとつかみましたね


続きを読む
posted by kaze at 10:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

夜話 からふる#004

久しぶりに、演劇を見に行ってきました。場所は東中野にあるRAFTという小劇場でした。喫茶店を舞台に繰り広げられる5つの物語が、オムニバス形式で展開されていきます。面白いパートや穏やかなパートが入り交じっていて、楽しかったです

「くちこみ」は、マスター(市森正洋)の店に、ヒロエ(丸山朋子)ナナオ(五十嵐沙紀)がやってくるのですが、不思議な関係になってます。途中で宮崎駿の世界にもひたれましたよ(笑)

「オーラの水たまり」は、店長(中山数基)の店で占い師・マリリン(井上奈保)が寝過ごしてしまって、めるたん(仲田紗良)が迎えに来ます。いったんいなくなったマリリンが再登場して笑わせてくれましたね

「日活撮影所から来た男」は、店長(市森正洋)の店に、獅子嚇旭(立川弦祐)和泉マサミ(阿紗花)城之内マキマキ☆マキ(小岩井綾乃)が登場です。3角関係なんですが、熱い演技で観客も巻き込まれていきました!「カイン」は、店長(市森正洋)兄(市森正洋)客(しまおみほ)が出演です

「さくらの庭」は、店長(ヨイチ)(中山数基)ヨリコ(丸山朋子)チエ子(渡辺さゆみ)がそれまでのパートと違って、静かな世界を繰り広げていました。やはり目の前で生の演技を見ると、独特な刺激を受けますね
posted by kaze at 18:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

純と愛 第26週 いきる 第146回〜第148回


連続テレビ小説 純と愛 第26週 いきる 第146回〜第148回

台風の日から2週間経ちますが、愛(風間俊介)の意識は戻りません。純(夏菜)が声をかけますが、愛は眠ったままです。多恵子(若村麻由美)が先生が話があると呼びに来ます

医師(林英世)は手術から昏睡状態が続いてるので、目覚めるのが厳しいと話しました。「うそや!」と驚く誠(岡本玲)の肩を、謙次(堀内正美)が抱きます。腫瘍が脳幹に食い込みすぎて手術もできず、点滴と胃に栄養剤を送って、今の状態を維持するだけというのです

ホテルサザンアイランド、純は正(速水もこみち)マリヤ(高橋メアリージュン)蘭(映美くらら)士郎(岡田篤哉)羽純(朝倉あき)に、医者から愛が一生目覚めないと言われたと報告します。そして奇跡を信じることにしたが、ホテルのオープンを延期してと頼みました

剛(渡部秀)と一緒に晴海(森下愛子)が来ますが「従業員の方ですか?」と純にたずね「うちの父はどこですか?」と聞いてきます。晴海が近づいていくと、勇気がハイハイを始めて、みんな笑顔になりましたね

夜、純は愛のマッサージをしながら、晴海のことや勇気のことを話します。純が私たちも子どもを作っておけばよかったと手を握ると、愛の手がピクリと動きましたが、愛は眠ったままです。純は「私、あきらめないからね。愛君が目を覚めしてくれるなら、どんなことでもしてみせる」と愛の指を動かしました


続きを読む
posted by kaze at 23:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

ビブリア古書堂の事件手帖 最終話 江戸川乱歩 押絵と旅する男


(第10話)からの続きです。鹿山明(須永慶)が少年探偵団シリーズを隠していたソファーの下から、直美(横山めぐみ)は鍵もあると白いケースを出しました。しかし、空っぽです

最終回は金庫の謎解きだけでなく「江戸川乱歩 押絵と旅する男」の第一稿の行方、栞子(剛力彩芽)と智恵子(安田成美)との確執も描かれていて、実にスリリングでしたね

栞子と大輔(AKIRA)は、来城慶子(高樹澪)邦代(松田美由紀)姉妹を別宅に訪ね、経緯を説明しました。栞子は智恵子に鍵を奪われたので、暗証文字は先に見つけると敵意をあらわにします

ビブリア古書堂へ帰ってくると、智恵子が待っていて、ビックリです。智恵子は金庫の中に「押絵と旅する男」の第一稿が入っていると言い、志田(高橋克実)も「そんなバカな」と出て来ました。鹿山の実の父親は名古屋の大須ホテルに勤めていて、昭和2年に乱歩はそのホテルに泊まって、第一稿が破り捨てたというのです。智恵子は「ねえ?金庫の中にあるものがホントに幻の第一稿だったら、どんなことをしてでも、読んでみたいと思わない?」といたずらっぽく笑い、一緒に暗号を解こうと誘ってきました。でも栞子はきっぱり断りましたね


続きを読む
posted by kaze at 12:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

八重の桜 第12回 蛤御門の戦い


大河ドラマ 八重の桜 第12回 蛤御門の戦い

京の覚馬(西島秀俊)は鉄砲隊を率い、長州勢と戦うことになりました。禁門の変、蛤御門の戦いです。一方、会津の八重(綾瀬はるか)には、尚之助(長谷川博己)との結婚話が持ち上がりましたね

孝明天皇(市川染五郎)が「長州の軍勢、速やかに掃討せよ」と長州討伐の勅命を出され、会津藩も出陣します。一番隊は伏見の長州の主力を迎え撃ち、二番隊は御所の警固、大砲隊は御所と伏見の2手に別れました。配置図を見ていた覚馬は「何か引っかかる。伏見の軍勢、まことに長州の主力か?」と疑問を感じますが、梶原平馬(池内博之)は間違いないと答えます。会津の主力が伏見に向かったと知り、久坂玄瑞(須賀貴匡)は「間隙を突いて、一気に御所に攻める」と命じました。覚馬の思った通りだったのですね

元治元(1864)年会津山本家、権八(松重豊)がうなりながら文を読んでいるのを、八重とうら(長谷川京子)が不思議そうに眺めます。やがて権八と佐久(風吹ジュン)が部屋にこもって話しだしたので、覚馬に何かあったのかと心配し、襖を開けて、何が書いてあったのかと問いただしました

すると権八は「覚馬は無事だ。案ずることはねえ。話というのは八重の縁談だ。尚之助殿と夫婦になれ。これは覚馬の考えだ。尚之助殿は仕官が叶わなかったけんじょ、八重の婿になれば、話は違ってくる。藩士になれば新式銃の話も進められる」と乗り気です。八重は「私は嫌でごぜいやす。そのお話、お断りいたしやす」と頑固に拒否しましたね


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

卒業制作展2013 多摩美術大学八王子キャンパス

多摩美術大学の八王子キャンパスで、開催されていた卒業制作展へ行ってみました。八王子キャンパスは去年初めて訪れて、今回は2回目です。広いキャンパスを歩きまわって、充実感もあったのですが、疲れてしまいました(笑)

まずは、情報デザイン芸術学棟です。芸術学科、情報デザイン学科の作品がありました。パソコンの中で表現されたソフト、映像から、ピンクの象、大きなクマ、謎の昆虫などの造形物が目をひきます。いきなり作品の幅広さを魅せてくれました

テキスタイル棟へ移動して、生産デザイン学科の作品です。編む、織る、染める、プリントで仕上がった作品が、迎えてくれました。上から吊るされた傘とビニールのソファーが気になりました

工芸棟は、工芸学科の作品です。青山スパイラルホールでも展示が行われていました。陶器、ガラス、金属などで作られた作品群に圧倒されます。本当にいろいろな表情を見せてくれましたね


彫刻学科は、塑造棟、彫刻金属棟、諸材料棟、石彫棟、木彫棟に別れています。工芸学科の作品に比べると、大きな作品があって、迫ってくるようでした。大きな方舟に驚いていたら、一番置くに白いパラシュートの作品があって、さらにビックリです!

デザイン棟は、グラフィックデザイン学科、生産デザイン学科、環境デザイン学科の作品などが展示されています。1階にあった自転車で大きな樽を動かす作品が目立ってましたね!工場長に扮した製作者の方が説明してくれました!グラフィックの作品は、かわいらしく華やかな感じでしたね。環境デザイン学科の建築系の作品は、あまり斬新さはないという先入観があったんですが、これまでになく個性的です

絵画東棟、絵画北棟、共通教育センターには、絵画学科の作品が並んでいます。日本画といっても近代的な作品もあり、版画だと言われてもまったく気が付かない作品があって、垣根はまったくありません。部屋いっぱいに展示されている画を見ていると、その中に引き込まれていく危険を感じます

ラストはメディアセンターにある情報デザイン学科の作品でした。こちらも様々な手法で表現された作品があって、おもしろかったです。今年は作品の配置がなんとなくわかっていたので、ペース配分を考えて、鑑賞することができました。疲れたけれど、去年より楽だった気がします(笑)

「多摩美術大学工芸学科卒業制作展2013」
「多摩美術大学」
「卒業制作展2012 多摩美術大学八王子キャンパス」
posted by kaze at 00:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

純と愛 第25週 あいしてる 第143回〜第145回

(第140回〜第142回)からの続きです。車イスに乗った愛(風間俊介)は、純(夏菜)とともにホテルへ戻ってきます。入り口の戸を正(速水もこみち)剛(渡部秀)が開けると、マリヤ(高橋メアリージュン)蘭(映美くらら)羽純(朝倉あき)が出迎え「いらっしゃいませ!ホテルサザンアイランドへようこそ」とみんなそろってあいさつしました。オープン前の最後の研修ということで、愛を迎えることにしたのです

羽純に案内され、愛と純は2階の部屋へ行きました。愛が居心地が良さそうと部屋をほめてから「羽純ちゃん、ありがとう、純さんと親友になってくれたんでしょ」とお礼をすると、羽純は感慨深げでしたね

ビューティサロン、愛は蘭に髪を切ってもらうことにします。愛は「純さんに厳しく接してもらえませんか。甘やかされると伸びないタイプだと思うんです。こんなこと頼めるの、あゆみさんしかいないんです、あなたは本当に信頼できる人だし、どんな時だって冷静に純さんのこと見守ってくれる人だと思うんです」と頼みました

刈り上げになった愛は、マッサージルームで正にゴットハンドマッサージしてもらい気持ちよさそうです。正が純と結婚して後悔してないかと聞くと、愛は「正直、そう思ったこともあります。でもそれ以上に素敵なものをたくさんもらいました。お兄さんとも兄弟になれたし。お兄さんは本当に頼りになります。お兄さんがお兄さんだったから、純さんはここまでやってこれたんです。それだけは忘れないで下さい」と話します

壁の絵の前で、剛は誠(岡本玲)に告白しようとしたけどダメだったと打ち明けると、愛は誠も剛が好きだと励ましました。マリヤの料理を食べた愛はおいしいと言ってから「これからはマリヤさんの料理を作って下さい。作るのはマリヤさんなんだから」とアドバイスすると、愛は「もう2度と会えないみたいなこと言わないで」と泣き出します

そこへ久世(朝加真由美)が登場です。ベージュのパンツに白いブラウスのユニフォームを持ってきてくれ、みんなが着替えました。愛の分もあります

愛が病院へ帰りたくないと言ってると、晴海(森下愛子)キン(吉田妙子)がやって来ました。晴海が「愛さんはどこ?」と聞くので、愛が「愛君は入院中なんです。でも元気になって必ず戻ってきますから」と説明すると、晴海は「はい」とうれしそうでしたね


続きを読む
posted by kaze at 10:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

最終特快

第36回創作テレビドラマ大賞を受賞した「最終特快」をドラマ化した作品です。はじめは主人公の南和彦(三浦貴大)のいらついた感じがこちらにも伝わってきて嫌な感じでしたが、ラストには温かい気持ちが湧いてきましたよ

離婚調停を明日に控えたサラリーマン・南和彦は、最終特別快速に乗りますが、寝過ごしてしまい、見知らぬ駅で下ります。駅員は柄本時生でしたね。タクシーに乗りましたが、運転手・斉藤(戸次重幸)を怒らせ、車から降ろさただけでなく、不良3人組に絡まれ、時計を取られてしまいました

和彦は殴られ駐車場で倒れてると、軽自動車が入ってきて、ひかれそうになります。運転していたのは木村春菜(佐津川愛美)でした。コスプレしてましたが、結婚していて、夫とうまく行ってない様子です。ファミレスで、和彦は春菜の夫の気持ちがわかると肩を持ち、春菜と大ケンカしてしまいます。しかし春菜は、和彦を近くのビジネスホテルへ送ってくれることになりました

ところが和彦は、盗まれた時計が妻(中村ゆり)からの大切な贈り物だと思い返し、奪い返そうと思い立ちます。うまい具合に、コンビニ前でたむろしていた3人組を発見しますが、返り討ちにあってしまいました。そこへタクシー運転手・斉藤がやってきて、3人組を蹴散らしてくれます。和彦が離婚調停の通知をタクシーに忘れたので、持ってきてくれたのです。斉藤は「向き合わないといけないときがある」と罰が悪そうでした。斉藤にも何か過去があるみたいでしたね


続きを読む
posted by kaze at 21:40| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

純と愛 第25週 あいしてる 第140回〜第142回


連続テレビ小説 純と愛 第25週 あいしてる 第140回〜第142回

愛(風間俊介)に脳腫瘍という診断が下ります。驚きの展開というより、ここで愛の病気を持ってくるとは、ちょっとずるい展開だと感じましたね(笑)酸素マスクをつけベットで寝ている愛に、純(夏菜)が付き添ってると、誠(岡本玲)が来たので、事情を説明します

やがて愛が意識を取り戻しました。愛は「生きてて良かった。だって僕が死んだら、純さん悲しむから」と笑い、ホテルは予定通りオープンさせてと話します。ホテルサザンアイランドに戻った純は、みんなに協力を頼みました。剛(渡部秀)にホテルの看板やロゴの作成を頼むと、羽純(朝倉あき)も手伝うと言います。正(速水もこみち)は大工仕事、マリヤ(高橋メアリージュン)はシェフです。誠も残ってDMの宛名書きを手伝うことにしました

晴海(森下愛子)は正だけでなく、剛のことも愛と間違えます(笑)そのことを聞いた愛は申し訳なさそうです。マリヤが特製豚まん作りで困ってるというので、愛はレシピを書こうとしますが、すごく眠くなったと寝てしまいました。純は「ごめんね、愛君。私がもっと早く病気のこと気付いてあげてたら、こんなことにならなかったのに」と悔やみます


続きを読む
posted by kaze at 17:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

ビブリア古書堂の事件手帖 第10話 江戸川乱歩 少年探偵団


旧日本軍の特注品である金庫の暗号解きかと思っていたら、栞子(剛力彩芽)の母・智恵子(安田成美)がついに登場します。やさしい笑顔の裏に、栞子が嫌う嫌な部分が見えました。物語もクライマックを迎えましたね

栞子と大輔(AKIRA)は、来城慶子(高樹澪)妹・邦代(松田美由紀)の洋館を訪ねます。慶子は声帯の手術を受けたというので、邦代が代わりに話しました。慶子の夫が昨年のクリスマスに死去したので、江戸川乱歩コレクションを売りたいというのですが、金庫の暗号を解いてと条件をつけてきます。本だけでなく雑誌やグッツもありましたね。栞子は志田(高橋克実)文也(ジェシー)に金庫を開けるには、鍵、4桁のダイヤルナンバー、暗証文字がいると話しました

コレクションの1冊がヒトリ書房が売ったとわかり、井上太一郎(佐野史郎)を訪ねます。井上は留守で、鹿山直美(横山めぐみ)という女性が迎えました。やがて戻ってきた井上に、来城慶子についてたずねますが、井上は「知らない」と冷たいです

志田と藤波(鈴木浩介)の話から、直美の父親は政治学者・鹿山明(須永慶)でクリスマスに事故死し「1915」というダイイングメッセージを残したこと。直美は離婚し実家に戻っていることなどがわかります。再び来城家を訪ねると、慶子は明の妾だったことを認め、明の息子・義彦(名高達郎)からは屋敷を使っていいと言われてると打ち明けました。栞子は明のコレクションの中に、少年探偵団シリーズと少年探偵手帳がないことを気にしてましたね


続きを読む
posted by kaze at 12:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

侍ジャパン 準決勝敗退

第3回ワールド・ベースボール・クラシック、準決勝で侍ジャパンは1−3でプエルトリコに破れ、3連覇はなりませんでした。残念でしたね。侍ジャパンのメンバー、本当にお疲れ様でした!

1回表、先発の前田健太選手は、2アウト1、2塁からセンターへタイムリーヒットを打たれ、0−1と先制されてしまいます。しかしその後は、プエルトリコ打線をきっちり抑えましたね

6回から能見篤史投手に交代しますが、7回表、ライトへヒットを打たれた後、2ランホームランを浴びて、0−3と突き放されます


8回裏、鳥谷敬選手が3塁打を打つと、井端弘和選手がライトへのタイムリーヒットで1−3としました。続く内川聖一選手もライト前ヒットで、反撃ムードです

しかし、ランナー1、2塁の場面、1塁の内川選手は盗塁をしますが、2塁の井端選手は動けません。内川選手は1、2塁間に挟まれ、アウトとなります。阿部慎之助選手がセカンドゴロで追加点を奪えませんでした。9回裏は得点できずゲームセットとなります

決勝では、準決勝で侍ジャパンを倒したプエルトリコを、ドミニカ共和国が破って、初優勝を果たしました。3−0で勝ったドミニカ共和国は8戦全勝で世界一なのですね

「侍ジャパン10−6オランダ」
「WBC 侍ジャパン優勝!2大会連続世界一!」
posted by kaze at 21:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八重の桜 第11回 守護職を討て!


大河ドラマ 八重の桜 第11回 守護職を討て!

三郎(工藤阿須加)はただ単に都へ上りたいだけかと思っていたら、深い考えがあったのですね。それを気づかせてくれたのは尚之助(長谷川博己)です。三郎と尚之助の会話を聞いて、八重(綾瀬はるか)はうれしそうでした

「ならぬことは、ならぬ!」と三郎が権八(松重豊)から叱られているので、八重、佐久(風吹ジュン)が恐る恐る近づいて行きます。三郎は都へ派遣される佐川官兵衛(中村獅童)の隊に入りたいと言い出したのです

元治元(1864)年7月11日、佐久間象山(奥田瑛二)が尊皇攘夷派の浪士に暗殺されてしまいます。広沢富次郎(岡田義徳)から知らせを受け、覚馬(西島秀俊)は変わり果てた象山と対面しました。覚馬は刺客が残した斬奸状を見て、激怒します

三郎はまだ16才なので佐川の元では働けないと八重が心配すると、尚之助は上の2人が勇ましいので独り立ちするのは大変だと三郎の肩を持ちました。高木家へ行った八重が子どもたちに厳しく裁縫を教えるので、ユキ(剛力彩芽)が調練みたいと笑います。八重が刺繍をほめると、ユキは「好きなことは、何ぼでもできる。姉様の鉄砲と一緒だなし」と答えました。澄江(宮下順子)は時尾(貫地谷しほり)から文が来たので呼んで欲しいと頼んできます


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

浅田真央3位 村上佳菜子4位 世界選手権2013

フィギュアスケート世界選手権女子、浅田真央選手(中京大)が3位で銅メダル、村上佳菜子選手(中京大中京高)は4位、鈴木明子選手(邦和スポーツランド)が12位となりました。またソチオリンピックの出場枠3は確保です。優勝は、2年ぶりの世界選手権出場のキム・ヨナ選手、2位はカロリーナ・コストナー選手でした

浅田真央選手はSP6位で、フリーの曲は「白鳥の湖」です。ちょっと緊張した表情で演技をスタートします。最初の3アクセルはバランスを崩し、次の2連続ジャンプは3フリップになってしまいました。3ルッツ、3ループ−2ループを決めると、フライングチェンジフットキャメルスピンはきれいです。後半の3アクセル−2トゥループ、3サルコウ、3フリップ−2ループ−2ループは完璧で、ストレートラインステップシークエンスでは笑顔とパワフルさを魅せてくれました。演技を終えるとほっとした表情になりましたね。フリーは134.37点のシーズンベストで、合計196.47点を獲得、暫定2位で、最終的に3位となります

村上佳菜子選手はSP6位で、曲「アストル・ピアソラ・メドレー」でフリーに挑みます。最初の3ルッツ、3ループ−2トゥループはきれいで高いジャンプです。3フリップを決め、続くステップシークエンスは誰かと踊っているようでした。ガラリと曲調が変わると、ビールマンスピンはみごとです。後半は3ループはきれいでしたが、次の3フリップの後のシークエンスがシングルアクセルになってしまいました。しかし、3サルコウ−2ループ−2ループ、3トゥループで切り替えます。観客の手拍子も味方して、コレオシークエンス、コンビネーションスピンで演技を終えました。フリーで123.09点のシーズンベストで、合計189.09点を獲得、暫定1位で、最終的に4位でした

鈴木明子選手(邦和スポーツランド)は曲「シルク・ドゥ・ソレイユ」でフリーに挑みます。しかし最初のフリップで手をつき、続くジャンプで転倒してしまいました。後半のジャンプで盛り返しましたが、フリーで103.42点、合計164.59点で、12位に終わります

「フィギュアスケート世界選手権2013」
「浅田真央優勝 鈴木明子2位 村上佳菜子3位 四大陸2013」
posted by kaze at 23:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生結弦 4位 高橋大輔 6位 世界選手権2013

フィギュアスケート世界選手権男子、羽生結弦選手(東北高)が4位、高橋大輔選手(関大大学院)は6位、無良崇人選手(中京大)が8位となり、日本男子は表彰台を逃しました。かなり残念な結果でしたが、カナダと共にソチオリンピックの出場枠3は確保です

羽生結弦選手はSP4位で、曲「ノートルダム・ド・パリ」でフリーに挑みます。最初の4トゥループは低い着氷できれいでしたが、続く4サルコウは右手をついてしまいました。3フリップの後の表現力豊かなステップで魅せると、ゆったりした曲調になって後半に入ります。3アクセル−2トゥループ、3アクセル−2トゥループ、3ループ、3ルッツ−2トゥループ−2トゥループ、3ルッツとジャンプは完璧です。イナバウアーからコンビネーションスピンへ移り、最後は両手を突き上げるようにして演技を終えます。しかし、リンクに足をついてしまいましたね

キス・アンド・クライの羽生選手は、左ヒザを押さえて苦しそうな表情をしてました。フリーは169.05点で、合計244.99点を獲得、暫定1位で、最終的に4位となります


続きを読む
posted by kaze at 00:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

純と愛 第24週 かぞくきねんび 第137回〜第139回

(第134回〜第136回)からの続きです。「スタジオパーク」に夏菜が出演してました。笑いながら話してましたが、あっちからも叩かれ、こっちからも叩かれと、批判の意見がやはり多かったようです。母親からの手紙には涙を見せてましたね

プレオープンは明後日、純(夏菜)が愛(風間俊介)に、多恵子(若村麻由美)謙次(堀内正美)が来れないと話してると、誠(岡本玲)がやっぱり帰るとカバンを持って来ました。純は誠を止めて、招待状に書くことを忘れたと多恵子と謙次にメールします

看板メニューが決まらないだけでなく、経費が少なく食材もわずかしかありません。ホテルの名前も決まりません。羽純(朝倉あき)は、文句ばかりの誠を責め、険悪な空気になります

晴海(森下愛子)が勝手に壁を青く塗りだして、剛(渡部秀)が大慌てです。正(速水もこみち)もおもしろそうだと加わり、おじいのホテルを描きだしました。剛は「いけるかも」と納得しましたね

一方、マリヤ(高橋メアリージュン)が差し入れで持ってきた豚まんの皮で、愛の肉野菜辛みそ炒めを包んで一緒に食べると、おいしいと次は大喜びです。看板メニューも完成しました

壁には、海の近くのおじいのホテルの絵が描かれます。勇気がネックレスに手を伸ばすので、純が渡そうとしますが、落としてしまいました。それを愛が拾って渡そうとするのを見て、剛は「ストップ!人が足りなかったんだ」と「と」の次を描き足します。やっと絵も出来上がりましたね


続きを読む
posted by kaze at 09:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

フィギュアスケート世界選手権2013

カナダ・オンタリオ州ロンドンのバドワイザー・ガーデンズで、フィギュアスケート世界選手権が始まりましたが、日本勢のショートプログラム(SP)は、今ひとつのスタートですね

男子は、高橋大輔選手(関大大学院)が84.67点で4位、羽生結弦選手(東北高)は75.94点で9位、無良崇人選手(中京大)が73.46点で11位です。1位はパトリック・チャン(カナダ)でした

女子は、村上佳菜子(中京大中京高)が自己ベストの66.64点で3位に入りましたが、浅田真央選手(中京大)が62.10点で6位、鈴木明子選手(邦和スポーツランド)は61.17点で7位となります。1位は2季ぶりに復帰したバンクーバーオリンピック金メダル・キム・ヨナ選手です。日本勢はフリーで巻き返ししてくれるでしょうね

「浅田真央優勝 鈴木明子2位 村上佳菜子3位 四大陸2013」
「羽生結弦 2位 高橋大輔 7位 四大陸2013」
posted by kaze at 23:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

純と愛 第24週 かぞくきねんび 第134回〜第136回


連続テレビ小説純と愛 第24週 かぞくきねんび 第134回〜第136回

いよいよ「純と愛」の放送もあと3週間となりましたね。宮古へ引越して1ヶ月、純(夏菜)愛(風間俊介)たちはホテルのオープンに向けて準備をすすめています。晴海(森下愛子)は平良商店で、キン(吉田妙子)や島の人たちと体操をしていました

羽純(朝倉あき)に続いて、蘭(映美くらら)士郎(岡田篤哉)も宮古へやって来ます。正(速水もこみち)のゴッドハンドマッサージ、蘭のビューティーサロン、羽純の人間ジュークボックスをサービスすることになりました。壁が殺風景なので、剛(渡部秀)に絵を描いてもらえばとマリヤ(高橋メアリージュン)が提案します

剛が帰ってくると、晴海は自分が電話したことを覚えてません。思ったことをすぐ忘れるので、メモすることにしたと説明し「私は病気に負けないよう、頑張るからね。どんなに苦しくても生きていくからね、家族みんなのために」と読み上げます。純が「私たちもお母ちゃんのためなら何でもするからね」、正が「頼りないかもしれないけど、何でも言って」と励ますと、晴海はうれしそうでしたね

純と愛はホテルに泊まることにします。ブランコに乗りながら、純は愛に家族に連絡してみたらと話しました。腕時計を見てる愛が、家族がバラバラになってるのを気にしてると思ったのです。誠(岡本玲)に電話すると、本人が登場し「うちもここで働かせてくれへんかな」とマスクを取りました


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

侍ジャパン10−6オランダ

第3回ワールド・ベースボール・クラシック、決勝トーナメント進出を決めた侍ジャパンは、10−6でオランダを破って、2次ラウンド1位通過しました。おめでとうございます!

1回表、先発の大隣憲司選手は、先頭打者ホームランを打たれ、0−1と先制されてしまいます。しかし2回裏、侍ジャパンの打線が爆発!阿部慎之助選手がホームランで同点とすると、松田宣浩選手はタイムリーヒットで2−1としました。さらに、長野久義選手がタイムリーツーベースで5−1とし、阿部慎之助選手が1イニング2発目となる3ランホームランで、8−1と突き放します。このままワンサイドゲームかと思っていたら、オランダの反撃を受けましたね

7回表、森福允彦投手がタイムリーヒットと犠牲フライで2点を奪われ、8−3とされます。8回表、山口鉄也投手がつかまり、8−5になりました。交代した涌井秀章投手も1点を奪われ、8−6と2点差に追いつめられます

8回裏、中田翔選手がヒットで出ました。松田選手がファーボールで出塁すると、盗塁でランナー2、3塁とします。ここで長野選手がレフト前ヒットを打って、2点追加!10−6とオランダを突き放しました。嫌な空気をみごとにふっ飛ばしましたね。9回表、牧田和久投手はランナーを出しながらも0点で抑え、ゲームセットとなります

「侍ジャパン16−4オランダ」
「WBC 侍ジャパン優勝!2大会連続世界一!」
posted by kaze at 00:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

ビブリア古書堂の事件手帖 第9話 タヌキとワニとイヌが出てくる、絵本みたいな本


最初は題名のわからない本探しでしたが、やがて、いがみ合ってる母と娘の仲を取り持つことになります。最後は温かいものが残りましたね

篠川栞子(剛力彩芽)五浦大輔(AKIRA)が写真集専門の古書店へ行くと、高坂晶穂(矢田亜希子)が声をかけてきます。晶穂は大輔の高校時代の同級生でした。カメラマンとなった晶穂は、野上司(望月章男)とともに写真展を開いていたのです

栞子が古書店の店主だと知った晶穂は、絵本を探してと頼んできました。作者も書名もわからないが、外国が舞台で、動物がいろいろ出てきて、みんなで家を建てるというのです。主人公はタヌキだと言って、その絵を書いてみせました。しかし、さすがの栞子もわかりません

CAFE廿庵、奈津美(北川弘美)から「どうだった元カノとの再会は」と聞かれ、栞子の前の大輔は気まずそうな顔です。亜弥(トリンドル玲奈)さやか(内藤理沙)も食いついてきます。藤波(鈴木浩介)は、絵本は存在しなくて、ヨリを戻したいだけだと推測します


続きを読む
posted by kaze at 12:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

八重の桜 第10回 池田屋事件


大河ドラマ 八重の桜 第10回 池田屋事件

山本八重(綾瀬はるか)と川崎尚之助(長谷川博己)、ちょっとだけ色っぽいシーンがありましたが、2人はすぐに話題を変えてしまいましたね。一方、京では新選組が池田屋事件を起こし、会津藩が武力への道へ進んでしまいます

佐久間象山(奥田瑛二)が会津藩洋学所を訪ねて来ました。覚馬(西島秀俊)は笑顔で再会を喜びます。半月ほど前、幕命により上洛したという象山は「止まった歯車を回し、時を前へ進めるのだ。朝廷に開国を解くのだ」と打ち明けました

元治元(1864)年、会津黒河内道場、八重と時尾(貫地谷しほり)は薙刀の稽古を行います。いよいよ時尾が右筆として城に上がることになり、しばらく会えなくなると残念そうです。時尾は、大蔵(玉山鉄二)がいつも八重を見ていて妬ましかったと謝ると、八重も時尾が右筆に選ばれ妬ましかったと返しました。そこへ、ユキ(剛力彩芽)がかけてきます。八重と時尾が果し合いしてると勘違いしたのです(笑)

二条城、一橋慶喜(小泉孝太郎)松平容保(綾野剛)が長州藩士が京に潜伏していると話してる横に、京都所司代・松平定敬(中村隼人)がいます。定敬は容保の実弟なのですね。容保が京都守護職を辞したいと頼むと、慶喜は「共に命を捨てる覚悟で、都をお守り致そうぞ」と容保の肩をたたきます


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

侍ジャパン16−4オランダ


第3回ワールド・ベースボール・クラシック、2次ラウンド1組、日本代表・侍ジャパンは、16−4でオランダを7回コールド勝ちで下しましたね。これでアメリカサンフランシスコで行われる決勝トーナメント進出です。おめでとうございます!

1回表、1番に起用された鳥谷敬選手が先制ホームランを打ちましたね。台湾戦の9回2アウトからみごとな盗塁を見せた鳥谷選手、豪快なホームランでした。2回表には打線が爆発!松田宣浩選手が2ランホームランを打つと、内川聖一選手が3ランホームランで6−0と、オランダを突き放します

3回表、稲葉篤紀選手がソロホームランで1点追加すると、4回表、糸井嘉男選手が3ランホームランを打ちました。5回裏、阿部慎之助選手がタイムリーヒット、6回裏、松田選手がタイムリーヒットで、12−0とワンサイドゲームの展開です


先発の前田健太投手は、5回を1安打、9奪三振と完璧なピッチングでしたね。6回裏から交代した内海哲也投手は3点を奪われましたが、山口鉄也投手が1点で抑え、12−4となりました

侍ジャパンの攻撃はまだまだ続きます。坂本勇人選手が満塁ホームランを打ち、16−4としました。最後は涌井秀章投手がピシャリと抑え、ゲームセット。強い侍ジャパンを見せつける試合でしたね!

「侍ジャパン4−3台湾」
「WBC 侍ジャパン優勝!2大会連続世界一!」
posted by kaze at 22:42| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ウィメンズマラソン2013 木崎良子優勝  野口みずき3位

木崎良子(ダイハツ)が、2時間23分34秒の自己ベストで優勝を飾りました。今大会はモスクワ世界選手権の代表選考レースで、派遣設定記録の2時間24分を切って、世界選手権代表に内定です。おめでとうございます!また、野口みずき(シスメックス)も2時間24分05秒の3位。みごとに復活しましたね

気温15℃、湿度39%の中、ナゴヤドームをスタート。1万5千人のランナーのスタートは迫力ありましたね。1km3分23秒、5km17分2秒です。2つに別れていた先頭集団が、1つになり大集団となります

10km33分55秒。アテネオリンピック金メダリストの野口は、レースを引っ張っていきました。ロンドンオリンピック16位の木崎も集団にいます。15km50分48秒。アフリカ勢がペースを上げますが、野口、木崎はついていきました。しかし、堀江美里(ノーリツ)加藤麻美(パナソニック)が遅れていきました

20km1時間7分49秒、中間点は1時間11分32秒。このままいけば、2時間24分以内です。早川英里(TOTO)宮内洋子(京セラ)が遅れてしまい、先頭集団は7人となります。25km1時間24分49秒。29km、19才のベルハネ・ディババ(エチオピア)がスパートしますが、野口と木崎が追いつきます


続きを読む
posted by kaze at 15:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

純と愛 第23週 あいのために 第131回〜第133回

(第128回〜第130回)からの続きです。純(夏菜)愛(風間俊介)はちょっとギクシャクした感じだけど、少しずつ別荘が片付いていってます。電話してきた愛に、多恵子(若村麻由美)が今までにない表情で応えましたね

晴海(森下愛子)が起きたので、どんなホテルを作って欲しいか聞くと「純が作りたいと思うホテルを作るのが、私は一番うれしいさ」と答えます

別荘は、愛の応急処置で雨漏りが止まりました。愛は内装や家具は自分が作ると言い出します。平良商店、純が選んだものが宮古っぽくないので、愛は不機嫌になりました。純は手品で笑わせようとしますが、愛は乗ってきません。キン(吉田妙子)がお茶を飲むかと誘うと、愛は帰ってしまいます

キンは気晴らしに、ジュークボックスを聞いてみるかと言ってくれました。純はひな祭りをかけます。勝(柳下大)はお金を持って出て行ってしまったとキンはさびしそうでしたね

愛は多恵子(若村麻由美)に電話します。愛が「宮古はきれいだし、純さんと同じ目標に向かっていて、毎日幸せ…のはずなんですけど、何か不安で。人の本性が見えなくなってせいか、周りの人がどう思っているか、やたら気になったり、他の人のやることが許せなかったり。昔の嫌な自分に戻ってるような気がして。ただ怖いんです。でも何が怖いのか分かんなくて」と話しました

多恵子が純に相談すればと言うと、愛は「何だかイラついてしまんです。それが情けなくて。純がいなくなったときから、僕の時間は止まってるような気がして」と答えます。すると多恵子は「だったら私に電話すれば?結論は出ないかもしれないけど、話すだけでも少しは楽になるから」とやさしい言葉です

純が戻ってきたので、電話を切りました。純がブランコを買ってきたので、取り付けます。純は「名付けて、仲直りのブランコ!」とドラえもんみたいです。キンによると、ケンカして素直に謝れないとき、ブランコをこいでいるうちにケンカしたことを忘れ、素直に謝れるというのでした。愛は怒ってないと言いますが、笑顔は見えません


続きを読む
posted by kaze at 09:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

侍ジャパン4−3台湾

第3回ワールド・ベースボール・クラシック、2次ラウンド1組、日本代表・侍ジャパンは、4−3で台湾を破りました。手に汗握る、白熱した試合でしたね

3回裏、先発の能見篤史投手は、満塁から押し出しのファーボールを出し、先制点を与えてしまいます。5回裏、2番手の摂津正投手は1アウト2塁からタイムリーヒットを打たれ、2点目を奪われました

6回裏、田中将大投手が登板です。気合のピッチングで、台湾打線を抑え、7回裏には雄叫びも出ましたね!


8回表、井端弘和選手がヒットで出塁すると、続く内川聖一選手もライトへのヒットで、1、3塁とします。ピッチャー交代の後、阿部慎之助選手がタイムリーヒットで、1−2になりました。2塁の阿部選手に代わって、本多雄一選手が代走で出ます。坂本勇人選手がレフトへのタイムリーヒットで、ついに2−2の同点です

8回裏、田中投手は3連続ヒットを打たれ、2−3と勝ち越されます。ピッチャー交代した山口鉄也投手、沢村拓一投手がピシャリと抑えましたね

9回表、鳥谷敬選手がファーボールで出ると、2アウトながら2塁へ盗塁!そして井端弘和選手、センター前にタイムリーヒットで3−3の同点とします!鳥谷選手、井端選手、すごいですね!

**
10回表、相川亮二選手がライト前ヒットを打ち、糸井嘉男選手がファーボール。坂本選手が送りバントで、2、3塁とします。そして、中田翔選手が、ホームランかと思えるようなセンターへの犠牲フライで、ついに逆転4−3です

10回裏、杉内俊哉投手が2連続で打たれ、1アウトランナー1、2塁とされます。しかし最後はダブルプレーで勝利を勝ち取りました!

「侍ジャパン 2次ラウンド進出」
「WBC 侍ジャパン優勝!2大会連続世界一!」
posted by kaze at 23:53| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

侍ジャパン3−6キューバ

第3回ワールド・ベースボール・クラシック、日本代表・侍ジャパンは、3−6でキューバに敗れ、1次ラウンドは2位通過で、2次ラウンド進出となりましたね

3回裏、先発の大隣憲司投手がソロホームランを打たれ、先制されます。4回裏、2番手の田中将大投手もタイムリーヒットを打たれ、これで0−2です。しかし5回裏は3者連続三振、前の回から5者連続三振を奪いました!

6回裏、3番手の沢村拓一投手が登板しますが、また追加点を奪われ、0−3となります。侍ジャパンの攻撃は、毎回ランナーを出しながら、なかなか得点に結びつきません。8回裏、森福允彦投手に代わった今村猛投手が、1アウト1、3塁から3ランホームランを打たれ0−6とされます


これで終わりかと思ったら、9回表、侍ジャパンが本領を発揮してくれましたね。1アウト満塁から、長野久義選手の内野安打でまず1点、鳥谷敬選手の犠牲フライ、井端弘和選手のタイムリーヒットで、3−6とします。貴重な3点でしたね

韓国は1次ラウンドで敗退してしまいました。驚きましたね。2次ラウンドは、韓国と同じB組から進出した台湾と8日に対戦です

「侍ジャパン 2次ラウンド進出」
「侍ジャパン 2連勝!」
posted by kaze at 00:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

純と愛 第23週 あいのために 第128回〜第130回


連続テレビ小説 純と愛 第23週 あいのために 第128回〜第130回

純(夏菜)愛(風間俊介)たちは宮古の別荘へやって来ましたが、荒れ果ててました。平良キン(吉田妙子)が営む、なんでも出てくる平良商店がおもしろいですね

晴海(森下愛子)と勇気に外で待っていてもらい、純と愛、正(速水もこみち)マリヤ(高橋メアリージュン)が別荘へ入ると、中はゴミの山です。奥の部屋を開けると、3人の男女が走り去って行きました。警察官は、お金がない旅行者が勝手に侵入したのではと話します。警察官は新垣といって、晴海とは高校の同級生らしかったのですが、晴海は病気だと説明しました

2階もゴミだらけで、電気系統も使えません。厨房は水がたまって、カビだらけです。純は「みんな頑張ろう!希望のあるところには必ず試練があるって村上春樹さんも言ってたし」と励まします

電気工事店から冷たくあしらわれてしまい、平良商店という雑貨店へ行きました。店主のキンはおいしいお茶をすすめてくれます。電気の修理工具、蛍光灯、電球、豚まんなどなんでもありましたね

海岸へ行って、純が「あの時のやつやって。僕の心と体は永遠にあなたのものですってやつ」と頼むと、愛は「勘弁して下さい。僕の中では純さんが僕にプロポーズしてくれたことになってるんですけど。その時、これをくれて」とネックレスを見せます。純は愛に愛してあげられてるか確認し「よく分かんないけど、心が言ってる気がするの。あんまり焦らないで、1日1日今日できることを積み上げた方がいいって」と話しました。愛は波打ち際に弟の愛が立っていて「あいちゃん、幸せ?」とたずねる幻影を見ましたね


続きを読む
posted by kaze at 21:40| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

ビブリア古書堂の事件手帖 第8話 ロバート・F・ヤング たんぽぽ娘


盗まれた本の犯人探し。配達員(岡田義徳)が一番怪しいと思ってたのですが違いました(笑)意外なところから篠川栞子(剛力彩芽)の母・智恵子(安田成美)の話が出てきましたね

カフェ、志田(高橋克実)が五浦大輔(AKIRA)に、栞子と夫婦になるとからかってると、奈津美(北川弘美)亜弥(トリンドル玲奈)さやか(内藤理沙)が食いついてきます(笑)

ビブリア古書堂へ戻ると、男が栞子に「君は僕が好きなの?それじゃ結婚してもいいんだね」と言ってるので、ビックリです。しかし勘違いでした。男は栞子の幼なじみ兼相談役で、古書店店主・滝野蓮杖(柏原収史)です。滝野は本を読めない大輔が働いてるのを不思議がります

客の吉見(大倉孝二)は本を2冊買っていきますが、絶版本が少ないとつぶやきました。それを気にした栞子は、大輔に古書店同士の売買会・古書交換会に付き合ってほしいと頼みます

鎌倉古書会館へ行くと、プレートをつけて会場へ入りました。古書店の世界は狭く、みんな知り合いです。栞子があいさつしますが、ヒトリ文庫店の井上太一郎(佐野史郎)は冷たい顔で去って行きました。池谷(野添義弘)は大輔が昨日も来てたと勘違いしてましたね


続きを読む
posted by kaze at 12:25| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

侍ジャパン 2次ラウンド進出


第3回ワールド・ベースボール・クラシック、日本代表・侍ジャパンが2次ラウンド進出を決めました。おめでとうございます!

侍ジャパンは、ブラジルと中国を破り2連勝し、キューバ戦を控えている状態です。昨日のキューバと中国の試合、キューバが12−0で7回コールド勝ちを決めました。これでブラジルと中国が2敗になったために、日本とキューバの2次ラウンド進出決定です

攻撃に爆発力のあるキューバ、強敵ですが、ぜひ6日の試合、侍ジャパンが撃破する姿を見たいですね

「侍ジャパン 2連勝!」
「侍ジャパン WBC開幕戦 逆転勝利!」
posted by kaze at 08:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

八重の桜 第9回 八月の動乱


大河ドラマ 八重の桜 第9回 八月の動乱

山本八重(綾瀬はるか)は、お国入りした照姫(稲森いずみ)に認められ、右筆に選ばれるのかと舞い上がってましたが、意外な結果になりましたね(笑)覚馬(西島秀俊)たちがいる京は、怪しげな雰囲気です

文久3(1863)年8月、御所、松平容保(綾野剛)は孝明天皇(市川染五郎)から馬揃えが見事であったとお褒めの言葉を頂きます。さらに、大和への攘夷祈願に会津を供とさせたいとおっしゃられますが、三条実美(篠井英介)が反対しました

覚馬が秋月悌次郎(北村有起哉)に洋学所を作りたいと宿で話してると、薩摩藩士・高崎佐太郎が訪ねてきて、密命を帯びてきたと頭を下げます。八月十八日の政変の始まりです

会津山本家、照姫がお国入りされると佐久(風吹ジュン)から聞かされ、八重、時尾(貫地谷しほり)ユキ(剛力彩芽)はご奉公したいと浮かれます。角場から銃声が聞こえました。三郎(工藤阿須加)が時尾の弟・高木盛之輔や伊東悌次郎に、射撃を見せていたのです。盛之輔が銃を触ろうとするのを、八重が止め、きちんとゲベール銃について説明してあげましたね


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

侍ジャパン 2連勝!

第3回ワールド・ベースボール・クラシック、日本代表・侍ジャパンは5−2で中国を下し、2連勝です。これで2次ラウンド進出、もう確実ではないでしょうか!

先発の前田健投手がすばらしいピッチングで、5回をぴしゃりと抑えましたね。2回裏、ランナー2塁で、中田翔選手がタイムリーヒットで先制します

5回裏、ランナー1、3塁で、内川聖一選手がヒットで追加点を奪って、2−0としました。さらに、1アウト満塁から糸井嘉男選手が走者一掃となるタイムリー2ベースで5−0です


6回表から内海哲也投手へ交代し、7回は涌井秀章投手、8回は沢村拓一投手とつなぎました

9回は山口鉄也投手に交代します。2人の選手にヒットを打たれ、ランナー2、3塁から、暴投で1点を奪われました。さらにサードゴロの間にもう1点奪われ5−2とされてしまいます。しかし、少し嫌な雰囲気を山口投手がみごと断ち切り、勝利をもぎ取りましたね

「侍ジャパン WBC開幕戦 逆転勝利!」
「WBC 侍ジャパン優勝!2大会連続世界一!」
posted by kaze at 23:34| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

びわ湖毎日マラソン2013 キプルト優勝 藤原正和4位

第68回びわ湖毎日マラソンは、ケニアのビンセント・キプルトが、2時間8分34秒で優勝しました。日本人1位の総合4位には、藤原正和(Honda)が2時間8分51分で入ります。おめでとうございます

皇子山陸上競技場を268名の大集団がスタート。今大会はモスクワ世界選手権の代表選考レースでもあります。気温6.2℃、湿度62%、風速1.8m/sと強風です

1km3分、5km15分11秒。ゼッケン51〜56がペースメーカーで、大谷健太、大谷康太(JFEスチール)がレースを引っ張り、すぐ後ろを窪田忍(駒沢大学3年)がついていきました。ロンドンオリンピック代表の山本亮(佐川急便)、森田知行(カネボウ)、堀口貴史(Honda)らがいます。最初の給水、窪田はきっちり取りました。涌井圭介(ヤクルト)は転倒しますが、すぐに立ち上がって、走り始めます

10km30分16秒。今大会が引退レースとなる大崎悟史(NTT西日本)は大声援を受けて、先頭に出てきましたね!先頭集団は49人です。12kmこの1km3分1秒のペースになります。瀬田川洗堰を渡り、15km45分20秒、ペースメーカーの大谷健太、大谷康太が離脱しました


続きを読む
posted by kaze at 15:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

侍ジャパン WBC開幕戦 逆転勝利!

第3回ワールド・ベースボール・クラシック、WBCがいよいよ開幕です。A組の日本代表・侍ジャパンはブラジルと対戦します。一進一退の中、8回に勝機をモノにした侍ジャパンが、開幕戦勝利を飾りました。3連覇に向け好スタートを切りましたね

1回裏、先発の田中将大投手が、ランナー3塁から打たれ、0−1と先制を許します。3回表、糸井嘉男選手がランナー1、2塁からライトへのタイムリーヒットで、1−1の同点に追いつきました

4回表、坂本勇人選手が犠牲フライを打って、2−1と勝ち越しに成功です。しかしその裏、2−2と追いつかれ、5回裏には2−3と逆転されてしまいました


8回表、侍ジャパンが実力を発揮です。内川聖一選手がレフト前ヒットで出塁すると、糸井選手が送りバントで、内川選手が2塁へ進みます。代打の井端弘和選手がライト前へヒットを打ち、内川選手が生還し、3−3と同点に追いつきました!

スタメンをはずれた阿部慎之助捕手が代打で登場すると、場内から大歓声が上がります。阿部選手は初球打ちのセカンド強襲のヒットで、4−3と逆転に成功です!さらに松田宣浩選手のタイムリーヒットで1点追加!5−3とリードを広げます!

9回裏、侍ジャパンの守護神・牧田和久投手と阿部捕手のバッテリーが、ブラジルを0点に抑え、侍ジャパンが開幕戦を飾りましたね

「侍ジャパン 代表33人選出」
「WBC 侍ジャパン優勝!2大会連続世界一!」
posted by kaze at 00:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

純と愛 第22週 そのままのじぶん 第125回〜第127回

金曜日のあさイチのオープニングトーク、「純と愛」の流れで、夏菜&風間俊介が自然につなげてましたね(笑)

(第122回〜第124回)からの続きです。士郎(岡田篤哉)が「みんなと離れたくない」と言うと、忍(田中要次)蘭(映美くらら)も同意し、みんなで働けるホテルを探そうと羽純(朝倉あき)が提案します。しかし純(夏菜)は「私はみんなが思ってうような大した人間じゃないの。ごめんなさい」と逃げてしまいました

アパートへ戻ると、愛(風間俊介)は「これ返そうと思って」と「里や再生計画」ノートを出します。愛は、やる気になるようなヒントがいっぱいあるとノートを広げますが、純はまったくホテルで働く気がありません

純が海を見ながら泣いてると、三線の音が聞こえてきます。純に気づいた金城(石倉三郎)は「ふるさとが懐かしくなったらここで踊るのよ。私みたいな人間は、二度と沖縄に帰れないからさ。よく都会の人は、ふるさとがないのは辛いと言うけど、ふるさとがあっても帰れない方がよっぽど辛いわよね」と話しました。晴海(森下愛子)の具合がよくないと聞き、金城は「昔好きだった人が幸せじゃないってのは辛いわね」と寂しそうです

晴海が多恵子(若村麻由美)に子どもたちに遺言を残したいと頼んできました。晴海は「同じ女だから、今まで純にライバル心みたいなものがあったと思うんです。あの子が疎ましくて、純の言うことに耳を塞いでいた気がするんです。子供の中で純だけが私を責めるから。ホントはそれがあの子の嘘の無い愛情や優しさだのに。昔から本当に不器用で、誰に対しても正直に生きようとするから、余計なこと言って相手を傷つけたり、情けがあるから、困った人をみると本人以上に悩んだり、お節介したりしたりして。昔から損ばかりしているんです。もっと普通の子だったらよかったのにと思うんです。もっと自分のことだけ考えて、適当に人付き合いもうまくやって、もっと楽に生きられるような人間だったらって」と打ち明けます

愛が廊下で盗み聞きしてると、誠(岡本玲)が純が来てると教えてくれました。愛の部屋、純は晴海と一緒に宮古へ帰って親孝行しようと思うので、愛にも一緒に来てと話します。愛が「出会った時の純さんでいて欲しいだけ」と言うと、純は混乱しました。愛が「もしかしたら僕たちは「と」で結ばれる人間ではなかったのかもしれません」と言うと、愛は「かもね」と答えましたね


続きを読む
posted by kaze at 09:30| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

卒業制作展2013 東京デザイン専門学校 日本デザイン専門学校

東京デザイン専門学校と日本デザイン専門学校の卒業制作展に行ってきました。原宿と代々木の間にある学校で、名前は似てるけど、違う学校のようです。ともに3月3日(日)まで開催されています

東京デザイン専門学校は去年も訪ねました。天皇陛下のお召し列車専用の原宿駅前に1号館があり、少し離れた代々木方面に2号館があります。グラフィック、イラストレーション、ビジュアルデザイン、クリエイティブアート、マンガ、アニメ、インテリア、ディスプレイ、クラフトアクセサリーなど、多岐にわたっていました。かわいらしい作品だけでなく、街にすぐに出せるような作品が多かったですね

日本デザイン専門学校を訪れたのは初めてす。近くを通ったことはあったのですが、まったくノーマークでした。第69回学校展ということで、かなりの歴史のある学校なんですね。こちらもグラフィック、イラストレーション、漫画アニメ、ゲームキャラクター、コミックアーツ、絵本、こどもデザイン、ものデザインなど幅広いです。すごいのはクラフトデザイン学科でガラスや陶芸も学校でできることですね。美術学科は学生が少ないようですが、ライブペインティングが行われるそうですよ
posted by kaze at 21:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連続テレビ小説 愛と純 あらすじと感想


第1週 まほうのくに 第1回〜第3回
第1週 まほうのくに 第4回〜第6回
第2週 ほんとうのかお 第7回〜第9回
第2週 ほんとうのかお 第10回〜第12回
第3週 しんじるこころ 第13回〜第15回
第3週 しんじるこころ 第16回〜第18回
第4週 ねむりひめ 第19回〜第21回
第4週 ねむりひめ 第22回〜第24回
第5週 きたかぜとたいよう 第25回〜第27回
第5週 きたかぜとたいよう 第28回〜第30回
第6週 らぶすとーりー 第31回〜第33回
第6週 らぶすとーりー 第34回〜第36回
第7週 けっこんしようよ 第37回〜第39回
第7週 けっこんしようよ 第40回〜第42回
第8週 まもってあげたい 第43回〜第45回
第8週 まもってあげたい 第46回〜第48回
第9週 はっぴーうぇでぃんぐ 第49回〜第51回
第9週 はっぴーうぇでぃんぐ 第52回〜第54回
第10週 すーぱーまん 第55回〜第57回
第10週 すーぱーまん 第58回〜第60回
第11週 やめないでぇ 第61回〜第63回
第11週 やめないでぇ 第64回〜第66回
第12週 さいしゅうけっせん 第67回〜第69回
第12週 さいしゅうけっせん 第70回〜第72回
第13週 きせきのくりすます 第73回〜第75回
第13週 きせきのくりすます 第76回〜第77回
第14週 しんねんのちかい 第78回〜第79回
第15週 あかずのま 第80回〜第82回
第15週 あかずのま 第83回〜第85回
第16週 あいがつたわる 第86回〜第88回
第16週 あいがつたわる 第89回〜第91回
第17週 えいえんのあい? 第92回〜第94回
第17週 えいえんのあい? 第95回〜第97回
第18週 えがおのゆくえ 第98回〜第100回
第18週 えがおのゆくえ 第101回〜第103回
第19週 おもいよとどけ 第104回〜第106回
第19週 おもいよとどけ 第107回〜第109回
第20週 まほうのことば 第110回〜第112回
第20週 まほうのことば 第113回〜第115回
第21週 えんむすび 第116回〜第118回
第21週 えんむすび 第119回〜第121回
第22週 そのままのじぶん 第122回〜第124回
第22週 そのままのじぶん 第125回〜第127回
第23週 あいのために 第128回〜第130回
第23週 あいのために 第131回〜第133回
第24週 かぞくきねんび 第134回〜第136回
第24週 かぞくきねんび 第137回〜第139回
第25週 あいしてる 第140回〜第142回
第25週 あいしてる 第143回〜第145回
第26週 いきる 第146回〜第148回
第26週 いきる 第149回〜第151回

富士子のかれいな一日

連続テレビ小説 純と愛 キャスト






posted by kaze at 02:40| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連続テレビ小説 純と愛 キャスト

「連続テレビ小説 純と愛」がいよいよスタートです。主なキャストをあげてみました

待田純(夏菜)
狩野善行(武田鉄矢):純の父親
狩野晴海(森下愛子):純の母親
狩野正(速水もこみち):純の兄
狩野剛(渡部秀):純の弟
真栄田弘治(平良進):純の祖父
マリヤ(高橋メアリージュン)

待田愛(風間俊介)
待田多恵子(若村麻由美):愛の母親
待田謙次(堀内正美):愛の父親
待田誠(岡本玲):愛の妹

ホテル里や
上原サト(余貴美子):女将
天草蘭(映美くらら):客室係・セクシー
天草士郎(岡田篤哉):蘭の息子
宮里羽純(朝倉あき):従業員・チュルチュル
藍田忍(田中要次):板前・セニョール
金城志道(石倉三郎):琉球舞踊家元

オオサキプラザホテル
大先真一郎(舘ひろし):社長
中津留賢二(志賀廣太郎):総支配人
米田政国(矢島健一):宿泊部長
露木敏哉(や乃えいじ):料飲部長
桐野富士子(吉田羊):接遇指導担当
水野安和(城田優):コンシェルジュ
田辺千香(黒木華):フロント係
小野田大地(木内義一):フロント係
皆川直樹(川島潤哉):ベルボーイ
田嶋次郎(駒木根隆介):ベルボーイ
池乃隆史(顔田顔彦):ベルボーイ
ホテル社員(高杉佳幸)
客室清掃係(朝比奈潔子)
厨房見習い(杉森大祐)
宮本(小堀正博)
司会(原尚子)
池内音子(飯島順子):ブライダルコーディネーター
新井民子(むかいさとこ):広報

老女(川本美由紀):スリ
宿泊客(小松健悦)
山本(芝本正):客
社長の客(永津真奈)
粕谷(近藤芳正):客
北見(平泉成):客
店員(加藤千果)
宿泊客(茂中瑛子)(茂中瑛子)
比嘉愛子(川満彩杏):正の見合い相手
比嘉(藤木勇人):愛子の父親
比嘉(富田めぐみ):愛子の母親
西小路美鈴(長井梨紗):新婦
中上(小林ユウキチ):新郎、美鈴の恋人
小池崇史(矢口恭平):ダミーの新郎
美鈴の父(蟷螂襲)
灰田聖斗(中村昌也)
新婦(宮嶋麻衣)
新郎(今村雄一)
新郎(宮下裕治)
新婦(辻本瑞貴)
橋下淳(川口覚):新郎
大久保加奈(尾高杏奈):新婦
種田典子(正司花江):ロビーの客
ジョン・カイザー(グレン・ブラウン):外資系ホテル最高責任者
老婆(新海なつ):客
梨田(宇仁菅真):善行の商社時代の部下
女性(安藤恵):愛の浮気相手
宿泊客(赤松悠実):謙次の愛人
女性(佐久間春夢):謙次の愛人
女性(松永渚):水野の愛人
ミュージシャン(砂川真之介):誠の恋人
社員(小松利昌):重満エンタープライズ社員
天野巌(佐藤二朗):里やの宿泊客、世捨人
天野の娘(大橋梓)
満田(金児憲史):蘭の夫
山田芽衣(中西美帆):隣の住人
羽純の父親(井之上淳)
羽純の母親(久野麻子)
久世秋代(朝加真由美):里やの客
水田寛治(水橋研二):里やの客
火野美矢(菜葉菜):里やの客
平良キン(吉田妙子):平良商店の店主
平良勝(柳下大):キンの孫
教師(山入端佳美):純の高校の同級生







posted by kaze at 02:10| 連続テレビ小説 純と愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業制作展2013 多摩美術大学

青山スパイラルで開催されていた多摩美術大学の卒業制作展へ行ってきました。工芸学科の陶・ガラス・金属の素材を用いて表現された作品が展示されています

「ひてひと」という言葉とそのシンボルマーク(?)は、思いが込められていて、素敵ですね。前期と後期で展示が入れ替えられて、3月5日(火)まで開催されています

「多摩美術大学工芸学科卒業制作展2013」
posted by kaze at 00:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。