過去ログページ

2013年06月30日

錦織圭 2年連続3回戦進出

テニスのウィンブルドン選手権男子シングルス、錦織圭選手(日清食品)は第12シードで、の錦織圭が世界ランキング84位のレオナルド・マイエル(アルゼンチン)を7−6、6−4、6−2で下し、3年連続の3回戦進出を決めました

しかし3回戦では、アンドレアス・セッピ(イタリア)に、6−3、2−6、7−6、1−6、4−6で敗れてしまいます。勝てば95年に8強に入った松岡修造選手以来18年ぶりの16強入りだったのですね。最終セット前に腰の治療を受けるなど、故障を抱えていたようです

「錦織圭 80年ぶり4大大会2年連続16強」
「クルム伊達公子 大会最年長勝利」
posted by kaze at 17:51| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ


内海薫(柴咲コウ)は30才を越え、太田川(澤部佑)間宮係長(モロ師岡)から無視されます。現場へ行って、遺体にかけられたシートをどかすと、薫自身が横たわってました。夢だったんですね

これはオクラホマへ研修へ行く9ヶ月前の物語です。ちょっと風変わりな当摩刑事(柳楽優弥)と組んだ薫が、容疑者・上念研一(ユースケ・サンタマリア)を追い詰めていくストーリーですが、意外な展開もあって楽しめました。薫が道場で稽古してる場面で、岸谷美砂(吉高由里子)も登場です。湯川学(福山雅治)は1時間すぎにちょこっとだけ出てきましたよ

薫は、車椅子に乗っていた老婆が倒れるのを目撃します。老婆は痴呆症の岩見芙美で、車椅子を押していたのは介護士・上念研一で、長野県警から指名手配されていました。岩見芙美の娘・岩見千加子を殺した容疑です。草薙俊平(北村一輝)は薫に長野への移送を依頼してきました

平田刑事とともに車で移送中、上念はトイレ休憩のとき「俺は無罪だ」と騒ぎ出し、その様子がネットにアップされてしまいます。長野県警御坂署長・崎依子(余貴美子)関岡刑事(伊武雅刀)近田刑事らが迎えますが、完全にアウェイな空気です。多々良管理官(永島敏行)が記者会見を開いてしまったため、薫は長野へ残ることになり、当摩と組まされます。ホテルが満室で、ラブホテルへ泊まりましたね


続きを読む
posted by kaze at 12:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

ガリレオ 最終話 聖女の救済 後編


湯川学(福山雅治)は中学時代の同級生・真柴綾音(天海祐希)と対決し、綾音の夫・真柴義之(堀部圭亮)の死の謎に挑みます。(聖女の救済 前編)からの続きです。湯川は綾音に「神は全ての人間を救済する、君はそう言った。ならば君のご主人も救済されなけらばならない」と去っていきました

岸谷美砂(吉高由里子)が研究室へ来ると、湯川は「あらかじめ何らかの方法でヒ素が仕組まれたと考えた。もしそうなら綾音にも犯行の可能性があるということだ」と疑います。栗林(渡辺いっけい)は「あの清らかな綾音さんが」とショックを受けてましたね。一方、太田川(澤部佑)は真柴家のバラが枯れてるので「ちゃんと水やってるのに」と悔しがります

真柴家を訪ねてきた紫の傘の女は、宗教の勧誘に来た女性とわかりました。オアシズの光浦靖子が演じます。大久保佳代子は「あまちゃん」に出てましたね(笑)

産婦人科医師は、自転車をぶつけられた綾音は出血あったので処置したと話しますが、義之が1年位内に子供が出来るか聞いてきたのを不思議がります

湯川と美砂は再び現場へ行きました。ミネラルウォーターのストックがなく、1杯目はミネラルウォーターで、2杯目は浄水器の水でコーヒーを飲んだと推理します。そこへ綾音がやって来ました。浄水器のフィルターは1年前から換えてないと言い、浄水器の水でバラに水をあげようとします。湯川は「その水を使うのか?浄水器の水を?」と聞きました


続きを読む
posted by kaze at 12:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

八重の桜 第25回 白虎隊出陣


大河ドラマ 八重の桜  第25回 白虎隊出陣

ついに新政府軍が会津へ攻め寄せてきました。八重(綾瀬はるか)も戦う決意を固め、軍服に身を固めます。凛々しい姿ですが、若い白虎隊の出陣はあまりにかわいそうです。一方、覚馬(西島秀俊)は捕らえられたままで、かなり弱っていましたね

慶応四(1868)年8月19日、新政府軍は二本松城を占領します。大山弥助(反町隆史)板垣退助(加藤雅也)はどの峠から攻めるか戦略を練っていました

山本家、権八(松重豊)尚之助(長谷川博己)は二本松が落ち、仙台藩、米沢藩が兵を引いたので、城下での戦になると皆に説明します。権八が「何があっても殿とお家第一に考えれ動けば、会津の人間として道を誤ることはねえ。見苦しい真似へ決してすんな」と言うと、みね(池田沙弥花)が「はい」と元気な返事です。角場、幼い八重(鈴木梨央)が書いた銃の絵を権八は懐に入れましたね

黒河内(六平直政)が病気なので、八重、ユキ(剛力彩芽)が薬を届けに行きます。道場で中野竹子(黒木メイサ)たちが薙刀の稽古をしていました。こう(中村久美)優子(竹富聖花)岡村すま子(白須慶子)依田菊子(吉谷彩子)依田まき子(小出ミカ)が寄ってきて、照姫を守る薙刀隊を作ることにしたので加わってと頼んできます。しかし八重は「ご一緒できねえから」と断りました。道場の外、八重はユキに「みんな勇敢だ。立派に戦って、照姫様をきっとお守りすんべ。んだけんじょ、薙刀では薩長は倒せねえ。薙刀ではねえ、お城を守れんのは」と思いつめた表情です


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

ドラマスペシャル濃姫 観月ありさ

織田信長の正室・濃姫の半生が描かれてました。美濃のマムシこと斎藤道三(里見浩太朗)の娘である濃姫を、観月ありさが演じます。キャラクターがなじんだところで、あっという間で2時間が経ってしまい、ぜひ続きが見たい作品ですね

濃姫(観月ありさ)は、斎藤道三(里見浩太朗)と小見の方(藤真利子)との娘で、喜平次、孫四郎という2人の弟がいます。しかし兄の斎藤義龍(高橋和也)と道三は仲が良くありません。義龍は、実の父が道三でなく、土岐氏だと考えていたのです

そんな中、濃姫は尾張の織田信秀(柴俊夫)の息子・織田信長(城田優)に嫁ぐことになります。道三は濃姫に短刀を渡し、指図したら信長を刺すよう言いますが、濃姫は信長に愛情がわいたら、美濃を攻めさせるかもと答え、道三はうれしそうです

織田信秀には、正室の土田御前(余貴美子)がいました。信長と弟・織田信行(平岡祐太)の生母です。しかし、信秀は側室の岩室(藤澤恵麻)に子どもが生まれ、のろけていました。また家老の平手政秀(笹野高史)は、信長の振る舞いに頭を悩ませています。土田御前は、腰元の雪乃(三井智映子)に濃姫に仕え、動きを知らせるよう命じました


続きを読む
posted by kaze at 23:30| 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

ガリレオ 第10話 聖女の救済 前編


湯川学(福山雅治)はヒ素による殺人事件の謎に挑みます。湯川の中学時代の同級生である真柴綾音(旧姓・三田)(天海祐希)が登場です。「湯川君」と呼ばれてましたね

エムシステムズの社長・真柴義之(堀部圭亮)が毒殺されます。朝10時、義之は自宅にいて、テレビ会議で社員・加藤(音尾琢真)ヨナ(ク・ハラ)らと話してました。しかし午後4時、再び加藤が義之に連絡を入れたのにつながらないため、北海道にいた妻・綾音に相談し、ホームセキュリティ会社社員に見に行ってもらうと、義之が死んでいたのです。綾音は友人の美智子と恵から、同級生の湯川の活躍を聞かされてました

岸谷美砂(吉高由里子)太田川(澤部佑)は綾音に、現場での状況を説明します。義之は会議のときはコーヒーを飲んでいたので、犯人は1杯目と2杯目の間に家に侵入し、毒物を仕込んだ可能性が出てきました。セキュリティシステムには午後2時すぎに、紫の傘の女が訪ねていたことが記録されています

研究室を美砂が訪ねると、湯川と栗林(渡辺いっけい)はコーヒーメーカーでコーヒを飲んでました。バトミントン大会の景品です。美砂は事件について説明しますが、湯川は「物理とは関係ない」と興味がありません。そこで美砂が被害者の妻が同級生だと写真を見せると、湯川は「三田綾音」と遠くを見る目をしましたね


続きを読む
posted by kaze at 15:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

八重の桜 第24回 二本松少年隊の悲劇


大河ドラマ 八重の桜 第24回 二本松少年隊の悲劇

八重(綾瀬はるか)尚之助(長谷川博己)が二本松を訪ねた時に出会って、笑顔で話した幼い少年たちが戦いに巻き込まれます。涙が止まらなくなってしまいましたね

慶応四(1868)年5月、薩摩藩邸内の牢、覚馬(西島秀俊)は新国家への意見書を作ろうと、話した言葉を野沢(小林優斗)に書いてもらってましたが、牢番に紙を奪われ、破り捨てられます。野沢が嘆くと、覚馬は「構わねえ。もういっぺん書き直しすんべ。言葉はみんなここにある。ここにあるもんは、誰にも奪えねえ」と胸をたたきました

山本家角場、八重が山川健次郎(勝地涼)高木盛之輔(大倉栄人)とともに弾を作っていると、伊東悌次郎(中島広稀)がやって来ます。悌次郎は入隊を許され、盛之輔も城へ上がることになり、健次郎は先を越されたと残念そうです。徳造(戸田昌宏)が米俵を担いでるのを見て、八重は健次郎たちに米俵を持たせ体を鍛えさせます。うら(長谷川京子)お吉(山野海)たちは笑顔でしたが、佐久(風吹ジュン)は三郎のことを思い出し、悲しみました

八重は尚之助に、盛之輔が福良に行くと話し、一緒に回った白河、二本松の少年たちのことを思い出します。尚之助は反射炉も銃の刷新も何もできてないと悔しそうです。尚之助が城下に鉄砲の修理を教えに行くと言うと、健次郎がともをしたいと立候補しましたね


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

桐生祥秀 20秒41 高校記録更新

全国高校対校選手権近畿予選会、男子200m、桐生祥秀選手(洛南高)は、20秒41のタイムで、高校記録を更新します。19年前の1994年に高橋和裕選手が出したタイムを上回る記録です

桐生祥秀選手は、100mでの10秒01が国際陸連からジュニア世界記録として公認されませんでした。しかし、6月30日にバーミンガムで開催されるダイヤモンドリーグ第7戦に参戦することが決定するなど、目が離せない選手ですね

「桐生祥秀 10秒01 歴代2位」
「山縣亮太 初優勝 桐生祥秀 2位」 
posted by kaze at 10:15| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

遺留捜査 最終話 最後の遺留品!森の中の真っ赤なドロップ


「第8話 殺しのチケット」からの続きで、最終回ですね。糸村聡(上川隆也)は三枝達也(鈴木浩介)が死んでいるのを発見します。三枝は右手に銃を持って、死んでました。カバンにはドロップ缶が入っていてますが、赤いキャンディばかりです

警視庁捜査一課の管理官・金子(小木茂光)は被疑者死亡を記者会見で発表します。ケータイ小説を書いた浅井(伊勢谷能宣)を岡野(村田充)が殺し、三枝が岡野を殺し、三枝が自殺したということで幕引きを図り、糸村に責任を押し付けました

糸村は三枝が言っていた「森の中にあります。森の中に隠れています」という言葉を気にし、単独行動開始です。森田(西村雅彦)は警視庁へ戻って行きましたが、水沢(斉藤由貴)はこの事件を終わらせてはいけないと捜査を指示します。遠山(眞島秀和)仙堂(正名僕蔵)が携帯コンテンツ編集者・西野を訪ねると、原案を作っていた女性が、続きを買い取って欲しいと言ってきたと話してくれました

横山(波岡一喜)は行方不明になっていた糸村を見つけます。三枝が自分で撃ったのか疑問視しいていた糸村は、現場を調べていたのです。結局、横山も手伝わされてしまいましたね(笑)


続きを読む
posted by kaze at 12:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

ガリレオ 第9話 撹乱す


湯川学(福山雅治)は犯行予告を送り殺害を繰り返す悪魔の手という人物の謎に挑みます。ゲストの生瀬勝久は、福山雅治と「大河ドラマ 龍馬伝」で共演してましたね

悪魔の手から犯行予告が警察に届きます。T大学のY准教授に助けてもらえと、湯川のことも知っている様子で、どちらが天才科学者か勝負すると挑発的です

2通目の手紙には、上田重之を転落死させたと記されていました。さらに、手紙にあったアドレスは映画のサイトで、掲示板に犯行予告する書き込みが事件の前日に残ってます。3通目の手紙には、記者会見を開くよう指示があり、乱数表も入ってました

高藤英治(生瀬勝久)は栗林(渡辺いっけい)の友人です。今はカルチャースクールで教えてましたが、かつては会社で研究していた物理学者でした。一緒に飲んだ栗林が帰った後、高藤の部屋には、湯川の記事が貼ってあり、顔がつぶされてます。怖いですね


続きを読む
posted by kaze at 12:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

八重の桜 第23回 会津を救え


大河ドラマ 八重の桜 第23回 会津を救え

八重(綾瀬はるか)は満開の桜の木に座り、覚馬(西島秀俊)三郎(工藤阿須加)のことを思ってましたね。慶応四(1868)年3月、新政府軍は白河口、日光口、越後口の三方から会津に迫っていました。下野街道宿舎、日光口に向かっていた大蔵(玉山鉄二)の元へ城下に戻るよう命令が届きます。奥羽鎮撫総督・九条道孝(河原健二)が仙台に到着し、仙台藩主・伊達慶邦に会津討伐の命が下ったのです

仙台奥羽鎮撫使宿舎、参謀・世良修蔵(小沢仁志)は「奥羽の賊徒は奥羽に討たせる、それが大総督府のお考えじゃ」と怖いです。桜の花びらが舞い落ちると「今頃満開か」とつぶやき、大山格之助(村上新悟)が都ではとうに散っていたと言うと、世良は「何もかんも遅れた土地よ」と盃を投げ捨てました

山本家、佐久(風吹ジュン)みね(池田沙弥花)たちは庭で働いてましたが、うら(長谷川京子)は部屋にとじこもったままです。そこで八重はうらを黒河内道場に連れて行きました。竹子(黒木メイサ)は妹・優子(竹富聖花)と稽古しています。八重はみねのために腕を磨くべきと言い「思いっきり振ってみなんしょ。体が動けば、心も一緒に動き出しやす。縮こまっていても、いいことは何もねえ」と薙刀を渡すと、雪(芦名星)が来ました

雪が黒河内(六平直政)に許しを得ると、竹子が1本頼みます。その様子を見たうらは「やってみんべ。みねは旦那様からの大事な預かり物だ。強い会津の女子に育てねえと、後で叱られっちまう」と言うので、八重は「私は信じてる。兄様はきっと生きてる。いつかまた会えっから」と励ましましたね


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

室伏広治 19連覇 第97回陸上日本選手権

第97回陸上日本選手権、男子ハンマー投げ、室伏広治(ミズノ)が76m42で優勝し、19連覇を達成します。本当に揺るぎない強さで、無敵です

1投目75m41、2投目73m75、3投目75m37、4投目74m30、5投目76m42、6投目76m28でした。客席に父親・室伏重信さん、妹・室伏由佳選手の姿も見えます。最後の投擲を終え、大歓声が起こると、両手を上げて応えてました

2位 野口裕史(群馬綜合ガード)3位 柏村亮太(日本大)です。室伏選手以外がほとんど映ってませんでしたね。8月でモスクワで行われる世界選手権、今から楽しみです

「室伏広治 銅メダル」
「室伏広治選手15連覇 一家で40勝!」

posted by kaze at 23:54| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯塚翔太 初優勝 男子200m

第97回陸上日本選手権、男子200m、飯塚翔太選手(中央大)が20秒31で初優勝し、世界陸上の代表内定です。飯塚選手は5月に派遣標準記録を突破してましたが、日本選手権でもしっかり結果を出しましたね

スタートはきれいに決まり、コーナーを入った所で、4レーンの藤光謙司選手(ゼンリン)6レーンの小林雄一選手(NTN)が先頭です。ラスト30mで9レーンの飯塚選手が加速し、優勝します

2位 小林雄一選手 3位 高瀬慧選手(富士通)藤光謙司選手までがA標準記録を突破です。5位 高平慎士選手(富士通)6位 ケンブリッジ飛鳥選手(日本大)7位 猶木雅文選手(中央大)となります

「飯塚翔太 20秒21 歴代3位」
「日本 5位入賞 男子4×100mリレー」
posted by kaze at 23:33| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島千里 3年連続2冠

第97回陸上日本選手権、女子200m、福島千里選手(北海道ハイテクAC)が23秒25で優勝し、B標準突破しました。100mと合わせ、3年連続2冠達成です。おめでとうございます

女子200mは予選が行われず、9人での一発で決勝です。スタートは、7レーンの福島選手、5レーンの渡辺真弓選手(東邦銀行)が良いスタートで加速して行きました。コーナを回ると、福島選手は渡辺選手他をグングン離し、余裕でゴールします。インタビューでも安心したような笑顔でしたね

2位 渡辺真弓選手 3位 田村友紀選手(岩手大)4位 和田麻希選手(ミズノ)5位 今井沙緒里選手(鈴波)6位 伴野里緒選手(七十七銀行)7位 高木志帆選手(住友電工)8位 藤沢沙也加選手(セレスポ)9位 木村茜選手(大阪成蹊大)です

「福島千里 4連覇 渡辺真弓 2位」
「福島千里 22秒89 日本新記録」
posted by kaze at 22:59| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岸本鷹幸 3連覇 男子400mハードル 第97回陸上日本選手権

第97回陸上日本選手権、男子400mハードル、岸本鷹幸選手(富士通)が3連覇達成です。タイムは49秒08で、A標準突破し、世界陸上代表の内定を決めました

ラスト100mまで岸本選手と競っていた、笛木靖宏選手(チームアイマ)は、最後の10台目のハードルに当って2位となります。3位 安部孝駿選手(中京大)4位 野澤啓佑選手(早稲田大)5位 今関雄太選手(渋谷幕張高教)6位 中村明彦選手(スズキ浜松AC)7位 小西勇太選手(住友電工)8位 松下祐樹選手(順天堂大)です


女子5000m、尾西美咲選手(積水化学)が15分21秒73で初優勝します。1位のオープン参加のワンジル選手(ユニバーサルエンターテインメント)に尾西選手はいい形で引っ張られました。2位 松崎璃子選手(積水化学)3位 竹地志帆選手(ヤマダ電機)です

男子5000m、星創太選手(富士通)が13分49秒57で初優勝しました。2位の鎧坂哲哉選手(旭化成)は13分49秒63で、わずかの差でしたね。3位は上野裕一郎選手(DeNA RC)でした

「久保倉里美 7連覇 吉良愛美 2位」 
「矢澤航 川元奨 優勝」
posted by kaze at 22:44| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

矢澤航 川元奨 優勝

第97回陸上日本選手権、男子110mハードル、矢澤航(法政大)が13秒59で優勝しました。最初のハードルに当たり、スピードに乗れなかった矢澤選手は、後半に盛り返します。判定は写真判定となりました。インタビューで矢澤選手は「ありがとうございます!よっしゃ!」と喜びを爆発させてました

2位 佐藤大志選手(日立化成)3位 古川裕太郎選手(小島プレス)4位 大室秀樹選手(筑波大)5位 西澤真徳選手(鳥取県教育委員会)6位 増野元太選手(国際武道大)7位 能登谷雄太選手(ニューモード)8位 野元秀樹選手(福岡陸協)となります


男子800m、川元奨選手(日本大)が1分47秒43で優勝しました。日本記録保持者の横田真人選手(富士通)は2位となります。スタート後、セパレートからオープンに変わると、三武潤選手(日本大)川元選手が先頭に出てレースを引っ張ります。残り300mで横田選手が前に出て、川元選手と2人の争いになりました。最後は加速した川元選手が、優勝を勝ち取りましたね

3位 口野武史選手(富士通)4位 中村康宏選手(千葉陸協)でしたが、ゴール地点で接触し、転倒してしまいます。心配ですね

「久保倉里美 7連覇 吉良愛美 2位」
posted by kaze at 17:09| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保倉里美 7連覇 吉良愛美 2位 第97回陸上日本選手権

第97回陸上日本選手権、女子400mハードル、久保倉里美選手(新潟アルビレックスRC)が56秒62で、7連覇を達成です。強いですね

2位は吉良愛美選手(中央大)でした。残り100mではほぼ同時でしたが、ラストは久保倉選手のスピードが落ちませんでした。3位 青木沙弥佳選手(東邦銀行)4位 芝田陽香選手(チームミズノアスレティック)5位 杉山真奈穂選手(福岡大)6位 松田絵梨選手(筑波大)7位 西野愛梨選手(東京学芸大)8位 三木汐莉選手(東大阪大)となります


女子走り高跳びは、福本幸選手(甲南学園AC)が1m90で優勝です。「お願いします!」と声をかけたあと、華麗なステップでバーを超えると、大歓声が起こりましたね。2位 三村有希選手(チームミズノアスレティック)3位 加藤玲奈選手(東海大)金井瞳選手(筑波大)です

「福島千里 久保倉里美 敗退」 
posted by kaze at 16:51| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杉浦はる香 52秒52 ジュニア新記録初優勝

第97回陸上日本選手権、女子400m、杉浦はる香選手(浜松市立高)が52秒52の高校新記録で初優勝しましたね。杉浦選手は予選でも、柿沼和恵選手(埼玉栄)が持っていた記録を21年ぶりに更新していました

2位には、大木彩夏選手(新島学園高)が53秒17で入ります。高校生パワーすごいですね。場内にどよめきが起こってました!

スタートして6レーンの青木沙弥佳選手(東邦銀行)が飛ばしていきます。バックストレートで杉浦選手が伸びてきました。ホームストレートでは杉浦選手がトップ、2位は大木選手で、そのままゴールします

3位 青木沙弥佳選手 4位 千葉麻美選手(東邦銀行)5位 鳥原早貴選手(青山学院大)6位 松本奈菜子選手(浜松市立高)7位 新宮美歩選手(東大阪大)8位 藤沢沙也加選手(セレスポ)となりました

「紫村仁美 初優勝 木村文子 2位」 
「金丸祐三 9連覇」
posted by kaze at 11:40| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫村仁美 初優勝 木村文子 2位

第97回陸上日本選手権、女子100mハードル、紫村仁美選手(佐賀陸協)が大会新記録で初優勝を飾りました。タイムは13秒02でB標準突破です

2位の木村文子選手(エディオン)も13秒03で大会新記録、B標準突破でした。最初のスタートで紫村選手は警告となり、再スタートとなります。木村選手は笑顔を作ってリラックスしてスタートにつきました。再スタートはきれいに決まり、木村選手がトップに出て、紫村選手が追っていきます。最後のハードルまで木村選手がトップでしたが、ラストはわずかに紫村選手が前に出て勝負を決めましたね

3位 伊藤愛里選手(住友電工)4位 相馬絵里子選手(筑波大)5位 清山ちさと選手(筑波大)6位 青木益未選手(環太平洋大)7位 熊谷史子選手(北海道ハイテクAC)8位 西野愛梨選手(東京学芸大)となります


井村久美子選手(旧姓:池田)が現役引退を表明しました。井村選手は走り幅跳びで6m86cmの日本記録保持者で、100mハードルでは、13秒02の日本歴代2位のタイムを持ちます。紫村仁美選手もこの記録に並んだのですね

「木村文子 女子110mハードル 予選敗退」 
posted by kaze at 11:23| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金丸祐三 9連覇 第97回陸上日本選手権

第97回陸上日本選手権、男子400m、金丸祐三選手(大塚製薬)が9連覇を達成しました。タイムは45秒56で、B標準突破です

金丸選手は金丸ダンスをしてからスタートにつきます。スタートがきれいに決まりました。6レーンの廣瀬英行選手(富士通)9レーンの山崎謙吾選手(日本大)がホームストートに入るまで、5レーンの金丸をリードします。しかしラスト100mで金丸選手が加速し、勝利を勝ち取りましたね

2位 山崎謙吾選手 3位 中野弘幸選手(愛知陸協) 4位 石塚祐輔選手(ミズノ)渡邉和也選手(チームミズノアスレティック)6位 廣瀬英行 7位 小林直己(東海大)8位 中島雅達選手(クレーマーT.C.)となります

「高瀬慧 金丸祐三 東佳弘 中野弘幸 予選敗退」
posted by kaze at 10:33| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

佐藤悠基 3連覇 大迫傑 2位

第97回陸上日本選手権、男子10000m、佐藤悠基選手(日清食品グループ)が28分24秒94で優勝し、日本選手権3連覇達成で、世界選手権出場内定です。2位の大迫傑選手(早稲田大)3位の宇賀地強選手(コニカミノルタ)の3人は激しい争いでしたね

残り1周、宇賀地選手がスパートし、大迫選手、佐藤選手がついていきます。大迫選手がトップに出ると、佐藤選手が続き、宇賀地選手が3位に落ちました。残り90mで、佐藤選手がスパートし先頭に上がりますが、大迫選手はついていけません。佐藤選手は右手を上げてゴールしました

4位 今井正人選手(トヨタ自動車九州)5位 中村匠吾選手(駒沢大)6位 圓井彰彦選手(マツダ)7位 窪田忍選手(駒沢大)8位 上野裕一郎選手(DeNa RC)となります。設楽啓太選手(東洋大)設楽悠太選手(東洋大)柏原竜二選手(富士通)の姿も見えましたね


女子10000mは、新谷仁美選手(ユニバーサルエンターテインメント)が31分06秒67の大会新記録で優勝しました。完全な独走態勢でしたね

「東京マラソン2013 キメット優勝 前田和浩4位」
「第31回全国都道府県対抗女子駅伝 神奈川 優勝」
「新谷仁美 福士加代子 吉川美香 女子10000m」

posted by kaze at 21:23| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

村上幸史 優勝 ディーン元気 2位

第97回陸上日本選手権、男子やり投げ、村上幸史選手(スズキ浜松AC)が81m04で、2年ぶり13回目の優勝を飾りました。2位はディーン元気選手(早大)で、78m73です

村上選手とディーン選手、お互い記録を競ってましたが、5投目に村上選手が81m04を出し、日本選手権を制しました。実に見応えありましたね

3位 高力裕也選手(鳥取AS)4位 新井涼平選手(国士舘大)5位 荒井謙選手(七十七銀行)6位 種本祐太朗選手(長崎AC)7位 寒川健之介選手(大坂体育大)8位 池田康雄選手(TEAM BIG STONE)となります


女子やり投げは、海老原有希選手(スズキ浜松AC)が60m41で優勝し、世界選手権出場内定です。2位は久世生宝選手(筑波大)で、58m98を投げ、ジュニア日本新記録を更新しました。3位は宮下梨沙(大体大TC)です

「海老原有希 62m83 日本新記録」
「ディーン元気 10位」
「ディーン元気 決勝進出 村上幸史 予選敗退」
posted by kaze at 21:11| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島千里 4連覇 渡辺真弓 2位

第97回陸上日本選手権、女子100m、福島千里選手(北海道ハイテクAC)が11秒41で優勝し、4連覇を達成しました。派遣標準記録には達しませんでしたが、すばらしいですね

5レーンの福島選手はきれいにスパートすると、そのまま加速していきます。4レーンの渡辺真弓選手(東邦銀行)はついていきますが、後半は福島選手が離しました。腰痛から復活した6レーンの土井杏南選手(埼玉栄高)は遅れます。インタビューで福島選手は標準記録を切れず残念と話してましたが、笑顔でしたね

2位 渡辺真弓選手(東邦銀行)3位 土井杏南選手(埼玉栄高)北風沙織選手(北海道ハイテクAC)5位 藤森安奈選手(青山学院大)6位 和田麻希選手(ミズノ)7位 木村茜選手(大阪成蹊大)岡山沙英子選手(広島JOC)となりました

「福島千里 11秒21 日本新記録」
「福島千里 22秒89 日本新記録」

posted by kaze at 20:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山縣亮太 初優勝 桐生祥秀 2位

第97回陸上日本選手権、男子100m、夢の9秒台が期待されていた桐生祥秀選手(洛南高)は10秒25で2位、山縣亮太選手(慶応大)が10秒11で初優勝を飾りました。おめでとうございます

絶妙のスタートを切った山縣選手は、そのまま先頭を走り、後半も桐生選手を離したままでしたね。10秒09が出ましたが、正式タイムは10秒11です。これで山縣選手と桐生選手は世界選手権出場内定となりました

3位 高瀬慧選手(富士通)4位 塚原直貴選手(富士通)5位 川面聡大選手(ミズノ)6位 大P戸一馬選手(法政大)7位 九鬼巧選手(早稲田大)8位 畠山純選手(スズキ浜松AC)です。なお江里口匡史選手(大阪ガス)は予選敗退でした

「桐生祥秀 10秒01 歴代2位」
「ウサイン・ボルト 9秒58」
posted by kaze at 20:15| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

遺留捜査 第8話 殺しのチケット


糸村聡(上川隆也)の「僕にあと3分だけ時間をもらえませんか」というセリフは出てきませんでした。今回は未解決で、次回で決着ということになります。しかも最終回なんですね

仙堂(正名僕蔵)遠山(眞島秀和)は森田(西村雅彦)を尾行していました。森田の弱みを握ろうとしていたのです。尾行の途中、偽造クレジットカードの取引現場に遭遇します。高孫民という男を逮捕しますが、何もしゃべりません

翌日、偽造カードを売った岡野太一(村田充)の死体が見つかります。糸村は水上バスの乗車券を遺留品としてこだわりました。捜査本部が月島中央署に設置され、警視庁捜査一課の管理官・金子丈弥(小木茂光)らがやって来ます。東署長(三宅裕司)はダンス発表会までに事件を解決することしか頭にありません(笑)

村木(甲本雅裕)の調査で、乗車券から特許庁職員・三枝達也(鈴木浩介)の指紋が検出されます。三枝は、岡野を知らないが、水上バスに乗り乗車券をゴミ箱へ捨てたと認めましたね


続きを読む
posted by kaze at 12:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

サッカー日本代表 ワールドカップ出場決定

サッカーブラジルワールドカップアジア最終予選、日本は1−1でオーストラリアと引き分けで、B組2位以上を確定し、5大会連続5度目のワールドカップ出場を決めました!おめでとうございます

前半6分、遠藤保仁選手がフリーキックのチャンスを得ますが、惜しくもゴールポストの左にそれました。ボール2個分くらいです。遠藤選手は、前半16分にも鋭いシュートを放ちました。序盤から良い流れでしたね

前半19分には、岡崎慎司選手、本田圭佑選手、香川真司選手とつなぎますが、相手GKに阻まれます。前半34分には、川島永嗣選手がスーパーセーブで、相手の得点を許しません


後半9分、香川選手のクロスを、相手GKがはじくと、本田選手が合わせますが、おしくも右へそれてしまいました。後半22分、本田選手のフリーキックは相手GKの正面です

その後、日本は何度もチャンスがありながら、得点に結びつきません。そして、後半37分、オーストラリアのオアーのクロスが、川島選手の頭上を越えて、ゴールされてしまいました

このまま終わってしまうのかと思われたら、アディショナルタイムで、相手がハンドの反則をします。PKを得た本田選手は落ち着いて正面にゴールを決め、1−1の引き分けに持ち込みました。劇的な試合でしたね。本当に感動しました!

「Jリーグ20周年」
「中山雅史 現役引退」
posted by kaze at 22:45| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

ガリレオ 第8話 演技る


湯川学(福山雅治)は花火と月が映った携帯写真の謎に挑みます。福山雅治と「大河ドラマ 龍馬伝」で共演していた蒼井優は、女優らしい女優を好演しましたね

人気劇団代表・駒田良介(丸山智己)がナイフで刺殺されます。豊洲のカフェで、劇団の看板女優・神原敦子(蒼井優)衣裳係・安部由美子(佐藤仁美)が話してると、安部に駒田から電話がありました。しかし何も聞こえず、切れてしまいます。敦子の携帯にも、着信が残ってました。駒田のマンションを訪ね、敦子がカギを開けると、駒田が死んでいます。敦子は安部に警察に電話するよう頼みました

岸谷美砂(吉高由里子)は湯川を研究室を訪ね、助言を求めます。栗林(渡辺いっけい)は食いついてきますが、湯川は研究の邪魔になるから帰ってと美砂に言いました

再びやってきた美砂に、湯川はコーヒーを飲まないかと階段教室へ行きます。美砂が湯川と話してると、栗林から電話がありました。しかし美砂が取っても、返事がなく切れてしまいます。湯川の携帯にも着信履歴が残ってました。実は、湯川は栗林の携帯をポケットに入れたまま、美砂に電話していたのです。これで携帯のトリックがまずわかりましたね


続きを読む
posted by kaze at 23:30| テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

八重の桜 第22回 弟のかたき


大河ドラマ 八重の桜 第22回 弟のかたき

三郎(工藤阿須加)覚馬(西島秀俊)について、尚之助(長谷川博己)から聞かされた山本家の人たちの悲しみが伝わってきましたね。八重(綾瀬はるか)は三郎の仇を討つ、兄様は死んでないと気丈なところを見せてましたが、ショックを隠しきれません

慶応四(1868)年2月16日、松平容保(綾野剛)は江戸を去ろうとしていました。藩士の中に、最新の戦術を学びに来ていた尚之助も見えます。「わしはこれより国元に戻る。江戸引き上げのこと、よろしく頼み入る。みなを置いて、大坂を出たことただただ恥じ入るばかり。では参る」と容保があいさつすると、鉄砲隊率いる大蔵(玉山鉄二)が西洋式の敬礼をしました

会津城下の通り、江戸から戻った人たちを迎える人が集まります。竹子(黒木メイサ)は母・こう(中村久美)妹・優子(竹富聖花)との再会を喜んでました。二葉(市川実日子)も戻り、艶(秋吉久美子)兵衛(山本圭)登勢(白羽ゆり)たちが迎えます。八重が、江戸で三郎と覚馬に会わなかったかと聞くと、二葉は答えに詰まりました。やがて尚之助も帰ってきますが、暗い顔です

山本家、尚之助が風呂敷から遺髪とボロボロの軍服を出し、三郎は鳥羽伏見の戦いで命を落としたと伝えると、八重は「人違いだし」と信じようとしません。しかし軍服の袖に南天の刺繍を見つけ、三郎のものだと確信します。佐久(風吹ジュン)が覚馬について聞くと、薩摩藩に捕らえられたあと、四条河原で処刑されたと尚之助が説明しました


続きを読む
posted by kaze at 22:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。