過去ログページ

2013年07月30日

今夜も生でさだまさし 北の国から2013函館


函館からの生放送でした。キャスター・さだまさし、構成作家・井上知幸がスタジオの外じゃなくて、調整室?から登場です。函館山のカメラは、あいにくの雨であまり見えなかったけど、函館の街の夜景はよかったです

イカ踊りの人をスルーして、函館放送局第一スタジオへ入り、音響効果・住吉昇と合流しました。小針画伯の絵は、函館の夜景、五稜郭、イカそうめん、海鮮丼で、みごとでしたね

ベストアルバム「天晴 オールタイム・ベスト」が好調で、いろいろな番組に出ていたそうです。40位〜80位のベター盤を出し、それが当たったらワースト盤を出すと、冗談を言ってました。実現したら面白いです!

4千回コンサートの話題も出ました。はがきも多かったです。「怖かったよ。国際試合でいきなりPK戦って感じだったよ」と話してました。GLAYの野外コンサートの話題も出ましたね


続きを読む
posted by kaze at 00:30| テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

八重の桜 第30回 再起への道


大河 八重の桜 第30回 再起への道

会津戦争から半年が過ぎた明治2(1869)年2月、アメリカマサチューセッツ州アーモスト大学、新島襄(オダギリジョー)が教会で祈っています。シーリー先生から何を祈ってるのか聞かれ、襄は「日本で革命が起こり明治時代が始まりました。明治とは、人民の声を聞いて政治を行えば、国が治まるという意味です。しかし同じ国の人間が相争った傷跡は深く、痛みはたやすく消えない。報復のためにまた戦をしないかと。互いに恨みを捨て、神の愛と正義の元、新しい国造りがなされますように。死者と遺された者のため、そして悲しみ、憎しみ、恨む心を癒し給え」と祈りました

八重(綾瀬はるか)は米沢の城下で、みね(池田沙弥花)と一緒に反物の行商です。その訛りに気づいて千代(中村優子)という女性が声をかけてきます。会津の人で、鉄砲隊を率いた八重のことを知ってました。千代は夫を亡くし、息子の長治郎(鏑木海智)とともに、田村屋宗右衛門(及川いぞう)に世話になってるのです

米沢藩士・内藤新一郎(木下政治)の屋敷の離れに、八重、みね、佐久(風吹ジュン)うら(長谷川京子)が暮らしていました。うらが反物を染める音が、砲撃の音に変わります。八重の頭に戦場がよみがえり、うなされて起きると、みねが泣いていました。八重は「さすけねえ」と答えます

山川大蔵(玉山鉄二)らの助命嘆願により、松平容保(綾野剛)の命は助けられました。しかし5月18日、家老・萱野権兵衛(柳沢慎吾)が責任を取って、切腹となります


続きを読む
posted by kaze at 21:56| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中将大 開幕14連勝

プロ野球・楽天の田中将大投手が開幕14連勝を達成しましたね。1点を先制され9回まできて、連勝が止まるのではと思いましたが。9回1アウト満塁からファーボールで押し出しで同点とすると、嶋基宏捕手がサヨナラヒットで、楽天3×−2ロッテで勝利をものにします。野村克也監督が言うように「マー君、神の子、不思議な子」ですね

開幕連勝記録は、15連勝が間柴茂有投手(日本ハム)斉藤和巳投手(ソフトバンク)、14連勝が篠原貴行投手(ダイエー)田中将大投手(楽天)となりました。インタビューで「田中投手が投げれば負けない」と聞かれ、田中投手は「やばいですね」とうれしそうでしたね。ロッテに2連勝した楽天は、両リーグ通じて50勝1番乗りで、2位のロッテとのゲーム差を4ゲームに広げました。今年こそ優勝して欲しいですね

ロッテの井口資仁選手は、日本で1506安打、アメリカで494安打で、日米通算2000本安打を達成しました。おめでとうございます

「田中将大 開幕11連勝」

posted by kaze at 10:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

八重の桜 第29回 鶴ヶ城開城


大河ドラマ 八重の桜 第29回 鶴ヶ城開城

やっと戦いが終わることになりましたが、最後の最後まで悲しみが続いていきます。松平容保(綾野剛)はどうしてここまで降伏しなかったのでしょう?まったく理解できません

明治元(1868)年9月15日、新政府軍総攻撃2日目、山本権八(松重豊)は食料確保のため決死隊として城を出ることになります。八重(綾瀬はるか)に鉄砲隊の指揮を託し、みね(池田沙弥花)の頭をなで出かけて行きました。そこへ時尾(貫地谷しほり)が「お登勢様が」と駆け込んできます

鶴ヶ城陣所、梶原(池内博之)は米沢藩からの降伏を促す書状を読みました。萱野権兵衛(柳沢慎吾)が雪が降る前に戦を終わらせるつもりかと言うと、山川大蔵(玉山鉄二)は決死隊は必ず戻ってくるので、冬まで持ちこたえれば戦況も変わると強気ですが、内藤介右衛門(志村東吾)は冬まで持つと思えぬと弱気です。新政府軍の砲撃が止めどなく降り注いでましたね

八重が知らせに来て、大蔵がかけつけると、登勢(白羽ゆり)は息を引き取ったばかりでした。兵衛(山本圭)が「登勢の仇を」と立ち上がりますが、爆風で倒れます。健次郎(勝地涼)が敵の砲撃が激しく戻ってきたと言うと、大蔵は何で討ち死にしなかったと殴り、腹を切れと怒鳴りました。健次郎が脇差を抜くと、艶(秋吉久美子)が「もうよい!もう十分じゃ!これ以上死ぬことはねえ」と体を張って止めます。その様子を見ていた容保は秋月に何か指示しました


続きを読む
posted by kaze at 21:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

八重の桜 第28回 自慢の娘


連続テレビ小説 八重の桜 第28回 自慢の娘

まだまだ悲劇が止まりません。鶴ヶ城の八重(綾瀬はるか)は、女子供と一緒に、果敢に戦っていました。八重はうまい具合に飛んできた砲弾に、濡れた布団を被せて爆発を防ぎますが、悲しい出来事が起こってしまいます。覚馬(西島秀俊)はやっと岩倉具視(小堺一機)に会うことが出来ますが、立ち上がれません

慶応4(1868)年8月26日、城に戻った山川大蔵(玉山鉄二)が軍事総督となります。頼母(西田敏行)のことを大蔵がたずねると、梶原(池内博之)官兵衛(中村獅童)は頼母を批判しました

屯所、八重がスペンサー銃に弾を込めてると、秋月(北村有起哉)が来て、頼母が城を追われると伝えます。八重と秋月は、頼母と吉十郎(関ファイト)を追いかけて行きました。松平容保(綾野剛)のご下命を萱野(柳沢慎吾)に伝えに行くと話す頼母に、秋月は城に戻らぬつもりかと聞くと、頼母は一礼して去ろうとします

八重が「お逃げになるのかし?なじょしてお殿様は頼母様を追い出すのかし」と聞くと、頼母は「出すぎたことを申すな!人にはそれぞれ道があんだ。なじょしても譲れぬ道があんだ。臆病者とそしられようと、真っ直ぐにしか進めぬわしの道があんだ。この西郷頼母にも、たわまぬ節がある」と去って行きました。秋月から千恵(宮崎美子)の辞世の句と教えられ、八重は申し訳なさそうな表情になりましたね


続きを読む
posted by kaze at 21:42| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

八重の桜 第27回 包囲網を突破せよ


大河ドラマ 八重の桜 第27回 包囲網を突破せよ

慶応4(1868)年8月23日、新政府軍が会津城下に侵入し、八重(綾瀬はるか)はスペンサー銃を肩に入城し、少年兵の指揮を執りました。神保内蔵助(津嘉山正種)田中土佐(佐藤B作)は腹を切り、飯盛山では白虎隊の少年たちが自刃し、西郷頼母(西田敏行)の家族はそろって命を絶ちます。本当に悲しくなりますね

時尾(貫地谷しほり)に髪を切ってもらった八重が夜襲へ向かおうとしてると、山川健次郎(勝地涼)が日新館が燃えてると知らせに来ました。やがて負傷兵を連れてきた古川春英(小市慢太郎)は敵に奪われるよう焼き払った、動けぬ者たちは自害したと伝えます。八重が「夜襲に行ってくる」と言うと、時尾は手を握りました

日向ユキ(剛力彩芽)は家族たちと、農家にかくまってもらおうとしますが断られます。八重は数名の兵とともに、城下にいた新政府兵を銃撃しました。権八(松重豊)の「鉄砲は武器だ。殺生する道具だ。人間の心の臓さ撃ちぬくことだ」という言葉を思い出しますが、八重はとどめを刺せません。すると黒河内伝五郎(六平直政)が現れ「お前たちに会津は渡さねえ」と槍で助太刀してくれました。しぶとく生き抜いてたのですね

8月24日籠城二日目、山川艶(秋吉久美子)が城内の女達に仕事の指示を与えました。二葉(市川実日子)は元気ありません。寅千がといなくなったのです。艶に気合を入れられ、二葉は「しっかりしねえと。私は平馬様の妻なんだから」と涙をふきます


続きを読む
posted by kaze at 21:45| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

あまちゃん 第14週 おら、大女優の付き人になる 第82回〜第84回


連続テレビ小説 あまちゃん 第14週 おら、大女優の付き人になる 第82回〜第84回

(第79回〜第81回)からの続きです。ユイ(橋本愛)の様子が変わったのを見て、吉田(荒川良々)は顔をこわばらせて喫茶リアスへ入って来ます(笑)ハイネックの服を着た春子(小泉今日子)を見て、美寿々(美保純)たちは「じぇじぇ」とビックリ!大吉(杉本哲太)は「春ちゃんがブティック今野の服を着る日が来るとは」と大声を出しました。弥生(渡辺えり)とおそろいの服です。勉さん(塩見三省)は「春コレ!」と手をたたいてうれしそう

今野(菅原大吉)が「どうした?」と聞くと、吉田は「おらたちのユイちゃんが!北鉄のユイちゃんが!俺のレベルさ落ちてしまった」と泣き出します。ユイの生活は荒れる一方で、愛犬家の小太りの男(山田健太)と腕を組み歩く姿がスーパーなどで目撃されました。一方、功(平泉成)はだいぶ回復しましたね

観光協会、ネットに流出したユイの姿を、菅原(吹越満)栗原(安藤玉恵)たちが削除できないか話してましたが、ヒロシ(小池徹平)が来るとあわてて隠します

アキ(能年玲奈)は鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)の付き人としてテレビ局のスタジオにいました。BS時代劇「静御前」で、鈴鹿は平清常(吉野容臣)に子どもを奪われるシーンの撮影です。カットがかかると、ひろ美は「天野さ〜ん」とアキを呼びましたね

廊下を歩きながら「私、夜9時以降は何も食べないようにしてるの。だから9時までに死ぬほど食べるの。食い意地張ってるの。覚えておいてね」と鈴鹿は注意しながら、AD(恩田隆一)にワッフルを差し入れします。アキが領収書をもらってないとわかると、鈴鹿は「何やってんの!領収書は絶対もらわなきゃダメ!私たち高額納税者にとって領収書は命の源なのよ!領収書領収書領収書」と連呼しました(笑)

夜7時以降は奈落でレッスンです。種市(福士蒼汰)が鈴鹿からGMT6への差し入れを持ってきて、入間しおり(松岡茉優)たちは大喜び。レッスン後、無頼鮨で反省会です。熱く芝居について語る鈴鹿に、アキは「鈴鹿さんて、あれですよね。根っからお芝居が好きなんだなあと思って。お芝居の話してる時は生き生きしてるもんね。つうか、お芝居の話しかしねえもんね」とストレートです。気分を害した鈴鹿が帰るというので、アキが「何でおらに優しくしてくれんだべ」とたずねると、鈴鹿は「昔の私みたいだからよ」と答えましたね

ビルの屋上、種市は「やっぱ天野すげえな。有名女優相手に全然引かねえ」と感心し「正月帰るのか?もう11月だぞ。あっと言う間に、暦の上ではディセンバーだぞ」と聞きます。アキがどうするか聞き返すと、種市はユイの悪いウワサを教えてくれました

気になるなら一緒に帰るかと誘われますが、アキは「いや、だったらなおさら帰れねえ。そういう姿、ユイちゃんはおらに見られたくねえはずだから。おらも見たくねえし、辛えけど聞かなかったことにする。親友にも緊張感は必要だ。ユイちゃんには常におらの先を走っててもらいでえんだ」と断りました。2人はちょっと良い雰囲気でしたね


続きを読む
posted by kaze at 09:30| 連続テレビ小説 あまちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

青山修子 ベスト4進出

テニスのウィンブルドン選手権女子ダブルス、青山修子選手(近藤乳業)は、 C・シーパース(南アフリカ)と組んで、第16シードのJ・ゲルゲス(ドイツ)B・ザフラヴォワ・ストリツォワ(チェコ)組を、7−6、5−7、6−4で破りました

2007年に準優勝した杉山愛選手、スレボトニク(スロベニア)組以来6年ぶりのベスト4進出です。クルム伊達選手だけじゃなく、青山選手にも頑張って欲しいですね

「クルム伊達公子 ペアでも3回戦進出」
「錦織圭 2年連続3回戦進出」
posted by kaze at 10:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三浦知良 最年長得点記録更新

横浜FCの元日本代表の三浦知良選手が、栃木とのリーグ戦で試合開始16秒に得点を決め、自身が持つJリーグ最年長得点記録を更新しました。2012年5月27日のJ2鳥取戦以来の得点で、キングカズは46才4ヶ月なのですね

試合開始直後、パスを受けた三浦選手は、ワントラップしてから左足で豪快なシュートを放ち、ゴールを奪いました。素晴らしいですね

「三浦知良 代表戦デビュー」
「三浦知良 フットサル日本代表」
posted by kaze at 09:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

あまちゃん 第14週 おら、大女優の付き人になる 第79回〜第81回


連続テレビ小説 あまちゃん 第14週 おら、大女優の付き人になる 第79回〜第81回

アキ(能年玲奈)は水口(松田龍平)に「なして黙ってたんですか?鈴鹿ひろ美と知り合いだったら言ってくれたらいいのに」と聞きます。水口はさんづけするよう言ってから「会社でしない方がいいよ。太巻さん色々あったらしいから」と注意しました

夏(宮本信子)に鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)と会ったと報告してから、みんな変わりはないかとたずねます。美寿々(美保純)にバングラデシュから来たカマール(アベディン)という彼氏が出来てましたね

ユイ(橋本愛)がミス北鉄2連覇を達成し、ヒロシ(小池徹平)が代わりにティアラを受け取ったと話します。ユイは功(平泉成)の看病を、よしえ(八木亜希子)と交代でしていて、学校へ行ってないのでした。一連拓郎じゃなく一蓮托生、二束三文じゃなく二人三脚です(笑)

駅舎、ユイが若い男に絡まれてると、磯野(皆川猿時)吉田(荒川良々)が助けてくれました。喫茶リアス、吉田と大吉(杉本哲太)が「なんとかしてやりてえ」とため息をついてると、春子(小泉今日子)が「ほっといてやんなよ。ほとぼりが冷めるまで」と言いますが、吉田と大吉は泣き出してしまいます

安部ちゃん(片桐はいり)にユイのことを話してると、種市(福士蒼汰)がやって来て、じぇじぇじぇじぇ!とビックリです。種市がうまいものを食おうというので、安部ちゃんが作ったまめぶを食べず、無頼鮨へ行きました

ユイから来たメールを見せると、種市は「これ相当無理してる。大丈夫って4回も打つなんて、大丈夫じゃない証拠だよ」と答えます。みんながユイのことばかり言うので、アキは「ひがんでる訳でねえんだ。やっぱすげえなって。いねえ所で話題にのるってことは、みんなの心の中さユイちゃんがいるってことだべ?うまく言えねえけど、それがスターの条件つうか華つうか。やっぱユイちゃんは表舞台に立つ人間なんだなってつくづく思う」と打ち明けました。しかしユイと種市がつきあってることにアキが大声を出すと、梅頭(ピエール瀧)伊東(日向丈)がこちらを見ます

種市は「俺もう南部ダイバーじゃねえんだ。仕事、辞めた。会社の寮も出た。ユイのことも心配だし、来週にも田舎さ帰ろうと思う」と言いました。羽田空港からスカイツリーの現場に回され、高所恐怖症で仕事が出来ないことがわかったのです。アキがかつての種市がいなくなったと思ってると、隣の座敷にひろ美と太巻(古田新太)が来ましたね


続きを読む
posted by kaze at 21:45| 連続テレビ小説 あまちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田中将大 開幕11連勝

プロ野球・楽天の田中将大投手の勢いが止まりませんね。首位ロッテとの対決で、田中投手は8回を無失点に抑え、開幕から11連勝、2年越しの15連勝です。

31イニング連続無失点で、球団新記録を達成で、防御率1.35、勝ち星、勝率と合わせてリーグ3冠なんですね。楽天は7−0でロッテを破り、首位ロッテにゲーム差1としました

「侍ジャパン 準決勝敗退」
「WBC 侍ジャパン優勝!2大会連続世界一!」
posted by kaze at 12:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

安藤美姫 出産してソチ五輪へ

フィギュアスケートの安藤美姫選手が、出産していたことを明らかにし、ソチ五輪をめざすことを表明しましたね。昨年10月ごろ妊娠が判明し、今年4月に第1子女児を出産したそうです。本当にビックリしました

安藤選手は、休んでいる間にフィギュアスケートをできることの素晴らしさに気づいて、オリンピックをめざすことにしたとインタビューで答えてました。筋力トレーニングをしている映像も映ってましたね

アイスショー・ドリーム・オン・アイスでは、アメージング・グレースに乗って、素晴らしい演技を披露してくれました。トリプルサルコーもきれいで、体型も以前とまったく変わりません

ママさんランナーとして活躍してる選手はたくさんいて、スピードスケートでは岡崎朋美選手などがいますが、フィギュアスケートで活躍してる人は初めてですね。ぜひ頑張って欲しいですね

安藤美姫 金メダル 浅田真央 6位 世界選手権2011
安藤美姫 優勝 浅田真央 2位 全日本選手権2010
posted by kaze at 12:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

八重の桜 第26回 八重、決戦のとき


大河ドラマ 八重の桜 第26回 八重、決戦のとき

涙が止まらなくなってしまいました。なぜ会津が戦いに巻き込まれなくてはならなかったのか、なぜ女や子供まで犠牲になるのか、本当に悲しいですね。八重(綾瀬はるか)は少年たちとともに銃で戦います

慶応4(1868)年8月23日、新政府軍が会津城下へ迫ってきました。八重は、佐久(風吹ジュン)うら(長谷川京子)みね(池田沙弥花)そして澄江(宮下順子)を連れ家を出ます。ユキ(剛力彩芽)にも城へ向かうと声をかけますが、祖母が残るというので別れてしまいました

滝沢本陣が猛攻にさらされ、松平容保(綾野剛)田中土佐(佐藤B作)は城へ戻ることします。容保は「ならぬことはならぬ」と松平定敬(中村隼人)に戦場から離れるよう話しました

鶴ヶ城へ入った八重は佐久に「さすけねえ。必ず戻るから」と銃を持って行こうとすると、時尾(貫地谷しほり)滝瀬(筒井真理子)らを従え照姫(稲森いずみ)が来ます。照姫が「勇ましい姿じゃな」と言うと、八重はひざまずいて「これは伏見の戦で亡くなった弟の形見にごぜえます。私は弟の魂とともに戦う覚悟にごぜえます」と答えました。照姫は「その鉄砲に会津武士の魂を込めよ」と送り出してくれましたね


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 大河ドラマ 八重の桜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。