カテゴリー:映画(洋画)

2013年02月16日

ダイ・ハード3 ブルース・ウィリス


映画「ダイ・ハード3」
Die Hard:With a Vengeance(1995)
監督:ジョン・マクティアナン
キャスト:ブルース・ウィリス、ジェレミー・アイアンズ
ラリー・ブリッグマン、グラハム・グリーン
サム・フィリップス、コリーン・キャンプ
サミュエル・L・ジャクソン

ダイ・ハード・シリーズ第3弾。ブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーンは、ニューヨークの街を舞台に謎のテロリスト集団に戦いを挑みます。いきなりの爆発シーンでダイハードの世界へ一気に引き込まれましたね

爆弾をしかけたサイモン(ジェレミー・アイアンズ)はコッブ警部(ラリー・ブリッグマン)に電話で「命令ゲームを楽しみたい」と要求を伝えてきます。停職中のジョンを復帰させ、ハーレムのど真ん中にあるアムステルダム交差点に行かせないと、もう一度爆発を起こすというのです

ジョンは二日酔いなのか苦しそうで、コニー・コワルスキー刑事(コリーン・キャンプ)ジョー・ランバート刑事(グラハム・グリーン)からアスピリンをもらいます。ジョンが「昨夜のロッタリーの当たり番号は」とたずねると、リッキー・ウォルシュ刑事(アンソニー・ペック)が「4667」と即答しました。ウォルシュは「6991」というバッジナンバーに毎回賭けてるのです

パンツ1丁で「黒人は嫌いだ」と書かれた板をつるされたジョンは、ハーレムに1人だけ置き去りにされます。ストリートギャングに見つかりますが、家電修理店の店主・ゼウス・カーバー(サミュエル・L・ジャクソン)に助けられました。サイモンから言われ、ゼウスとジョンは2人で行動します。この白人と黒人のデコボコ・コンビの掛け合いが、実にいいテンポです!


続きを読む
posted by kaze at 18:40| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

ダイ・ハード ブルース・ウィリス


映画「ダイ・ハード」
Die Hard(1988)
監督:ジョン・マクティアナン
撮影:ヤン・デ・ボン
キャスト:ブルース・ウィリス、アラン・リックマン
ボニー・ベデリア、レジナルド・ベルジョンソン
ジョージ・シゲタ、アレグザンダー・ゴドノフ

いよいよ最新作「ダイ・ハード5 ラスト・デイ」が公開ですね。これを機に「ダイハード」を見直したら、アクションの迫力は圧巻でした。銃撃シーンや爆破シーンなど、外部との連絡を閉ざされたビル内でのシーンは、この映画が初めてではないでしょうか。ハイテク高層ビルゆえの問題点や恐怖感を味わえます。しかし、携帯電話が少し大きめだったり、ブルース・ウィリスの髪の毛がかなり存在していたり、月日が経っているのを感じます(笑)

ブルース・ウィリスがジョン・マクレーンを演じるダイ・ハード・シリーズの第1弾。ジョンはクリスマスを家族と過ごすため、ロサンゼルスへやって来ました。妻・ホリー(ボニー・ベデリア)が働いているナカトミプラザへ、ジョンはアーガイル(デヴロー・ホワイト)が運転するリムジンで移動します

30階ではパーティが開催されていて、ジョンはタカギ社長(ジェームズ・シゲタ)に案内され、ホリーの部屋へ行きました。リムジンはタカギが手配してくれたのです。エリス部長(ハート・ボックナー)はすでにハイテンション!

ホリーと2人きりになって良い雰囲気だったのに、ホリーがマクレーンでなくジェネロ姓を使っていたとジョンが文句を言い、険悪なムードにになります。ジニーがホリーを呼びに来たので、1人残ったジョンは裸足になって指を丸めました。飛行機で隣に座っていた男がアドバイスしてくれた高所恐怖症を治すおまじないです(笑)


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

ディズニー スター・ウォーズ

ウォルト・ディズニーが、ジョージ・ルーカス監督が設立した映画会社ルーカス・フィルムを40億5000万ドル(約3200億円)で買収すると発表しましたね

今回の買収には、スター・ウォーズの新シリーズに関する権利も含まれるそうで、ディズニーは今後少なくとも3作を製作するとし、2015年にシリーズ7作目を発表するそうです

ルーカス監督は、シリーズ開始時に全9作を計画していましたが、実際に製作されたのは6作まででした。シリーズ7作は「エピソード6(ジェダイの帰還)」のその後が描かれるそうです。てっきり「スター・ウォーズ シリーズ」は完結したものだと思っていただけに、予想外のニュースが飛び込んできて、楽しみですね

posted by kaze at 13:05| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

交渉人 サミュエル・L・ジャクソン×ケヴィン・スペイシー


映画「交渉人」
The Negotiator (1998)
監督:F・ゲイリー・グレイ
キャスト:サミュエル・L・ジャクソン、ケヴィン・スペイシー
デイヴィッド・モース、ジョン・スペンサー
ジェイ・ティー・ウォルシュ、ロン・リフキン
シオバーン・ファロン、ポール・ジアマッティ
レジーナ・テイラー、ポール・ギルフォイル

何回か観た映画なのですが、癖のある俳優がたくさん出てくるので、誰が黒幕なのかわからなくなります。また、サミュエル・L・ジャクソン、ケヴィン・スペイシーの2人の交渉人としての話術も楽しめました

オープニングから緊迫した場面からはじまります。女の子を人質にして、ショットガンを持ち部屋に立てこもった男が、妻を連れて来いと要求してきました。人質交渉人・ダニー・ローマン(サミュエル・L・ジャクソン)は、犬の話をネタにして、犯人と交渉しますが、うまくいきません。意を決したローマンは部屋に入り、軍隊のネタで犯人を落ち着かせ、窓際に移動させたところを、狙撃手に撃たせます。交渉人の仕事は、こういう感じだよと教えてくれましたね


続きを読む
posted by kaze at 12:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

スパイダーマン トビー・マグワイア&キルスティン・ダンスト


映画「スパイダーマン」
Spider-Man(2002)
監督:サム・ライミ
キャスト:トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト
ウィレム・デフォー、ジェームズ・フランコ

コミック「スパイダーマン」の実写映画化作品の第一弾です。ちょっと弱々しい高校生のピーターをトビー・マグワイアが、ピーターの幼なじみメリー・ジェーン(MJ)をキルスティン・ダンストが演じていました

スパイダーマンが、糸を出して、自由自在にビルからビルへと移動する様子が、目が回るようです。CGの技術が発達した結果の映像ですね。3Dでも観たい!

ピーターたちは社会科見学で、博物館にやってきます。遅れてハリー(ジェームズ・フランコ)が、父親のノーマン(ウィレム・デフォー)に送られてやってきました。博物館では、遺伝子操作をしたスーパースパイダーが展示されています。ピーターがMJの写真を撮るのに夢中になっていると、一匹のクモがピーターの手に下りてきて、かみました


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

ダイ・ハード4.0 ブルース・ウィリス


映画「ダイ・ハード4.0」
Die Hard 4.0(2007)
監督:レン・ワイズマン
出演:ブルース・ウィリス、ジャスティン・ロング
ティモシー・オリファント、クリフ・カーティス
マギーQ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド

ダイ・ハード・シリーズ第4弾。ブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーンが12年ぶりに帰ってきました。7月4日の独立記念日、アメリカ全土を恐怖に陥れるサイバーテロ集団に、ロサンゼルス市警のマクレーン刑事が戦いを挑みます

映画館で公開したとき観に行きました。ガン・ファイト、カーアクション、爆破シーンなどが目の前に広がり、その緊迫感は今見直しても伝わってきましたよ。特に、当時CMでも流れていたパトカーとヘリコプターの衝突シーンは大迫力です

ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)の相棒となるのは、マットことマシュー・ファレル(ジャスティン・ロング)。コンピュータのハッカーで、アクションは全く出来ませんが、この2人のコンビのちぐはぐさも面白かったです

マクレーンの娘・ルーシー・ジェネロ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)が登場し、父親に似た強気な性格を出してます。また、マクレーンの元妻のホリー(ボニー・ベデリア)が一瞬だけ登場してますよ


続きを読む
posted by kaze at 00:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

スパイダーマン3 トビー・マグワイア&キルスティン・ダンスト


映画「スパイダーマン3」
Spider-Man 3(2007)
監督:サム・ライミ
キャスト:トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト
ジェームズ・フランコ、ブライス・ダラス・ハワード
トーマス・ヘイデン・チャーチ、トファー・グレイス
ジェームズ・クロムウェル、ローズマリー・ハリス

コミック「スパイダーマン」の実写映画化作品の第三弾です。公開時に映画館で観たときは、スパイダーマンとニューゴブリンとの空中戦は圧倒されました。2012年公開「アメイジング・スパイダーマン」は3Dなので、観比べたいですね

ピーター・パーカー(トビー・マグワイア)はメリー・ジェーン・ワトソン(MJ)(キルスティン・ダンスト)との結婚を意識し、指輪を買おうとしています。MJが出演する劇をブロードウェイへ観に行くと、2階のVIP席に、ハリー・オズボーン(ジェームズ・フランコ)がいました。ピーターが話しかけますが、ハリーは「父に話せよ。生き返らせてから」と父親の死はピーターのせいと思っているようです

クモの巣を張って、ピーターはMJと寝転んでデートです。2人がバイクに乗って帰ろうとすると、宇宙から来た黒い液状生命体・シンビオートもピタッとついてきました

フリント・マルコ(トーマス・ヘイデン・チャーチ)は刑務所を脱獄し、家へこっそり帰って来ますが、妻に見つかり「出ていって!」と言われてしまいます。病気の娘・ペニーが起きてきてしまいました。フリントが「会いたかった」と言うと、ペニーも「私も会いたかった」と答えましたね


続きを読む
posted by kaze at 19:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

トータル・リコール アーノルド・シュワルツェネッガー


映画「トータル・リコール」
Total Recall(1990)
監督:ポール・バーホーベン
キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー
レイチェル・ティコティン、シャロン・ストーン
マイケル・アイアンサイド、ロニー・コックス

シュワルツェネッガー作品の中で、好きな映画の1つです。公開当時、映画館で観たときは、その特殊効果に驚きました。見直すとモニター画面などのCGIが微妙でしたが、顔が変形するシーンなど今でも度胆を抜かれます(笑)

フィリップ・K・ディックの短編小説「追憶売ります」が原作のSF映画で、アカデミー賞の視覚効果賞、特別業績賞を受賞です。ジェリー・ゴールドスミスの音楽も良いですね

ダグラス・クエイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)は女性とともに宇宙服を着て火星へ行きます。ところが崖から足をすべらせ落下、ヘルメットのガラスが割れ、目が飛び出て苦しみだします

妻のローリー(シャロン・ストーン)に起こされ、クエイドは目を覚ましました。夢だったのです。ローリーが「ブルネットの彼女もいた?」と聞くので、クエイドは「夢の女にジェラシーかい。夢の女性は君だ」とごまかします


続きを読む
posted by kaze at 14:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

トランスポーター3 ジェイソン・ステイサム


映画「トランスポーター3 アンリミティド」
THE TRANSPORTER3(2008)
監督:オリヴィエ・メガトン
制作・脚本:リュック・ベッソン
キャスト:ジェイソン・ステイサム、ナタリア・ルダコーワ
ロバート・ネッパー、エリック・エブアニー
ジェローン・クラッベ、フランソワ・ベルレアン

1.契約厳守、2.名前は聞かない、3.依頼品は開けない、というルールを守るプロの運び屋・フランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)が活躍するアクション映画「トランスポーター」シリーズ第3弾です

タンカーのコンテナへ2人の男が忍び込みます。酒を盗もうと思ったのですが、倒れたドラム缶から謎の液体が流れ出てました。アラームが鳴り、ガスマスクの男たちがかけつけると、2人の男が倒れています。有毒廃棄物が入っていたのです

黒のアウディA8が画面に映り、フランクが登場かと思ったら、違う男でした。助手席の女は眠っています。男は検問を突破し、カーアクションがスタート!

一方のフランクは、タルコーニ警部(フランソワ・ベルレアン)と釣りを楽しんでいました。帽子をかぶってラフな格好なので、いつもと勝手が違います。警部の元へ「1台のアウディがとんでもないスピードでマルセイユを暴走してる」と連絡が入りました


続きを読む
posted by kaze at 12:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

トランスポーター2 ジェイソン・ステイサム


映画「トランスポーター2」
THE TRANSPORTER2(2005)
監督:ルイ・レテリエ
脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
出演:ジェイソン・ステイサム、アレッサンドロ・ガスマン
アンバー・バレッタ、ハンター・クラリー、ケイト・ノタ
マシュー・モディーン、フランソワ・ベルレアン

1.契約厳守、2.名前は聞かない、3.依頼品は開けない、というルールを守るプロの運び屋・フランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)が活躍するアクション映画「トランスポーター」の続編です

フランクを演じるジェイソン・ステイサムは、スクリーンではクールだけど、TVインタビューでは全然クールでなく、ジョークと笑いが絶えない人でした。第1作では、ルールを破ったために大変な目に会いました。プロ失格です。依頼品が美女だと破らざるを得ませんよね(笑)

オープニングでフランクは、車を盗もうとするギャングを、切れのあるアクションで倒し、依頼人の元へ3時ちょうどにアウディA8で駆けつけます。けたたましくベルが鳴ったと思ったら、建物から子供たちが出てきました。6才の少年・ジャック(ハンター・クラリー)のお迎えです(笑)


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

クリフハンガー シルヴェスター・スタローン&レニー・ハーリン


映画「クリフハンガー」
Cliffhanger(1993)
監督:レニー・ハーリン
脚本:マイケル・フランス、シルヴェスター・スタローン
キャスト:シルヴェスター・スタローン、ジャニン・ターナー
マイケル・ルーカー、ラルフ・ウェイト
レックス・リン、ジョン・リスゴー

「ダイ・ハード2」の監督・レニー・ハーリンと組んだスタローンが、ロッキー山脈を舞台にアクションを炸裂させています。険しくも美しい山々が、犯罪組織の到着で戦いの場へと変貌しました。絶景の雪山と爆破シーンが対照的ながら、迫力ありましたね

ゲイブ・ウォーカー(シルヴェスター・スタローン)は天才クライマーでレスキュー隊員です。同僚のハル・タッカー(マイケル・ルーカー)は恋人のサラ(ミシェル・ジョイナー)とともにタワーと呼ばれる山に登りますが、脱臼し動けなくなります。ゲイブは絶壁をよじ登り、ハルとサラの元へたどりつきました

同じくレスキュー隊のフランク(ラルフ・ウェイト)ジェシー・ディーガン(ジャニン・ターナー)がヘリコプターを飛ばし、タワーへ向かいます。ワイヤーを伝って、サラがヘリへ移動している最中、命綱がはずれてきました。ゲイブがかけつけサラの手を取りますが、手袋がすべってサラは落下です!

8ヵ月後、コロラド州デンバーにある合衆国財務局造幣局で、リチャード・トラヴァース(レックス・リン)が1億ドルを空輸する準備をしていました。すると、ライト部長(ポール・ウィンフィールド)がFBIのマセスン捜査官(ヴィト・ルギニス)を同乗させるよう頼んできます


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

メン・イン・ブラック2 トミー・リー・ジョーンズ×ウィル・スミス


映画「メン・イン・ブラック2」
Men in Black 2 (2002)
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス
ロザリオ・ドーソン、ララ・フリン・ボイル

映画「メン・イン・ブラック」の続編です。地球のエイリアンを管理するMIBの活躍を描いています。SFXを駆使し、ほのぼのとさせるエイリアンが登場してくるのが面白いですね。さらに、大きいと思ったら実は小さいというように、画面の錯覚を利用した映像が、いろいろと出て来るのがうまいです。エージェントKをトミー・リー・ジョーンズが、エージェントJをウィル・スミスが演じています

オープニングでコロンビアの女神が、ピカッ(ニューラライザー)を作動させて映画が始まりました(笑)宇宙空間のCGが美しいです。前作でK(トミー・リー・ジョーンズ)はMIBである記憶を消されてしまったため、J(ウィル・スミス)はエージェントTと組んで仕事をしています

空から宇宙船がやってきました。どれだけ大きいんだと思ったら、それほどでもありません(笑)写真を複製して、カイロシアン星人のサーリーナ(ララ・フリン・ボイル)が登場します


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

メン・イン・ブラック トミー・リー・ジョーンズ×ウィル・スミス


映画「メン・イン・ブラック」
Men in Black(1997)
監督:バリー・ソネンフェルド
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
キャスト:トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス
リップ・トーン、リンダ・フィオレンティーノ

いろんなエイリアンたちが登場し、面白いです。でもグチャとするシーンは気味悪い(笑)そして「メン・イン・ブラック3」がいよいよ公開ですね

メキシコから国境を越えてアメリカへきたバンを、国境警備員が止め、後ろに乗っていた全員を下ろしました。そこへ移民局6課から来たというK(トミー・リー・ジョーンズ)とD(リチャード・ハミルトン)が1人の男を残させ、行かせてしまいます。男を草むらへ連れて行き、Kが服を切ると、マイキーというエイリアンが隠れていました(笑)

ところが警備がのぞいてるのに気づいたマイキーは、驚く警備員へ飛びかかっていきます。Dはひるんで動けず、Kがマイキーを撃ちました。Kはピカッ(ニューラライザー)で、警備員たちの記憶を消去し、特殊部隊に後をまかせます。引退するというDの記憶もピカッで消しましたね

ニューヨーク市警のジェームズ・エドワーズ(ウィル・スミス)は、犯人を追跡し、持っていた銃を破壊しましたが、犯人は壁をかけあがっていきます。それでもジェームズはビル屋上へ犯人を追い詰めました。ところが犯人は目の中にまぶたが2枚ずつあって横に閉じ「あいつが来る」と飛び降りてしまいます


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

アルマゲドン ブルース・ウィリス


映画「アルマゲドン」
First Knight(1995)
監督:マイケル・ベイ
テーマ曲:エアロスミス
キャスト:ブルース・ウィリス、リヴ・タイラー
ベン・アフレック、ウィル・パットン
スティーヴ・ブシェミ、ビリー・ボブ・ソーントン

突然に小惑星が急接近し、地球に危機が訪れるSFパニックムービーです。次から次へアクシデント続発で、ドキドキが止まりません。さらに家族愛を描いた感動の物語でもありましたね

ミサイルのように隕石群が落下し、街が破壊され、NASA総司令官・トルーマン(ビリー・ボブ・ソーントン)空軍のキムジー将軍(キース・デイヴィッド)が調査を始めました。ハッブル宇宙望遠鏡により、テキサス州ほどの大きさの小惑星が接近していて、あと18日で地球に衝突することがわかります

ハリー・スタンパー(ブルース・ウィリス)はゴルフをしてると思ったら、東シナ海の石油基地にいました。若手のA・J・フロスト(ベン・アフレック)が娘のグレース・スタンパー(リヴ・タイラー)とベットインしてたとわかり、ハリーはシュットガンを撃ちまくります(笑)

石油採掘メンバーは、チック・チャップル(ウィル・パットン)、女の子に夢中でちょっとおかしいロックハウンド(スティーヴ・ブシェミ)、巨体な黒人のベアーことジャイティス・カーリーン(マイケル・クラーク・ダンカン)、地質学者のオスカー・チョイ(オーウェン・ウィルソン)、太ってるマックス・レンナート(ケン・キャンベル)、フレディ・ヌーナン(クラーク・ブローリー)です


続きを読む
posted by kaze at 12:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

ハムナプトラ2 黄金のピラミッド ブレンダン・フレイザー×レイチェル・ワイズ


映画「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」
The Mummy Returns(2001)
監督:スティーブン・ソマーズ
キャスト:ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ
アーノルド・ボスルー、パトリシア・ベラスケス
ジョン・ハナー、オデッド・フェール、ザ・ロック

「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」の続編のアドベンチャームービーです。水にのりうつった大神官、大軍団の戦闘シーンなど、高度なSFX技術もみごとですが、リアルなアクションシーンも大迫力でしたね

紀元前3067年のテーベ、勇猛果敢な戦士・スコーピオン・キング(ザ・ロック)は、世界征服の戦いを始めますが、7年後に敗戦し、アムシュアの砂漠へ落ち延びます。1人になったスコーピオン・キングは暗黒の神・アヌビスと、敵軍を倒させてくれるなら自分の魂と引き換えるという契約を結びました。砂漠はあっという間にオアシスになり、アヌビスの軍勢を得たスコーピオン・キングは勝利を収めます。するとスコーピオン・キングの魂はアヌビスのものとなり、大軍は砂に返ってしまいましたね

1933年エジプト、リック・オコーネル(ブレンダン・フレイザー)とエヴリン(レイチェル・ワイズ)の間に、8才の息子・アレックス(フレディ・ボース)が育っていました。エヴリンは不思議な夢を見るようになっていて、初めて来たはずの遺跡の扉をみごとに開け、アヌビスの腕輪を発見です。ところが仕掛けが作動し、大量の水が流れてきます。アレックスはバランスを崩し、石柱がドミノ倒しです(笑)

一方、ハムナプトラ・死者の都では、ハフェズ(アラン・アームストロング)の指揮で、発掘が行われていました。アナクスナムンにそっくりなミラ(パトリシア・ヴェラスケス)、ロック・ナー(アドウェール)もいます。やがて、イムホテップのミイラが掘り出されました


続きを読む
posted by kaze at 12:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハムナプトラ 失われた砂漠の都 ブレンダン・フレイザー×レイチェル・ワイズ


映画「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」
The Mummy(1999)
監督:スティーブン・ソマーズ
キャスト:ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ
アーノルド・ボスルー、パトリシア・ベラスケス
ジョン・ハナー、オデッド・フェール

エジプトの王家の墓に眠る財宝をめぐるアドベンチャームービーです。大神官がのりうつった砂嵐など、高度なSFX技術により、リアリティを感じさせ迫力がありましたね

紀元前1290年、大神官・イムホテップ(アーノルド・ボスルー)とセティ1世の愛人・アナクスナムン(パトリシア・ベラスケス)は、恋に落ちます。セティ1世にばれてしまい、イムホテップとアナクスナムンはセティ1世を殺しました。しかし近衛兵に追い詰められ、アナクスナムンは「私をよみがえらせて」とイムホテップに言い残し、自害します

イムホテップは神官たちとともに、アナクスナムンの遺体を盗み、砂漠の果てにあるハムナプトラへ向かいました。歴代のファラオが財宝とともに眠る王家の墓地・死者の都です。イムホテップが死者の書で、アナクスナムンをよみがえらそうとしてるところへ、近衛兵が乱入し、儀式は中断。神官たちは生きながらミイラにされ、イムホテップはホムダイという恐ろしい刑を受けました。棺に閉じ込められ、永遠に生き続けさせられるのです

1923年、ファラオの近衛兵でメジャイの民であるアーデス・ベイ(オデッド・フェール)らが見つめる中、外国人部隊とトゥアレグ族の戦いが行われました。外国人部隊のリック・オコーネル(ブレンダン・フレイザー)は、部下のベニー(ケヴィン・J・オコナー)に裏切られ、敗走します


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

RONIN ロバート・デ・ニーロ×ジャン・レノ


映画「RONIN
Ronin (1999)
監督:ジョン・フランケンハイマー
出演:ロバート・デ・ニーロ、ジャン・レノ
ナターシャ・マケルホーン、ショーン・ビーン
ステラン・スカルスゲールド、スキップ・サダス

組織を離れ浪人となった諜報員たちが、スーツケースを盗みだすという仕事のために集まります。ロバート・デ・ニーロとジャン・レノが登場して豪華共演です。フランスのパリ、ニース、アルルの美しい街並みが印象的でした。細い路地を飛ぶように走り、高速道路を逆送するカーアクションは迫力がありましたよ

オープニングタイトルがしゃれてます。「日本の江戸時代、サムライは命を賭けて仕えた。君主を失ったサムライは恥を忍び野に下り、職を求めて雇われ武士や盗賊にまでなった。主をなくした武士はサムライと呼ばれず別の名で呼ばれた。その名は―」と字幕の後にバンッと「RONIN」とタイトルが現れます

パリのひなびたカフェに、男たちが集まってきます。サム(ロバート・デ・ニーロ)ビンセント(ジャン・レノ)ラリー(スキップ・サダス)。アジトへ移動し、グレゴール(ステラン・スカルスゲールド)スペンス(ショーン・ビーン)が加わりました。謎の女性・ディアドラ(ナターシャ・マケルホーン)は、スーツケースの強奪を5人に依頼します

5人はお互い何者かわからず、ディアドラもケースの中身を明かそうとしないので、不思議な雰囲気が漂っていました。サムとビンセントがフランス語で話していると、グレゴールが会話に入ってきます。サムがわざとカップを落とすと、グレゴールがすばやくカップを取りました。メガネをかけたグレゴールは、ただものではありません


続きを読む
posted by kaze at 18:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

トゥルーナイト ショーン・コネリー×リチャード・ギア


映画「トゥルー・ナイト」
First Knight(1995)
監督:ジェリー・ザッカー
キャスト:ショーン・コネリー、リチャード・ギア
ジュリア・オーモンド、ベン・クロス

アーサー王に嫁ぐことになったグィネヴィアと、若きランスロットとの恋の物語です。渋いショーン・コネリーと若いリチャード・ギアが、文句なく良いですね。ジョン・ギールグッドは気になる俳優さんです。戦闘シーンも迫力ありましたよ

グィネヴィア(ジュリア・オーモンド)はレオネス公国の王妃です。レオネスはマラガント(ベン・クロス)からたびたび攻められていました。グィネヴィアはオズワルド(ジョン・ギールグッド)と相談し、キャメロットのアーサー王(ショーン・コネリー)に嫁ぐことにします

ところが、キャメロットへ向かうグィネヴィア一行を、マラガント軍が襲ってきました。マラガントはかつて円卓の騎士でしたが、アーサー王に反旗をひるがえしたのです。馬車から飛び降りたグィネヴィアは森へ逃げますが、マラガントの部下に捕まってしまいます

そこへランスロット(リチャード・ギア)が登場し、グィネヴィアを救出しました。ランスロットはグィネヴィアを好きになってしまったようですが、グィネヴィアの心は違っていたようです


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

ナショナル・トレジャー2リンカーン暗殺者の日記 ニコラス・ケイジ


映画「ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記」
National Treasure 2 Book of Secrets (2007)
監督:ジョン・タートルトーブ
出演:ニコラス・ケイジ、ダイアン・クルーガー
ハーヴェイ・カイテル、ジョン・ヴォイト
ヘレン・ミレン、ジャスティン・バーサ、エド・ハリス

映画「ナショナル・トレジャー」の続編です。ワシントンDC、1865年4月14日、南北戦争が終結した5日後、食堂でトーマス・ゲイツが幼い息子のチャールズ・ゲイツと話していました。そこへ2人の男が暗号を解いてと頼みに来ます。日記には、プレイフェア暗号で書かれた文章がありました

1人の男が向かったのは劇場です。そして客席に座っていたリンカーン大統領にピストルを発射!男は暗殺者のジョン・ウィルクス・ブースだったのです。もう1人の男のオローリンの胸に、KGC(ゴールデンサークル騎士団)のバッチがあるのを見て、トーマスは解読した紙を火にかけます。オローリンはトーマスを撃ちました。トーマスは「誰もが払うべき代償」という言葉をチャールズに残し、死んでしまいましたね

ベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)は「KGCは南軍の騎士団で、北軍を倒すべく活躍していた。もしトーマス・ゲイツが暗殺者の日記の一部を燃やしていなければ、犯人たちは莫大な金を発見し、北軍は敗れていた」と講義します。やがて客席からミッチ・ウィルキンソン(エド・ハリス)が「ブースの失われたページに示されているのは、トーマス・ゲイツの名です。暗殺者の共犯者の1人として」と日記の一部を取り出しながら登場です

アビゲイル・チェイス(ダイアン・クルーガー)はベンとうまくいってなくて、大統領執務官のコナーとつき合おうとしています。ライリー・プール(ジャスティン・バーサ)も合流し、見つかったページをスぺクトル分析すると、2つの文字の組からできているプレイフェア文字が浮かび上がりましたね。以下ネタバレあります!


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

ナショナル・トレジャー ニコラス・ケイジ


映画「ナショナルトレジャー
National Treasure (2004)
監督:ジョン・タートルトーブ
出演:ニコラス・ケイジ、ダイアン・クルーガー
ハーヴェイ・カイテル、ジョン・ヴォイト
ショーン・ビーン、ジャスティン・バーサ

ゲームのRPGをプレイしているようなアドベンチャームービーです。アメリカ合衆国建国時、秘密結社フリー・メイソンによって隠された秘宝をめぐる冒険が始まります

1974年ワシントンDC、幼いベン・ゲイツ(ハンター・ゴメス)は、祖父・ジョン・ゲイツ(クリストファー・プラマー)から秘宝について聞かされました

1832年、アメリカ合衆国上院議員で、フリーメイソンのメンバーで、アメリカ独立宣言書にサインした最後の生き残りチャールズ・キャロルは死期が近いと感じ、ホワイトハウスへアンドリュー・ジャクソン大統領を訪ねますが、面会できません。そこで、宝の秘密について、トーマス・ゲイツに伝えたのです。十字軍がソロモンで秘宝を発見し、ヨーロッパへ持ち帰り、テンプル騎士団と名乗り、フリーメーソンを作り上げ、アメリカへ移動させました

やがてアメリカ独立戦争が始まり、イギリスに渡さないため、隠したのです。「秘密はシャーロットと眠る」という言葉が唯一の手がかりでした。ジョンがベンと話していると、父親のパトリック・ゲイツ(ジョン・ヴォイト)がありもしない宝を探してると入って来ます。成長したベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)は歴史学者兼冒険家となり、イアン・ハウ(ショーン・ビーン)ライリー・プール(ジャスティン・バーサ)らとともに、北極圏の雪原にいました。以下ネタバレあります!

続きを読む
posted by kaze at 00:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

E.T. スティーヴン・スピルバーグ


映画「E.T.
E.T. The Extra Terrestrial (1982)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
キャスト:ヘンリー・トーマス、ディー・ウォーレス
ドリュー・バリモア、ピーター・コヨーテ

E.Tと子供たちの出会いを描いています。特別版では、いくつかのシーンが最新技術で追加と修正されていて、見ごたえがありましたよ

夜中に宇宙船が到着し、E.Tが地球に降り立ちます。E.Tは丘の下に広がる町並みを眺めます。突然に数台の車とたくさんの人々が懐中電灯を照らし、1匹?のE.Tを追い込んでいきます。E.Tは逃げ、宇宙船は飛び立ってしまいました

エリオット(ヘンリー・トーマス)がピザを買いに行かされた帰り、物置の前を通ると音が聞こえます。兄のマイケル(ロバート・マクノートン)たちと一緒にもう一度見に行きますが、誰もいません。コヨーテらしい足跡が残っていました  
続きを読む
posted by kaze at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

革命児サパタ マーロン・ブランド×エリア・カザン


映画「革命児サパタ
Viva Zapata! (1951)
監督:エリア・カザン
キャスト:マーロン・ブランド、ジーン・ピータース
アンソニー・クイン、ジョゼフ・ワイズマン

若きマーロン・ブランドが、メキシコ革命で活躍したエミリアノ・サパタを演じてます。野性味があふれるマーロン・ブランドが画面からあふれ出しそうな雰囲気です。初めて観たのですが、新しいマーロン・ブランドを発見してうれしくなりましたよ

1909年、メキシコのモレロスの農民たちが、ティアス大統領のところへ陳情にやって来ました。農園主にトウモロコシ畑を奪われ家を焼き払われた、と訴えに来たのです。ティアスはうまく丸め込もうとしますが、エミリアノ・サパタ(マーロン・ブランド)は、境界を確かめるため畑に入る許可を、と食い下がりました。ティアスはサパタの名前を聞いて、住民リストのサパタのところへ○をつけます。モレロスに帰って農民たちが畑へ入って行くと、馬に乗った男たちに追い払われてしまいました

サパタは岩山へ身を隠します。兄のユーフェミオ(アンソニー・クイン)友人のパブロ(ルウ・ギルバート)ソルダデラ(マーゴ)たちと一緒です。そこへタイプライターを持ったフェルナンド(ジョゼフ・ワイズマン )がやってきました。革命家のマデロの使いで蜂起する仲間を募っていたのです。サパタはパブロを「マデロと会い、信用できるなら革命に協力すると言え」と命じます  
続きを読む
posted by kaze at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

激突! スティーヴン・スピルバーグ×デニス・ウィーバー


映画「激突!
Duel (1972)
監督:スティーヴン・スピルバー
キャスト:デニス・ウィーバー、ジャクリーン・スコット
エディ・ファイアーストーン、キャリー・ロフティン

ハイウェイを走る男に、突然襲い掛かった恐怖を描いています。主演のデニス・ウィーバーは、カウボーイハットをかぶった「警部マクロード」の印象がありました。今回は取引先に向かうサラリーマンの役。ちょっと違和感を感じました。でもラストはよかったです。大型タンクローリーがだんだんと生き物のように見えてきて、恐怖が伝染してきます

デビッド・マン(デニス・ウィーバー)は車で家を出発し、都心を通り抜け、地方のハイウェイへ出ました。ラジオを聞きながら、何気なく大型タンクローリーを追い抜きます。するとそのタンクローリーが抜き返してきました。デビッドは少し頭に来て追い越すと、タンクローリーはブ〜とクラクションを鳴らしてきます。デビッドは鼻で笑いました

ガソリンスタンドへ入ると、タンクローリーも後から入ってきます。運転手(キャリー・ロフティン)は太い腕とブーツしか見せません。デビッドは妻(ジャクリーン・スコット)に電話で仲直りしようとしますが、うまくいきませんでした。デビッドが先に出発すると、タンクローリーがあおってきます。先に行かせると、ノロノロ運転。追い越そうとすると邪魔をしてきました。デビッドは約束に間に合わないと、イライラしながら時計を見ます  
続きを読む
posted by kaze at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

ニュースの天才


映画「ニュースの天才
Shattered Glass (2003)
製作:トム・クルーズ、監督:ビリー・レイ
原案:バズ・ビッシンジャー
出演:ヘイデン・クリステンセン、ピーター・サースガード
クロエ・セヴィニー、スティーブ・ザーン

ピュリッツァー賞を受賞したバズ・ビッシンジャーの実話を基にした作品です。熱意あふれる若手新聞記者の姿が、ガラガラと崩れ落ちる姿がなんともいえません

スティーブン・グラス(ヘイデン・クリステンセン)は新聞記者として成功し、母校で生徒たちに講演を始めます。先生もスティーブンを教え子に持ってうれしそう。職場のスティーブンは、誰にでも愛想よく人気者でした

共和党の全国大会を取材したスティーブンは、活動員たちの裏側を取材し、記事を書きます。しかし共和党員から苦情が来ました。マイケル・ケリー編集長(ハンク・アザリア)は記事の裏づけについて問い詰めます。スティーブンは、活動員の不正は確かだが、ミニバーがあると捏造したと白状しました。ケリー編集長はスティーブンを許した後で、大会があったホテルに確認を取ります  
続きを読む
posted by kaze at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

ランダム・ハーツ ハリソン・フォード


映画「ランダム・ハーツ」
Random Hearts (1999)
監督:シドニー・ポラック
キャスト:ハリソン・フォード
クリスティン・スコット・トーマス
ケイト・マラ、ボニー・ハント

飛行機事故でパートナーを失った男女の交流を描いています。ちょっと大人の雰囲気を味わえる映画でしたよ

ダッチ・ヴァンデンブロック(ハリソン・フォード)は警察の内部調査官です。留守電に妻のペイトン(スザンナ・トンプソン)からメッセージが入っていました。仕事でトラブルが起こり、マイアミへ突然に出張することになったというのです

ケイ・チャンドラー(クリスティン・スコット・トーマス)は下院議員で、ニューヨークへ出張へ行くという夫のカレン(ピーター・コヨーテ)を送り出します。娘のジェシー(ケイト・マラ)の誕生日までに戻ると約束してくれました


続きを読む
posted by kaze at 00:30| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

未知との遭遇 スティーヴン・スピルバーグ


映画「未知との遭遇
Close Encounters of the Third Kind (1977)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
キャスト:リチャード・ドレイファス、フランソワ・トリュフォ
メリンダ・ディロン、ケイリー・グフィ

人類と宇宙人とのコンタクトを描いています。後半に出てくるUFOの映像がきれいでしたよ

メキシコ・ソノラ砂漠で、調査団のラコーム先生(フランソワーズ・トリュフォ)や地図屋のローリン(ボブ・バラバン)は、1945年に行方不明となった空軍の飛行機を発見します。インディアナポリスの航空管制センターでは、UFOとすれ違ったという報告を受けました

インディアナ州マンシーで、男の子のバリー(ケイリー・グフィ)が寝ていると、風が吹き、おもちゃやレコードが勝手に動き出します。バリーは驚いた表情を見せた後で、笑いました。バリーがかわいい!母親のジリアン(メリンダ・ディロン)が、外を笑いながら走っていくバリーを見つけ、追いかけます  
続きを読む
posted by kaze at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

ハート・オブ・ウーマン メル・ギブソン


映画「ハート・オブ・ウーマン
WHAT WOMEN WANT (2000)
監督: ナンシー・マイヤーズ
キャスト:メル・ギブソン、ヘレン・ハント
マリサ・トメイ、ローレン・ホリー

突然に女性の心の声が聞こえるようになった男と、転職してきた女性上司の恋を描いたラブコメディです。ニック・マーシャル(メル・ギブソン)は広告代理店で働いています。新しくダーシー(ヘレン・ハント)が上司としてやってきました。会議で、女性化粧品の広告アイデアを出すよう宿題を出されます

家に帰ったニックは、女の心で考えると、マスカラやマニュキアをつけたり、ストッキングをはいたりしていました。そこへ娘のアレックス(アシュレイ・ジョンソン)が彼氏のキャメロンと帰ってきて、あきれて出て行きます(笑)ニックはドライヤーをかけようとして、足をすべらせバスタブへ落ちて感電!  
続きを読む
posted by kaze at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

デビル ハリソン・フォード×ブラッド・ピット


映画「デビル」
The Devil's Own (1997)
監督:アラン・J・パクラ
キャスト:ハリソン・フォード、ブラッド・ピット
ナターシャ・マケルホーン、マーガレット・コリン

IRAの戦士と平凡な警官との、交流と対決を描いています。研ぎ澄まされた戦士を演じるブラッド・ピット、銃は威嚇射撃しかしたことがない警官を演じるハリソン・フォードの競演がいいですね。ハリソン・フォードはちょっと弱々しい姿を見せますが、最後は正義感に燃え、いつもの姿に変身です!

漁師をしていた父親と船に乗り、8才のフランキーは幸せでした。家族と一緒に夕食を取ろうとしていると、覆面の男が入ってきて、銃を父親に発射します。成長したフランキー(ブラッド・ピット)はIRAに身を投じました


続きを読む
posted by kaze at 20:45| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

イージー・ライダー デニス・ホッパー


映画「イージー★ライダー
Easy Rider (1969)
監督:デニス・ホッパー
キャスト:ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー
ジャック・ニコルソン、アントニア・メンドザ

アメリカを自由に旅する2人の若者の姿を描いています。デニス・ホッパーが怪しいですね(笑)広大なアメリカの大地は幻想的!ラストシーンはあまりに衝撃的です!

白い粉を転売しお金を手に入れた、キャプテン・アメリカ(ピーター・フォンダ)とビリー(デニス・ホッパー)はハーレーを手に入れ、旅に出ます。最初のうちは農場を営む大家族に世話になったりして、牧歌的な雰囲気でした  
続きを読む
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

ディボース・ショウ ジョージ・クルーニー&キャサリン・ゼタ=ジョーンズ


映画「ディボース・ショウ」
Intolerable Cruelty(2003)
監督:ジョエル・コーエン
脚本:イーサン・コーエン
キャスト:ジョージ・クルーニー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
ジェフリー・ラッシュ、ビリー・ボブ・ソーントン

離婚専門の弁護士のジョージ・クルーニーと、結婚と離婚を繰り返し財産を増やしていく悪女のキャサリン・ゼタ=ジョーンズとの駆け引きを、コミカルに描いていました。コーエン兄弟の作品です。婚前契約があると、離婚しても財産が相手に渡らないというのがミソでしたね

ちょんまげ頭のドノバン(ジェフリー・ラッシュ)が帰宅すると、「オリーが修理します」と書かれた白いバンが止まっていました。ドナバンの妻のポリーが、オリーと浮気をしていたのです。ポリーは、弁護士のマイルズ・マッシー(ジョージ・クルーニー)に相談に行きました。ドノバンは浮気をされたのに裁判で負けます。マイルズは凄腕弁護士なんですね

マリリン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は夫のレックス(エドワード・ハーマン)の浮気現場を、私立探偵のガスに頼んでカメラに収めます。マリリンはフレディ弁護士を雇い、レックスはマイルズに弁護を依頼しました。話し合いは決裂!裁判に持ち込まれます


続きを読む
posted by kaze at 21:14| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

朝な夕なに

映画「朝な夕なに」
Immer wenn der Tag beginnt (西ドイツ 1957)
監督:ヴォルフガング・リーベンアイナー
キャスト:ルート・ロイヴェリック、ハンス・ゼーンカー
クリスチャン・ヴォルフ、ピーター・シュテルナーゲル

名門校へ赴任してきた教師と生徒たちの交流を描いています。教師のハンナ・ブルクハルト(ルート・ロイヴェリック)が、次第に生徒たちの心をつかんでいく姿に共感できましたよ。50年代のドイツも現在の日本も違いはないと思わせますね

ハンナが赴任したのはシラーギムナジウムという名門男子校です。生徒から「夜警」とあだ名をつけられた教頭が迎えてくれます。美しい生徒の歌声に感心するハンナに、教頭は「歌うときだけ悪魔が天使に変わる」と話しました(笑)絵を眺めているハンナに声をかけてきたのが、ヴォルフガング・コルネリウス校長(ハンス・ゼーンカー)です。ハンナは最上級生の数学と物理を受け持つことになりました
続きを読む
posted by kaze at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

8 1/2


映画「8 1/2
Otto e Mezzo (イタリア 1963)
監督:フェデリコ・フェリーニ
スタッフ:マルチェロ・マストロヤンニ
アヌーク・エーメ、クラウディア・カルディナーレ

幻想的で不思議な世界が描かれていました。主人公の映画監督・グイドをマルチェロ・マストロヤンニが演じています。フェデリコ・フェリーニ監督自身の心の内を投影しているのでしょうか

白い煙の中で渋滞の車があふれています。オープニングから変な感じです。苦痛を感じてグイドは目覚めます。夢だったんですね。疲れ気味のグイドは医者のすすめで温泉へ行きます。鉱泉水を運んでくれる美女、と思ったらおばさんでした。幻想を見るほど重症です
続きを読む
posted by kaze at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

マジェスティック ジム・キャリー


映画「マジェスティック
The Majestic (2001)
監督:フランク・ダラボン
キャスト:ジム・キャリー、マーティン・ランドー
ローリー・ホールデン、デイビッド・オグデン・スティアーズ

赤狩りに巻き込まれた脚本家と、息子を失った老人との交流を描いています。チャイニーズ・シアターの絵葉書からスーッと画の中へ入っていくオープニングがきれいですね

B級映画「サハラの盗賊」の脚本家のピーター・アプルトン(ジム・キャリー)は、ポスターに自分の名前が載っているのに満足していました。ハリウッドのスタジオへ行くと、いつもと様子が違います。顧問弁護士のケビンとエージェントのレオから共産主義者かと聞かれました。大学時代に参加したクラブが元で疑われたのです。好きな女の子がいたから参加しただけなのに。スタジオはピーターの契約を保留しました
続きを読む
posted by kaze at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

黒い稲妻 トニー・ザイラー

映画「黒い稲妻」
Der Schwarze Blitz (1958)
監督:ハンス・グリム
キャスト:トニー・ザイラー、マリア・ペルシ
ワルトラウト・ハース、オリヴァー・グリム

黒い稲妻と呼ばれる名選手の、国際スキー大会での活躍を描いています。主役のミヒャエルを演じるトニー・ザイラーは、オリンピックで金メダルを獲得した本物の名スキーヤーなんですね。さすが雪山のスキーシーンがきれいです。ところどころに入る音楽がゆったりとした感じを与えてくれますよ

ミヒャエル(トニー・ザイラー)は地元の工房で働いていますが、黒い稲妻と呼ばれる名スキーヤーとしても知られていました。ホテルの料理人の甥っ子のアンディ(オリヴァー・グリム)はミヒャエルになついています。第7回国際スキー大会を前に、ホテルに人びとが集まって来ました
続きを読む
posted by kaze at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

ナイトミュージアム ベン・スティラー&ロビン・ウィリアムズ


映画「ナイト ミュージアム
Night at the Museum (2006)
監督:ショーン・レヴィ
キャスト:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ
カーラ・グギーノ、ディック・ヴァン・ダイク

夜の博物館を舞台に、繰り広げられる不思議な世界を描いています。展示物が生き物のように動き出して驚かされると同時に、キャラクターたちのおかしさに笑ってしまいました。ラストには少し感動させられましたよ

ラリー(ベン・スティラー)には息子のリッキー(ジェイク・ジェリー)がいますが、元妻のエリカに預かってもらっています。リッキーはエリカのフィアンセのドンになじんでいる感じ。ラリーはハローワークで自然史博物館の仕事を紹介してもらいました
続きを読む
posted by kaze at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

テイキングライブス アンジェリーナ×イーサン・ホーク


映画「テイキング・ライブス
Taking Lives (2004)
監督:D.J.カルーソー
キャスト:アンジェリーナ、イーサン・ホーク
オリビエ・マルティネス、キーファー・サザーランド

FBI捜査官と、他人の人生を乗り換えていく殺人鬼との戦いを描くサスペンスです。イリアナ・スコット捜査官をアンジェリーナ・ジョリーが演じていました。凄腕の捜査官かと思ったら、そんなでもなかった(笑)めまぐるしいストーリー展開は必見です!

カナダのモントリオールへ向かうバスの中で、長髪でメガネをかけたマーティンが座っていると、短髪のマットが声をかけてきました。バスがエンジントラブルになり、2人でレンタカーで走り出します。今度はタイヤがパンク。マットがタイヤ交換をします。マーティンが「僕たち身長が同じくらいだね」とつぶやくと、通りすぎる車にマットを蹴飛ばしました。衝撃的でしたね


続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ゴーストバスターズ ビル・マーレイ&ダン・エイクロイド


映画「ゴーストバスターズ
Ghostbusters (1984)
監督:アイヴァン・ライトマン
キャスト:ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド
ハロルド・レイミス、シガニー・ウィーヴァー

ゴーストバスターズの戦いを描いています。20年以上前の映画ですけど、特殊効果が自然な形で画面に溶け込んでいて驚きです。全体的にほのぼのさせてくれます。マシュマロマンは見逃せませんよ(笑)レイ・パーカー・ジュニアのテーマ曲は耳に残りますね

ピーター・ヴェンクマン(ビル・マーレイ)レイモンド・スタンツ(ダン・エイクロイド)イゴン・スペングラー(ハロルド・ライミス)の3人は大学の超常現象研究所で働いています。図書館で幽霊が出たというので向かいました。紫色ドレスのおばあさんゴーストをつかまえようとしますが、反撃を受けて逃げ出してきます。大学を追い出された3人は、幽霊駆除のゴーストバスターズを結成!
続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

スコーピオン カート・ラッセル×ケビン・コスナー


映画「スコーピオン」
3000 MILES TO GRACELAND (2001)
監督:デミアン・リヒテンシュタイン
キャスト:カート・ラッセル、ケビン・コスナー
コートニー・コックス、デイヴィッド・ケイ

国際エルヴィス大会にわくラスベガスのカジノを狙った強盗団の物語です。カート・ラッセルもケビン・コスナーももみあげが、エルヴィス・プレスリーみたいになってます(笑)邦題の「スコーピオン」の意味は最初と最後にわかりました

ラストチャンスという名のモーテルについたマイケル(カート・ラッセル)は、車のバルブキャップを少年に盗まれます。そのジェシー(デビッド・ケイ)という名の少年を追いかけていき、その母親・シビル(コートニー・コックス)と意気投合しました。ジェシーはスリの名人です
続きを読む
posted by kaze at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

荒野の決闘 ジョン・フォード×ヘンリー・フォンダ


映画「荒野の決闘」
MY DARLING CLEMENTINE (1946)
監督:ジョン・フォード
キャスト:ヘンリー・フォンダ、ビクター・マチュア
リンダ・ダーネル、ウォルター・ブレナン

ワイアットアープのOK牧場の決闘を描いた西部劇の名作です。ラストの決闘の場面が見せ場ですが、中盤には笑わせる場面もあるんですね(笑)

牛追いをするワイアット・アープ(ヘンリー・フォンダ)とその兄弟は、アリゾナの平原へやってきました。馬車で通りかかったクラントン(ウォルター・ブレナン)と長男のアイクは、1頭5ドルで買い取ると言ってきますが、ワイアットは断ります
続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

ザ・インターネット サンドラ・ブロック


映画「ザ・インターネット」
The Net (1995)
監督:アーウィン・ウィンクラー
キャスト:サンドラ・ブロック、ジェレミー・ノーサム
デニス・ミラー、ダイアン・ベイカー

サイバーテロの恐怖を描いています。10年以上も前の映画なので、コンピュータのユーザーインターフェイスが古い感じ。媒体はフロッピーディスクでした(笑)でもストーリーは充分ありうる話ですよ

恐ろしい場面から始まりました。官僚らしき男が家族に電話をかけた後で銃を口に、やがて銃声が響き渡ります。アンジェラ・ベネット(サンドラ・ブロック)は在宅でコンピューター関係の仕事をしていました。ゲームのウィルスを除去した後で、宅配ピザをネットで注文。チャットで見知らぬ人との会話を楽しみます
続きを読む
posted by kaze at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

シェーン アラン・ラッド

映画「シェーン」
Shane (1953)
監督:ジョージ・スティーブンスト
キャスト:アラン・ラッド、ブランドン・デ・ワイルド
ヴァン・ヘフリン、ジーン・アーサー

「シェーン!カムバック!」と少年が叫ぶラストシーンが有名で、シェーンの生死が議論になっているようです。映画「交渉人」でもサミュエル・ジャクソンとケヴィン・スペイシーが話題にしていました。今回じっくりとラストシーンを観てみましたよ

ワイオミング平原にシェーン(アラン・ラッド)が馬でやってきました。少年・ジョーイ(ブランドン・デ・ワイルド)がライフルで鹿を狙っていましたが、ジェーンが来たのであわてて知らせに戻ります。ジョーイは父親のジョー・スターレット(ヴァン・ヘフリン)母親のマリアン(ジーン・アーサー)の3人暮らし。シェーンは水を分けてもらいました。ルーフ・ライカー(エミール・メイヤー)一味がやってきて、冬前に出て行けと言い出します。
続きを読む
posted by kaze at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

ガタカ イーサン・ホーク&ユマ・サーマン&ジュード・ロウ

映画「ガタカ」
Gattaca (1997)
監督:アンドリュー・ニコル
キャスト:イーサン・ホーク、ユマ・サーマン

遺伝子操作で優秀な人間を作ることが出来る近未来の世界を描いています。SFなのにサスペンスの要素が入っていて面白かったですよ

カダカコーポレーションにジェローム・ユージン(イーサン・ホーク)が出社し、指紋認証を通り抜け、その後ろからアイリーン(ユマ・サーマン)もやってきました。ジェロームは1週間後に土星へ宇宙旅行の予定です。パソコンを使った後で小型掃除機でホコリを吸い、懐から取り出した粉末をキーボードの間にふりかけます。どういうこと?薬物検査を受けると、”VALID"(適正)の表示が出ます
続きを読む
posted by kaze at 07:59| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

レッド・サン 三船敏郎×チャールズ・ブロンソン×アラン・ドロン


映画「レッド・サン
Red Sun (1971)
監督:テレンス・ヤング
キャスト:三船敏郎、チャールズ・ブロンソン
アラン・ドロン、ウルスラ・アンドレス

侍・三船敏郎、ウエスタンのチャールズ・ブロンソンとアラン・ドロンという奇妙な取り合わせで、不思議な空間が醸し出されています。同じ画面に3人がいるだけで不思議!こんな奇妙な映画があったの、と思わずニヤリとしてしまいましたよ(笑)

大草原の中を馬を駆ってチャールズ・ブロンソンが登場します。馬を降りて駅へ立ちました。汽車から降りてきた三船敏郎を、ブロンソンばかりでなくみんなが物珍しそうにジロジロ見つめます。
続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

麗しのサブリナ オードリー・ヘップバーン

映画「麗しのサブリナ」
Sabrina (1954)
監督:ビリー・ワイルダー
キャスト:ハンフリー・ボガート、オードリー・ヘップバーン
ウィリアム・ホールデン、ウォルター・ハムデン

大富豪の息子たちと運転手の娘の恋を描いています。オードリーは運転手の娘サブリナを演じていました。序盤のさみしげな表情と、パリから戻ってきてからの明るい表情の違いが見ものですよ。初めて観たんですけど、オードリーのこんな楽しい作品があるなんて知りませんでした
続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

シリアナ ジョージ・クルーニー


映画「シリアナ
Syriana (2005)
監督:スティーヴン・ギャガン
キャスト:ジョージ・クルーニー、マット・デイモン
ジェフリー・ライト、クリストファー・プラマー

中東の石油をめぐるCIAの陰謀を描いています。ジョージ・クルーニーがヒゲをたくわえ、ちょっと太った感じ。いつもと様子が違うんです。衝撃的なシーンから始まりました。イランのテヘランにて、ボブ・バーンズ(ジョージ・クルーニー)は、ミサイルの取引で金を手に入れます。1つのミサイルは謎の男が持ち去り、もう1つは車に積み込まれました。ボブが去ると、ミサイルを積んだ車が爆破!
続きを読む
posted by kaze at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

ターミネーター2 アーノルド・シュワルツェネッガー


映画「ターミネーター2」
Terminator 2: Judgment Day (1991)
監督:ジェームズ・キャメロン
キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー
リンダ・ハミルトン、ロバート・パトリック

ターミネーターシリーズ第2弾です。ターミネーター・T-800型 VS.T-1000型との戦いを描いています。ロバート・パトリックが演じる形状記憶擬似合金のT1000の登場は衝撃的でした。人間とメタリックな形状の間を自由に変化する映像を、初めて観たときの驚きは忘れられません。今、観てもすごいです!

T800(アーノルド・シュワルツェネッガー)とT1000(ロバート・パトリック)の2体のターミネーター。T800は未来の指導者となるジョン・コナーの護衛を目的に、30年後のジョン自身が送り、T1000はジョン・コナーの抹殺を目的に、未来社会を支配しているスカイネットが送り込んだのでした


続きを読む
posted by kaze at 20:29| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

イントゥ・ザ・ブルー ポール・ウォーカー&ジェシカ・アルバ


映画「イントゥ・ザ・ブルー
Into the Blue (2005)
監督:ジョン・ストックウェル
キャスト:ポール・ウォーカー、ジェシカ・アルバ
スコット・カーン、アシュレー・スコット

財宝を積んだ沈没船を見つけた若者たちと、財宝を狙う男たちの戦いを描いています。バハマのカリブ海がきれいですね。サメの間を平気で泳いでいるのが意外でした

ジャレット(ポール・ウォーカー)とサム(ジェシカ・アルバ)は恋人同士ですが、ジャレットは貧乏で小さい船しか持っていません。あまりにボロすぎ(笑)豪華な船を持ったベイツ(ジョシュ・ブローリン)が働かないかと誘って来ますが、ジャレットは人の下で働くのが嫌なようです。ジャレットの友人・ブライス(スコット・カーン)がやってきます。恋人のアマンダ(アシュレイ・スコット)と一緒です


続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

ダイ・ハード2 ブルース・ウィリス


映画「ダイ・ハード2
監督:レニー・ハーリン
キャスト:ブルース・ウィリス、ボニー・ベデリア
ウィリアム・サドラー、フランコ・ネロ

ダイ・ハード・シリーズの第2弾。ブルース・ウィリス演じるジョン・マクレーンが帰ってきました。空港を舞台にテロリストとの戦いが始まります。爆破シーンが効果的に使われ、アクションや銃撃戦も見ごたえあり。個人的にはダイハードシリーズで、一番面白いと思いますよ

ナカトミビル事件から1年後、クリスマスのダレス空港に、ジョン・マクレーン警部補は妻のホリー(ボニー・ベデリア)を迎えにやってきます。でも駐車違反で車を持っていかれ、ついてません(笑)


続きを読む
posted by kaze at 08:15| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

ファイヤーウォール ハリソン・フォード


映画「ファイヤーウォール」
Firewall (2005)
監督:リチャード・ロンクレイン
出演:ハリソン・フォード、ポール・ベタニー
バージニア・マドセン、ロバート・パトリック

銀行のセキュリティスペシャリストと、コンピュータへハッキングする銀行強盗との戦いを描いています。ハリソン・フォードが、セキュリティスペシャリストのジャック・スタンフィールドを演じています。ジャック・ライアンじゃなかった(笑)ハリソン・フォードの、追いつめられながらも苦悩の表情でみせるアクションが、いいですよ

ジャックは、妻のベス(バージニア・マドセン)長女のサラ(カーリー・シュローダー)長男のアンディ(ジミー・ベネット)と暮らしています。犬のタスティもいます。アンディがおもちゃのリモコンをいじると、テレビ画面が乱れました。ジャックは、リモコンは後で修理するからと出かけていきます。何者かに監視されている感じですね


続きを読む
posted by kaze at 09:29| 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。