カテゴリー:アニメーション

2013年08月02日

天空の城ラピュタ 宮崎駿


映画「天空の城ラピュタ」(1986)
原作・脚本・監督:宮崎駿
プロデューサー:高畑勲
作画監督:丹内司
美術監督:野崎俊郎、山本二三
音楽:久石譲
出演:田中真弓、横沢啓子、寺田農
初井言榮、永井一郎

宮崎駿作品の中で、一番好きな冒険活劇です。公開時に映画館で観てから、もう25年以上になるんですね。でも何回観ても、ワクワクしてきます!

シータ(横沢啓子)は飛行船で、政府の特務機関・ムスカ大佐(寺田農)に捕らわれていました。そこへドーラ(初井言榮)率いる空中海賊・ドーラ一家が襲撃してきます。シータはムスカを気絶させ、逃げようとしますが、飛行船から落下してしまいました。気を失ったシータの青いペンダント・飛行石が光りだします

パズー(田中真弓)は炭鉱夫ダッフィー親方(糸博)の元で働く少年です。パス―は空からゆっくり落ちてきたシータを受け止めました。でも飛行石が光を失うと、シータが重くなって、ビックリ(笑)

シータをパズーの自宅へかくまいますが、ドーラ一家が追跡してきます。親方やおかみさん(鷲尾真知子)たちが助けてくれる間に、シータとパズーは汽車へ逃げ込みました。うまくドーラ一家をかわしますが、ムスカたちが軍隊と共に追ってきます。攻撃を受け、鉄橋から落下したパズーとシータでしたが、再び飛行石が光りましたね


続きを読む
posted by kaze at 22:30| アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

崖の上のポニョ 宮崎駿


映画「崖の上のポニョ」(2008)
監督・脚本:宮崎駿
製作:鈴木敏夫
音楽:久石譲
主題歌:「海のおかあさん」林正子
「崖の上のポニョ」藤岡藤巻と大橋のぞみ
出演:土井洋輝、奈良柚莉愛、山口智子
天海祐希、所ジョージ、矢野顕子、長嶋一茂
柊瑠美、左時枝、吉行和子、奈良岡朋子

宮崎駿監督の手描きにこだわったアニメーションに圧倒されました。海の中をポニョや魚たちが動く様子は流れるようで、躍動感があります。崖の上に建つ宗介の家は、あえて曲げて描かれていて、個性を表してましたね

海の中で暮らしていたポニョ(奈良柚莉愛)は、父親のフジモト(所ジョージ)の目を盗んで、逃げ出します。クラゲに乗って、街へ流れ着きました。地引網を通るとき、ジャムの瓶に突っ込んでしまったけど、宗介(土井洋輝)が助けてくれます。宗介は指から血を出しますが、ポニョがなめると傷が消えてました

宗介と母親のリサ(山口智子)はひまわりの家へリサカーで向かいます。ポニョは緑のバケツに入れられました。ハムが大好物です(笑)ひまわり園のクミコに見つかると、ポニョは水をひっかけます。ひまわりの家のヨシエ(奈良岡朋子)カヨ(左時枝)はやさしいけど、トキ(吉行和子)にもポニョは水をひっかけました。やがてポニョは「そうすけ!」としゃべりだします。しかし、追ってきたフジモトに連れ戻されてしまいましたね

がっかりした宗介は、リサに連れられ家へ戻ってきます。小金井丸の船長をしている、宗介の父親・耕一(長嶋一茂)から電話がありました。今日は帰れないというので、リサは激怒です。モールス信号を使って、会話してました


続きを読む
posted by kaze at 00:30| アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

機動戦士ZガンダムV 星の鼓動は愛


映画「機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛」(2006)
原案:矢立肇
原作・総監督:富野由悠季
音楽:三枝成彰、主題歌:Gackt
声の出演:飛田展男、池田秀一、鈴置洋孝
島村香織、川村万梨阿、岡本麻弥
勝生真沙子、新井里美、浪川大輔、榊原良子
郷里大輔、井上和彦、島田敏、古谷徹

機動戦士ZガンダムU 恋人たち」の続編です。いよいよハマーン・カーンのアクシズが登場しました。エゥーゴ、ティターンズ、シロッコにアクシズが加わって、くっついたり離れたり、めまぐるしい展開に、観ている方は少し混乱(笑)

アーガマのクルーは、グワダンでミネバ・ザビと会見します。ミネバはドズル・ザビの遺児。ブライト・ノアが「ここの連中は時間が止まっているのか」とあきれるように、ファーストガンダムのジオン軍の姿がそこにありました。シャア・アズナブル(=クワトロ・バジーナ大尉)は、ミネバを利用するハマーンに怒りを覚えます
続きを読む
posted by kaze at 08:44| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

機動戦士ZガンダムU 恋人たち


映画「機動戦士ZガンダムII 恋人たち」(2005)
原案:矢立肇
原作・総監督:富野由悠季
音楽:三枝成彰、主題歌:Gackt
声の出演:飛田展男、池田秀一、鈴置洋孝
ゆかな、池脇千鶴、川村万梨阿、岡本麻弥
勝生真沙子、新井里美、浪川大輔、榊原良子
郷里大輔、井上和彦、島田敏、古谷徹

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」の続編です。カミーユ・ビダンとフォウ・ムラサメとの出会いと別れが切ないです。テレビ盤との声優の違いで、かなり印象が違いますよね。初めてサイコ・ガンダムを見たとき、ガンダムMk-II との大きさの違いにビックリした記憶がよみがえってきました

カラバのベルトーチカ・イルマがヒッコリーのガイドとして、アウドムラへやってきます。アムロ・レイがリック・ディアスでうまく受け止めましたね。特別な関係みたい!ベルトーチカは、カミーユとクワトロ大尉を宇宙(そら)へ戻せというブライトの指示をサポートしに来たのです

クワトロ大尉から「宇宙に上がる気になれないのか?」と聞かれ、アムロは「あの無重力地帯の感覚は恐い」と答えます。クワトロ大尉は「ララァと会うのが恐いのだろう。宇宙に上がったらまた会ってしまうのではないかと恐がっている。生きている人間が生きている間にしなければならないことがある。それを行うことが死んだ者への手向けだ」と話します
続きを読む
posted by kaze at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者


映画「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」(2005)
原案:矢立肇
原作・総監督:富野由悠季
音楽:三枝成彰、主題歌:Gackt
声の出演:飛田展男、池田秀一、鈴置洋孝
岡本麻弥、勝生真沙子、新井里美
郷里大輔、井上和彦、島田敏、古谷徹

「機動戦士ガンダム」の続編です。1年戦争から7年後・宇宙世紀0087の世界が描かれています。反連邦政府組織・エゥーゴと、地球連邦軍内で肥大化しつつあるエリート部隊・ティターンズとの戦いの中で、カミーユ・ビダンがニュータイプとして覚醒をはじめました。ファーストガンダムで活躍したメンバーの成長した姿が見られるのもうれしいですね。テレビシリーズとストーリー展開や声優が微妙に違いますが、宇宙空間の画像の美しさ、戦闘シーンの迫力に圧倒されます

エゥーゴのクワトロ・バジーナ大尉はリック・ディアスを駆り、グリーンノアへ潜入しました。ティターンズの軍事基地からガンダムMk-Uを奪取するのが目的です。カミーユはとらわれていました。ティターンズのジェリド・メサから馬鹿にされなぐってしまったのでした
続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア


映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」(1988)
監督:富野由悠季
音楽:三枝成章
キャラクターデザイン:北爪宏幸
モビルスーツデザイン:出渕裕
声の出演:池田秀一、古谷徹、鈴置洋孝
川村万梨阿、弥生みつき、佐々木望
白石冬美、村山明、榊原良子、藩恵子

アムロ・レイ VS シャア・アズナブルの最後の戦いを描いています。2人の続編をずっと期待してたんですが、この映画が本当に最期みたい。富野監督の心変わりに、密かに期待しています!劇場公開時に映画館に観に行きました。ネオ・ジオン軍のクェス・パラヤが載るα・アジールの大きさに驚きましたね

シャア・アズナブルを率いるネオ・ジオン軍は、隕石を落し地球を寒冷化しようとします。「地球に住む者たちは自分たちのことしか考えていない。だから抹殺すると宣言した」シャアの言葉が響きました。アムロ・レイやブライト・ノアらのロンド・ベルの奮戦も空しく、5th ルナは地球に落下してしまいます
続きを読む
posted by kaze at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

ガンダム宇宙世紀大全 第ニ夜


「ガンダム小説のディープな世界」では、土田晃之、喜屋武ちあきに加え、大河内一楼、藤津亮太、
そして声優の古谷徹、池田秀一、潘恵子が登場です。潘恵子が「機動戦士ガンダム」池田秀一が「閃光のハサウェイ」古谷徹が「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」を朗読してくれました。一部でしたけど、ぞくぞくっとしましたよ!古谷徹が「ガンダムは僕にとって生きた明かしですね」と話していたのが印象的でした

劇場版「機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート」は初めて観ました。OVAの記憶がかすかによみがえります。シロー・アマダとアイナ・サハリンとの恋がいいですね。画面もきれい!劇場版「機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光」は劇場へ観に行った記憶があります。渋谷の映画館で画像が途中で止まって、ビックリした覚えがあります。コウ・ウラキもいいけど、アナベル・ガトーがかっこいいですよね

「宇宙世紀の歴史が動いた」は、ちょっと「そのとき歴史が動いた」のパロディみたいなんだけど、氷川竜介(リュースケ・ヒカワ)と内藤啓史(ケイシ・ナイトウ)が生真面目にガンダムの歴史を語っているのでおかしいです(笑)
posted by kaze at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

ガンダム宇宙世紀大全


NHKのBS2でやっている番組です。7月27日〜31日までやってます。ファーストガンダムのテレビシリーズの一部や、トーク番組が放送されました。「ガンダムワールドへようこそ」では、司会の土田晃之、喜屋武ちあきに加え、博多華丸・大吉、ダブルダッチ、井上伸一郎、そして声優の古谷徹、池田秀一、潘恵子も出演してましたよ!お決まりの台詞も披露してくれて、感激です!潘恵子がもうやりたくない、と本音をちらり(笑)

1981年2月22日に新宿東口で開催された「アニメ新世紀宣言」のドキュメントも面白かったです。インターネットも無い時代に、すごいエベントがあったんですね
posted by kaze at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

蟲師 最終話(第26話)草を踏む音


いよいよ最終回です。ギンコが出てこないと思ったら、後半からでした。領主の息子の沢(たく)は、見知らぬ人たちが自分の土地に入ってくるのが気にいりません。ある日、魚を釣っていると、ワタリのイサザが声をかけてきます。山の主のことで少しだけもめますが、お互い話すようになりました

イサザは光脈筋の話をし、沢は代わりに白髪で片目の少年の話をします。イサザたちは蟲師に情報を売って生計をたてていたのです
続きを読む
posted by kaze at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

蟲師 第25話 眼福眼禍(がんぷくがんか)


ギンコは町で琵琶をひきながら蟲の話をする少女・周(あまね)に出会います。声をかけると強引に宿に連れていかれてしまいました(笑)宿の主人と組んでいたんですね。ギンコが目が見えないのか聞くと、周が「見えるよ。眼福を目にしたから」と答えます。ギンコはビックリして興味津々!

周は自分のことを話し始めました。蟲師だった父親が眼福を見た男の目をもってきて、やがて周の目が見えるようになります。そして見えるはずのないところまでが見え始めたのです。遠くのことだけでなく、人の過去や未来まで。うらやましい!でも周は苦しみを味わっていました
続きを読む
posted by kaze at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

蟲師 第24話 篝野行(かがりのこう)


ギンコは野萩(やはぎ)という蟲師のいる村を訪ねます。ギンコは野萩の研究をいくつか読んだことがあって、野萩が若いので驚きました。村には新種の蟲がいます。野萩は研究は途中だが、山を焼くと話しました

開墾したところから新種の草が生え、他の草木を枯らし、山中に繁殖したのです。ギンコは他に方法があるのではと話しますが、野萩も村人も聞きません。やがて山に火が放たれました  
続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

蟲師 第23話 錆の鳴く聲


ギンコは雪の村へやってきます。木々や建物ばかりでなく人にも錆(さび)がついていました。村人たちは、しげという少女が原因だと毛嫌いしています。テツという少年だけはしげの味方です。ギンコは錆を取り蟲の存在を感じました

隔離された部屋でギンコはしげから話を聞きます。しげの太くかすれた、甘く渋みのある残響を持つ声は、しげ自身が声をつぶそうとした結果だったのです。でも声が変わっても周りのものを錆させました
続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

蟲師 第22話 沖つ宮


海をはじめとした景色がみごとですね。ちらっと見るだけでも必見の価値ありですよ!ギンコは、澪(みお)という母、イサナという女の子とおじいさんの家に世話になります

澪は、海に浮かぶ2つの岩の下に、竜宮と呼ばれる海淵があり、そこで命を落とした者はもう一度同じ姿で戻ってくると説明します
続きを読む
posted by kaze at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

蟲師 第21話 綿胞子


Gyaoにて一部無料配信中!今回は母子愛がテーマでしたけど、続編を感じさせる終り方です。ギンコは夫婦の相談を受けていました。妻のあきは「嫁入りのとき花嫁衣裳に緑色の染みがついた。その翌年に生まれた長男・ワタヒコが病に苦しんでいる。産まれたとき人の形をしていなかった」と話します。スライムみたい

生まれたスライムは姿を消し、1年後に床下から緑毛の赤ちゃんが発見され、ワタヒコと名付け、戸惑いながらも育て始めたのです。さらに床下に赤ちゃんが現れ、全部で5人も。やがてワタヒコは緑の発疹が増え始め、寝たきりになったのでした
続きを読む
posted by kaze at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

蟲師 第20話 筆の海


今回はギンコにとって特別な人?が登場しましたね。それからこの世界では蟲師はけっこういるんだと知らされます。ギンコは、昔から知り合いの”たま”というおばあさんのところへ行きました。厳重にカギがかけられた書庫に入っていきます。蟲に関する秘密の書がたくさん収められていました。狩房(かりぶさ)家の書庫です

その家の娘は、狩房淡幽(たんゆう)という名前でした。日本画の狩野探幽みたい(笑)墨色の片足には、禁種の蟲を封じられています
続きを読む
posted by kaze at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

蟲師 第19話 天辺の糸


今回は、ほっとさせる物語でしたね。川辺で清志朗(せいしろう)と吹(ふき)という男女が話しています。子守をしている吹と、おぼっちゃんと呼ばれる清志朗は身分が違うようですが、清志朗は吹に気があるみたい。吹が空から垂れた糸をつかんだ後で、姿が見えなくなってしまいます

ギンコは山の中で吹を見つけますが、蟲の影響でふつうの人からは見えません。吹の記憶も曖昧(あいまい)でした。吹には光脈筋がしっかり見えます。ギンコは天の川を見るようアドバイスしました
続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

蟲師 第18話 山抱く衣


今回は、少しいい話でしたね。ラストでギンコは化野(あだしの)に羽織を売り、いやらしい顔つきを見せてました(笑)ある店で、ギンコは不思議な羽織を見せられます。羽裏に緑の山が描かれているのですが、ときどき白い煙が上がるというのです

その山の麓に親子が住んでいました。絵師を目指して旅立つ塊(かい)のために、姉が羽織を作ってくれたのです。山の草や木で染めたと話します。絵師の先生に弟子入りした塊は、夜中に人目を盗んで、故郷を思い出しながら、羽織の裏に故郷の山の絵を描きつけました。やがて先生に認められ、一流の絵師になります


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

蟲師 第17話 虚繭取り


今回は、ギンコが使っている通信手段の裏にあるお話でした。ギンコが山を歩いていると、突然に振り返り「文(ふみ)か?」とつぶやきます。背中の道具箱の引き出しから卵型のものを取り出し、中から文を取り出しました。でもギンコあてではないようで”兎澤綺”という文字が見えます。変わった通信手段なんですね

ギンコが綺(あや)のところへ行って、文を渡すと、綺はあわててとりあげます。双子の姉・緒(いと)を探していたのです。ギンコは「連れ戻すことは出来ない。あきらめろ」と話します


続きを読む
posted by kaze at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

蟲師 第16話 暁の蛇

満開の桜を見ながら舟に乗っているギンコは、隣のおじさんが、妻の物忘れが激しくなったと話すのを聞いています。市場に子供を置いてきたという話に、長嶋茂雄監督が幼い一茂を野球場に置いてきたエピソードを思い出してしまいました(笑)船頭のカジがその話に食いついてきます。母親のさよが、物忘れがひどく、夜に眠れなくなったというのです

ギンコはカジに、さよが忘れたもののリストを書き出させますが、規則性はないようです。忘れた人は、川向こうに住んでいて市で見かけない人だ、とカジは話します。日ごろ遭遇する回数の少ない者から忘れているようです。行商をして離れている夫を忘れないのは、ハタを折りながら夫のことを考えているからでした。月光に照らされる桜がきれいです


続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

蟲師 第15話 春と嘯く


Gyaoにて一部無料配信中!雪山に入ったギンコは、ある家に一晩とめてもらうことにします。姉のすず、弟のミハルの2人暮らしです。朝にギンコが外を歩き出すと、ミハルが木の上で蟲を触ろうとしていました

ミハルは、3年前雪山へ入って行方不明になったものの春になって戻ってきたのです。それから蟲が見えるようになったのでした。さらに冬になるとまた行方不明になり、冬にあるはずのない山菜や木の実を持ってもどり、春まで眠り続ける、とすずは言うのです


続きを読む
posted by kaze at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

蟲師 第14話 籠のなか


ギンコが竹林で休んでいると、キスケという男から声をかけられます。3年も出られずにいるというのです。一緒に歩きだすと、同じところへ戻ってきてしまいます。妻のセツと娘も抜け出せずにいました。でもギンコが1人になると、竹林から外へ出られます

里で白い竹があると聞いて、再び竹林へ入っていきました。キスケに案内され、白い竹を見たギンコは、間借り竹(マガリタケ)だと見抜きます。竹林の中に入り込み竹になりすまし、養分をとり自分の子供を増やす蟲です。セツは、人間と蟲の間に産まれた鬼蠱(おにこ)だとギンコは説明しました

ギンコは白い竹からでる水が影響を与えることをつきとめます。話を聞いたキスケは竹林から出ることをあきらめました。話を盗み聞いていたセツは思い切った行動に出ます。切ないなと思っていたら、ラストは少しほっとしましたよ
posted by kaze at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

蟲師 第13話 一夜橋


Gyaoにて一部無料配信中!ギンコは、ハナという少女の母親からの手紙である村を訪れます。3年前、ハナはかずら橋から落ち命は助かったものの、抜け殻状態となってしまったのです。谷戻りと呼ばれている現象でした。ゼンという少年は責任を感じ、ギンコに何とかして欲しいと頼みます。本家からの縁談があり、ゼンとハナは駆け落ちしようとして、事件が起こったのでした

ニセカズラという蟲のしわざと、ギンコは見抜きます。白い糸のような蟲です。ニセカズラは、生物の体を乗っ取り、日の光で力をたくわえ、谷から出ようとしてました。蟲が抜け出ても、死体に戻るだけとギンコは冷たく説明します。翌朝になると、橋が落ちて渡れなくなっていました。ラストへ向って悲しい展開となりましたね
posted by kaze at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

蟲師 第12話 眇の魚


Gyaoにて一部無料配信中!今回はギンコの隠された謎が明らかになりましたね。蟲が見える少年・ヨキは、倒れているところを、右目をつぶった女・ぬいに助けられます。ヨキは土砂崩れで母親と別れ、蟲に引かれて歩き出し、倒れてしまったのです。元気になったヨキは、沼の魚も片目がないことに気がつきました

ぬいは、池に住む蟲のせいだと話します。ヨキが蟲の名を聞くと、ぬいは「闇のような姿のものは常闇(とこやみ)と言う。光を放つのは別の蟲のようだが、そいつに名があるかは知らない。私は銀蠱(ぎんこ)と呼んでいる」と答えました


続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

蟲師 第11話 やまねむる


いきなり山に真ん丸い穴が開いていてびっくり!ソバを食べているギンコがもう一度見ると消えてました。何で?村人たちが集まっているところへ、ギンコが蟲師と名乗り、山の様子がおかしいんでお役に立てないか聞きました。すると長(おさ)が出てきて、ムジカという蟲師を探して欲しいと頼んできます。蟲師は他にもいたんだ、と少し変な感じです

森に入ったギンコは、光脈筋(こうみゃくすじ)を感じとりました。山の異変は、光脈筋の統制をとるヌシの変調だろうと推測します。ムジカの弟子・コダマと出会ってから、ギンコはムグラという蟲を利用したムグラノリという技を使ってから、ムジカを探しだしました。ムジカは足をすべらせ動けなくなっていたのです。ヌシであるムジカが動けず、術の交信ができずにいたため変調が起こったのでした


続きを読む
posted by kaze at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

蟲師 第10話 硯に棲む白


Gyaoにて一部無料配信中!化野(あだしの)が出かけているすきに。3人の子供が蔵へ入り込みます。さまざまなアイテムに興味深々です。女の子は硯(すずり)に手を伸ばしました。その夜、父親が化野を呼びに来ます。子供が寒いと言い出したのです。化野が往診に行くと、横たわる少女は蔵に入ったことを謝りました

やってきたギンコに化野は硯を見せます。何かの蟲の化石で出来た硯だと化野が言うと、ギンコは不審な様子です。硯を調べたギンコは、まだ生きた蟲に見えると答えます。子供たちの話では、硯で墨をすると冷たいものが出てきたというのです。すられることで再生し、内から冷やす蟲でした。ギンコは、硯の銘を手がかりに、硯を作った職人・たがねのところを訪ねます


続きを読む
posted by kaze at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

蟲師 第9話 重い実


Gyaoにて一部無料配信中!ギンコは訪れた村で、少年・サネから話を聞きました。そこは天災になるたび豊作となる村で、その年の秋に誰かの口の中に瑞歯(みずは)が生えてくるというです。その代わり秋の終わりに瑞歯は抜け落ち、その人は死にました。抜け落ちた瑞歯は祭主がお祭りする慣わしです

祭主に会ったギンコは、ナラズの実を探していると話します。ナラズの実は光脈(こうみゃく)を封じ込めたものです。祭主はそんなものはないと答えますが、ギンコと話すうち真実を話し出しました

先々代の祭主が実を村に持ち帰っていたのです。天災をその実が救いますが、それは祭主のみが知る秘密でした。今の祭主となった20年前に天災が起こり、実を土に埋め豊作になります。代わりに祭主の妻に瑞歯が生えてきました。衰えた妻は祭主のために米を炊いて食べさせてくれます。切ないですね。妻から実が抜け落ち、これ以上犠牲を生まないため祭主は実を捨てに行くつもりでした。でも最後に自分が犠牲になり実を使うことにします。村の行く末を見続けたいと願う祭主のため、ギンコは禁じ手を使いました。祭主にとってよかったのかどうか究極の結末ですね
posted by kaze at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

蟲師 第8話 海境より

独特なゆっくりとした時間が流れてましたね。ギンコが浜に座っている男に声をかけると、沖で妻と妙な別れ方をしたので待っていると答えました。男はシロウ、妻はみちひという名です。2年前、2人はけんかをして別々の舟に乗って沖へ出ました。やがて、もやがかかり海には蛇があふれてきます。みちひの乗った舟は離れてどこかへ行き、シロウだけが浜へ流れ着いたのです。話を聞いて、ギンコはシロウに自分の道を歩き出したらとアドバイスして去ります

ある日シロウは、ナミという女の子が商人と取引する間に入り、ナミに有利に交渉してあげました。それから漁民たちの信頼を得て、シロウとナミは暮らすようになります。そうこうするうちに、もやがかかり上げ潮がやってきました。またギンコが現れ、海千山千に通じる蟲だと話します。ギンコとシロウは沖へと舟をこぎだしていきました。ちょっと切ないお話しです
posted by kaze at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

蟲師 第7話 雨がくる虹がたつ


ギンコが雨宿りをするため大きな木の下へ行くと、2人の男がいました。ギンコが大きなカメを持つ若い男に声をかけると、虹を取りに行くと話し始めます。驚きの発想ですね。若い男は虹郎(にじろう)と言って、父親が河原から立ち上る虹をさわってから虹に魅せられてしまったのです。衰弱した父親のため、虹郎は虹を追いかけていると話します

話を聞いたギンコは、それは虹蛇(こうだ)という蟲だと説明し、協力することにします。本当の虹は太陽を背にしているときに見えるが、虹蛇は関係なく現れ、色の並びが逆なのでした。ギンコが箱に入っていた人魚の爪などアイテムを売りに出してましたね。日照り続きの中で、虹郎が雨の降るのを察知します。太陽の中に虹を見つけ走り出しました。そしてついに虹をつかみます。ギンコがあわてて虹郎を虹から引っ張り出しました。虹郎は抜け殻のようになりながらも、すがすがしさを感じたようです
posted by kaze at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蟲師 第6話 露を吸う群


Gyaoにて一部無料配信中!ナギという少年のこぐ小船で、ギンコは孤島へたどりつきます。潮の流れの関係で、月に1度しか船を出せず漁師もいません。島民たちは生神に頼って生きていました。ナギは、生神になってしまった少女・あこやを助けて欲しいと頼みます

村人たちが見守る中で、生神と呼ばれるようになったあこやは、老婆に姿に変わり死んでいきました。ギンコは鼻から何かが出て行くのに気がつきます。生神は、朝になると元の少女に戻っているのです。生神のにおいで不治の病が治るという信仰が島に生まれていました

ギンコは、あこやを診断して、鼻腔に蟲を発見します。ギンコは、大潮にしか入れない岬の先端のホラの動物を調べ、あこやを治療しました。ゼンマイみたいな蟲でしたね。蟲の生涯を1日で味わっていたため、治ったあこやは不安を感じ、意外な決断を下します
posted by kaze at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

蟲師 第5話 旅をする沼


Gyaoにて一部無料配信中!化野(あだしの)という新しいキャラクターが出てきましたね。ギンコが集めてきた蟲についてのアイテムを買い取ります。医者でもあるようです。ギンコは化野とともに、旅する沼・水蠱(すいこ)を追うことにしました。沼についていく緑色の少女・いおを助けようというのです

地図と照らし合わせ、沼は地下水脈をたどって海へ向っていきます。さまよえる湖・ロプノールを思い出しましたが、姿を現したのはもっとアクティブな蟲でした。漁師たちのしかけた網を通って海へ出てしまいます。いおが着ていた着物だけが残されました。でも意外な結末が待っていましたね
posted by kaze at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

蟲師 第4話 枕小路


Gyaoにて一部無料配信中!1話完結で、ギンコが丸く治めていくのかと思っていたんですが、今回は少し様子が違いました。予知夢をみるという研ぎ師のジンに、ギンコは予知夢を見る回数が増えたら飲むように薬を渡します。1年後に再びギンコが訪れると、村が荒れ果て、ジン1人しか残っていません

ジンが語りこの1年のことを始めました。予知夢が当り、幸福をもたらし不幸を避け、ジンは村人たちに感謝されます。でもジンは予知夢を見ることを恐れ薬を飲むようになりました。そして大洪水を予知できず、村人が犠牲になり、娘のまゆも死んでしまいます。ショックを受けたジンは薬をやめ、よく予知夢を見るようになりました

ある日ジンは恐ろしい夢を見ました。妻のきぬに話さずにいてしばらくして、きぬが青いカビがはえて泥のように崩れていきます。やがて村人たちも同じように崩れていったのです


続きを読む
posted by kaze at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

蟲師 第3話 柔らかい角


Gyaoにて一部無料配信中!雪深い村も雰囲気がありますね。村人たちの耳が聞こえなくなるので、白沢(しらさわ)という村長がギンコを招いたのです。ギンコは耳の粘液を見て、蟲が原因だと見抜きました

呍(うん)という蟲で、音を喰っているのです。かたつむりの形をしています。飢えた呍は自らの殻を捨て、人の耳の中の三半規管の近くの、かたつむりと似た形をした器官(かたつむり管?)に寄生し、入ってくる音をすべて喰ってしまうのでした。なるほどと関心してしまう話ですね

ギンコが、お湯に塩を入れたものを、患者の耳に入れると、呍がたまらず耳から出てきました。でも白沢の孫の真火(まほ)には4つの角が生えてます。しかも音が聞こえないのではなく、逆に音が入ってくるというのです


続きを読む
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

蟲師 第2話 瞼の光


真っ暗な蔵の中に閉じ込められている女の子・スイのところへ、男の子・ビキが訪ねていきます。蔵の外にからまる草木、沢の流れなど景色に雰囲気がありますね

スイはビキに、二つ目の瞼について説明してくれます。「瞼(まぶた)の裏にね、もう1つ瞼があるの。そこは絶対に外の光が届かないところで、蟲はそこにいるのよ。…目を閉じて、何か見える?…一度瞼を閉じても、目はその瞼を見ていて、本当には閉じていないの。だから本当の真っ暗闇が欲しいとき、そのチカチカを見ている目玉をもう一度閉じるの。そうすると上の方から本当の闇が降りてくる」

面白い発想ですね。実際にやってみると目の疲れが取れる感じ(笑)少し下の方を見るとリラックスできました(笑)でも、なるほどと思う考えですね!


続きを読む
posted by kaze at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蟲師 第1話 緑の座


Gyaoにて一部無料配信中!独特な世界に引き込まれていきますね。動植物とまるで違う蟲(むし)、その蟲を扱う蟲師・ギンコが森の中へ入っていきました。木々の描写がきれいで幻想的です

少年・しんらが、神の筆(かみのひだりて)と呼ばれる左手で文字を書くと、日、月、木、鳥などの象形文字が動き出していきました。きれいなシーンです。飛び出した鳥を、訪ねてきたギンコが手に取ると、手には墨だけが残ります

しんらが1人になると蟲が見え、それを絵に描いて祖母の廉子(れんず)に見せていました。しんらは廉子から、左手で物を書くことを禁じられ、家から出てはいけないと言われていましたが、4年前に廉子は死んでしまいます


続きを読む
posted by kaze at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

蟲師


Gyaoにて無料配信中!第1話〜第4話は5月12(火)正午までです。毎週火曜日に更新されていくみたいです
観たいなと思っていて観れずにいた作品なんです。これを機会に観ることに決定します(笑)独特な世界観に圧倒されています
posted by kaze at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #25 最終回 再生


機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン #25 最終回 再生

ついに最終回を迎えてしまいましたね。刹那・F・セイエイVSリボンズ・アルマークの戦いは迫力がありました。ダブルオーライザー対リボンズキャノンの対決の後で、エクシアVSオーガンダムの対決の2段構えです。古谷徹の声に、オーガンダムのカラーリングを見たら、ファーストガンダムを思い起こさせずにいられませんよね(笑)いくつか過去のガンダムシリーズに似たシーンや台詞があったけど、ダブルオー独自の世界観が表現されてました。映像のきれいさはみごとです。コーラサワーが本当に不死身だったのは、うれしいサプライズでした(笑)ちゃっかりマネキンと結婚式を挙げてます。サードシーズンがあるのかと思ったら、劇場版があるんですね!

リボンズは「感謝して欲しいね。君がその力を手に入れたのは、僕のおかげなんだよ」と静かに挑発すると、刹那は「俺を救い、俺を導き、そして今また俺の前で神をきどるつもりか」と問います。リボンズは「いいや、神そのものだよ」とすっかり天狗になってました。刹那は怒りをぶつけます。リボンズの機体は、リボンズキャノンというみたいです。やはりガンキャノンの後継機でしょうか


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #24 BEYOND

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #24 BEYOND

今回は、真のイノベーターとなった刹那が、ガンダムから純度を増したGN粒子の光を広げて、仲間たちを助けていきました。完全に押されていた展開を一気に挽回してしまいます。ティエリアは予想通り撃たれてましたけど、形を変えて復活しました。ちょっと予想外!ロックオンも仇討ちを成し遂げます。ルイスも沙慈のもとへ帰ってきましたね。ほっとしましたよ

ダブルオーライザーに乗った沙慈は「僕たちは分かり合うことで未来を築くんだ。そうだろルイス!」と叫びますが、エンバスで迫るルイス・ハレヴィは「その未来を奪ったのは、ソレスタルビーイングだ!」と攻撃してきます。アンドレイも加わりますが、あっさり後退させました。今度はガガ部隊3機が特攻をかけ、ミサイルで2機撃破するも1機が突っ込みエンバスが破壊!?

ベーダに入り込んだティエリアは、リボンズに銃を向けました。早く撃たないと!リボンズは「ティエリア・アーデ、君はイノベータの分際で」と言いかけると、ティエリアは「違う。僕たちはイノベーターではない。僕たちはイノベータの出現をうながすために人造的に生み出された存在イノベードだ。ベーダを返してもらうぞ。リボンズ・アルマーク」と遮ります。リボンズは「そのイノベードが進化を果たしていたとしたら?」と笑い「僕はイノベードを越え、真のイノベータを越える存在となった」と続けました


続きを読む
posted by kaze at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #23 命の華


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #23 命の華

今回は、リボンズ・アルマークがちゃっかり復活してスタートしました。でもリジェネ・レジェッタは倒されたの!?パトリック・コーラサワーも散っていきました。不死身じゃなかった!実は嫌いじゃないキャラでした。残念!そして敵母艦のコロニー型外宇宙航行母艦が姿を現わします。ついに最終決戦ですね

リボンズが倒れて、リジェネが「これでイオリア計画のすべては僕のものに」と笑っていると、「それは傲慢だよ」と2階からリボンズが登場しました。影武者!?リボンズの意識はベーダと直接つながっていて、肉体はただの器でしかすぎないと説明します。リジェネの方が、アリー・アル・サーシェスに撃たれて倒れてしまいました

アロウズの旗艦が落ちて、カティ・マネキンは敵艦隊の分断に出ます。コーラサワーも元気でした、このときは。刹那&沙慈のダブルオーライザー、カタロン部隊が、赤いアロウズのMSを倒していきます。でもイノベータがいないのを気にしてました


続きを読む
posted by kaze at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #22 未来のために


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #22 未来のために

今回は、刹那とグラハムとの戦いから始まりました。決着がつくかと思ってましたが、革新をとげた刹那は意外な結果を見せてくれましたね。アロウズの大艦隊との戦いも迫力がありましたが、ラストの展開にかすんでしまった感じです

裸の場面から始まりました(笑)刹那は「わかるような気がする。イオリア・シュヘンベルグがガンダムを、いやGNドライブを創った訳を。武力介入はこのための布石。イオリアの目的は人類を革新に導くこと。俺は変革しようとしている」と言うと、ミスター・ブシドーことグラハム・エイカーは「変革。それが君が会得した極みというのか」と答えます。そして過去を思い出しました。ホーマー・カタギリ司令と和室で話した後で、滝に打たれてます(笑)

そして戦闘シーンに戻ります。トランザムを起動した、ダブルオーライザーVSマスラオ改めスサノオの戦いです。スサノオは、ダブルオーライザーのビームサーベルをはじき「斬り捨て御免!」と叫びますが、ダブルオーライザーは真剣白刃取り!そして突きを入れました。ダブルオーライザーの方がスサノオより少しだけトランザムの機動時間が長いようです。グラハムは破壊されたコクピットから姿を現わし「戦え、少年!私を切り裂き、勝利をつかんで見せろ!」と叫びます。刹那は「俺は生きる。生きて明日をつかむ。それが俺の戦いだ。生きるために戦え」と後退していきました。沙慈は刹那に「ありがとう」と声をかけます。リジェネ・レジェッタが刹那の覚醒を見守っていましたね


続きを読む
posted by kaze at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #21 革新の扉


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
 #21 革新の扉

今回は、刹那が変革のきざしを見せていましたね。さらに、王留美、紅龍、ネーナ・トリニティが去っていきました。でも油断できませんが

刹那は「あのとき彼女はアニュー・リターナーではなかった。ああしなければライル・リランディは死んでいた。ルイス・ハレヴィもそうだ。彼女も何かに取り込まれている」と話すと、沙慈は「最近の君はどうもおかしいよ」と返します。ライトが消えたとき、刹那の目はイノベーターの目になってましたね。ちょっと予感はありましたけど、びっくり!

ティエリアはイノベーターの卑劣な手口に怒りを隠しません。ラグランジェ5にある建設中のコロニー・エクリプスから緊急暗号通信があります。王留美、紅龍からのものです。てっきり倒されたと思っていました


続きを読む
posted by kaze at 18:29| Comment(2) | TrackBack(2) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #20 アニュー・リターン


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
 #20 アニュー・リターン

今回は、アニュー・リターナーとの悲しい別れになってしまいましたね。題名から予感はしてましたけど。一瞬ロックオンの愛が勝ったように見えたんですが、刹那の非情さが阻んだ感じです。展開が激しく見ごたえがありました。そして新型MA・レグナントが登場です

スメラギとガンダムマイスターの前に、リヴァイヴ・リバイバルが顔をさらします。でも、すべてが計画通りだったようです。スメラギがイノベーターの真意を問うと、リヴァイヴは「来るべき対話のためです」と答えます。そこへフェルトから連絡が入りました。アニュー・リターナーがラッセを撃ち、ミレイナを人質にとったというのです。リヴァイヴは、アニューと同タイプのイノベーターと明かし、脳量子波で思考をつなぐことが出来ると平然と出て行きました

アニューはミレイナに銃をつきつけているところへ、ソーマ・ピーリスに戻ってしまったマリーが登場します。マリーも脳量子波を使えるんですね


続きを読む
posted by kaze at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #19 イノベイターの影


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #19 イノベイターの影

今回は、沙慈がルイスに近づいて、少し心を動かせたようですね。リヴァイヴの捕獲、アニューの反乱と物語が展開します。ラストでネーナが王留美&紅龍に攻撃を加えて、びっくり!リボンズ恐るべしです

マリナたちのアジトが襲われますが、クラウスが反撃しました。シーリンとマリナは子どもたちは地下の防空壕へ逃げます。シーリンから銃を渡されますが、マリナは「それを持ったら子供たちの瞳をまっすぐ見られなくなるから」と断りました

MS戦が開始されます。スメラギは、敵MSに対し戦術プランS43で迎撃準備させました。敵12機に対して増援を予想します。刹那はダブルオーライザーを先行させ、沙慈にルイスを探すよう指示を出しました。リバイバルが向ってきますが、ティエリアにまかせます。やがて増援が現れました。マリーは完全にソーマ・ピーリスになってアレルヤから離れ、アンドレイを追います。セルゲイ・スミルノフの仇討ちしか頭にありません。ロックオンはシールドビットをアサルトモードで展開させました。アニューの正体を怪しむ発言をしていましたね


続きを読む
posted by kaze at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

十二国記


アニメ「十二国記」は「月の影 影の海」は観たことがあったんですが、「風の海 迷宮の岸」の話はあやふやで、「風の万里 黎明の空」「東の海神 西の滄海」は初めて観ました。慶国の王となった中嶋陽子、日本に戻った杉本優香、行方不明となっていた浅野君のその後の話がわかります

独特の世界感が展開されていて、楽しめます。専門用語に悪戦苦闘しながらも、すっかりはまってしまいました!
posted by kaze at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #18 交錯する想い


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
 #18 交錯する想い

今回は、ブレークピラー事件と呼ばれるクーデターから4ヶ月経ちました。宇宙でのMS戦の準備段階までのお話です。ロックオンとアニュー・リターナーはいつの間にか恋人になってましたね(笑)マリーがソーマ・ピーリスに完全に逆戻りしてたのにはビックリ!

アフリカタワーは倒壊をまぬがれ送電が開始され、オバマ大統領!?が式典で演説をしています。アロウズが軍を完全に掌握しました。マネキンは失踪してしまったようです。ソレスタルビーイングは、メメントモリ二号機に攻撃を加えました。刹那がトランザムライザーで完全破壊します。ちょっとあっけないです

マリナ、シーリン、クラウスは子どもたちと一緒に田舎で身を隠していました。ラジオからマリナと子どもたちの歌が聞こえてきます。なんで?マリーはソーマ・ピーリスに戻ってしまい冷たい感じです。セルゲイ・スミルノフの死、それも息子のアンドレイが殺したことが、マリーに大きな影響を与えました。頭をかかえるアレルヤを「しばらくそっとしておけ。自分の考えだけを押し付けるなよ。大切に思っているなら理解してやれ。戦いたいという彼女の気持ちを」とロックオンがなぐさめます


続きを読む
posted by kaze at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #17 散りゆく光の中で


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
 #17 散りゆく光の中で

今回は、軌道エレベータ崩壊、そしてスミルノフ親子の悲劇と続きました。荒熊ことセルゲイ・スミルノフは惜しいキャラクターでしたね。悲しくなります。ダブルオーライザーの威力はすさまじいものでしたが、物語の展開でかすんでしまった感じです

14年前、セルゲイ・スミルノフとハング・ハーキュリーは戦場にいました。ハーキュリーは止めますが、セルゲイは命令に従い最終防衛ラインへ全軍後退を命じます。第4小隊にいるセルゲイの妻・ホリーを見捨て、軌道エレベータを造る技術者と家族を守るためでした。この戦いでホリーは死に、息子のアンドレイ・スミルノフはセルゲイを恨みを抱きます

メメントモリ2号機の存在を知り、トレミーのクルーは驚いていました。カティ・マネキンも作戦に怒りますが、ビリー・カタギリは「それでもやるでしょうね。司令は恒久和平実現のためすべての罪を背負う覚悟でいます」と意外と冷静です。ハーキュリーは市民の地上への搬送を急がせ、全員に脱出準備にかからせ「考えが甘かった。私が市民を人質にしたときから、連邦は事実を知った彼らすら反連邦勢力とみなしたんだ」と反省しました。リボンズ・アルマークは、自分の力に自信を持ち始めたリジェネ・レジェッタにイラッときているようです(笑)


続きを読む
posted by kaze at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #16 悲劇への序曲


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
  #16 悲劇への序曲

今回は、てっきりダブルオーVSマスラオの戦いから始まると思っていたので、肩透かしを食ってしまいました(他)セルゲイ・スミルノフがメインの感じです。ラストは予想外でした

地球連邦軍情報作戦室所属のハング・ハーキュリー大佐が、クーデターを起こし、アフリカタワー低軌道ステーションを占拠します。アロウズの蛮行を世に知らしめ、その是非を世に問うことが目的です

クーデターの情報をテレビを観ながらセルゲイ・スミルノフは昔を思い出します。セルゲイとハーキュリーそして、セルゲイの妻となるホリーは士官学校の同級生だったんですね。セルゲイは、キム司令から極秘任務を命じられます


続きを読む
posted by kaze at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #15 反抗の凱歌


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
 #15 反抗の凱歌

オープニングがステレオポニーの「泪のムコウ」エンディングが伊藤由奈の「trust you」に変わり、ムービーも一新されて雰囲気が変わりましたね。そしてソレスタルビーイング絶対絶命というとき、クーデターが起ります。軌道エレベータ倒壊も近いようです

刹那がダブルオーがサーシェスのアルケーガンダムのコクピットにサーベルを突き刺し、とどめだ〜と思った瞬間、歌が聞こえてきました。マリナと子どもたちの歌です。サーシャスは間一髪、逃げていきました。

ブリング・スタビティは、ティエリアにより倒されたようです。でもまたイノベータの名前と顔が一致しなくなりました。多すぎです(笑)リジェネ・レジェッタが「ティエリア・アーデは僕たちと敵対する道を選んだらしい」と王留美に話します。王留美の心理がよくわかりません


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #14 歌が聞こえる


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
 #14 歌が聞こえる

今回は、新展開がいろいろとありました。メメントモリを破壊して、一休みがあるかと思ったら、戦闘再開です。そして刹那とリボンズの初対面、セラフィムガンダムの登場などがありましたね

ロックオン・ストラストがその名の通り狙い撃ってメメントモリを破壊し、トレミーは戦闘エリアを離脱しました。クルーが安心していると、Eセンサーが反応します。リボンズは「メメントモリを落としたつぐない、果たしてもらうよ」とつぶやきました。3機のMSがトレミーに襲いかかります。オープニングテーマがステレオポニーの「泪のムコウ」に変わり雰囲気が変わりました

刹那がトレミーとの合流ポイントへ行きますが、残骸ばかりでトレミーの姿が見えません。落とされたのかと思いました。そこへ赤いGN粒子とともにネーナ・トリニティが登場します。ネーナたちの攻撃でトレミーが地球へ落ちたと聞かされ、刹那も地球へ降りていきました


続きを読む
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

機動戦士ガンダム00 たまたま見忘れた人たちに捧ぐ


番組は、土田晃之、喜屋武ちあき、千原せいじ、能登有沙、半田健人がガンダム00について語っていました。次週からオープニングテーマがステレオポニー「泪のムコウ」に変わるそうです。軌道エレベーターが倒壊・・・!?
posted by kaze at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #13 メメントモリ攻略戦


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #13 メメントモリ攻略戦

今回は、メメントモリ攻略戦です。みごたえがあり、映像もきれいでしたね。メメントモリは、ソーラレイより機動性があるようです。でもどうやってトレミーがメメントモリの攻撃をかわしたのか、よくわかりません

カタロンの宇宙艦隊がメメントモリに近づいていきました。突然メメントモリの砲身の向きが変わり、第二艦隊は光に包まれ半数が消滅します。圧倒的です。さらにガデッサのGNメガライザーが火を吹きました。ヒリング・ケア大尉は「そっちとは射程がだんちなのよね」と得意気でした


続きを読む
posted by kaze at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。