カテゴリー:文化・芸術

2013年09月04日

新宿クリエイターズフェスタ2013

新宿駅周辺で開催されているクリエイターズフェスタ2013に行って来ました。9月8日(日)まで開催中!

新宿NSビルの草間彌生作品、新宿ファーストウエストの河口洋一郎作品、住友不動産新宿グランドタワーの椿昇作品はインパクトがありますね

新宿センタービルや新宿モア4番街には、学生作品が展示されています。京王プラザホテルのプラザナードにある映像インスタレーションは、圧巻です。ちょっとわかりずらい場所にあるのですが、ぜひ足を伸ばして見て欲しいですね


posted by kaze at 14:14| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

夜話 からふる#004

久しぶりに、演劇を見に行ってきました。場所は東中野にあるRAFTという小劇場でした。喫茶店を舞台に繰り広げられる5つの物語が、オムニバス形式で展開されていきます。面白いパートや穏やかなパートが入り交じっていて、楽しかったです

「くちこみ」は、マスター(市森正洋)の店に、ヒロエ(丸山朋子)ナナオ(五十嵐沙紀)がやってくるのですが、不思議な関係になってます。途中で宮崎駿の世界にもひたれましたよ(笑)

「オーラの水たまり」は、店長(中山数基)の店で占い師・マリリン(井上奈保)が寝過ごしてしまって、めるたん(仲田紗良)が迎えに来ます。いったんいなくなったマリリンが再登場して笑わせてくれましたね

「日活撮影所から来た男」は、店長(市森正洋)の店に、獅子嚇旭(立川弦祐)和泉マサミ(阿紗花)城之内マキマキ☆マキ(小岩井綾乃)が登場です。3角関係なんですが、熱い演技で観客も巻き込まれていきました!「カイン」は、店長(市森正洋)兄(市森正洋)客(しまおみほ)が出演です

「さくらの庭」は、店長(ヨイチ)(中山数基)ヨリコ(丸山朋子)チエ子(渡辺さゆみ)がそれまでのパートと違って、静かな世界を繰り広げていました。やはり目の前で生の演技を見ると、独特な刺激を受けますね
posted by kaze at 18:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

卒業制作展2013 多摩美術大学八王子キャンパス

多摩美術大学の八王子キャンパスで、開催されていた卒業制作展へ行ってみました。八王子キャンパスは去年初めて訪れて、今回は2回目です。広いキャンパスを歩きまわって、充実感もあったのですが、疲れてしまいました(笑)

まずは、情報デザイン芸術学棟です。芸術学科、情報デザイン学科の作品がありました。パソコンの中で表現されたソフト、映像から、ピンクの象、大きなクマ、謎の昆虫などの造形物が目をひきます。いきなり作品の幅広さを魅せてくれました

テキスタイル棟へ移動して、生産デザイン学科の作品です。編む、織る、染める、プリントで仕上がった作品が、迎えてくれました。上から吊るされた傘とビニールのソファーが気になりました

工芸棟は、工芸学科の作品です。青山スパイラルホールでも展示が行われていました。陶器、ガラス、金属などで作られた作品群に圧倒されます。本当にいろいろな表情を見せてくれましたね


彫刻学科は、塑造棟、彫刻金属棟、諸材料棟、石彫棟、木彫棟に別れています。工芸学科の作品に比べると、大きな作品があって、迫ってくるようでした。大きな方舟に驚いていたら、一番置くに白いパラシュートの作品があって、さらにビックリです!

デザイン棟は、グラフィックデザイン学科、生産デザイン学科、環境デザイン学科の作品などが展示されています。1階にあった自転車で大きな樽を動かす作品が目立ってましたね!工場長に扮した製作者の方が説明してくれました!グラフィックの作品は、かわいらしく華やかな感じでしたね。環境デザイン学科の建築系の作品は、あまり斬新さはないという先入観があったんですが、これまでになく個性的です

絵画東棟、絵画北棟、共通教育センターには、絵画学科の作品が並んでいます。日本画といっても近代的な作品もあり、版画だと言われてもまったく気が付かない作品があって、垣根はまったくありません。部屋いっぱいに展示されている画を見ていると、その中に引き込まれていく危険を感じます

ラストはメディアセンターにある情報デザイン学科の作品でした。こちらも様々な手法で表現された作品があって、おもしろかったです。今年は作品の配置がなんとなくわかっていたので、ペース配分を考えて、鑑賞することができました。疲れたけれど、去年より楽だった気がします(笑)

「多摩美術大学工芸学科卒業制作展2013」
「多摩美術大学」
「卒業制作展2012 多摩美術大学八王子キャンパス」
posted by kaze at 00:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

卒業制作展2013 東京デザイン専門学校 日本デザイン専門学校

東京デザイン専門学校と日本デザイン専門学校の卒業制作展に行ってきました。原宿と代々木の間にある学校で、名前は似てるけど、違う学校のようです。ともに3月3日(日)まで開催されています

東京デザイン専門学校は去年も訪ねました。天皇陛下のお召し列車専用の原宿駅前に1号館があり、少し離れた代々木方面に2号館があります。グラフィック、イラストレーション、ビジュアルデザイン、クリエイティブアート、マンガ、アニメ、インテリア、ディスプレイ、クラフトアクセサリーなど、多岐にわたっていました。かわいらしい作品だけでなく、街にすぐに出せるような作品が多かったですね

日本デザイン専門学校を訪れたのは初めてす。近くを通ったことはあったのですが、まったくノーマークでした。第69回学校展ということで、かなりの歴史のある学校なんですね。こちらもグラフィック、イラストレーション、漫画アニメ、ゲームキャラクター、コミックアーツ、絵本、こどもデザイン、ものデザインなど幅広いです。すごいのはクラフトデザイン学科でガラスや陶芸も学校でできることですね。美術学科は学生が少ないようですが、ライブペインティングが行われるそうですよ
posted by kaze at 21:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業制作展2013 多摩美術大学

青山スパイラルで開催されていた多摩美術大学の卒業制作展へ行ってきました。工芸学科の陶・ガラス・金属の素材を用いて表現された作品が展示されています

「ひてひと」という言葉とそのシンボルマーク(?)は、思いが込められていて、素敵ですね。前期と後期で展示が入れ替えられて、3月5日(火)まで開催されています

「多摩美術大学工芸学科卒業制作展2013」
posted by kaze at 00:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

第36回東京五美術大学連合卒業・修了制作展

国立新美術館へ、東京五美術大学連合卒業・修了制作展2013を観に行って来ました。日本大学芸術学部、武蔵野美術大学、多摩美術大学、女子美術大学、東京造形大学の卒業、修了生の作品の展示がされています。3月3日(日)まで。2月26日(火)は休館日です

日本画、油絵、版画、彫刻の分野の作品が並んでいました。色使いの荒々しさに目がいく作品が多かったです。野外展示場には彫刻が並んでいます

文化庁メディア芸術祭、新構造東京展なども開催されていました。新構造東京展、初めて見た展覧会でしたが、写実的な作品群にちょっと衝撃を受けてしまいました!3階でお客さんが少なかったので、作品の雰囲気に浸れましたね

23日までだったのですが、外苑前のシーアイプラザでは、五美術大学交流展が開催されていました。作品数は少なかったけれど、刺激を受けました。まだいくつか卒業制作展が開催されるので、巡ってみる予定です

posted by kaze at 21:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

卒業制作展2013 文化学園大学

新宿の文化学園大学の卒業研究展へ行ってきました。2月11日(日・祝)までです。初訪問の大学でした。高層ビルの大学で、ロビーと17階と20階で展示されています。作品もよかったですが、20階からの眺めも絶景です

生活造形学科のコースは、グラフィックプロダクトデザイン、メディア編集デザイン、アートワーク、テキスタイルワーク、ジュエルメタルワークと多岐にわたっています。グラフィックやメディアの前衛的な作品から、テキスタイルの伝統的な和の作品まで、個性的な作品に出会えましたよ

住環境学科のコースは、建築デザイン、住居デザイン、インテリアデザイン、インテリアファブリックコースがあります。デザインを意識した温かい作品が多かったです。「美術」という名前が大学名に入ってないけど、完全に美術大学なんですね

「文化学園大学の卒業研究展」
posted by kaze at 18:03| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

卒業制作展2013 武蔵野美術大学(2)

青山スパイラルの武蔵野美術大学の卒業制作展へ行ってきました。工芸工業デザイン学科 木工・金工・陶磁・ガラス専攻の有志による卒業制作展です。2月3日(日)まで

鷹の台キャンパスにも展示された作品があったはずですが、まったく記憶にありません。なぜか新鮮に見ることができました(笑)

金属でできた飛行艇、何でできてるのかわならないカブトガニといった骨太の作品から、ガラスや陶器を使った透明感のある作品、細やかな金工の作品、壁一面の口の表情?の作品はドキッとしました。魚をイメージしたガラスの万華鏡の作品、ウォールナットでできたイスの作品の方にはお話をうかがいました。ありがとうございます。1つ1つの作品にいろんな表情があって面白いですね

「卒業制作・修了展特設サイト」
「工芸工業デザイン学科」
過去の卒業制作の作品が上のリンクから見ることができます

「鷹の台キャンパスの学内展」
posted by kaze at 12:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

卒業制作展2013 東京芸術大学

上野の東京芸術大学の卒業・修了作品展へ行きました。1月31日(木)までです。学内展示だけでなく、リニューアルオープンした東京都美術館でも展示が行われていました

先端芸術表現科が、今年度から上野で展示されています。「次は上野で会いましょう」をキーワードに、かなり目立ってましたね。深緑の目録が素敵です。「午後はラウンジで会いましょう」というトークイベントも開催されています

「先端芸術表現科のHP」
「午後はラウンジで会いましょうのブログ」


大学美術館では、日本画、油画、彫刻、工芸などの作品が並んでいます。学生たちの作品は荒削りだけど、迫ってくるものがありますね。木彫りの動物の作品は今にも動き出しそう。山水画から着想を得たという陶器の作品がすてきでした

絵画棟には、5階から8階には日本画、油画なども展示され、1階には、石膏や工芸そして先端芸術表現科の作品があります。彫刻棟は、まさに彫刻という作品なんだけど、中には映像を使った作品もあって、ちょっと趣が違いましたね

総合工房棟では、デザインと建築さらに先端芸術表現科の展示です。廊下の途中に突然に現れた赤い部屋、その先の部屋にあった暗室の中の作品はドキッとさせられました

「エルグレコ展」なども開催されている東京都美術館。日本画、油画、彫刻、工芸、デザイン、建築の展示があります。工芸の漆の作品が特に気になりました。先端芸術表現科は展示の途中にショップがあって、面白いですね。東京学芸大学教育学部の卒業制作展も開催されていましたよ

「東京藝術大学卒業・修了作品展の開催について」
posted by kaze at 12:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

卒業制作展2013 武蔵野美術大学(1)

武蔵野美術大学の鷹の台キャンパスへ、卒業・修了制作展を見に行って来ました。去年は雪が降っていて断念したので、今年が初訪問です。広いキャンパスに力作がひしめいていて刺激を受けましたよ
「平成24年度 卒業・修了制作展」
「卒業制作修了展HP」


デザイン情報学科では、映像、グラフィック、プロダクト、インスタレーションなどの作品が展示されています。エディトリアルの「今日もローカル線に乗って」「まるごとだるま」が気になりましたね
「デザイン情報学科卒業研究・制作展HP」

芸術文化学科では、対談イベントやレクチャーが関連イベントとして行われたようです。参加できなかったけど、下記リンクのブログからUstreamで視聴できますよ
「芸術文化学科卒業研究制作展ブログ」
「芸術文化学科卒業研究制作展HP」

**
空間演出デザイン学科では、オブジェに動きを加えた作品が多かったです。暗闇の中に動く「salvage」「ripple」、童話をモチーフにしたような「椅子取りゲーム」、壁に埋め込まれた鏡の奥にある不思議な世界「自己認識」、布を使った「ひびのこと」「記憶ー157ー」などが印象的でしたね
「空間演出デザイン学科HP」

工芸工業デザイン学科は青山スパイラルで学外展が行われてます。2月3日(日)まで
「工芸工業デザイン学科の学外展」

記事、もう少し、足すかもしれません。気が向いたら(笑)
posted by kaze at 00:08| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

山中伸弥さん 山田洋次監督 文化勲章と文化功労者決まる

今年度の文化勲章の受章者に、ノーベル医学・生理学賞を受賞した山中伸弥さん、映画「男はつらいよ」シリーズ、「幸福の黄色いハンカチ」などの山田洋次監督、東北大学名誉教授の小田滋さん、美術評論家の高階秀爾さん、日本画家の松尾敏男さん、京都大学名誉教授の山田康之さんの6人が選ばれました。おめでとうございます

また、文化功労者には、アニメーションの宮崎駿監督、絵本作家の安野光雅さん、俳優の松本幸四郎さん、日本画家の中路融人さん、小説家の竹西寛子さん、辻井喬さん、指揮者の飯守泰次郎さん、日本サッカー協会の岡野俊一郎さん、京都大学名誉教授の朝尾直弘さん、東京大学名誉教授の甘利俊一さん、北里大学名誉教授の大村智さん、東京大学名誉教授の金子宏さん、宇宙科学研究所名誉教授の西田篤弘さん、東京大学名誉教授の別府輝彦さん、京都大学の諸熊奎治さんの15人が選ばれました

ノーベル賞の山中教授は若いですね。山田洋次監督や宮崎駿監督、安野光雅さん、松本幸四郎さんはなんなく親しみやすい感じがします

山中伸弥さん ノーベル賞受賞
宮崎駿監督作品
posted by kaze at 12:55| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

浅井忠 日曜美術館 


テレビ「日曜美術館」を観ました。近代デザインの開拓者としての浅井忠が取り上げられます。浅井忠は、黒田清輝とともに日本近代洋画の父と称される画家ですが、明治35年、46才の時、東京美術学校を辞し、グラフィックデザイン、工芸デザインの世界へ華麗に転身したのですね

フランスへ留学した浅井は、アールヌーボーを持ち帰り、琳派に代表される和の世界との融合を図ります。単純化されたデザインが、やわらかさを伝えてました。大津絵を元にした浅井デザインの皿は、現物が最近見つかったそうです。描かれた図案は、かわいらしく思わず笑ってしまいます

アートシーンでは、東京オペラシティ アートギャラリーでやっている北野たけしの「BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展」が紹介されてました。ちょっと浅井忠に似てると思ったのは、気のせいでしょうか

posted by kaze at 12:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

OZONE クラフトマーケット2012


クラフトマーケットに行って来ました。新宿パークタワー内にある、リビングセンターOZONEで開催されています

期間は5/6(日)まで。期間が3期に別れていて、1期はすでに終了で、2期は5月3、4日、3期は5月5、6日で、展示が入れ替わります。入場無料。新宿西口エルタワー前からシャトルバスが出てますよ


手作りのモノがたくさん集まっていて、楽しくなります。小さな石や化石を強力なマグネットにつけた作品が気になりました。真空管もマグネットになっていて、ビックリ!京都から来た陶器を作っている方は、細かい絵を入れ込んだ作品を見せてくれました

7階には「贈る愛のカタチ展」があり、出展者の作品をチャリティで予約販売しています。さらに3階のOZONEプラザ、7階のリビングデザインギャラリーでは、ワークショップも行われてましたよ
posted by kaze at 00:38| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

卒業制作展2012 多摩美術大学院デザイン専攻

青山のGallery 5610へ、多摩美術大学大学院修士課程デザイン専攻(グラフィックデザイン)による修了制作展を見に行ってきました。青山スパイラルホールのすぐ裏手にあるギャラリーで、30日(金)まで開催です

イラストレーション研究の修了生9名およびゲスト1名が出品していました。八王子キャンパスでも、展示があったはずですが、初めて見た作品ばかりと感じました。たぶん疲れてたんだと思います(笑)1つのギャラリーに並べられたそれぞれの作品が、明らかに違った個性を放ってましたね
posted by kaze at 20:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

卒業制作展2012 多摩美術大学八王子キャンパス

多摩美術大学の八王子キャンパスで、開催されていた卒業制作展へ行ってみました。八王子キャンパスは初めて訪れたのですが、とっても広くてビックリです

まずは、情報デザイン芸術学棟です。芸術学科、情報デザイン学科の作品がありました。無機的な人工物を構成した作品のブースの横に、パソコン内に収められた作品群が並んでいて、対照的です

テキスタイル棟へ移動して、生産デザイン学科の作品です。布に色彩豊かなデザインがほどこされているのですが、同じものが1つとないのが刺激的でした。話をうかがったところ、初めにデザインを決めて創り上げられたもの、偶然に出来たものなど、千差万別なのですね


続きを読む
posted by kaze at 23:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

卒業制作展2012 多摩美術大学/創形美術学校

原宿クエストホールへ、多摩美術大学環境デザイン学科卒業・終了制作展2012を見に行ってきました。3月11日(日)までです

建築学科のような建築モデルの作品もあり、イスやベッドなどの家具の作品もありと、居住空間を考えた作品が並んでいます。あぐら椅子は座りやすかったです。インテリア、建築、ランドスケープの3つのコースから成っているそうですが、卒業制作はそれにとらわれずに作ることができるそうです。おたまじゃくし〜カエルへ移っていく作品も気になりました

家へ戻ってから気がついだのですが、ベルサール原宿では、情報デザイン学科の卒業制作展がやっているのですね。行かずに失敗しました


青山スパイラルホールでは、、創形美術学校卒業・終了制作選抜展が行われています。3月11日(日)までです。選抜展ということで、一部の作品しか見られないのが少し残念。また、スパイラルマーケットでは「竹中悠記 ガラス展」が開催されています。パート・ド・ヴェールによる作品がずらりと並べられていて、きれいでしたよ
posted by kaze at 20:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

卒業制作展2012 デジハリ/工芸高校/東京デザイン専門学校

いくつかの卒業制作展へ行ってみました。まず、秋葉原ダイビルで行われていたデジタルハリウッド大学卒業制作展です。2階のコンベンションホールでは、映像やWEBなどのデジタルコンテンツの展示がありました。どれも力作ぞろいです。上映ゾーンでは、優秀作品発表会が行われていました

7階のメインキャンパスでは、南雲ゼミの卒業生の作品が並んでいます。こちらはデジタルにとらわれないような、自由な作品の展示があり、2階の作品とはとても対照的です。南雲先生による作品解説ツアー(?)があり、ちゃっかり紛れ込んでしまいました。卒業生の思いが伝わってきましたよ


次に、東京都秋葉原庁舎で行われていた東京都立工芸高等学校の卒業制作展へ向かいました。こちらは陶器、金属、建築、映像などの作品の展示があります。大学生と比べてしまうと、正直まだまだという感じでしたが、中にはこれはと思わせる作品もありましたね

別の日には、原宿駅にある東京デザイン専門学校の卒業制作展を訪ねました。絵画、CG、WEB、装飾、マンガなど、こちらも個性的です。少し離れた2号館では、在学生による進級展が行われていました。スタンプラリーもやっていたので、しっかりクリアして、景品ももらってきました(笑)
posted by kaze at 19:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

卒業制作展2012 多摩美術大学工芸学科

青山スパイラルホールへ、多摩美術大学工芸学科卒業制作展2012「素」を見に行ってきました。3月6日(火)まで、ただし3月1日は展示替えのため休みです

陶器、ガラス、金属などの作品がありましたが、それぞれの作品で個性が違いますね。作品を作った卒業生の方に話を聞けました。作品に込められたストーリーがあったりして、興味深かったですよ。作品が入れ替えらるそうなので、また行く予定です
posted by kaze at 12:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

第35回東京五美術大学連合卒業・修了制作展

国立新美術館へ、東京五美術大学連合卒業・修了制作展2012を見に行って来ました。武蔵野美術大学、多摩美術大学、女子美術大学、東京造形大学、日本大学芸術学部の卒業、修了生たちの作品の展示がされています。3月4日(日)まで。ただし2月28日(火)は休館です

日本画、油絵、版画、彫刻とさまざまな分野の作品が並んでいました。個性的な作品が並んでいるので、刺激を受けます。歴史物の絵画がいくつかあったのが印象的でしたね

何人かの卒業生の方たちの話も聞けて、作品への思いがわかったのもうれしかったです。野外展示場には巨大な彫刻が展示されています。パフォーマンスの作品もありました。第63回東洋美術学校卒業制作展、文化メディア芸術祭受賞作品展も同時開催されているので、見逃せませんよ
posted by kaze at 00:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

卒業制作展2012 東京芸術大学

上野の東京芸術大学の卒業・修了作品展へ行って来ました。2月3日(金)までです。上野の森の一部と東京都美術館が改装中でした

大学美術館では、日本画、油画、彫刻、工芸などの作品が並んでいます。毎年のことですが、刺激を受けますね。ガラスの作品は、数が少ないけど、個性的ですね。外国の学生さんが、日本傘をイメージしたガラス作品を作ってました

作品を作った人と話すのは楽しいです。ぱっとみただけではグレーの板が並んでいるだけと思った作品は、ペンでひいた1本1本の線を重ねていたことがわかりました。接近して見ると、作品も違って見えますね


絵画棟は、8階からの眺めは最高で、1つの作品です(笑)今年は4階〜8階までを、展示スペースとして使ってました。日本画、油画なども展示されてましたよ。1階には、石膏や工芸の作品が並んでいます。こちらも刺激的です

彫刻棟は、存在感のある彫刻が並んでいます。提灯を渡され、真っ暗な中で彫刻を眺める場所があって、斬新でしたよ

総合工房棟ではデザインと建築の展示です。こちらは幅広い作品が並んでいます。アニメーション作品が子どもにも人気でした。パッチワークの食べ物は本当に食べたくなります(笑)建築の人工筋肉は妖しい動きでしたね

美大の卒業制作展は、非日常の世界に飛び込む感じで、エネルギーをもらえます。お近くの展示に行かれてはどうですか?

posted by kaze at 09:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

OZONE クラフトマーケット2011

クラフトマーケットに行って来ました。新宿パークタワー内にある、リビングセンターOZONEで開催されています。5/8(日)まで。入場無料。新宿西口エルタワー前からシャトルバスが出てます

手作りのモノがたくさん集まっていて、うれしくなりました。期間が3期に別れていて、のべ200組のクリエーターが参加するそうです。いろいろと気になるモノがありましたよ

1期では、スタンプに繊細な絵柄を彫っていた方と、皮を組み合わせた不思議なオブジェの方には、思わず話を聞いてしまいました!2期では、果物みたいな不思議なオブジェがあると思ったら、せっけんだった作品が印象的でしたね

ガラス作品は、いくつか作り方があるそうで、いろんな表情を魅せてくれるので、好きです。作り手の方によって、まったく個性が違ってましたよ!

7階には、連動展示「贈る愛のカタチ展」があり、クリエーターの1品が一気に見ることができます

パークタワーホールの前に人が集まっていると思ったら「イメージフェステイバル2011」の開場待ちの人でした。それから「新築リフォームフェア2011」も開催されてますよ
posted by kaze at 00:30| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

岡本太郎展


東京国立近代美術館へ「生誕100年 岡本太郎展」を見に行ってきました。なんだかムクムクッと元気が出てきましたよ!

入口に長い行列ができていると思ったら、「岡本太郎 アートピースコレクション」のカプセルを買い求める人たちの列でした。中は意外に空いてました

まずはFRPで作られた作品群があります。題名は、台の下に目立たずに書いてありました。「若い太陽の塔」は刺激的ですね

奥へ入っていくと「傷ましき腕」があり「森の掟」「黒い太陽」などの作品があります。写真などで見慣れた作品だけど、本物がずらっと並ぶと壮観ですね。「夜」という作品はお気に入りの作品になりました。背中にナイフを隠した白い服の少女の視線の先に、ドクロががあります


「太陽の塔」については、構想のスケッチや当時の太郎さんが説明する映像がありました。他の映像ではタモリの「今夜は最高」の一部が流れてます。係りの人に完全版はないか聞いたら「完全かわからないけど、YouTube にアップされている」というので、家に帰って検索したら、いろいろありましたよ!

書籍の展示もありました。気になったのは「岡本太郎著作集1〜9(講談社)」です。何が書いてあるか気になります。太郎さんが亡くなってから、岡本敏子さんにより出版物が増えたようだけど、そこにないんでしょうか。ぜひ復刻版を出版してほしいです

ラストのゾーンは”目玉?”の作品群です。絵もすごいけど、一番すごいのは太郎さん本人の眼力ですよね(笑)出口で「太郎のことば」を引くと「何でもいい。見物人ではなく、とにかく、自分でやってみよう。動いてみよう。」でした。グサッときましたね!

常設展を見た後で、工芸館の「高橋禎彦展」へ足を伸ばしてみました。ガラス作品です。ガラスと感じさせない、個性的な作品があり、別な刺激をもらいましたよ

カプセル「生誕100年 岡本太郎展」会場限定 岡本太郎 アートピースコレクション 全8種セット
岡本太郎 爆発大全
TAROの塔 あらすじと感想
posted by kaze at 00:15| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

第34回東京五美術大学連合卒業・修了制作展


国立新美術館へ、東京五美術大学連合卒業・修了制作展2011を観に行って来ました。日本大学芸術学部、武蔵野美術大学、多摩美術大学、女子美術大学、東京造形大学の卒業、修了生たちの作品の展示がされています。2月27日(日)までです

日本画、油絵、版画、彫刻とさまざまな分野の作品が並んでいました。日本画と西洋画は見た目には、境がない感じ。画材が違うようですけど。また絵画系の人なのに立体アートにチャレンジしていたりと、かなり自由でしたね

忘れてはいけないのが、野外展示場。巨大な彫刻が展示されていますよ

第62回東洋美術学校卒業制作展も開催されています。こちらは、かわいらしい作品から建築や保存修復についての展示までありました


青山スパイラルでは、専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジのジュエリーコース&ウォッチメーカーコースの卒業制作展が開催されていました。繊細な細工がほどこされた作品が広がってましたよ

こちらは19日まででしたが、シューズ&バッグコースの卒業制作展が2月20日〜24日(木)まで開催されるようです
posted by kaze at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

卒業制作展2011 武蔵野美術大学

青山スパイラルの武蔵野美術大学の卒業制作展へ行ってきました。2月7日(月)までです。木工・金工・陶磁・ガラス作品が集まってましたよ

個性的な作品ばかりで、ガラス作品が多かった印象です。大きな木工の作品は、中に入ることができて、木の匂いが心地よかったです。たまたまかもしれないけど、臭覚に訴える作品は、珍しいですね

新宿に寄って、紀伊國屋新宿画廊で開催されている、竹田団吾衣装作品展にも行ってみました。2月7日(月)までです。衣装デザイナー・竹田団吾の独創的な衣装が狭い空間に並んでいて、圧倒されましたよ!
posted by kaze at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

卒業制作展2011 東京芸術大学

上野の東京芸術大学の卒業・修了作品展へ行って来ました。2月3日(木)までです。東京都美術館が全面改装中なので、大学構内ですべての作品が展示されているようですよ

総合工房棟ではデザイン科の展示がありました。気になったのは、パルプの原料ですいた国語と算数の教科書です。大きくて圧倒されました。ハリガネだけで作った人物、文字が花や家でできてる作品、広告の紙でできた鎧、卵のからに描かれた絵など、面白かったです

建築科の作品は、毎度のことだけど、その精密さに驚かされますね。幾何学的な構造物の中に、人間味を感じられる作品が好きです


絵画棟が少し改装されてました。去年は行きそびれていて、前に行ったときはオンボロでした。8階からの眺めは最高で、1つの作品ですね

6階〜8階まで、油画、版画、壁画などの展示がありました。見ているだけで、刺激を受けますね。1階は広いスペースがとられ、彫刻や陶芸の作品がありました

彫刻棟は、まさに彫刻で、力作ぞろい。大学美術館には日本画やインタラクティブ作品まで、幅広い作品がありました。美大の卒業制作展は、非日常の世界に飛び込む感じで、エネルギーをもらえますね

**
ランニングシューズをおろしたてで、東京都美術館へ回らなかったためか、足の疲れはなし。帰りに本郷三丁目まで歩いて、ブラタモリの本郷台地の回に出てきた「菊坂コロッケ」を食べて帰ってきました。おいしかった(笑)
posted by kaze at 00:15| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

銀座のギャラリー

久しぶりに銀座にギャラリーめぐりをしてきましたよ。ちょっこし刺激をもらいました!

・Pepper's Gallery
「ラヴ・ザ・マテリアル展」
ガラス、陶器、彫金など、不思議で、きれいな作品が飾られていました。クリエーターの人と少し話せて、作品への思い入れを感じられましたよ
4期間に別けて別の展示をやるようです。9月25日まで

・ギンザ・グラフィック・ギャラリー
「プッシュピン・パラダイム」
1970年代を中心にしたニューヨークのグラフィックデザインの展示です。ポスター、広告、雑誌、書籍、レコードジャケットなどがあります。古いものなのに、かえって新鮮です。9月28日まで

・クリエーションギャラリーG8
「182人のイラストレーターが描く イソップ物語」
イラストレーターが、イソップ物語のひとコマを取り出し、個性的にイラストにしています。かなり皮肉のきいた作品が気になりました(笑)9月17日まで

・Guardian Garden
「1_WALL展」
「ひとつぼ展」をリニューアルした公募展です。超個性的な作品に圧倒されました。いろんな表情のこけしが笑えました(笑)9月16日まで
posted by kaze at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

3人展

秋葉原にある「アートマルシェ神田」というギャラリーで「3人展」という展示を見て来ました。ちいさなギャラリーに、陶、布、ガラスのかわいらしい作品が集まってましたよ!

3人は、同じ美術大学の卒業生だそうです。卒業してからもイベントを行えるのがうらやましいですね

ガラスの作品の中では、特につぶつぶがついていたのが気になりました。ガラスと箱が同じ模様の作品もよかったです!

布の作品は、明るい感じが印象的でした。陶はいろんな形、色彩の作品があって、鮮やかでしたよ。ひっくり返すと、裏にも彩色されているのもよかったです
posted by kaze at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

多摩美術大学卒業制作展

青山スパイラルホールの多摩美術大学工芸学科の卒業制作展に行ってみました。いろいろと個性的な作品がありましたよ。特にガラスの作品がきれい!

多摩美は都内のいろんなところで、開催されているようです。開催マップがあればいいのにと思いました

スパイラルの後で、東京デザイン専門学校の卒業制作展ものぞいてみました。原宿駅からすぐ近くにある学校です。絵画、CG、WEB、装飾、マンガなど、見ているだけで楽しいですよ!
posted by kaze at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

泉谷しげるコミック展 マンガは爆発だ!

新宿高島屋の10階にある美術画廊へ寄ってみたら、「泉谷しげるコミック展」をやっていました

激しい感じのまさに爆発している絵から、かわいらしいうさぎの絵まであって、幅広さを感じました。うびょ〜とんというものらしいです

ガランとして人影が少なかったんだけど、ご本人が登場していてビックリ。はじめからいたらしいけど、気がつきませんでした(笑)

スタッフの人に「来ない予定だったけど、作品が出来上がったので来た」と話してました。突然に、熱狂的な社員の人(かな?)が入ってきて、泉谷しげるを独占状態に。なので、そっと帰ってきました(笑)
posted by kaze at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

第33回東京五美術大学連合卒業・修了制作展

国立新美術館へ行って来ました。東京造形大学、日本大学芸術学部、武蔵野美術大学、多摩美術大学、女子美術大学の卒業、修了生たちの作品の展示がされています。2月28日まで

日本画、油絵、版画、彫刻とさまざまな分野の作品が並んでいました。野外展示場に彫刻もありましたよ

第61回東洋美術学校卒業制作展も開催されています。こちらも面白い作品が並んでます!
posted by kaze at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

家と鳥と…

渋谷にある Gallery it's で、「家と鳥と…」という展示を観てきました。ちょっと場所に迷ったけど、何とか行けました(笑)アパートの1室みたいなかわいらしいギャラリーでしたよ

同じテーマなんだけど、ガラス、陶、イラスト、フェルト、ワイヤーなど、素材や創る人によってかなり印象が違うんですね。刺激をもらってかえって来ました

「家と鳥と…」の展示はもう終わってしまったけど、また新しい展示があるようです
posted by kaze at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

皇室の名宝 日本美の華

少し前に、上野の東京国立博物館の「皇室の名宝 日本美の華」へ行ってきました。1期に感動したので、2期の展示も見てきたんです。「60分待ち」の表示にもひるまず並びました。実際は、40分くらいでしたよ

まず「聖徳太子像」を見ました。なじみのある絵で親しみを感じます。でも実際に見ると、迫力がありましたね。その左側にあった巻物は、聖徳太子筆と書かれていました。ちょっとかわいらしい字(笑)

「蒙古襲来絵詞」は教科書で見たことがありました。でもすごい人で、なかなか見ることが出来ません。我慢して、人の固まりの後ろへついて、なんとか進みチラ見した程度。かえってパワーを吸い取られた感じがします(笑)

1期では、伊藤若冲の動植綵絵三十幅の紅葉が印象的でしたが、2期は紅葉の絵はなかったような気がします。混んでいて、見逃したかもしれません。もう少しすいているときに、じっくりと見たかったです
posted by kaze at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

皇室の名宝 日本美の華

久しぶりに、上野の東京国立博物館へ行ってみました。「皇室の名宝 日本美の華 1期 永徳、若冲から大観、松園まで」です。行ってみて大正解でした!やはり実物を見ると、素人ながら、感じるものがありますね。それにしても人が多くてビックリ!みんな元気ですね(笑)

上野駅前でチケットを買おうと思っていたら割引ほとんどなしだったので、博物館で購入して中へ入ります。でも皇室の名宝の展示がある平成館は”20分待ち”の表示があり、”秋の庭園開放”で本館の北側にある庭園を見ました。紅葉はまだだったけど良い雰囲気でしたよ

東洋館は耐震工事のため閉鎖されてます。静かな空間が好きなので再会して欲しいです。まず本館へ寄ってみました。ボランティアの人による30分間のハイライトツアーをやっていたので、参加してみました。こんなのあったんですね。愛染明王坐像、一休和尚像、扇面散屏風、など6点を解説してくれます。表慶館はさらっとながめ、法隆寺宝物館は今回はスルーしました  
続きを読む
posted by kaze at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

辻井伸行さん

全盲のピアニスト辻井伸行さんが、米国の第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクールで見事に優勝を果たしたんですね。驚きました!おめでとうございます

どうやって旋律を覚えたんだろうと思いました。点字の楽譜を読むのは時間がかかるので、先生に弾いてもらったものを録音してもらい何回も聞いて覚えているんだそうです。ただただ感動してしまいました


posted by kaze at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

OZONE クラフトマーケット2009

クラフトマーケットに行ってみました。新宿パークタワー内にある、リビングセンターOZONEで開催されています。5/10(日)まで。入場無料。期間が4期に別れていて、展示が入れ替わるみたいです

個性的な展示で目を楽しませてくれますよ。手作り感がいいですね。材質が木材、陶磁器、布、ガラス、金属、革などで作る雑貨や家具が展示されていました。300組ものクリエイターが集っているそうです

オークション形式で作品を販売するコーナーもありました。気に入った作品を申し込み用紙に記入して、落札するようです。今年から始めたのかな?
posted by kaze at 06:00| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

ムサビコム


「トラバー」のお題「いまイチ押しのブログ」は、ムサビコムですね。武蔵野美術大学(ムサビ)の学生及びスタッフによる、ブログなどでリアルな美大を紹介するサイトです。美大に興味がありながら、美大に進めなかったので、雰囲気が味わえるだけでうれしいです
posted by kaze at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

卒業制作展2009 創形美術学校

青山スパイラルで、卒業制作展を見て来ました。今回は、創形美術学校卒業・修了制作選抜展です。ファインアート科による絵画、版画作品。ビジュアルデザイン科によるグラフィック、イラストレーション、立体、映像作品が展示されていましたよ。16日まで

スパイラルマーケットでは、髪飾り展が開催されています。花びら風の作品が、かわいらしいです。15日までです

卒業式の帰りなのか、着物を着た人たちを、あちこちで見かけました。桜はまだですが、花粉症が全開です(笑)
posted by kaze at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

卒業制作展2009 拓殖大学工業デザイン 東京デザイン専門学校

青山のスパイラルガーデンの卒業制作展を観て来ました。今回は、拓殖大学工学部工業デザイン学科の卒業・修了展です。すぐに製品化できそうな感じの作品があり、実用的な印象を受けました。拓大の卒制を見たのは初めてです。3月10日まで開催です

それから去年初めて行って面白かった、東京デザイン専門学校の卒制展にも行ってみました。天皇陛下のお召し列車専用の原宿駅の前にあります。10コースもあって、どの作品も飽きさせません。若々しいエネルギーを感じます。まさに原石探しですね。アニメーション科からマンガ科、クラフト・アクセサリー科と多岐にわたってます。ちょっと離れた2号館では、グラフィックデザインやイラストレーション関係の作品があふれていました。3月8日まででした
posted by kaze at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

第32回東京五美術大学連合卒業・修了制作展

国立新美術館へ行って来ました。女子美術大学、東京造形大学、日本大学芸術学部、武蔵野美術大学、多摩美術大学の卒業、修了生たちの作品の展示がされています。3月1日まで

日本画、油絵、版画、彫刻とさまざまな分野の作品が並んでいました。刺激が強すぎでめまいを起してしまいました(笑)野外展示場にある彫刻も見逃しちゃいけません!

第60回東洋美術学校卒業制作展も開催されています。こちらはかわいらしい作品が並んでいましたよ
posted by kaze at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業制作展2009 東京芸術大学 東京都美術館

上野の東京芸術大学と東京都美術館へ行ってみました。卒業・修了作品展です。26日12時まで。個性的な作品ばかりでしたよ。刺激を受けすぎて、ちょっとグッタリしています(笑)歩き疲れもあります

東京藝術大学卒業・修了作品展は、まず作品数の多さに圧倒されました。特に印象的だったのは、大学美術館の工芸科の作品です。彫金、漆芸、陶芸などの作品がありました。絵画棟の8Fからの景色も1つの楽しみです(笑)何年か前に行ったときは、発表に力を入れていたようで、展示はからっぽでしたが、今年は力作を魅せてくれていました。彫刻棟にたどりつくころには足が棒になってます(笑)でも足を伸ばして、よかったと思いました!

東京都美術館では、武蔵野美術大学80周年記念 大学院修了展が開催されていて、油彩画、彫塑立体の展示がありました。また、専門学校美術展の作品は、カラフルなかわいらしい作品で、別な刺激を受けましたよ
posted by kaze at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

卒業制作展2009 東京造形大学&ガラスのうつわ展

青山のスパイラルガーデンの卒業制作展を観て来ました。東京造形大学テキスタイルデザイン専攻卒業制作展「TEXTION」です。いろんな模様の染物や刺繍が目を楽しませてくれましたよ。花粉症の季節なので、カラフルなマスクをしていた学生さんがいました。さすが美大生。白いマスクは確かに味気ないです

スパイラルマーケットでは、さじ みさ ガラスのうつわ展が開催されていました。3月1日まで。春を感じさせる器ということで、モザイクガラスのプレート、ハシオキ、ランプシェードなどが展示されていました。しずくマグネットがかわいらしかったです
posted by kaze at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

卒業制作展2009 武蔵野美術大学& norio 展

青山のスパイラルガーデンの卒業制作展を観て来ました。武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科クラフト専攻卒業制作展です。2月4日までです。金工・木工・ガラス・陶磁などの展示がされています。どれも個性的ですが、木工の作品が特に印象に残りましたよ

スパイラルマーケットでは、はんこ作家 norio 展が開催されていました。ひとつひとつ手作業で仕上げたオリジナルのはんこの展示と、実際の制作&販売されています。2月14日まで。かわいらしいデザインと色合いがきれいです
posted by kaze at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

トーキョーワンダーサイト本郷

トーキョーワンダーサイト本郷へ初めて行ってみました。水道橋の駅から急な坂を上がっていったので息が切れました(笑)

こじんまりした感じですが、1Fから3Fまですべて展示室です。「Haptic−触覚|ヴィック・ムーニズキュレーションによるブラジル・日本アーティスト|展」なる展示会をやっていました。2009.01.12までです。ちょっとした刺激を受けてきました

帰りに御茶ノ水の方へ回り、湯島聖堂を通ったら少しかゆくなりました。「漆(うるし)塗りたて」の注意書きが(笑)黒く塗られた大成殿は、日常から離れた雰囲気で、心を落ち着かせます
posted by kaze at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

源氏物語 黄金絵巻の謎


テレビ「源氏物語 黄金絵巻の謎」を観ました。源氏物語絵巻の存在は知っていましたが、黄金の源氏絵が近年、世界各地で発見されたんだそうです。その謎に迫っていました

2008年は、「源氏物語」が世に出て千年です。最近知ったんですが(笑)フランスのセリエ社では、源氏絵巻を集めていて、その中に20枚の源氏物語の黄金絵巻が発見されます。他の絵が、雅な感じなのに対して、その黄金絵巻は葬式の構図や藤壺の出家の場面など、暗い感じの場面が描かれていました

番組では、意外な推理をして謎に迫っていきます。ホリヒロシの人形が、雰囲気がありましたね


続きを読む
posted by kaze at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

男鹿和雄「ウミガメと少年」展


新宿紀伊国屋画廊を、のぞいて見たら男鹿和雄「ウミガメと少年」展を行っていました。22日(日)までです

ウミガメと少年 野坂昭如 戦争童話集 沖縄篇」(作:野坂昭如 絵:男鹿和雄)の刊行を記念し、男鹿和雄が描いた作品も展示されています。沖縄の透き通るような絵が印象的で、見ているだけでほっとでき、ちょっと得した気分!

「ウミガメと少年」を中心に、広島や長崎を描いた「第二楽章」「第二楽章 長崎から」やジブリ作品の「となりのトトロ」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」の絵も見ることができます。そんなに多くありませんが。作業机の再現の展示が面白かったです

セブンアンドワイ
posted by kaze at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

OZONE クラフトマーケット2008

新宿パークタワー内にある、リビングセンターOZONEで開催されていました。5/6まで

木、陶磁器、布、ガラス、金属、革などで作る雑貨や家具が展示されていました。200人ものクリエイターが集っているのがすごいです。小さなスペースに1人1人の作品が並んでいて、市場か学園祭のようで、楽しいです

綺麗なガラスのうつわ、木製の時計、渋い色合いの陶器、独特な形のカバン、食べられそうなロウソク細工、動物を模した作品などなど、個性的な作品がたくさんありました。クラフトマーケットのHPでも、作品の雰囲気を味わうことができますよ
posted by kaze at 09:59| 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

卒業制作展2008

青山スパイラルで、創形美術学校卒業制作展を見て来ました。少しかわいらしいイラスト調の絵が、印象に残りました。映像作品もありましたよ

これで今年の卒業制作展は見納めです。たぶん。いろんな作品に今年も出会えましたよ

原宿あたりは、春休みなので、すごい混雑してました。卒業式の帰りなのか、着物を着た人たちを、あちこちで見かけます。この時期にしか見られない大正風(?)の着物が、綺麗ですね。桜も咲き始めていました
posted by kaze at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

岡本太郎「明日の神話」渋谷に


岡本太郎「明日の神話」の行き先が決りましたね。JR渋谷駅と渋谷マークシティを結ぶ通路の壁面だそうです。最近、渋谷に行ってないんですが、何となく想像できます(笑)
多くの人が観覧できる場所ですね。

汐留で展示されているときに見に行って、迫力がありました。巨大な壁画が、どうなるのか気になっていたんです。

岡本敏子さんがTV「ニュースステーション」で、メキシコで岡本太郎の壁画が見つかったのよ、とキラキラした表情をしていたのを思い出します。日本へ持って帰るためにのプロジェクトを立ち上げましょう、とも言ってました。(たぶん。記憶があやしいですが(笑))

その後「ほぼ日」「たけしの誰でもピカソ」などで、プロジェクトの動きを知りました。修復の様子は、吉村絵美留「岡本太郎「明日の神話」修復960日間の記録」や「明日の神話 岡本太郎の魂」を読んでみました。修復前の写真があって、いかに壁画が傷ついていたか見ることが出来ます。それを岡本太郎の痕跡を消さずに、修復させる苦労が伝わってきましたよ。

渋谷に落ち着いたら、また圧倒されに見に行きます。
posted by kaze at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

卒業制作展2008

多摩美術大学卒業制作展に行ってみました。工芸学科はスパイラルで、前半と後半と期間を分けて開催されていました。個性的な作品ばかりでした。なぞの人の頭の作品がインパクトがありました。反則じゃないでしょうか(笑)

生産デザイン学科は原宿クエストホールで開催されていました。こちらは製品化を意識した作品が多くて、毛色が違うなと感じましたね。スポイトで水を垂らすと、水滴が謎の動きをする作品が面白かったです。学生さんたちが背広を着ていたので、少し緊張します

天皇陛下の原宿駅の横を通り過ぎると、東京デザイン専門学校の卒業制作展が開催されていました。こちらも個性的な作品があって刺激を受けましたよ。絵画、CG、WEB、装飾、マンガなどなど、実に幅広いです。建築関係の作品は、大学生の作品に見劣りしませんでした。というか正直違いがわかりません(笑)偶然に開催されていて、入ってみたのですが、思わぬ感動を味わうことが出来ましたよ
posted by kaze at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

卒業制作展

多摩美術大学の卒業制作展に行ってみました。

工芸学科はスパイラルで、情報デザイン学科は原宿クエストホールで開催されていました。

工芸学科の作品は、力作ぞろいで、個性的な作品がそろっていました。やっぱり間近で見ると違いますね。

情報デザイン学科の作品は、グラフィック、プロダクト、Web、サービス、アプリケーション、映像、本、ゲーム、インスタレーションと多岐にわたっています。実際に手で操作して、作品を動かすことが出来る作品は面白いですね。
posted by kaze at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。