カテゴリー:スポーツ

2014年02月21日

浅田真央 6位


ソチオリンピック、フィギュアスケート女子シングル、浅田真央選手が6位、鈴木明子選手が8位、村上佳菜子選手は12位という結果です。本当にお疲れ様でした

浅田選手はSPで16位と大きく出遅れます。一体どうしたんでしょう?本当に衝撃が走りましたよね。しかしフリーでは、最初の3アクセルを決めると、残りのジャンプも完璧に飛びます。ステップやスピンも魅惑的できれいでした。そして142.71点の自己ベストを出します。合計198.22で10人抜きの6位にジャンプアップ!SPでもう少し順位が上なら、メダルも取れたのに、と思ってしまいました

浅田真央選手の演技後の涙は、感動的でしたね。ソチオリンピックで引退と言っていた浅田選手でしたが、3月に埼玉で開かれる世界選手権への出場の話もあるとか、ないとか。まだ23才と若いので、もっと活躍して欲しいですね

「羽生結弦 金メダル」
「浅田真央 2連覇 グランプリファイナル2013」
posted by kaze at 21:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小野塚彩那 銅メダル

ソチオリンピック、スキーフリースタイル女子ハーフパイプで、小野塚彩那選手が銅メダルを獲得しました。おめでとうございます!

フリースタイル女子ハーフパイプは、ソチオリンピックからの新種目です。決勝に勝ち進んだ小野塚選手は、1回目に79.00を出すと、2回目には83.20を出しました。高さのあるジャンプはみごとです。竹内智香選手につづいてのメダル、やりましたね!

「竹内智香 銀メダル」
「浅田真央 6位」

posted by kaze at 12:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

竹内智香 銀メダル

ソチオリンピック、スノーボード女子パラレル大回転、竹内智香選手が、銀メダルを獲得しました。おめでとうございます!

竹内選手は、予選をトップで通過すると、決勝トーナメントも順調に勝ち進みました。決勝の相手はパトリツィア・クンマー(スイス)です。1本目、竹内選手は0秒30差で勝利します。2本目、中盤まではほぼ同時でしたが、終盤で転倒してしまいました。あともう少しだったので残念ですね

4度目のオリンピックで、竹内選手はみごと銀メダルを取りました。この種目では日本人初のメダルで、ソチオリンピックでは女子で初のメダルです。この勢いで、フィギュア女子も頑張って欲しいですね

「ジャンプ団体 銅メダル」
「羽生結弦 金メダル」
posted by kaze at 00:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

ジャンプ団体 銅メダル

ソチオリンピック、スキージャンプ男子団体、葛西紀明選手、清水礼留飛選手、竹内択選手、伊東大貴選手が、銅メダルを獲得しました。おめでとうございます!

1回目、清水礼留飛選手は132.5mのK点超えのジャンプで、127.8点です。竹内択選手は127mのジャンプで117.9点。伊東大貴選手は130.5mのK点超えのジャンプで、テレマークも決まり、130.3点でした。葛西紀明選手は134.0mの大ジャンプを飛び、131.5点。4人合計で507.5点で3位につけます

2回目、清水選手は131.5mを飛び、132.6点です。内選手は130mのジャンプで120.5点。伊東選手は132mのジャンプで、127点でした。葛西選手は134mのジャンプで137.3点、合計1024.9点とし、最終的に3位で銅メダルを獲得します。長野オリンピックの金メダル以来の16年ぶりのメダル、本当におめでとうございます!


カーリング女子は、日本4−8スウェーデンと破れ、対戦成績4勝5敗となって、1次リーグ敗退で5位となりました。リード・苫米地美智子選手、セカンド・吉田知那美選手、サード・船山弓枝選手、スキップ・小笠原歩選手が奮闘してましたね

「葛西紀明 銀メダル レジェンド!」
「葛西紀明 最年長優勝記録更新」
posted by kaze at 10:10| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

葛西紀明 銀メダル レジェンド!

ソチオリンピック、スキージャンプ男子ラージヒル、葛西紀明選手が、銀メダルを獲得しました。おめでとうございます!葛西選手は7回目のオリンピック出場で、個人では初メダルです。41才のメダルは、冬季オリンピックの日本選手では最年長!まさにレジェンドですね

葛西選手は、1回目に139mを飛んで140.6点で2位になります。2回目は133.5mを飛んで、合計277.4点を出し、暫定1位でメダルを確定させました。しかし次の飛んだカミル・ストッホ(ポーランド)が278.7点を出し、葛西選手は銀メダルです。伊東大貴選手が9位、清水礼留飛選手は10位、竹内択選手が13位と、日本選手は上位に食い込んできましたね

日本勢の個人メダルは、1998年長野オリンピックで、船木和喜選手がラージヒルで金メダルを取っています。葛西選手は1994年のリレハンメルオリンピックで、団体で銀メダルを取っているんですね。インタビューの葛西選手は笑顔で、4年後の金メダルをめざす勢いでした。まさにレジェンドです!

「葛西紀明 最年長優勝記録更新」
posted by kaze at 09:42| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

羽生結弦 金メダル

ソチオリンピック、フィギュアスケート男子シングル、羽生結弦選手が金メダルを獲得しましたね。この種目では日本人初のメダルです。おめでとうございます!

羽生選手はSPで101.45点の世界最高得点で、フリーにのぞみました。最初の4サルコウは転倒しますが、4トゥーループはみごとです。しかし3フリップは手をついてしまいました。ステップシークエンスやスピンで除々に調子を上げると、後半のジャンプも決めていきました。心配されたスタミナを、気迫でカバーします。本当に感動的でしたね。フリーで178.64点(技術点89.66点、演技構成点90.98点、減点2点)合計280.09点、金メダルを取りました。本当に感動的でしたね

町田樹選手は253.42点で5位、高橋大輔選手は250.67点で6位、パトリック・チャン(カナダ)が銀メダル、デニス・テン(カザフスタン)は銅メダルとなります。羽生結弦選手、歴史的な快挙を打ち立てました!本当におめでとうございます!

「羽生結弦 2連覇 全日本2013 ソチ五輪代表決定」
posted by kaze at 10:52| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

渡部暁斗 銀メダル

ソチオリンピック、ノディック複合個人ノーマルヒル、渡部暁斗選手が銀メダルを獲得しました。おめでとうございます!

渡部選手は前半のジャンプで、100.5mの大ジャンプで、130.0で2位につけます。後半のクロスカントリー、渡部選手はトップのエリック・フレンツェル(ドイツ)から6秒差でスタートしました

渡部選手はすぐフレンツェルに追い付くと、2人で先頭集団を形成、一時はトップに立ちます。3位集団は10秒以上の差です。最後はフレンツェルに振り切られましたが、渡部はみごと2位でゴールします。やりましたね!

ノディック複合個人でのメダルは、1994年のリレハンメル大会の団体の金(阿部雅司選手、荻原健司選手、河野孝典選手)、個人の河野孝典選手の銀以来、5大会・20年ぶりのことだそうです。また渡部善斗選手が15位、永井秀昭選手が22位、加藤大平選手が31位でした


スノーボード女子ハーフパイプ、岡田良菜選手は5位入賞を果たします。おめでとうございます!1回目は尻もちをついて47.75点で11位に終わりました。しかし2回目には85.50点を出します

カーリング女子は8−4で地元ロシアを破り、通算成績を2勝1敗としました。セカンドの小野寺佳歩選手はインフルエンザで欠場しまいます。しかし、リード・苫米地美智子選手、セカンド・吉田知那美選手、サード・船山弓枝選手、スキップ・小笠原歩選手で勝ちをもぎ取りましたね


posted by kaze at 09:13| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

平野歩夢 銀メダル 平岡卓 銅メダル

ソチオリンピック、スノーボード男子ハーフパイプ、平野歩夢選手が銀メダル、平岡卓選手が銅メダルを獲得しましたね。おめでとうございます。日本はなかなかメダルが取れなくて、正直やきもきしてました。初メダルをありがとうございます!

平野選手と平岡選手は決勝に進み、子出藤歩夢選手が32位、青野令選手が37位に終わりました。平野選手は1回目に90.75、2回目に93.50で銀メダルです。高さのある技が連続で飛び、大歓声が起きてました。平岡選手の1回目は着地のミスもあって45.50でしたが、2回目は92.25で、銅メダルを取りました。金メダルはユーリ・ポドラドチコフ(スイス)となります

平野歩夢選手は15才で、日本選手のメダル獲得の最年少記録を大幅更新です。それまでの記録は、長野オリンピックのショートトラック男子500mで、西谷岳文選手が19才で金メダルを獲得していました。また、日本がスノーボードでメダルを獲得したのは今回が初めてです。本当におめでとうございます


女子ノーマルヒル、高梨沙羅選手は4位入賞を果たしました。高梨選手は1本目100mのジャンプで3位としますが、2本目は98.5m、245.2。惜しかったですね。伊藤有希選手は7位、山田優梨菜選手は30位でした

スピードスケート女子500m、小平奈緒選手は5位入賞です。1回目は37秒88、2回目が37秒72、合計タイム1分15秒61で、メダルまで0秒13差でしたね。辻麻希選手は9位、住吉都選手は14位でした

posted by kaze at 06:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

加藤条治5位 長島圭一郎6位

ソチオリンピック、男子500m、加藤条治選手が5位、長島圭一郎選手が6位、及川佑選手は15位、上條有司選手は20位となりました。メダルの期待があっただけに残念でしたね

加藤選手は、1回目34秒96、2回目34秒77、合計タイムで5位、メダルまであと0秒28の差でした。長島選手は、1回目34秒79、2回目は35秒25です。強かったのはオランダ勢で、1位がミヘル・ムルダー、2位がヤン・ スメーケンス、3位がロナルド・ムルダーと金銀銅を独占しました


posted by kaze at 10:19| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

上村愛子 4位

ソチオリンピック、フリースタイルスキー女子モーグル決勝、上村愛子選手は、4位に終わりました。一段一段順位を上げていった上村選手、5度目のオリンピックではメダルを取って欲しかったです。明らかにアメリカの選手より、きれいな滑りだったと思うので、本当に残念でなりません

上村選手は、1回目は20.43点の9位、2回目は21.15点の6位で、3回目に進みます。最初の滑走だった上村選手は、3回目で20.66点となりました。インタビューで上村選手は「清々しいです。メダルはないんですけど」とちょっと残念そう!

金メダルはジャスティン・デュフォー ラポイント(カナダ)、銀メダルはクロエ・デュフォー ラポイント(カナダ)、銅メダルはハナ・カーニー(アメリカ)でした。う〜ん、上村選手にメダルをあげたいですね

posted by kaze at 11:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

ソチオリンピック開幕

いよいよソチオリンピックが開幕しましたね。冬の大会では史上最多の87の国と地域の参加となったそうです。入場行進は、ギリシャが先頭で、ロシア語のアルファベット順で行われました

日本は最後から2番目に登場!旗手はカーリング女子の小笠原歩選手です。主将の葛西紀明選手など、日本選手は笑顔でしたね。聖火リレーには、テニスのマリア・シャラポワ選手、棒高跳のエレーナ・イシンバエワ選手の姿が見えました

フィギュアスケート団体の男子ショートプログラムで、羽生結弦選手が97.98点でトップに立ちます。本番に実力を発揮して、素晴らしいです。ペアの高橋成美選手と木原龍一選手は8位で、フィギュア団体は4位と好スタート!女子ショートプログラムでは、浅田真央選手が滑ることになり、期待できそうですね


posted by kaze at 18:23| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

第32回全国都道府県対抗女子駅伝 京都 優勝

京都のアンカーの黒田真央が、笑顔で両手を広げゴールテープを切り、3年ぶり15回目の優勝を果たしました。タイムは2時間15分32秒です。おめでとうございます。2位の西原加純(群馬)は優勝まであと7秒でしたね。3位 重友梨佐(岡山)4位 荘司麻衣(愛知)5位 青山瑠衣(神奈川)となりました

第1区は、6.0kmです。西京極陸上競技場を47チームがスタートします。1km3分18秒とゆったりしたペースです。中間点は9分39秒。4km過ぎ、集団が縦長になってきました。残り1km、前田彩里(熊本)がスパートしますが、先頭の10人がついていきます。1位は早めに襷を取って、ラストスパートした大森菜月(大阪)。区間賞の大森選手は大阪弁で喜びを語ってましたね。2位 菅野七虹(京都)3位 鈴木亜由子(愛知)4位 前田彩里(熊本)5位 山崎里菜(神奈川)でした

第2区は、4.0kmです。1km、鷲見(愛知)が高松望ムセンビ(大阪)を抜いてトップに立って、独走状態になります。1位 鷲見梓沙(愛知)2位 翁田あかり(岡山)3位 小林由佳(群馬)4位 中村萌乃(長野)5位 三郷実沙希(静岡)6位 岩出玲亜(三重)でした

第3区は、中学生区間の3kmです。1.5km、トップの西川(愛知)を、樺沢和佳奈(群馬)が抜いて1位になります。2位 和田有菜(長野)3位の高松智美ムセンビ(大阪)は小さな身体で大きなストライド!バネがありますね。4位 西川みゆう(京都)5位 各務ひかり(岡山)6位 西川優衣(愛知)となります


続きを読む
posted by kaze at 15:02| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

葛西紀明 最年長優勝記録更新

ノルディックスキーワールドカップジャンプ個人第13戦がオーストリアで行われ、葛西紀明選手(土屋ホーム)が優勝しました。41才7ヶ月の葛西選手は、岡部孝信選手の38才4カ月の最年長記録を更新です。また船木和喜選手と並んでいた日本人のジャンプワールド通算勝利数も、16勝として単独最多としました

葛西選手は1回目、196mでトップに立つと、2回目も197mを飛び、合計391.6点で優勝しました。2004年2月のパークシティ大会以来10シーズンぶりの優勝だそうです。インタビューで「ベリーベリーベリーハッピー」と笑顔でしたね。おめでとうございます

「葛西紀明8位入賞 伊東大貴20位」

posted by kaze at 09:47| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高梨沙羅 通算14勝

スキージャンプ女子ワールドカップ第6戦が札幌市宮の森ジャンプ場で行われ、高梨沙羅選手(クラレ)が優勝しました。今季5勝目、通算14勝目で、サラ・ヘンドリクソン(アメリカ)を抜いて、最多記録更新です。おめでとうございます

高梨選手は1回目、99mを飛んでトップに立ちました。2回目は、雪が強くなって、スタート位置のゲートを前にずらして飛び、94m50となり、合計254.5で優勝です。ソチオリンピックでも期待できますね。2位 フォクト(ドイツ)240.7、3位 アバクモワ(ロシア)224.1、4位 伊藤有希選手(土屋ホーム)219.6となります

「高梨沙羅 総合優勝」
「高梨沙羅 竹内択 伊東大貴 伊藤有希 初代王者」
posted by kaze at 09:29| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

第90回東京箱根間往復大学駅伝競走 東洋大学 総合優勝


東洋大学が総合優勝を飾りました。アンカーの大津顕杜が両手でガッツポーズを作ってゴールテープを切り、2年ぶり4回目の総合優勝です。タイムは10時間52分51秒、歴代2位の記録でした。おめでとうございます。2位は駒沢大学で、10時間57分25秒で、歴代3位の記録です。レベルの高い戦いでしたね

第6区は、箱根・芦ノ湖〜小田原の20.8kmです。日下佳祐(東洋大)が8時00分にスタートします。59秒後に西澤佳洋(駒沢大)がスパートしますが、滑ったのかこけてしまいました。これで緊張が取れるといいですね。三浦雅裕(早稲田)、鈴木悠介(日体大)と、時間差で次々大学が走りだします。8時9分59秒に日向野聖隆(日本大)がスタートし、8時10分に田子祐輝(法政大学)ら13校が繰り上げ一斉スタートします。山梨学院大学大学は往路で途中棄権したため、オープン参加です。ゲストに榎木和貴 (中央大学OB)千葉健太 (駒澤大学OB)が加わってましたね

1km、日下佳祐(東洋大)は2分56秒、2位の西澤佳洋(駒沢大)は3分です。3km9分30秒。選手たちの息は白いですが、快調は走りです。7位スタートの廣P大貴(明治大)が、区間新記録をうかがう素晴らしい走りで、5位に浮上します

小田原中継所、1位 日下佳祐(東洋大)1分17秒差の2位が西澤佳洋(駒沢大)3位 三浦雅裕(早稲田)4位 鈴木悠介(日体大)5位の廣P大貴(明治大)が区間賞です。廣Pは、4年連続6区で、区間新記録まであと5秒でしたね。6位 村井駿(青山学院)7位 大島千幸(拓殖大)8位 菊地聡之(城西大)9位 福村拳太(東海大)10位 田子祐輝(法政大学)11位 日向野聖隆(日本大)となります


第7区は、小田原〜平塚の21.3km。1km2分51秒、トップの服部弾馬(東洋大)は落ち着いた走りです。2区を走った服部勇馬の弟なんですね。7kmで、服部弾馬は酒井俊幸監督からペットボトルを受け取りますが、きちんと手渡しで返します(笑)瀬古利彦監督も絶賛の走りです

11.8km二宮、トップの服部(東洋大)と2位の西山(駒沢大)は1分24秒に広がります。7位に上がった蛯名聡勝(帝京大)は上原将平(東海大)櫻井一樹(拓殖大)廣川倖暉(国学院)とともに集団を形成しました

平塚中継所、1位 服部弾馬(東洋大)、笑顔で襷を渡します。1分54秒差の2位が西山雄介(駒沢大)トップから5分59秒差の3位が柳利幸(早稲田)です。4位 山本航平(日体大)5位 松井智靖(明治大)6位 小椋裕介(青山学院)7位の蛯名聡勝(帝京大)は16位から襷を受けて、9人抜きしました。8位 上原将平(東海大)9位 廣川倖暉(国学院)10位 櫻井一樹(拓殖大)11位 岩渕慎矢(東京農業大)12位 徳永照(中央大)となります


続きを読む
posted by kaze at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

第90回東京箱根間往復大学駅伝競走 東洋大学 往路優勝


東洋大学が2年ぶり5回目の往路優勝を果たします。タイムは5時間27分13秒です。5区のアンカー・東洋大学の設楽啓太が両手でガッツポーズでゴールテープを切りました。おめでとうございます。2位は59秒差で駒澤大学の馬場翔大、3位は早稲田大学の橋広夢、4位は日本体育大学の服部翔大となりました

第1区は、大手町〜鶴見の21.4kmです。午前8時、大手町から選手たちが走りだします。箱根駅伝は90回の記念大会で23チームがスタートしました。ゲストは瀬古利彦、碓井哲雄、武井隆次(早稲田大学OB)出岐雄大(青山学院大学OB)大塚 正美 (日本体育大学OB)です。1km2分49秒、3km8分33秒、大迫傑(早稲田大)がトップに立って、ハイペースで飛ばし、集団が早くも縦長になってきます。小泉和也(神奈川大)浪岡健吾(国士舘大)らが遅れ、徐々に先頭集団が崩れてきました。

10km28分36秒、一色恭志(青山学院)がスッと前に出ます。しかしすぐ大迫らがついて、先頭集団は11名です。15km43分21秒、山中秀仁(日本体育大)が前に出ます。大迫はちょっと表情をかえますがしっかりついてきました。蒲田で先頭集団は7人です。18km、田口雅也(東洋大)がスパートし、中村匠吾(駒澤大学)山中(日体大)はついていきましたが、文元慧(明治大)そして、大迫(早稲田)が遅れます。19km、田口(東洋大)が遅れて行きました。中村(駒澤大)山中(日体大)がスパートを交互に繰り返しますが、2人とも譲りません。最後は山中(日体大)が競り勝ちます

鶴見中継所、1位は山中秀仁(日体大)10年ぶりの1区区間賞です。12秒差の2位が中村匠吾(駒澤大)3位 田口雅也(東洋大)4位 文元慧(明治大)5位 大迫傑(早稲田)6位 一色恭志(青山学院)7位 白吉凌(東海大)8位 市田宏(大東文化大)9位 松村優樹(順天堂)10位 山岸宏貴(上武大)となります


第2区は、鶴見〜戸塚の23.2kmです。1km2分46秒、3km9分54秒、トップが本田匠(日体大)でしたが、村山謙太(駒澤大)が4kmで追いつきました。5km14分16秒。16位で襷を受けたダンカン・モゼ(拓殖大)17位で襷を受けたエノック・オムワンバ(山梨学院大学)がゴボウ抜きを開始!岡本雄大(中央学院)佐野拓馬(法政大)森谷修平(日本大)相場祐人(中央大)らを一気に追い抜いて行きました。6km、村山が本田の前に出て、独走を始めます

8.3km横浜駅前、トップは村山(駒澤大)で、27秒差の2位で本田(日体大)が追います。快走を続けていたオムワンバでしたが、動きがおかしくなって、9.6km、右足を押さえて、座り込んでしまいました。いったん立ち上がって、走り出そうとしますが、また座り込んでしまいます。上田監督と話した運営委員が赤旗を上げて、途中棄権となりました。疲労骨折していたそうで、ビックリしましたね

12km、服部勇馬(東洋大)が本田(日体大)を抜いて2位に上がります。大六野秀畝(明治大)高田康暉(早稲田)も追いついて、4人で2位集団を形成しました!15.1km権太坂、トップの村山(駒澤大)がふとももを何回もたたきます。1km3分21秒のペースです。トップから50秒差の2位集団は、大六野(明治大)服部(東洋大)高田(早稲田)の3人です

戸塚中継所、1位 村山謙太(駒澤大)27秒差の2位が服部勇馬(東洋大)その2秒差の3位が高田康暉(早稲田)が区間賞でした!4位 大六野秀畝(明治大)5位 神野大地(青山学院)は42kgだそうです。6位 本田匠(日体大)7位 ダンカン・モゼ(拓殖大)は17位から10人抜きでした。8位 市田孝(大東大)9位 倉田翔平(上武大)10位 森谷修平(日本大)となりました。そして神奈川大と専修大は襷をつなぎましたが、トップ通過から10分が経って、国士舘大と山梨学院大学が繰り上げスタートの白襷になってしまいましたね

続きを読む
posted by kaze at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

第58回全日本実業団駅伝 ニューイヤー駅伝2014 コニカミノルタ 2連覇

コニカミノルタのアンカー・菊地賢人選手がゴールテープを切って、コニカミノルタが2連覇を達成し、8回目の優勝を飾りました。タイムは4時間53分35秒です。2位はトヨタ自動車九州、3位は日清食品グループでした。おめでとうございます

第1区は12.3kmです。9時10分、37チームが群馬県庁をスタートします。大西智也(旭化成)がスパートし、井上裕彬(トーエネック)木滑良(三菱重工長崎)がついていきました。1km2分50秒。3km8分40秒、先頭の3人からと集団の差は、20秒に広がります。5km14分10秒。先頭の3人と集団の差は30秒です。松宮隆行(コニカミノルタ)若松儀裕(日清食品グループ)らは集団にいます

6km、中間点を過ぎて、トップの3人から井上(トーエネック)が遅れました。10km29分03秒。11km、トップは先頭の大西(旭化成)木滑(三菱重工長崎)の2人で、井上(トーエネック)は集団に吸収されます。トップ2人と集団の差は10秒差に縮まりました。1位は大西智也(旭化成)で35分25秒、2位 木滑良(三菱重工長崎)3位 藤本拓(トヨタ自動車)4位 大橋 秀星(JR東日本)5位 若松儀裕(日清食品グループ)となります。松宮隆行(コニカミノルタ)は15位でしたね


第2区は8.3km、外国人選手が唯一走れるインターナショナル区間です。ガラッと雰囲気が変わりますね。1位 エドワール・ワウエル(NTN)で区間賞です。2位 B・レオナルド(日清食品グループ)3位 P・クイラ(コニカミノルタ)4位 W・マレル(Honda)5位 A・アイエレ(マツダ)6位 K・ズク(トヨタ自動車九州)7位のB・カロキ(DeNA)は26人抜きで、ごぼう抜き新記録でした

第3区は13.6kmです。1位は村澤明伸(日清食品グループ)でした。4.0kmで笹沼悠司(NTN)を抜いて、トップに出ると独走しましたね。2位 星創太(富士通)3位 鎧坂哲哉(旭化成)は区間賞です。4位 馬場圭太(Honda)5位 谷川智浩(コニカミノルタ)6位 滑和也(SUBARU)7位 高橋優太(DeNA)となります


続きを読む
posted by kaze at 14:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

スピードスケート ソチ五輪代表

日本スケート連盟は、代表選考会を受けて、ソチオリンピックの日本代表を発表しました。男子は、加藤条治選手、長島圭一郎選手、及川佑選手、上條有司選手、山中大地選手、近藤太郎選手、ウィリアムソン師円選手の7名です

女子は、小平奈緒選手、辻麻希選手、住吉都選手、田畑真紀選手、菊池彩花選手、高木菜那選手、押切美沙紀選手、藤村祥子選手、穂積雅子選手、石澤志穂選手、菊池彩花選手の10名が選ばれました

田畑真紀選手は5回目の出場で、6大会連続出場をめざしていた岡崎朋美選手は落選となります。残念です。また、バンクーバーオリンピックで15才の中学生で初出場した高木美帆選手も選ばれませんでした。高木美帆選手の姉・高木菜那選手が代表となりましたね

「小平奈緒 田畑真紀 穂積雅子 銀メダル」
「高木美帆 史上初の中学生五輪代表!」
posted by kaze at 20:10| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

高橋大輔 浅田真央 ソチ五輪代表

日本スケート連盟が、ソチオリンピックの日本代表選手を発表しました。男子シングルは、全日本選手権優勝の羽生結弦選手(ANA)に加え、町田樹選手(関西大学)そして高橋大輔選手(関西大大学院)が選出されましたね

全日本選手権3位の小塚崇彦選手(トヨタ自動車)でなく、高橋選手が選ばれました。やはり代表枠が3枠しかないのは残念です。もちろん高橋選手が選ばれたのはうれしいですが、小塚選手はかわいそうな感じがします

女子シングルは、全日本選手権優勝の鈴木明子選手(邦和スポーツランド)に加え、浅田真央選手(中京大学)村上佳菜子選手(中京大)が選出されました

アイスダンスは、キャシー・リード、クリス・リード組(木下クラブ)、ペア(団体戦)は、高橋成美選手、木原龍一選手組(木下クラブ)となります

「羽生結弦 2連覇 全日本2013 ソチ五輪代表決定」
「鈴木明子 初優勝 全日本2013 ソチ五輪代表決定」
posted by kaze at 00:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

鈴木明子 初優勝 全日本2013 ソチ五輪代表決定

フィギュアスケート全日本選手権女子、鈴木明子選手(邦和スポーツランド)が優勝を飾り、ソチオリンピック代表を決めました。安定感ある演技でしたね。2位 村上佳菜子選手(中京大)3位 浅田真央選手(中京大)4位 宮原知子選手(関西大学中・高スケート部)5位 今井遥選手(ムサシノFSクラブ)6位 本郷理華選手(愛知みずほ大瑞穂高)7位 安藤美姫選手(新横浜プリンスFSC)となりました

鈴木明子選手はSP2位、曲「オペラ座の怪人」でフリーに挑みます。まず3フリップ−2トゥループ−1ループを決め、スピードを加速し、2アクセル−3トゥループもみごとでした。3ルッツも決めると、華麗な伸びやかなステップシークエンスで魅了します

後半に入って3フリップ、3ループ、3サルコウ−2トゥループを決め、コレオグラフィックシークエンスでは笑顔を見せてました。3サルコウでは小さなガッツポーズ、レイバックスピンで演技を終えると、両手で顔を押さえて、喜びを隠しきれません。さらにガッツポーズし、ジャンプして大喜びです。フリーで144.99点(技術要素72.11点、演技の構成72.88点)合計215.18点で、優勝を決めました

村上佳菜子選手はSP3位で、映画「愛のイエントル」より曲「Papa,Can You Hear Me?」で滑り出します。最初の3トゥループ−3トゥループは高さのあるジャンプでした。3ルッツ、3ループも決めます。ステップシークエンスはしっとりしたメロディーラインに、大人っぽさを出してました

後半に入ると、3フリップ−2トゥループ、3フリップ、2アクセル、そして3サルコウ−2ループ−2ループとジャンプは完璧です。ラストパートは、コレオグラフィックシークエンス、ビールマンスピンと心を込めて、踊ってました。演技を終えると、クシャ顔で大喜び!両手を交互に上げた変なガッツポーズに、観客から笑いも起こります(笑)フリーで135.10点(技術要素69.10点、演技の構成66.00点)合計202.52点で、銀メダル獲得となりましたね


続きを読む
posted by kaze at 23:51| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生結弦 2連覇 全日本2013 ソチ五輪代表決定

フィギュアスケート全日本選手権男子、羽生結弦選手(ANA)が優勝を飾り、ソチオリンピック代表を決めました。後半でもダイナミックな演技を見せ、課題だったスタミナも克服!氷上のプリンスの誕生ですね!2位 町田樹選手(関西大)3位 小塚崇彦選手(トヨタ自動車)4位 織田信成選手(関西大)となります

高橋大輔選手(関西大)5位で「自分の演技が出来なかった」と無念さをにじませていました。ソチオリンピック代表の残り2人は、明日発表です。誰が選ばれるのか、気がかりですね。と言うか、なぜ代表枠が3枠しかないのか、残念でたまりません

羽生結弦選手はSP103.10点という世界最高得点を獲得しました。曲「ロミオとジュリエット」でフリーに挑みます。最初の4トゥループは転倒しますが、次の4トゥループはきれいに決めました。スピードが加速していきましたね。3フリップをきれいに跳びます。ダイナミックなステップで、ビールマンスピンは華麗です

後半に入り、3アクセル−3トゥループ、3アクセル−2トゥループ、3ループ、3ルッツ−1ループ−3サルコウ、3ルッツとジャンプは完璧でした。イナバウアーは美しいです。華麗なステップと魅惑的なコンビネーションスピンへ移り、最後は右手は氷、左手は天、ひざをついて演技終了します。しばらく動けない羽生選手でしたが、立ち上がって「どうだ」という表情を見せてくれました。フリーで194.70点(技術要素101.60点、演技の構成94.10点、減点1点)合計297.80点で金メダルを獲得です


続きを読む
posted by kaze at 01:05| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

第64回全国高校駅伝男子 山梨学院大付属 初優勝

全国高校駅伝男子は、山梨の山梨学院大付属高校の西山令選手が、両手を上げてゴールし、初優勝を飾りました。タイムは2時間3分53秒、歴代6番目の記録です。競技場へ、西山令(山梨学院大付)鬼塚翔太(大牟田)中畑亮人(伊賀白鳳)中島大就(世羅)の4人が入ってきて、最後までどこが優勝するのかわかりませんでした。見応えあるレースでしたね

12時30分スタート、47チーム、329人が師走の都大路を走ります。気温8.0℃、湿度59%、風速1.9m/sで冷たそうです。西京極陸上競技場をスタートし、集団が縦長になって、スムーズに外へ出て行きました

第1区は10.0kmです。五条通に入る手前のカーブで、尼崎 達也(洛南)がポールに引っかかりますが、大丈夫でした。1km2分53秒。横に広がる大集団でしたが、宮平健太郎(コザ)が遅れます。ゆったりしたペースで、ちょっとした接触もありました。中間点は15分10秒、高本(学法石川)がスパートしますが、6.5kmに再び先頭集団に吸収されます。8km、20人ほどの先頭集団は縦長になって、遅れる選手も出てきました。1位 廣末卓(小林)2位 上田健太(山梨学院大付)3位 辻野恭哉(伊賀白鳳)4位 高本真樹(学法石川)5位 花澤賢人(八千代松陰)6位 中村祐紀(大阪桐蔭)7位 藤原滋記(西脇工)8位 大野日暉(豊川工)となります

第2区は3.0kmです。1位 河野誉(小林)2位 小林雄斗(山梨学院大付)3位 廣瀬泰輔(伊賀白鳳)3チームの争いは、河野(小林)が競り勝ちましたね。4位 相澤晃(学法石川)5位 關颯人(佐久長聖)6位 西村陽貴(西脇工)7位 城越勇星(豊川工)8位 佐々木大輔(八千代松陰)でした


続きを読む
posted by kaze at 14:52| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第25回全国高校駅伝女子 豊川 優勝

全国高校駅伝女子は、愛知の豊川高校の鷲見梓沙選手が両手を上げてゴールテープを切り、2年ぶり4度目の優勝を決めました。タイムは1時間6分54秒です。8年ぶりの6分台で、歴代2位の高記録でした。2位は興譲館です。おめでとうございます

今大会は第25回の記念大会で、地区代表の11チームを含む58チーム、290人が師走の都大路を走ります。気温8.5℃、湿度59%、晴れですが、風速1.4m/sで冷たそうです。10時20分、西京極陸上競技場をスタート。バックストレートで、太田琴菜(須磨学園)渡邉恵利佳(土岐商業)平井見季(白石)ら3人が転倒してしまいます。しかし、すぐに立ち上がりました。去年も転倒がありましたね

第1区は6.0kmで、中盤から徐々に登りがきつくなるコースです。1km3分13秒、3km9分44秒、先頭集団は横に広がってますが、徐々に遅れる選手が出てきました。4.4kmで先頭集団は15人にしぼられます。ラストの厳しい上り、先頭集団は10人。最後の300mで 由水沙季(筑紫女学園)がスパートし、2年連続の区間賞を取りました。2位 小口雪音(長野東)3位 関根花観(豊川)4位 森田詩織(荏田)5位太田琴菜(須磨学園)6位 西澤果穂(青森山田)7位 小吉川志乃舞(世羅)となります

第2区は4.1kmです。先頭集団は堀(豊川)森田(荏田)福田(須磨学園)の3人でしたが、残り1kmで森田が遅れます。1位 福田有以(須磨学園)2位 堀優花(豊川)はほぼ同時です。3位 齋藤暁(山梨学院大付)山梨学院大学付について山下佐知子監督は「不気味な存在」と評価してましたね。4位 森田香織(荏田)5位 高松望ムセンビ(大阪薫英女)6位 安藤富貴子(立命館宇治)7位 足立知世(興譲館)となります


続きを読む
posted by kaze at 11:43| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

全日本実業団女子駅伝2013 デンソー 初優勝

第33回全日本実業団女子駅伝、クイーンズ駅伝2013は、デンソーのアンカー・浅場加代選手が笑顔で、右手を上げ仙台市陸上競技場のゴールテープを切り、初優勝を決めました。タイムは2時間16分37秒です。昨年2位だったデンソーはみごとでしたね。おめでとうございます

12時15分、27チームが宮城県松島町からスタートします。沿道の松の上に雪が積もってました。きれいですが、気温2℃、強い風のコンディションで、選手たちは寒そうです

第1区は7.0km、最大高低差35mの激しいコースです。1km3分15秒。2.4kmでアップダウンが始まると、集団が縦長になってきます。3km手前で、青山瑠衣(ユニバーサルエンターテインメント)がバランスを崩し、翁田あかり(天満屋)が転倒、菅華都紀(豊田自動織機)らがよろけます。しかし再び走りだし、大丈夫でしたね

5km、森唯我(ヤマダ電機)が抜けだし独走態勢のまま1位を取りました。22分10秒の区間新記録です。2位 坂井田歩(ダイハツ)3位 翁田あかり(天満屋)4位 石橋麻衣(デンソー)5位 早川英里(TOTO)6位 竹中理沙(資生堂)青山瑠衣(ユニバーサルエンターテインメント)は13位でした

第2区は3.9kmです。2.6km、小泉直子が(デンソー)が須澤麻希(ヤマダ電機)を抜いてトップに立ちます。1位 小泉直子が(デンソー)2位 須澤麻希(ヤマダ電機)3位の尾西美咲(積水化学)は8人抜きです。4位 谷本観月(天満屋)5位 森川千明(スターツ)、後藤奈津子(ユニバーサルエンターテインメント)は6位に上がってきました


続きを読む
posted by kaze at 15:10| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

浅田真央 2連覇 グランプリファイナル2013


福岡マリンメッセで開催されたフィギュアスケートのグランプリファイナルは、浅田真央選手(中京大)が2年連続4度目の優勝を果たしました。おめでとうございます。2位 ユリア・リプニツカヤ(ロシア)3位 アシュリー・ワグナー(アメリカ)4位〜6位はロシアの選手となりました

浅田選手はSP1位。フリーは「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」で演技を始めます。最初の3アクセルは転倒してしまいました。次も3アクセルに挑みますが、両足着氷のようです。3フリップを決め、足替えコンビネーションスピンはきれいでした。途中で動きを一瞬止め、天を見つめ、憂いの表情を魅せます。大人っぽかったです

後半に入ると、2アクセル−3トゥループ、3サルコウ、3フリップ−2ループ−2ループ、3ループとジャンプをみごとに決めてきました。フライングコンビネーションスピンで魅惑すると、力強さと繊細なステップでは、観客から手拍子が巻き起こります。演技を終えた浅田選手は笑顔ながら、ちょっと首をかしげてました

フリーで131.66点(技術点63.87点、演技・構成点68.79点)合計204.02点で、金メダルを決めます。フリーではトリプルアクセルを2回も入れてきて、浅田真央選手のソチオリンピック出場決定は揺るぎない感じでしたよね

「浅田真央 優勝 鈴木明子 3位 GPファイナル2012」
「浅田真央 銀メダル 安藤美姫5位 鈴木明子8位 バンクーバーオリンピック」
posted by kaze at 00:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

羽生結弦 初優勝 織田信成 銅メダル 町田樹4位 グランプリファイナル2013


福岡マリンメッセで開催されたフィギュアスケートのグランプリファイナルは、羽生結弦選手(ANA)が初優勝し、金メダル獲得です。2位がパトリック・チャン(カナダ)織田信成選手(関大大学院)は3位で銅メダルを獲得しました。4位には町田樹選手(関西大学)が入ります。高橋大輔選手(関西大学大学院)が負傷欠場してしまいましたが、日本フィギュア界は層が厚いですね

羽生結弦選手はSP99.84点という世界最高得点を獲得しました。曲「ロミオとジュリエット」でフリーに挑みます。最初の4トゥループは転倒してしまいましたが、気持ち良いくらいダイナミックでした!次の4トゥループはきれいに決め、3フリップも素敵です。ダイナミックなステップ、華麗なビールマンスピンで魅了しました

後半に入り、3アクセル−3トゥループ、3アクセル−2トゥループ、3ループ、3ルッツ−1ループ−3サルコウ、3ルッツとジャンプは完璧です。イナバウアーからコンビネーションスピンへ移り、最後は右手は氷、左手は天、ひざをついて演技終了します。全力を尽くし立ち上がれない羽生選手でしたが、観客のスタンディングオベーションが起こると、立ち上がって両手を広げ「ありがとうございます」と応えてましたね。フリーで193.41点(技術点102.03点、演技・構成点92.38点、減点1点)合計293.25点のパーソナルベストで金メダルを獲得しました


織田信成選手はSP3位で、フリーは曲「ウィリアム・テル序曲」です。冒頭の4トゥループは転倒しますが、4トゥループ−3トゥループを成功させ、切り替えます。スピードに乗ると3アクセル−2トゥループもきれいに跳びました。ステップシーケンスで魅了すると、後半の3アクセルは完璧です。3ルッツ−1ループ−3サルコウ、3フリップを決め、3ループはこらえました。2アクセルを決めると、カメラ目線で笑顔です!楽しげなステップを踊って演技を終えました。フリーで175.02点(技術点91.58点、演技・構成点84.44点、減点1点)合計255.96点で銅メダル獲得です。父親となった織田選手は5度目のファイナルで、現役最後のシーズンと決めたそうですね

町田樹選手はSP6位でしたが、フリーは曲「火の鳥」で逆転を狙います。最初の4トゥループは高いジャンプでしたね。4トゥループ−2トゥループ、3アクセル−2トゥループを決めます。ステップシークエンスはまさに火の鳥です。後半に入って最初の3アクセルはジャンプが高すぎて、バランスを崩しますがこらえます。3ループ、3ルッツを跳ぶと、3フリップ−2トゥループ、3サルコウを決めました。火の鳥の舞を演じきって、両手を広げ演技を終えます。顔を両手でおおって、感極まった表情になりましたね。フリーで170.37点(技術点88.07点、演技・構成点82.30点)合計236.03点で4位となりました

「高橋大輔 初優勝 羽生結弦 2位 グランプリファイナル2012」
「羽生結弦 初優勝 高橋大輔 2位 全日本2012」
posted by kaze at 23:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

第67回福岡国際マラソン マサシ優勝 川内優輝3位

第67回福岡国際マラソン選手権大会は、マーティン・マサシ(スズキ浜松アスリートクラブ)が2時間7分16秒で優勝しました。2位が前回優勝のジョセフ・ギタウ(JFEスチール)。日本人トップの3位は川内優輝選手(埼玉県庁)で2時間9分5秒でした。おめでとうございます

今大会はアジア大会の代表選考レースです。気温9.7℃、湿度94%、平和台陸上競技場を12時10分にスタート。競技場を3周360mを走って、ロードに出ました。ペースメーカーは、ゼッケン46、47の2人で、1km3mで中間点まで走ります。1km3分ジャストでペース通りです。ペースメーカーと先頭集団が離れてましたが、2kmで一体になります

5km15分5秒、先頭集団は藤原新(ミキハウス)高田千春(JR東日本)川内ら19人です。5.5kmの最初の給水、川内はスペシャルドリンクを取りますが、藤原はあえて取りません。ペースメーカーが右に寄って、選手たちがドリンクを取りやすいようにしてましたね。8km、日本大で箱根駅伝をにぎわせたガンドゥ・ベンジャミン(モンテローザ)が遅れます


続きを読む
posted by kaze at 14:46| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

2013国際千葉駅伝 ケニア 3連覇

男女混合駅伝の2013国際千葉駅伝は、ケニアが3年連続で優勝しました。タイムは2時間03分59秒の大会新記録更新!1区から一度も1位を譲らず完全優勝でした。強いですね。2位は日本代表で2時間07分13秒です。解説は瀬古利彦、増田明美、高橋尚子、千葉真子、金哲彦はバイクレポートでした

1区は5.0km。20mを駆け下りるコースです。気温14.9℃、湿度33%、風は0.6m/s、13チームがスタートします。千葉県総合スポーツセンター競技場を2周1/4してロードへ出ました。ゆったりしたペースから下りに入ると早くなってきます。中間点を過ぎて先頭集団は5人です。3km8分0秒、ジョセフ・エブヤ(ケニア)が先頭に立つと、駒沢大学の村山謙太(日本学生選抜)はついていきましたが、大迫傑(日本代表)は少し遅れました。1位 ケニア、9秒差の2位が村山謙太(日本学生選抜)、3位 ロシア、トップから17秒差の4位 大迫傑(日本代表)。山口祥太(千葉選抜)は9位です


2区は5.0km。トップのニャカグワ(ケニア)を、鈴木亜由子(日本学生選抜)がロシアと並走して追いかけます。やがてロシアを引き離し、3.5kmでケニアに追い付きました。4位でスタートした菊池理沙(日本代表)は1km2分50秒のハイペースで追い上げ、中間点を7分30秒で通過し、ロシアを抜いて3位に浮上です。ユニバーサルエンターテインメントの中村萌乃(千葉選抜)はいつの間にか順位を一気に上げてきました。1位 ケニア、6秒差の2位が鈴木亜由子(日本学生選抜)で区間賞です。42秒差の3位が中村萌乃(千葉選抜)4位 カナダ、5位 菊池理沙(日本代表)となります

3区は10.0km。トップはムテティ(ケニア)2位はメガネをかけた青山学院大学の小椋裕介(日本学生選抜)です。5位で襷を受けた宇賀地強(日本代表)は1km2分36秒のハイペースです!3位の吉村匠(千葉選抜)を抜いた宇賀地は、ロバートソン(ニュージーランド)とともに3位グループを形成します

宇賀地は5km13分47秒で、ついに小椋に追いつきました。宇賀地はニュージーランドとともに2位集団となりますが、小椋は遅れます。8kmで、トップと2位の宇賀地との差は137mです。宇賀地はロバートソンとともに加速していきます。1位 ケニア、トップから8秒差の2位がニュージーランド、ほぼ同時の3位が宇賀地強(日本代表)です!ロバートソンが28分04の区間新記録、宇賀地も28分07で区間新記録を更新しましたね。4位 ロシア、トップから1分09秒差の5位が小椋裕介(日本学生選抜)。吉村匠(千葉選抜)は11位でした


続きを読む
posted by kaze at 00:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

第5回横浜国際女子マラソン マヨロワ優勝 野尻あずさ2位

ロシアのルビナ・マヨロワが2時間25分55秒で、優勝しました。日本人トップの2位は野尻あずさ選手(ヒラツカ・リース)です。タイムは2時間28分47秒でした。クロスカントリーから転向した野尻選手、素晴らしい走りでしたね。おめでとうございます

4位は那須川瑞穂選手(ユニバーサルエンターテインメント)でした。世界選手権に選ばれず、走れない時期もあった那須川選手がみごとに復活しましたね

12時10分、山下公園前を315人がスタート、氷川丸の汽笛が響きました。気温16.2℃ 湿度64%で、絶好のマラソン日和です。本大会はアジア大会の選考レースでもあります。昨年と少しコースが変更され、2つの折り返しがある変わったコースです

1km3分30秒。ペースメーカーは、ゼッケン87、88、89の3人で、オバレ・ドリカ(日立)田中智美(第一生命)松見早希子(第一生命)です。3km、集団が縦長になります。先頭集団はペースメーカーに、那須川、樋口紀子(ワコール)正井裕子(日本ケミコン)で、野尻が少し遅れてついていきます


続きを読む
posted by kaze at 15:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

第29回 東日本女子駅伝 千葉 優勝

千葉の篠塚麻衣選手が、右手を上げて笑顔でゴールし、千葉が3年ぶり7度目の優勝を飾りましたね。タイムは2時間19分23秒です。おめでとうございます。2位は栃木の赤羽有紀子選手で、競技場へ入ってくると笑顔を見せていました。ママさんランナー、まだまだ強いです。今大会は順位が目まぐるしく変わる展開で、とても面白いレースとなりましたね

18チームが福島市信夫ヶ丘競技場をスタート。気温14.5℃、湿度83%、風速5.5m/s、雨がぱらついて寒そうです。解説は増田明美、弘山晴美、吉川美香です

第1区は6.0km。1km3分22秒、向かい風でゆっくりしたペースです。2km、長野の清水裕子(積水化学)が集団を引っ張ります。中間点を過ぎ、埼玉の山崎里菜(パナソニック)が仕掛けてトップに出ると、清水と神奈川の赤坂よもぎ(元石川高)がついていきました。ラストは3人のデッドヒートでしたが、1位 埼玉の山崎里菜、2位 神奈川の赤坂よもぎ、3位 長野の清水裕子となります。4位 茨城の伊坂菜生、5位 山形の木村芙有加でした

第2区は4.0km。1km、茨城の菊池理沙(日立製作所)が埼玉、神奈川、長野の先頭集団に追い付くと、やがてトップに踊り出ます。向かい風の中、サングラスの菊池は加速していきましたね。1位 茨城の菊池理沙、2位 長野の小口雪音、3位 神奈川の阿部ゆかり、4位 静岡の三郷実沙希、5位 埼玉の橋本愛里となります


続きを読む
posted by kaze at 12:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

浅田真央 金メダル 鈴木明子3位 宮原知子5位 GP第4戦2013


フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯、浅田真央選手(中京大)が合計207.59点の自己最高得点で優勝を飾りました。2年連続4回目の優勝です。おめでとうございます

銀メダルはロシアの14才、エレーナ・ラジオノワ、鈴木明子選手(邦和スポーツランド)は3位、宮原知子選手(関大高)は5位でした。長洲未来選手(アメリカ)は機械トラブルで20分間も競技を待たされ、8位に終わります。ちょっとかわいそうでしたね


浅田選手はSP1位。フリーは「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」で演技を始めます。最初の3アクセルはきれいに決めました。高さもありましたね。3フリップ−2ループ、3ルッツを決めます。足かえコンビネーションスピンもみごとで、憂いの表情から、一瞬動きを止め、笑顔になり、後半の演技に入りました

2アクセル−3トゥループを決めますが、3サルコウは2回転となります。しかし、3フリップ−2ループ−2ループ、3ループはきれいです。フライングコンビネーションスピンで魅惑すると、大きく細やかなステップでは代々木第一体育館の観客から手拍子が巻き起こります。素晴らしい演技でしたね。フリーで136.33点(技術点66.10点、演技・構成点70.23点)合計207.59点で、バンクーバーオリンピックの得点を越えた自己ベストで優勝を決めました

鈴木明子選手はSP2位、曲「オペラ座の怪人」でフリーに挑みます。まず3フリップ−2トゥループ−1ループを決め、2アクセル−3トゥループはきれいです。3ルッツがシングルになってしまいました。なめらかなスケーティングに表情が生き生きしています。後半に入って3フリップを決めた後、3ルッツで転倒してしまい、3ループは2回転です。でもその後のコレオシークエンスは芸術的で、3サルコウを決め、コンビネーションで魅せてくれました。演技の後、ちょっとうなだれて残念そうです。フリーで113.29点(技術点50.62点、演技・構成点63.67点、減点1点)合計179.32点で、暫定2位、最終的に3位になりました

「浅田真央 金メダル GP第1戦2013」
「浅田真央 優勝 鈴木明子 3位 GPファイナル2012」
posted by kaze at 00:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

高橋大輔 金メダル 織田信成 銀メダル 無良崇人6位 GP第4戦2013


フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯、高橋大輔選手(関大大学院)が合計268.31点の今季最高点で優勝を飾りました。高橋選手は2年ぶり5回目の優勝で、GP通算9勝目です。おめでとうございます。織田信成選手(関大大学院)は2位、無良崇人選手(岡山国際リンク)は6位でした

高橋大輔選手はSP1位、曲「ビートルズメドレー」でフリーの演技を始めます。「イエスタデイ」に乗って、最初の4トゥループを華麗に決めると、大拍手が起こりました。次の4回転が3トゥループになってしまいますが、3アクセルはきれいに決めます。ダイナミックなステップシークエンスは優雅さを魅せてくれましたね。後半に入って、3アクセルは手をつきながらも、コンビネーションに持っていこうとしました。3ルッツ−2トゥループ−2ループ、3ループ、3フリップ、3サルコウを決めます。最後は高速スピンで観客を魅了して演技を終えました

まだまだというような不満そうな表情でしたが、両手を広げ笑顔でファンに応えてましたね。昨日は号泣だったモロゾフコーチは笑顔で高橋選手を迎えます。フリーで172.76点(技術点81.42点、演技・構成点91.34点)合計268.31点で優勝を決めました


織田信成選手のSP3位で、フリーは曲「ウィリアム・テル序曲」です。冒頭の4回転は、3トゥループ−シングルトゥループになってしまいましたが、すぐに切り替え、次の4トゥループを決めました。3アクセル−3トゥループもきれいです。ゆったりした曲ではステップとダンスで魅せてくれましたね。3アクセルをきれいに跳ぶと、3ルッツ−2トゥループ−2ループ、3フリップ、3ループも決めていきます。客席から手拍子が巻き起こり、3サルコウを決めると、ちょっとガッツポーズで笑顔になりました。回転が速いスピンで演技を終えると、うれしそうでしたね。フリーで170.46点(技術点88.62点、演技・構成点81.84点)合計253.16点の暫定1位、最終的に2位になります

無良崇人選手はSP5位で、曲「Shogun」で滑り出しました。最初の4トゥループは完璧です。4連続を2回の予定でしたが、2番目は3ルッツ−3トゥループのコンビネーションに変えて、きれいに決めました。客席から手拍子が起こります。3アクセルは高いジャンプでしたが、少しぶれました。曲調が変わり、3ループ、3アクセル−2トゥループ、3サルコウ−2トゥループを決めます。その後の3ルッツは、抜けてしまいましたね。3フリップを決めて、ダイナミックなコレオシークエンスはみごとです。最後は足をついた状態で、左手を後ろへ引き、右手を前へ出す決めポーズでフィニッシュ!フリーで147.25点(技術点72.75点、演技・構成点74.50点)合計227.22点の暫定2位で、最終的に6位となります。また、ペアの高橋成美選手・木原龍一選手組は8位でした

「町田樹 金メダル 高橋大輔4位 小塚崇彦6位 GP第1戦2013」
「日本 銅メダル 国別対抗戦2013」
posted by kaze at 21:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

三浦知良 最年長得点記録更新

横浜FCの元日本代表の三浦知良選手が、松本とのリーグ戦で前半38分に得点を決め、自身が持つJリーグ最年長得点記録を更新しました。今年の7月のゴール以来4ヶ月ぶりの今季2点目で、キングカズは46才8ヶ月8日です

左クロスを、頭で合わせゴールを決めると、カズダンスも出てましたね。瞬発力も素晴らしいです。キングカズは後半16分まで出場し、J2最年長出場記録も更新しました。なお、J1最年長得点は、1994年に鹿島に所属していたジーコの41才3ヶ月12日です

「三浦知良 最年長得点記録更新」
「三浦知良 代表戦デビュー」
posted by kaze at 00:29| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

楽天ゴールデンイーグルス 日本一

プロ野球・日本シリーズ第7戦、楽天は3−0で巨人を破り、日本一になりました。東北楽天ゴールデンイーグルスは創設9年目にして、初めて日本シリーズを制しましたね。星野仙一監督も初めての日本一です。おめでとうございます!

楽天は美馬投手、巨人は杉内投手が先発です。1回裏の楽天の攻撃、銀次選手がデットボールで出ると、ジョーンズが2塁打で、2アウト2、3塁の場面。マギーのゴロを坂本選手がファンブルし、楽天1−0巨人と先制します

2回裏、2アウト2塁で、岡島選手がタイムリーヒットで、楽天2−0巨人と追加点です。ピッチャー杉内投手に代わって、沢村投手がマウンドに上がりました。途中で雨が降ってきましたね


4回裏、牧田選手がレフトスタンドへソロホームランを打って、楽天3−0巨人となります。5回裏から、沢村投手から内海投手にピッチャー交代です。総力戦ですね

7回表、楽天は、巨人打線を1安打に押さえていた美馬投手を、則本投手に代えます。則本投手はバッターを空振り三振で3アウトに取ると、ヨッシャーとガッツポーズが出ました。7回裏、ベンチに座っていた田中将大投手がブルペンへ移動し、ピッチングを始めましたね

8回表、則本投手は0点に押さえます。8回裏、巨人はピッチャー内海投手に代え、西村投手がマウンドに上がりました。楽天打線は3人で終わります

**
9回表、星野監督は気合が入った表情で、審判の方に向かって歩いてましたが、笑顔を作って口を押さえて何か伝えます。ピッチャー交代で、田中将大投手がマウンドへ上がりました。昨日160球を投げた田中投手の登場で、ゾクゾクっとしましたよね

村田選手はセンター前ヒット。坂本選手にはスプリットで三振を取ります。ボウカー選手はファーストゴロで2アウトです。ロペスはライト前ヒットで、2アウト1、3塁となります。雨が激しくなる中、代打矢野選手が打席に立ちました。田中投手は矢野選手を三振に打ちとって、楽天は日本一を勝ち取りましたね。日本シリーズMVPを美馬投手が獲得しました。本当におめでとうございます

「日本シリーズ 3勝3敗 田中将大 敗れる」
「楽天ゴールデンイーグルス 3勝2敗 日本シリーズ優勝へ王手」
posted by kaze at 22:04| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第45回 全日本大学駅伝 駒沢大学 3連覇

駒沢大学のキャプテン・窪田忍選手が、右手を広げて笑顔でゴールし、駒沢大学が3年連続11回目の優勝を果たしましたね。タイムは5時間13分09秒です。おめでとうございます

気温14.9℃、湿度82%、26チームが、名古屋の熱田神宮から8時5分にスタートします。コースは三重の伊勢神宮までの106.8kmです

第1区は14.6km。1km2分42秒、3km8分25秒のハイペースで、集団は縦長で、遅れる選手が出てきました。5km14分4秒、J・カリウキ(第一工業大)文元慧(明治大)設楽悠太(東洋大)中村匠吾(駒澤大)の4人が先頭集団でしたが、6kmで、双子の弟・設楽悠太、中村が抜け出します。設楽が何度もスパートをかけますが、中村はしっかりついていきました。12km中村がスパートし、設楽がついていけません

1位 中村匠吾(駒澤大)で42分38秒、32秒差の2位が設楽悠太(東洋大)3位 J・カリウキ(第一工業大)4位 文元慧(明治大)5位 市田孝(大東文化大)6位 一色恭志(青山学院大)7位 松村優樹(順天堂大)8位 上門大祐(京都産業大)9位 岡本雄大(中央学院大)10位 勝亦祐太(日本体育大)、柳利幸(早稲田大学)は15位と遅れましたね


続きを読む
posted by kaze at 13:38| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

日本シリーズ 3勝3敗 田中将大 敗れる

プロ野球・日本シリーズ第6戦、楽天2−4巨人で、巨人の勝利。対戦成績は3勝3敗のタイとし、逆王手をかけました。楽天の田中将大投手は、9回160球を完投しましたが、巨人打線に12安打4失点。昨年の8月からの連勝が30でストップしてしまいましたね

楽天は田中将大投手、巨人は菅野投手が先発です。楽天打線は2回裏、松井選手がエンタイトルツーベースで1アウト2、3塁とします。ここで、嶋選手はサードゴロでしたが、この間に1点が入り、楽天1−0巨人!聖沢選手のファーストゴロを1塁手のロベスがトンネルし、楽天2−0巨人としました

5回表、1アウト2塁から、ロペスがレフトスタンドへ2ランホームランで、楽天2−2巨人と同点とします。ロペスは汚名返上です。2アウト1、3塁から高橋由伸選手がタイムリーヒットで、楽天2−3巨人と逆転しました。田中投手はストレートを狙われましたね


6回表、1アウト2、3塁で、ロペスの3塁ゴロの間に、村田が帰って、楽天2−4巨人とします

9回表、田中投手は亀井選手に2塁打を打たれますが、高橋由伸選手を三振に打ち取り3アウト!160球目、力を振り絞って投げきりましたね

9回裏、銀次選手がセカンドゴロに倒れます。ピッチャー山口投手に代わって、マジソンがマウンドに上がりました。ジョーンズ、マギーが三振に倒れ、試合終了です。明日はいよいよ日本一が決まりますね

「楽天ゴールデンイーグルス 3勝2敗 日本シリーズ優勝へ王手」
「楽天ゴールデンイーグルス 日本シリーズ初勝利」
posted by kaze at 22:07| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

楽天ゴールデンイーグルス 3勝2敗 日本シリーズ優勝へ王手

プロ野球・楽天ゴールデンイーグルスが、日本シリーズ第5戦で、巨人を4−2で破り、対戦成績を3勝2敗とし、日本一へ王手をかけました。延長戦に及ぶ激しい攻防、本当にシビれるような試合でしたね

楽天は辛島投手、巨人は内海投手が先発です。楽天打線は3回表に、1アウト1、3塁から岡島選手がタイムリーヒットで、楽天1−0巨人と先制します。さらに2アウト1、3塁で、銀次選手がタイムリーツーベースで、楽天2−0巨人としました

6回裏、楽天はピッチャー交代で、則本投手が登板!3者凡退に打ち取ります。7回表、巨人も沢村投手にピッチャー交代です。7回裏、村田選手がソロホームランで、楽天2−1巨人となります。8回表、巨人は山口投手にピッチャー交代しました

8回裏、則本投手は巨人打線を三者三振に打ち取り、雄叫びを上げましたね。9回表、巨人はピッチャー交代で、西村投手がマウンドに上がります

9回裏、高橋由伸選手が2ベースヒットを放ちました。1アウト1、3塁、村田選手がピッチャー強襲ヒットで、楽天2−2巨人と同点となり、延長戦へ突入です


10回表、則本投手がファーボールで1塁へ出ると、岡島選手が送りバントで1アウト2塁。藤田選手はデットボールで1アウト1、2塁となります。治療を受けいったんベンチへ入った藤田選手は、足を引きずりながらグラウンドへ戻ってきました

銀次選手がセンターへのタイムリーヒットで、楽天3−2巨人とします。星野監督は、足を痛めた藤田選手に代え、阿部選手が3塁へ行かせました。藤田選手は涙を流し、下がっていきましたね。ジョーンズのショートゴロは高く上がり、内野安打。その間に阿部がホームへ帰って、楽天4−2巨人となります

10回裏、則本投手は3人できっちり押さえ、楽天が日本シリーズ優勝へ王手をかけました。第6戦は11月2日にクリネックススタジアム宮城で行われます。野球って面白いですね

「日本シリーズ 2勝2敗」
「楽天ゴールデンイーグルス 2勝1敗」 
posted by kaze at 22:24| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

日本シリーズ 2勝2敗

プロ野球・日本シリーズ第4戦、楽天5−6巨人で、巨人が勝利し、対戦成績は2勝2敗のタイになりました。川上哲治監督が亡くなり、両チームとも喪章をつけての試合となります。打撃の神様を見送るような4時間を越える打撃戦で、見応えありましたね

楽天はハウザー投手、巨人はホールトン投手が先発です。1回表、1アウト1、2塁からジョーンズが、レフトスタンドへ先制ホームランで、楽天3−0巨人!1回裏、村田選手のタイムリーヒットで、楽天3−1巨人となると、2回表、2アウト1、2塁から藤田選手がタイムリーヒットで、楽天4−1巨人とします

4回裏に、長野選手のタイムリーと阿部の犠牲フライで、楽天4−3となすると、5回裏には再び長野選手がタイムリーツーベースで、楽天4−5巨人と逆転に成功します。長野選手は絶好調ですね

6回表、聖沢選手が1アウト2塁からタイムリーツーベースで、楽天5−5巨人と同点に追いつきました。7回裏、1アウト1、2塁で、寺内選手がタイムリーヒットで、楽天5−6巨人と勝ち越します。結局そのまま試合終了!2勝2敗となって、日本シリーズ、面白くなってきましたね

「楽天ゴールデンイーグルス 2勝1敗」
「楽天ゴールデンイーグルス 日本シリーズ初勝利」
posted by kaze at 22:35| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

楽天ゴールデンイーグルス 2勝1敗

プロ野球・楽天ゴールデンイーグルスが、日本シリーズ第3戦で、巨人を5−1で破り、対戦成績を2勝1敗とします。楽天打線が少し息を吹き返しました。星野監督はインタビューで「今日は小爆発だね。明日、大爆発します」と答えてましたね

楽天は美馬投手、巨人は杉内投手が先発です。楽天の打線は2回表に火を吹きました。2アウト満塁から、藤田選手がタイムリー2ベースヒットで、楽天2−0巨人と先制です。さらに、続く銀次選手もライトフェンス直撃のヒットで、楽天4−0巨人と突き放し、杉内投手をマウンドから引きずり下ろします

5回裏、2アウト2塁の場面で、ボウカー選手のフライを、松井選手がグラブの先でキャッチ!ファインプレーでしたね


6回裏、阿部選手の打った球が、ピッチャー強襲となり、美馬投手の右足に当たってしまいます。好投していた美馬投手でしたが、足を引きずりながらベンチへ引き上げました。ケガが心配ですね。ピッチャー交代で、黒いマスクのレイ投手がマウンドにあがりました

8回表、藤田選手、銀次選手の連続ヒットで、1アウト1、2塁の場面。ジョーンズがレフト前ヒットを打って、楽天5−0巨人と追加点を得ます

8回裏、レイ投手も好投していましたが、矢野選手にソロホームランを打たれ、楽天5−1巨人となりました。9回裏、日本シリーズ15年ぶりという43才の斎藤隆投手がきっちり3人で押さえ、ゲームセットです!

「楽天ゴールデンイーグルス 日本シリーズ初勝利」
「楽天ゴールデンイーグルス 日本シリーズ初進出」
posted by kaze at 22:50| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

楽天ゴールデンイーグルス 日本シリーズ初勝利

プロ野球・楽天ゴールデンイーグルスが、日本シリーズ第2戦で、巨人を2−1で破り、日本シリーズ初勝利を飾りましたね。対戦成績は1勝1敗。田中将大投手は12奪三振の完投勝利で、クライマックスシリーズの1勝と日本シリーズの1勝を合わせ、30連勝も達成です

先発の田中投手は初回から気合が入ってましたね。巨人の菅野投手と投げ合います。両チーム0点のままで、6回表の攻防は手に汗握りました。田中投手は、2アウト満塁のピンチを迎えたのです。バッターはロペス!しかしみごと空振り三振に打ち取り、田中投手は雄叫びをあげ、ガッツポーズも出ました

6回裏、楽天打線が田中投手の好投に応えます。岡島選手がヒットで出ると、藤田選手が送り、銀次選手がセンター前へタイムリーヒットで、楽天が先制し1−0としました


さらに7回裏、2アウト1、3塁のチャンス!藤田選手はセカンドゴロでしたが、1塁へ頭から滑りこんで、セーフ!その間に聖澤選手が生還し、楽天2−0巨人とします。原監督が塁審に抗議しますが、ひっくり返りません。ビデオで見たら、アウトのような気もしないでもありませんでしたよね(笑)

8回表、田中投手は寺内選手に、ソロホームランを打たれてしまいました。しかし9回表も3人で打ち取り、田中投手は完封を飾ります。インタビューで田中投手は、第1戦で好投した則本投手のためにも気合が入っていたと言いながら、笑顔はありませんでした。第3戦は東京ドームです。ジョーンズ、マギー、それに松井選手あたりの打線が爆発させて欲しいですね

「楽天ゴールデンイーグルス 日本シリーズ初進出」
「田中将大 28連勝 開幕24連勝 世界新記録」
posted by kaze at 00:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

第31回全日本大学女子駅伝 立命館大学 3連覇

第31回全日本大学女子駅伝は、立命館大学が2時間03分2秒で3年連続8回目の優勝を飾り、史上初の2度目の3連覇を果たしました。全ての区間でトップを譲らなかった完全優勝です。おめでとうございます

新しいコースとなった6区間38kmを、26チームで争いました。沖縄国際大学が沖縄県勢として全日本初出場です。今年からシード権は上位8位までと変更されました。12時10分にクリネックススタジアム宮城の隣にある仙台市陸上競技場からスタートします。風が強く、雨も降ってましたね

1区は、6.4kmです。競技場を2周1/4を走って、一般道路へ出ました。1km3分17秒。3km手前、大森菜月(立命館大)が転倒しますが、すぐに先頭集団に追いつきました。3km9分46秒。集団が横に広がります。4.6km、先頭集団は10人です。桑原彩(佛教大)出口聡子(東北福祉)が遅れていきました。5,2km、先頭集団は6人にしぼられます。襷(たすき)を取って大森(立命館大)がスパート!上原明悠美(松山大)が追っていきます

1位 大森菜月(立命館大)2位 上原明悠美(松山大)3位 前川祐紀(鹿屋体育大)。1位から3位の3人とも1年生です。4位 鈴木ひとみ(玉川大)5位 湯澤ほのか(名城大)6位 庄司麻衣(中京大)7位 中田美保(日体大)8位 廣瀬(関西大)9位 田山絵理(大東大)10位 中村悠(筑波大)でした。佛教大の桑原彩はふらふらになりながら、19位で襷を渡し、倒れてしまいましたね


続きを読む
posted by kaze at 17:27| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

楽天ゴールデンイーグルス 日本シリーズ初進出

プロ野球・楽天ゴールデンイーグルスが、パ・リーグ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第4戦でロッテを破り、球団創設9年目にして、初の日本シリーズ進出を決めましたね。おめでとうございます

楽天は辛島投手、ロッテは唐川投手が先発です。楽天は1回裏にジョーンズの犠牲フライで先制しました。2回裏には岡島選手のセカンドゴロの間に1点を加え、銀次選手のタイムリ−で、楽天3−0ロッテとします

しかし4回表、G.G.佐藤選手の3ランホームランで、楽天3−4ロッテと逆転を許しました。嫌な雰囲気でしたが、4回裏にジョーンズの2ランホームランで、楽天5−4ロッテと逆転に成功します。7回表に同点とされると、その裏にマギーのソロホームランで楽天6−5ロッテと突き放しました。さらに8回に藤田選手、銀次選手のタイムリーヒットで、楽天8−5ロッテとします

投手陣は、黒いマスクのレイ投手、長谷部投手、斎藤投手、則本投手とつなぎ、最後は田中将大投手がしめて、日本シリーズ進出を決めましたね


インタビューで星野仙一監督は「みなさん本当にありがとう。スタンドとグランドが、選手たちと一体になってました。(大きなウェ−ブは)注意されてましたよね。プレー中はやっちゃいけない(笑)

(地元仙台で日本一について)ペナントレースは西武ドームだったんです。そういう意味では、必ずこのクリネックスで、胴上げしてもらいたい、みんなの前で胴上げしてもらいたいと、それを選手と約束してました。

本当に幸せな男だね、僕は。こんなにも息子たちが、多少の緊張はしたんだろうけど、前向きに常にファンのために、そして己のために、家族のために、チームのために、全てのみなさんのために、選手はやってくれました。(日本シリーズに向けて)私の永遠のライバル・ジャイアンツの胸を借り、頭を下げて、やっつけます」と語りました

「田中将大 完封 楽天先勝」
「田中将大 27連勝 開幕23連勝 世界新記録」
posted by kaze at 00:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

浅田真央 金メダル GP第1戦2013

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ開幕戦・スケートアメリカで、浅田真央選手(中京大)が合計204.55点で優勝を飾りました。おめでとうございます。。2位 アシュリー・ワグナー(アメリカ)3位 エレーナ・ラジオノワ(ロシア)でした

浅田選手は73.18点でSP1位。フリーは「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」で演技を始めます。最初の3アクセルは転倒してしまいました。3フリップ−2ループ、3ルッツを決めます。きれいなスピンの後、一瞬動きを止め、笑顔になり、後半の演技です。2アクセル−2トゥループ、3サルコウ、3フリップ−2ループ−2ループ、3ループと4つのジャンプをみごとに魅せます。ラストへのステップは観客から手拍子が出て、優美なコレオシーケンスで演技を終えました。ちょっと残念そうな表情で、笑顔は少なめです。フリーで131.37点(技術点62.83点、演技・構成点69.54点、減点1点)合計204.55点で優勝を決めましたね

インタビューで浅田選手は「最初のアクセルは昨日より良い感じで飛び上がって行ったんですけど、ちょっと残念でしたね。その後、自分の気持ちを落ち着かせていこうと思ったんだけど、まだまだです。シーズン前半なので、まだまだ課題もあるし、伸ばせる部分もたくさんあると思うので、これは通過点として次に備えたいと思います」と話してました

また浅田真央選手は、大学英語の教科書に登場するそうです。2014年度に全国100大学以上で採用予定の「VITALITY OF JAPAN 活力あふれる日本」(南雲堂)に載るんですね

「浅田真央 優勝 鈴木明子 2位 GPファイナル2012」
「浅田真央 銀メダル 安藤美姫5位 鈴木明子8位 バンクーバーオリンピック」
posted by kaze at 22:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

町田樹 金メダル 高橋大輔4位 小塚崇彦6位 GP第1戦2013

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ開幕戦・スケートアメリカで、町田樹選手(関西大)が合計265.38点で優勝を飾りました。おめでとうございます。紅の衣装の町田選手は力強い火の鳥を跳んでましたね

高橋大輔選手(関西大学大学院)は4位、小塚崇彦選手(トヨタ自動車)は6位で、アダム・リッポン(アメリカ)2位、マックス・アーロン(アメリカ)3位でした

町田樹選手のSPは、90.18点の自己ベストの1位、90点台は史上7人目です。フリーは曲「火の鳥」で臨みます。冒頭の4トゥループをみごとに決め、次の4トゥループは単独となりますが、こらえました。3アクセル−3トゥループを決めます。ステップシークエンスで魅せて、後半に入りました。3アクセル、3ループ、3ルッツを跳ぶと、3フリップ−2トゥループ−2ルッツを決めます。最後は3サルコウを決め、演技の後は満足そうな表情です。フリーで174.20点(技術点90.84点、演技・構成点83.36点)合計265.38点で優勝を決めました

インタビューの町田選手は「応援ありがとうございました。本当に今日は、昨年の僕と比べ成長した自分の姿を皆さんに見せることができて幸せに思います。(最終滑走で)この状況も初体験だったので、かなり恐怖と戦っていたいんですけど、無事に打ち勝つことが出来て、自分を賞賛したいと思います」とうれしそうでしたね


高橋大輔選手はSP5位で、曲「ビートルズメドレー」でフリーでの逆転を狙います。最初の4トゥループはふらつき、次の4回転が3ルッツになってしまいますが、3アクセルをこらえました。優雅でダイナミックなステップシークエンスで魅せて、ゆったりした曲調でのみごとなスピンは芸術的でしたね

後半に入って、3アクセル、3ルッツ−2トゥループを決めますが、2ループがシングルになってしまいました。3フリップを決め、フライングキャメルからコンビネーションスピンで盛り上げ、演技を終えます。大歓声が起こりますが、高橋選手の笑顔は少なめでした。フリーで159.12点(技術点72.40点、演技・構成点86.72点)合計236.21点の暫定2位で、最終的に4位となります

インタビューの高橋選手は「中途半端に終わってしまいました。アクセルの前に不安があったんですけど、その中で出来たんで、次につながるかなと。やってることはレベル的に低いことかもしれないですけど、次につなげたらと思います」と答えてました

**
小塚崇彦選手はSP5位で、「ロンド・カブリチオーソ」に乗ってフリーの演技をスタート。最初の4回転トゥループは2回転になってしまいましたが、次の3アクセル、3ルッツ−2トゥループ−2ループを決めました。スピードに乗ったコンビネーションスピンで魅せて、後半へ入ります。ジャンプは、3アクセル−2トゥループ、3フリップ、2アクセル、3ルッツ−3トゥループを決めました。ラストは超高速コンビネーションスピンで演技を終えます。フリーで153.20点(技術点72.28点、演技・構成点80.92点)合計230.95点、暫定3位、最終的に6位です

インタビューの小塚選手は「4回転をミスして残念でした。その後緊張してましたし、気持ちの上で余裕のある状態で試合に臨めればこういうことにならなかった。(同じプログラムで)2シーズンやって慣れているので、後はジャンプの方をきっちりやっていける状態にしたいです」と話していました

女子ショートプログラム(SP)は、浅田真央選手(中京大)が73.18点で、首位に立ってますね

「町田樹 初優勝 高橋大輔 2位 GP第3戦2012」
「高橋大輔 初優勝 羽生結弦 2位 グランプリファイナル2012」
「浅田真央 村上佳菜子 小塚崇彦 高橋大輔 金メダル」
posted by kaze at 01:07| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

第90回 箱根駅伝予選会


東京箱根間往復大学駅伝競走予選会が開かれました。第90回箱根駅伝は記念大会で、関東学連選抜チームがなくなり、23大学が出場します。すでにシード権を持っているのは、日本体育大学、東洋大学、駒澤大学、帝京大学、早稲田大学、順天堂大学、明治大学、青山学院大学、法政大学、中央学院大学です

予選会には44チームが出場で、521人が一斉にスタート!壮観ですね。コースは、東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園にゴールする20キロです。各大学最大12名までが走り、20kmを走ります。その上位10名の合計タイムで、上位13校が本大会への切符を手にするのです

予選会の個人順位は、山梨学院大のエノック・オムワンバが、57分47秒で1位です。2位 ダニエル・ムイバ・キトニー(日本大)3位 ルウル・ゲブレシラシェ(東京国際大)4位 村山紘太(城西大)のタイムは59分17でした。5位 井上大仁(山梨学院大)6位 柿原聖哉(神奈川大)7位 我那覇和真(神奈川大)8位 市田孝(大東文化大)9位 市田宏(大東文化大)10位 戸田雅稀 (東京農大)


結果発表は毎回のことながら、緊張の瞬間ですね。出場権を獲得した13校は以下の通りです

1 東京農大 7年連続69回目  10時間4分35秒
2 山梨学院 28回連続28回目
3 東海大 2年ぶり41回目
4 神奈川大 4年連続45回目
5 國學院大學  4年連続8回目
6 大東文化大 4年連続45回目
7 専修大 3年ぶり68回目
8 日本大 2年連続84回目
9 拓殖大 2年ぶり35回目
10 城西大 11年連続11回目
11 上武大 6年連続6回目
12 中央大 85年連続88回目
13 国士舘大 2年ぶり44回目

14位は亜細亜大、15位は流通経済大で、惜しくも箱根駅伝の本戦に出場できません。結果発表の後、選手たちは様々な表情を見せてましたね

「第89回 箱根駅伝予選会」
「第87回 箱根駅伝予選会」
「第89回東京箱根間往復大学駅伝競走 日本体育大学 総合優勝」
「第89回東京箱根間往復大学駅伝競走 日本体育大学 往路優勝」
posted by kaze at 12:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

田中将大 完封 楽天先勝

プロ野球・楽天ゴールデンイーグルスが、パ・リーグ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦で、ロッテを破り、先勝しましたね。リーグ優勝のアドバンテージの1勝を合わせ、2勝です

楽天は田中将大投手が先発し、ロッテの成瀬投手と投げ合いました。田中投手は打たれながらも、ロッテに得点を許しません。一方の楽天は4回に銀次選手のソロホームランで先制し、8回にマギーのタイムリーヒットで追加点を上げました

試合結果は、楽天2−0ロッテで、田中投手は完封します。昨年からの連勝記録を29連勝に伸ばし、開幕25連勝も達成です

一方、セ・リーグ・クライマックスシリーズファイナルステージ第2戦、巨人が3−0で広島を破り、アドバンテージの1勝を合わせ3勝とし、日本シリーズに王手をかけましたね

「田中将大 27連勝 開幕23連勝 世界新記録」
「楽天ゴールデンイーグルス リーグ初優勝」
posted by kaze at 21:43| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

第25回 出雲全日本大学選抜駅伝 駒澤大学 優勝

駒澤大学が2時間9分11秒の大会新記録で15年ぶり3回目の優勝しました。第1区からアンカーのキャプテン・窪田忍まで、駒沢大学は1位を譲りませんでしたね。本当に強いです。おめでとうございます!最後のインタビューは、時間切れで選手全員に襷がつながりません(笑)2位はアンカーが設楽啓太の東洋大学、3位はアンカーが矢野圭吾の日本体育大学、4位はアンカーが大迫傑の早稲田大学でした

60年に一度の大遷宮を迎えた出雲大社の正面鳥居前から13時05分に22チームがスタート!気温26.5℃、湿度39%です
第1区は、8.0kmです。3km8分57秒、横に広がった感じで少し遅いペースでした。中間点前で、中村匠吾(駒澤大学)がスパートし服部翔大(日本体育大学)田口雅也(東洋大学)がついていきます。しかし集団に飲み込まれ、田口が遅れました。先頭集団は7人で、西池和人(法政大学)柳利幸(早稲田大学)潰滝大記(中央学院大学)松枝博輝(順天堂大学)小椋裕介(青山学院大学)も見えますラスト1.3kmで、中村匠吾(駒澤大)がスパートし区間賞を取ります

1位、駒澤大、2位、日体大、3位、法政大、4位、青山学院、5位、中央学院、6位、東洋大、7位、京都産業大学、8位、中央大、9位、早稲田大、10位、アイビーリーグ選抜です。早稲田の柳はふらふらになりながら、襷を渡してましたね


第2区は、5.8kmです。中谷圭佑(駒澤大)が独走状態で、3km8分42秒。1年生の中谷はちょっと苦しそうな表情ですが、中継所で20秒あった差を除々に広げます。2位グループは冨田祥平(日体大)田子祐輝(法政大)藤川拓也(青山学院)及川佑太(中央学院)の4人で、そこから20秒差で服部弾馬(東洋大)が追っています。その後ろから八木沢元樹(明治大)高田康暉(早稲田)が追走してました

1位、駒澤大、2位、日体大、3位、中央学院、4位、法政大、5位、青山学院、6位、明治大、7位、東洋大、8位、早稲田です。区間賞は八木沢元樹(明治大)でした

第3区は、7.9kmです。トップの村山謙太(駒澤大)は25秒差をもらって独走状態をキープします。中間点は11分13秒です。2位は山中秀仁(日体大)で少し遅れ塩谷桂大(中央学院)がついていきました。4、5位の田井慎一郎(法政大)一色恭志(青山学院)を、双子の弟・設楽悠太(東洋大)が猛追し、7位、大六野秀畝(明治大)8位、山本修平(早稲田)という順位で走ります

1位、駒澤大、38秒差の2位、日体大、トップから1分30秒差の3位、中央学院、4位、法政大、5位、青山学院、6位、東洋大、7位、早稲田、8位、明治大、9位、順天堂大学、10位、中央大です。村山謙太(駒澤大)は22分36秒で区間新記録でした

**
第4区は、6.2kmです。油布郁人(駒澤大)が独走状態で、2位は加藤光(日体大)でした。3位争いを、岡本雄大(中央学院)延藤潤(東洋大)が演じます

1位、駒澤大、48秒差の2位、日体大、トップから1分14秒差の3位、中央学院、4位、東洋大、5位、青山学院、6位、法政大、7位、早稲田、8位、明治大、9位、順天堂、10位、中央大です。岡本雄大(中央学院)は17分46秒で区間新記録を更新しましたね

第5区は、6.4kmです。トップの西山雄介(駒澤大)は完全に独走態勢をキープ。かなり離れた2位は甲斐翔太(日体大)です。3位、服部勇馬(東洋大)4位、木部誠人(中央学院)と続いていました。残り1km、2位の甲斐(日体大)に服部(東洋大)がつきます。5位争いは熾烈です。鈴木優人(青山学院)足羽純実(法政大)中村信一郎(早稲田)の3人が譲りません。横手健(明治大)小澤一真(順天堂)と続きます

1位、駒澤大、59秒差の2位、東洋大、3位、日体大、4位、中央学院、5位、法政大、6位、青山学院、7位、早稲田、8位、明治大、9位、順天堂です。服部勇馬(東洋大)は17分54秒で区間新記録を更新します

***
アンカーの第6区は、10.2kmです。トップは3年連続アンカーを務める窪田忍(駒澤大)でした。出雲大社のポイントで、2位の双子の兄・設楽啓太(東洋大)は59秒差を44秒差まで縮めます。3位は矢野圭吾(日体大)です

大迫傑(早稲田)は、トップから2分28秒差で襷を7位で受けると、一気に加速し、出雲大社のポイントでトップから2分15秒差までせまります。4kmで大迫は、田中瑞穂(中央学院)を抜いて4位に上がりました。6位、神野大地(青山学院)7位、藤井孝之(法政大)と続きます

優勝は駒沢大学です。窪田忍(駒澤大)は笑顔で両手を広げゴールしました。区間賞を取った窪田の胴上げの後、大八木弘明監督も胴上げされてましたね。2位、東洋大、3位、日体大、4位、早稲田、5位、青山学院、6位、中央学院、7位、明治大、8位、法政大、9位、順天堂、10位、中央大です

「第24回 出雲全日本大学選抜駅伝 青山学院大学 初優勝」
「第23回 出雲全日本大学選抜駅伝 東洋大学 初優勝」
「第22回 出雲全日本大学選抜駅伝 早稲田大学 優勝」
posted by kaze at 15:50| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

田中将大 28連勝 開幕24連勝 世界新記録

プロ野球・楽天の田中将大投手が、昨年からの連勝記録を28連勝に伸ばし、開幕24連勝も達成しました。2年ぶり2度目の最多勝を史上初めて無敗で取ることになります。プロ野球史上初の無敗の最多勝投手です。おめでとうございます

シーズン24勝は、1978年に25勝した鈴木啓示投手(近鉄)以来35年ぶりとなりました。また、規定投球回到達者が勝率10割を記録するのは、1936年の景浦将投手、37年の御園生崇男投手(タイガース)81年の間柴茂有投手(日本ハム)に続いて4人目だそうです。通算175試合目で99勝に到達しました。とてつもない記録を打ち立てましたね

試合はオリックスとの対戦でした。田中投手は初回に先制され、2回にはホームスチールで、楽天1−2オリックスとリードを許します。しかし3回、銀次選手、枡田選手、聖沢選手、森山選手のタイムリーヒットで、楽天7−2オリックスと打線が爆発!田中投手は7回を投げ、楽天7−3オリックスで勝利しました。クライマックスファイナルステージでも活躍間違いなしですね

「田中将大 27連勝 開幕23連勝 世界新記録」
「楽天ゴールデンイーグルス リーグ初優勝」
posted by kaze at 23:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

亀山耕平 金メダル

体操世界選手権、亀山耕平選手(徳洲会)が、種目別のあん馬で15.833点で金メダルを獲得しました。おめでとうございます

日本選手はあん馬が苦手というイメージがありますが、亀山選手はあん馬のスペシャリストとして代表となり、みごと結果を残しましたね。この種目での日本選手の金メダルは2003年の鹿島丈博選手以来2回目です

「白井健三 金メダル」
「内村航平 4連覇 加藤凌平 銀メダル」
posted by kaze at 16:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅田真央 村上佳菜子 小塚崇彦 高橋大輔 金メダル

さいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートジャパンオープン、浅田真央選手(中京大)村上佳菜子選手(中京大)小塚崇彦選手(トヨタ自動車)高橋大輔選手(関大大学院)の日本チームが、北米、欧州チームを破り、2年連続6回目の優勝を果たしました。おめでとうございます

小塚崇彦選手は両足着氷ながら冒頭の4トゥループを見事に決め158.42点、高橋大輔選手は4回転ジャンプで転倒するなどして149.12点。村上佳菜子選手は初めてのオリンピックシーズンでジャンプで実力を発揮できず102.15点でした

浅田真央選手は、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番に乗ってトリプルアクセルを成功させ、華麗な演技で、非公認ながら自己ベストを上回る135.16点を取ります。日本チームは合計544.85点で、優勝しました。ソチオリンピックまであと4ヶ月と迫ってきて、楽しみになってきましたね

「浅田真央優勝 鈴木明子2位 村上佳菜子3位 四大陸2013」
「小塚崇彦 2位 織田信成 5位 村上佳菜子 4位」
posted by kaze at 11:30| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
風の日記
最新記事
月別アーカイブ
Profile
一言:
映画、本、テレビなどを中心に、書いていきたいと思っています

ジャンルにとらわれず、マイペースでいろんなものを観ていきたいです



カテゴリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。